日下秀昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くさか ひであき
日下 秀昭
本名 同じ
生年月日 (1957-09-06) 1957年9月6日(61歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 184 cm
職業 アクション俳優
活動期間 1980年 -
活動内容 スーツアクター
事務所 ジャパンアクションエンタープライズ
主な作品
1980年『電子戦隊デンジマン』ダイデンジン役
2004年『特捜戦隊デカレンジャー』デカマスター/ドギー・クルーガー役など

日下 秀昭(くさか ひであき、1957年9月6日[1][2] - )は、日本俳優スーツアクター神奈川県出身[1]ジャパンアクションエンタープライズに所属し、主に特撮作品のスーツアクターとして活躍している。

人物・略歴[編集]

184センチメートルの長身で[要出典]、主に大柄なキャラクターのスーツアクターを務める[1]。活動初期は東京宝映テレビに所属し、主に京都時代劇中心に活躍していた[3]

スーツアクターとしては1980年の『電子戦隊デンジマン』の巨大ロボ・ダイデンジン役でデビュー[3]。以降、スーパー戦隊シリーズのロボット役の多くを演じている[4][3]スーパー戦隊シリーズへは、『デンジマン』以降『超力戦隊オーレンジャー』『激走戦隊カーレンジャー』『星獣戦隊ギンガマン[注釈 1]以外の作品にはすべて出演している[5]。『太陽戦隊サンバルカン』以降はロボットと並行して敵幹部・怪人役を多く担当しており、『忍者戦隊カクレンジャー』のニンジャマン以降は戦隊側のキャラクターやヒーローを演じることも多くなった[3]

また、『鳥人戦隊ジェットマン』のグレイのように自らがスーツアクターとして演じたキャラクターの声を担当したこともあるほか、『超獣戦隊ライブマン』のガードノイド・ガッシュのように声のみを担当したこともある。そして、素面の俳優としても、『地球戦隊ファイブマン』の宇宙の暴れウルフ・グンサーをはじめ多々出演している。『恐竜戦隊ジュウレンジャー』で演じたトットパットは、日下自身が顔出しで演じていたが、声は篠田薫による吹き替えとなっていた。

ヒーロー役はメタルヒーローシリーズ重甲ビーファイター』のブルービート役が初めてであった[3]。『電磁戦隊メガレンジャー』のメガシルバー役以降はスーパー戦隊シリーズでもヒーロー役を演じるようになった[3]

1997年竹田道弘からの誘いを受け、ジャパンアクションクラブへ移籍した[3]

2008年には『炎神戦隊ゴーオンジャー』にスーツアクターとしてレギュラー出演しながら、他社作品の『トミカヒーロー レスキューフォース』に顔出しでゲスト出演した。

烈車戦隊トッキュウジャー』では、グリッタ嬢役で初めて女性キャラクターを演じた[1][2]。グリッタ嬢の声を担当した日高のり子や共演したスーツアクターの岡元次郎清家利一らは日下の演技を評価している[6]。日下自身は難しかったとしながらも、芝居の面白さを再確認できたことを述べている[2]

エピソード[編集]

『電子戦隊デンジマン』へは、東映プロデューサーの吉川進がロボット役を長身の俳優で固定したいと考え、吉川と親交があり東京宝映でマネージメントも担当していた俳優の杉義一を介して起用された[3]。当時の日下はアクションの経験がなく、撮影前にJACでトレーニングを行っていたが、ロボット役は体力勝負だとして2、3カ月の間は走り込みをさせられていた[3]。ほとんど動けない着ぐるみを着ての演技があまりにもハードだったため、第1・2話の撮影が終わった時に事務所に「辞めたい」と言ったが、それが現場に伝わっていなかったらしく、何事もなかったかのように次の撮影に呼ばれ、そのまま出演し続けることになったという[7][3]。その後の撮影も苦労の連続で、番組終了とともに辞めることを望んでいたが、吉川から次作『太陽戦隊サンバルカン』ではロボット役を続投するほか悪の首領役も打診され、演技志望であった日下はこれを引き受けたという[3]

1980年代はビデオがあまり普及していなかったため、自身の演技が確認できるのは撮影から2、3カ月後に番組が放送されてからとなり、そのときになって現場での指示が理解できたという[3]。日下は、自身で演技の方向性が見えるようになったのは10年目の『高速戦隊ターボレンジャー』になってからであったと述べている[3]

『地球戦隊ファイブマン』のグンサー役は、日下自ら東映プロデューサーの鈴木武幸に素面での出演を要望して実現したものであった[3]

出演作品[編集]

テレビ[編集]

特撮[編集]

特に表記のないものはスーツアクターとしての出演。

映画[編集]

特に表記のないものはスーツアクターとしての出演。

オリジナルビデオ[編集]

特に表記のないものはスーツアクターとしての出演。

ネットムービー[編集]

ヒーローショー[編集]

舞台[編集]

  • JAE第6回プロデュース公演 「KAMIKAZE」(2001年)及川軍令部総長

CM[編集]

ドラマCD[編集]

  • 宇宙戦隊キュウレンジャー オリジナルアルバム サウンドスター3 ゲース・インダベーの逆襲(2017年) - 宇宙竜宮城オーナー 役(特別出演)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 重甲ビーファイター』『ビーファイターカブト』『テツワン探偵ロボタック』に出演していたため。『星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー』には参加。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 顔出し出演。
  3. ^ 怪人態の声は丸山詠二

出典[編集]

  1. ^ a b c d 仮面俳優列伝 2014, pp. 133-142, 「12 日下秀昭」
  2. ^ a b c d e トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 53-55, 取材・構成 秋田英夫「TOQGER Suit Actor's TALK_04 岡元次郎×日下秀昭」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al スーパー戦隊21st 5 2017, p. 32, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 日下秀昭」
  4. ^ a b c 「suits actor CROSS TALK02 日下秀昭×清家利一×村岡弘之×蜂須賀祐一×神尾直子feat.岡元次郎」『獣電戦隊キョウリュウジャー公式完全読本』 ホビージャパン2014年6月20日、pp.88-91。ISBN 978-4-7986-0828-0
  5. ^ a b c d e 『東映ヒーローMAX』Vol.6、辰巳出版〈タツミムック〉、2003年[要ページ番号]ISBN 4-88641-910-0
  6. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 50、53-55、61.
  7. ^ a b c d 『電子戦隊デンジマン』DVD第3巻ライナーノーツより。
  8. ^ 『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全 東映スーパー戦隊大全2』 安藤幹夫 編、双葉社2004年、266頁。ISBN 4-575-29688-0
  9. ^ a b 戦隊大全2 2004, p. 268
  10. ^ 戦隊大全2 2004, p. 133
  11. ^ 戦隊大全2 2004, p. 268
  12. ^ 戦隊大全2 2004, p. 200
  13. ^ 豪快演義 2012, p. 122.
  14. ^ a b c d e f g h i 仮面俳優列伝 2014, pp. [要ページ番号]
  15. ^ a b c d e f 『侍戦隊シンケンジャー公式読本 真剣勝負!』 グライドメディア、2010年[要ページ番号]ISBN 978-4-8130-8062-6
  16. ^ 日下秀昭のプロフィール”. allcinema. 2012年4月6日閲覧。
  17. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第45話 「慌てん坊忍者」|東映[テレビ]”. 2012年6月20日閲覧。
  18. ^ 天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』パンフレット、渡辺勝也インタビューより
  19. ^ 電磁戦隊メガレンジャー 第24話”. 電磁戦隊メガレンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  20. ^ スーパー戦隊クロニクル/救急戦隊ゴーゴーファイブ/ゴーブルー”. 2011年12月20日閲覧。
  21. ^ 朝日ソノラマ「宇宙船 YEAR BOOK 2001」p.47
  22. ^ ガオ日記 2001.9.1 - 2001.12.31”. 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  23. ^ 忍風戦隊ハリケンジャー 第32話”. 忍風戦隊ハリケンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  24. ^ 特捜戦隊デカレンジャー 第2話”. 特捜戦隊デカレンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  25. ^ 稲田徹による2011年1月22日のツイート2011年7月10日閲覧。
  26. ^ 特捜戦隊デカレンジャー 第10話”. 特捜戦隊デカレンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  27. ^ 魔法戦隊マジレンジャーforever special”. 魔法戦隊マジレンジャー 東映公式. 2011年7月10日閲覧。
  28. ^ 轟轟戦隊ボウケンジャー 第20話”. 轟轟戦隊ボウケンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  29. ^ 轟轟戦隊ボウケンジャー 第8話”. 轟轟戦隊ボウケンジャー 東映公式サイト. 2011年7月10日閲覧。
  30. ^ 「獣拳戦隊ゲキレンジャー」『宇宙船Vol.120』 ホビージャパン、2008、特別付録宇宙船イヤーブック2008
  31. ^ 東映ヒーローネット「及川奈央インタビュー」”. 2011年6月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月10日閲覧。
  32. ^ a b c 『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕 公式ガイドブック 一筆、天装!』 角川書店、2011年[要ページ番号]ISBN 978-4048545884
  33. ^ 飯塚昭三さん!”. motoブログ(中川素州公式ブログ) (2010年2月19日). 2011年7月10日閲覧。
  34. ^ a b c 日下秀昭 プロフィール (PDF)”. ジャパンアクションエンタープライズ. 2018年3月22日閲覧。
  35. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第6話 「一番大事なもの」|東映[テレビ]”. 2011年7月10日閲覧。
  36. ^ 稲田徹による2011年7月9日のツイート2011年7月10日閲覧。
  37. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第45話 「慌てん坊忍者」|東映[テレビ]”. 2012年1月6日閲覧。
  38. ^ 『孫といっしょ!』 幼稚園 12月号増刊、小学館、2012年
  39. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.44、辰巳出版、73頁。ISBN 978-4-7778-1124-3
  40. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.48、辰巳出版、2014年2月1日、11頁。ISBN 978-4777812776
  41. ^ 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの2 ラストニンジャになる!”. 東映. 2015年2月22日閲覧。
  42. ^ 「HERO VISION VOL.55」東京ニュース通信社 2015, pp. 45-46
  43. ^ 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの24 夏だ!西洋妖怪ぞくぞく来日!”. 東映. 2015年8月9日閲覧。
  44. ^ 東映公式サイト, 動物戦隊ジュウオウジャー 第5話 ジャングルの王者 2016年3月6日閲覧
  45. ^ 46話 不死身の破壊神”. 2017年1月15日閲覧。
  46. ^ 宇宙戦隊キュウレンジャー Space.5 9人の究極の救世主”. 2017年3月5日閲覧。
  47. ^ 宇宙戦隊キュウレンジャー Space.10 小さな巨人、ビッグスター!”. 東映. 2017年4月11日閲覧。
  48. ^ a b オープニングクレジットより
  49. ^ うるうる…”. 「motoブログ」(中川素州公式ブログ) (2009年2月11日). 2011年7月10日閲覧。
  50. ^ テツワン探偵 ロボタック 第43話”. 東映. 2011年7月28日閲覧。
  51. ^ 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える - Movie Walker
  52. ^ 日下秀昭 - Movie Walker
  53. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.5、辰巳出版〈タツミムック〉、2003年、32頁。ISBN 4-88641-875-9
  54. ^ a b c d 『東映ヒーローMAXスペシャル 侍戦隊シンケンジャー INTERVIEW BOOK』 辰巳出版〈タツミムック〉、2009年[要ページ番号]ISBN 978-4-7778-0690-4
  55. ^ 「出演者・スタッフインタビュー」『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 劇場パンフレット』 東映 事業推進部。
  56. ^ 劇場パンフレットより。
  57. ^ a b c 映画パンフレットより。
  58. ^ 大図鑑1 1994, p. 52.
  59. ^ エンドクレジットより。
  60. ^ 宇宙船149 2015, 「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」稲田徹インタビュー

参考文献[編集]

外部リンク[編集]