スペース・スクワッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スペース・スクワッド』は、2017年夏に発売のオリジナルビデオ作品(東映Vシネマ[1][2][3]。同年6月17日に先行して2作同時に劇場上映された[1][2][3]

概要[編集]

宇宙規模の警察ヒーローである宇宙刑事シリーズの『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』と『宇宙刑事 NEXT GENERATION』、スーパー戦隊シリーズ特捜戦隊デカレンジャー』のクロスオーバー作品[1][2][3][注釈 1]。また、他のメタルヒーローシリーズからのゲストキャラクターも登場する[4][5]

脚本と監督は、『宇宙刑事 NEXT GENERATION』でタッグを組んだ荒川稔久坂本浩一が担当する[2][3][6]。『ギャバン』の新作制作は2015年頃から検討されていたが、坂本のスケジュールの都合により正式に決定したのは2016年に入ってからであった[7]。キャラクターデザインの野中剛は、坂本の監督作品『破裏拳ポリマー』からの流れで企画初期から参加した[8]

本シリーズでは、宇宙刑事シリーズの銀河連邦警察は『デカレンジャー』の宇宙警察内の組織犯罪対策部門と位置づけられている[9]。また、宇宙刑事シリーズ以外のメタルヒーローシリーズも同一の世界に存在するものとして扱われている。

本作の発売を記念し、2017年6月11日放送の『宇宙戦隊キュウレンジャー』Space.18では、十文字撃 / 宇宙刑事ギャバンtype-G、赤座伴番 / デカレッド、江成仙一 / デカグリーン、胡堂小梅 / デカピンク、ドギー・クルーガーがゲスト出演した[10]。内容は本作の前日談となっており、本作の世界と『キュウレンジャー』の世界はパラレルワールドとして位置づけられている。

『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』[編集]

2017年7月19日発売。シリーズ第1弾[1][2][3][6]。2代目宇宙刑事ギャバンと特捜戦隊デカレンジャーの共闘を描く[1][2][3]。主演の石垣佑磨は、両者の考え方の違いがテーマの1つであると述べている[11][12]。石垣は脚本打ち合わせにも出席し、芝居の見せ方などに意見を出している[12][13][14]

このほか、初代宇宙刑事ギャバン、『巨獣特捜ジャスピオン』のマッドギャランもオリジナルキャストで登場する[5][注釈 2]広島県を活動拠点としている赤座伴番役のさいねい龍二は、『特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER』と同様に東京と広島を往復しての参加となった[15]

『ギャバン THE MOVIE』と『宇宙刑事 NEXT GENERATION』では描かれなかった一条寺烈から十文字撃への「ギャバンの世代交代」が物語の主軸となっている[14]。また、『デカレンジャー』のテレビシリーズから描写が重ねられていたセン / デカグリーンとウメコ / デカピンクの結婚が描かれる[16]。ジャスミン / デカイエローも『特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER』で結婚していることが語られており、戦隊女性メンバーが全員既婚者となるのはシリーズで初めてである[6]。坂本は、ギャバンとデカレンジャーを同格に描くため、クライマックスはスーパー戦隊VSシリーズのように共闘するのではなく、それぞれ個別に戦うという展開とした[14]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

音楽[編集]

主題歌
「スペース スクワッド」[17][18]
作詩:串田アキラYOFFY / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:Project.R(渡辺宙明、亀山耕一郎) / 歌:激突兄弟(串田アキラ、YOFFY)
歌唱を担当する激突兄弟は、『ギャバン』の主題歌を担当した串田と『デカレンジャー』の主題歌を担当したサイキックラバーのYOFFYからなるユニットである[18]
挿入歌
「宇宙刑事ギャバン -Type G-」
作詩:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:和田耕平 / 歌:串田アキラ
特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTERS
作詩:吉元由美 / 作曲:宮崎歩 / 編曲:京田誠一 / 歌:サイキックラバー
「SWAT ON デカレンジャー 10 YEARS AFTERS バージョン」
作詩:桑原永江 / 作曲:YOFFY / 編曲:サイキックラバー、大石憲一郎 / 歌:サイキックラバー
星空のメッセージ(2014ニュー・ミックス)」
作詩:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:馬飼野康二 / 歌:串田アキラ

『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』[編集]

2017年8月9日発売。シリーズ第2弾で、『ギャバンVSデカレンジャー』の前日談[1][2][3][6]。『特捜戦隊デカレンジャー』と『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』、『宇宙刑事 NEXT GENERATION』の女性キャラクターが中心となっており、男性キャストは登場しない[1][2]。撮影は『ギャバンVSデカレンジャー』と並行して行われた[19]

スタッフ(ガールズ・イン・トラブル)[編集]

  • 原作 - 八手三郎
  • プロデューサー - 中野剛(東映ビデオ)、塚田英明(東映)、矢田晃一(東映エージェンシー)
  • 脚本 - 荒川稔久
  • 監督・アクション監督 - 坂本浩一

キャスト(ガールズ・イン・トラブル)[編集]

  • 日渡茉莉花 / デカイエロー(声) - 木下あゆ美
  • 胡堂小梅 / デカピンク(声) - 菊地美香
  • シェリー - 森田涼花
  • シシー - 桃瀬美咲
  • タミー - 川本まゆ
  • マキ - 佃井皆美[5]
  • ビビアン - 人見早苗[5]
  • 紅牙 - 原幹恵
  • ソフィ - 遊井亮子

声の出演(ガールズ・イン・トラブル)[編集]

音楽(ガールズ・イン・トラブル)[編集]

主題歌
「ガールズ セイ ハレルヤ!」[20][18]
作詩:藤林聖子 / 作編曲:YOFFY / 歌:ガールズ・スクワッド(木下あゆ美、菊地美香、森田涼花、桃瀬美咲、川本まゆ)
挿入歌
「girls in trouble! DEKARANGER」
作詩:藤林聖子 / 作曲:ゆうまお / 編曲:西端幸彦 / 歌:ジャスミン&ウメコ with デカレンボーイズ(バン・ホージー・センちゃん)

本作オリジナルの登場人物[編集]

宇宙警察/銀河連邦警察[編集]

ソフィ長官
  • 登場作品:『ギャバンVSデカレンジャー』、『ガールズ・イン・トラブル』
新任の銀河連邦警察長官。若手時代はギャバンに師事していた。厳格な性格だが、時折茶目っ気に溢れた言動も見せる。
『ガールズ・イン・トラブル』ではヘルバイラ護送中に警護が全滅したために監獄内でひとり孤立している。『ギャバンVSデカレンジャー』では密かにスペース・スクワッド結成を計画しており、バンの推薦で撃が単独でデカレンジャーたちと接触して協力するよう仕向けて、キャプテンにふさわしいかの試験をしていた。
バーディ刑事部長
  • 登場作品:『ガールズ・イン・トラブル』
銀河連邦警察刑事部長。一見すると『宇宙刑事 NEXT GENERATION』に登場したホラーガールを思わせるが、実際は『デカレンジャー』に登場したヌマ・Oと同じ鳥形宇宙人のホルス星人。
明るい場所が苦手であり、 緊迫すると条件反射で不気味な鳴き声を発する。かつてドギーとコンビを組んでいたこともある。
マキ
  • 登場作品:『ガールズ・イン・トラブル』
ネオクリン星を担当する宇宙刑事。ジャスミンたちと共に留置場に囚われていた。
ビビアン
  • 登場作品:『ガールズ・イン・トラブル』
ジャスミンの隣室に囚られていた宇宙刑事。

邪教団・幻魔空界[編集]

謎の存在フメインを教祖と崇める宗教団体[21]。読みは「じゃきょうだん・げんまくうかい」12の犯罪組織を配下に従え、十二使徒と呼ばれる幹部が各組織を率いている[21]

ラーズ
  • 登場作品:『ギャバンVSデカレンジャー』、『ガールズ・イン・トラブル』
十二使徒の1人。少し気が弱いスマイル&ジェントルネス社の社長。会社はマリーズパンツという宇宙おむつが好評で急成長しているが、裏では悪事が行われているという噂があるが、紅牙に脅されて協力を強いられていた。
その正体はマッドギャラン本人で、表向きは友好的な人物として身を隠してデカレンジャーを欺き、裏ではひそかに大量殺戮兵器の建造計画を進めていた。「痛めつける時は徹底的に、完膚なきまでにやり続ける」という残忍な哲学を持ち、誘拐したシェリーを高笑いをしながら徹底的に痛め付けている。
マッドギャラン
ラーズがマスカーブレイドを用いて変身した姿。ジャスピオンに敗れたマッドギャランの残留思念を用いて変身するため、変身すると声がかつてのマッドギャランと同じ声に変わる。さらに剣の腕もマッドギャランと同じ域までに達するため、デカマスターとデカブレイクを同時に相手しても圧倒する力を持ち、ギャバンtypeGのレーザーブレードを叩き折った。特殊な形状の剣から「マッド・ギャラクティック」という必殺技を繰り出す。最後はギャバンtypeGに敗れて変身が解け、起動したサタンゴースに押し潰された。
  • オリジナルは『巨獣特捜ジャスピオン』の登場キャラクター。デザインはオリジナルを踏襲しており、区別のためにラインを描いた点と脚のアーマーを後ろまで覆う形状にした点が異なる[8]
紅牙べにきば
  • 登場作品:『ギャバンVSデカレンジャー』、『ガールズ・イン・トラブル』
元宇宙刑事である宇宙くノ一で、教祖直属の監視役でもある。非常に高い戦闘力を持ち、強い敵との戦いを望んでいる。また、相手の戦闘力を測定出来る目を持っており、強い相手を選んで戦う。逆に無力な相手をいたぶることは好まない。
『ガールズ・イン・トラブル』では監獄内に閉じ込められたソフィの抹殺に現れるが救出に来たジャスミンたちと対峙する。『ギャバンVSデカレンジャー』では、ラーズの秘書として身を隠しながらサタンゴース完成のために密かに暗躍している。
  • オリジナルは『世界忍者戦ジライヤ』の登場キャラクター。脚本初期稿では単に宇宙くノ一という設定であったが、マッドギャランが登場することからこちらもメタルヒーローシリーズに絡めたキャラクターとなった[8]。キャラクターモデルの案には宇宙忍デモストも挙がっていた[8]
ヘルバイラ
  • 登場作品:『ガールズ・イン・トラブル』
十二使徒の1人。復讐代行業者ネメシス・アベンジャーズの社長。ウメコ曰く「社長業をこなせない」と思うほど理性を持たない怪物で、怪力からくり出す爪と口からの触手で殺戮を繰り返す。しかし実際は理性を取り戻す理性周期があり、バード星の月が重なり合う時に理性を取り戻すことが出来、その際は普通に喋ることが出来る。
  • オリジナルは『時空戦士スピルバン』の登場キャラクター。怪物化するという設定から、デザインは生物的なものにアレンジされた[8]
クールギン[21]
十二使徒の1人で、名前のみ登場。『ギャバンVSデカレンジャー』の終盤で暗躍中であることが語られている[21]
バーグ星人クローネン
  • 登場作品:『ギャバンVSデカレンジャー』
マッドギャランと行動を共にする傭兵で、88の惑星で大量ライフル殺人を犯した罪により、アリエナイザーとして指名手配されている。右腕を銃に変形できる。
サタンゴース
  • 登場作品:『ギャバンVSデカレンジャー』
マッドギャランが建造している大量殺戮兵器である巨大ロボット。起動させるためには、ある特殊な能力を持った人間の血液が必要である。
  • オリジナルは『巨獣特捜ジャスピオン』の登場キャラクター。

その他[編集]

ニタズミー星人イペット
  • 登場作品:『ギャバンVSデカレンジャー』
連続吸血魔事件の容疑者としてデカブレイクに逮捕される。

本作オリジナルの装備・戦力・用語[編集]

マシンシェパード[22]
地球署のパトカー。ベース車はトヨタ・プリウス(4代目)[要出典]
マスカーブレイド[21]
マッドギャランの変身アイテム。マッドギャランのマスクと剣の柄が一体化しており[8]、オリジナルのマッドギャランの残留思念を宿したメタルテックスーツを収納している。
レーザーブレードオリジン
初代ギャバンがかつて使用していたレーザーブレード。マクーとの戦いの中で折れたが[8]、ジャスピオンの故郷であるエジン星で打ち直された。
  • モデルは『宇宙刑事ギャバン』で撮影初期に使用されていたレーザーブレードであり、撮影時に折れたため異なるデザインで作り直されたものが以後使用されていた[8]。『ギャバン』劇中では形状の変更についての説明はなく、本作品で新たに設定された[8]。オリジナルのデザイン画や単体でのスチールは現存しておらず、造型を担当したレインボー造型企画への取材や画像からの類推で再現された[8]
ギャバンコズミックオールダイナミック
ギャバンtypeGの新たな必殺技。ジャスピオンの必殺技「コズミックハーレー」と、ギャバンtypeGの「ギャバン・ハイパーダイナミック」を組み合わせた技。
ワイハー星
センとウメコが式をあげた惑星。
クリーン光線
SPライセンスから発射される光線。服を綺麗にする。
スペース・スクワッド
全銀河の広範囲な連携を前提とした特別チーム。幻魔空界の勢力拡大に対して、銀河連邦警察が水面下で選抜を進めていた。候補者には歴代のスーパー戦隊とメタルヒーローの一部が明かされている。
『ギャバンVSデカレンジャー』の終盤で撃がキャプテンに任命された。

映像ソフト化[編集]

上映劇場限定販売
  • スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー Blu-ray単品版(1枚組、2017年6月17日発売)
    • 映像特典
      • PR集
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー(石垣佑磨×さいねい龍二×林剛史×伊藤陽佑×吉田友一×監督・アクション監督:坂本浩一)
  • ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO Blu-ray単品版(1枚組、2017年6月17日発売)
    • 映像特典
      • PR集
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー(木下あゆ美×菊地美香×森田涼花×桃瀬美咲×川本まゆ×監督・アクション監督:坂本浩一)
単品DVD
  • スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー DVD(1枚組、2017年7月19日発売)
    • 映像特典
      • PR集
  • ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO DVD(1枚組、2017年8月9日発売)
    • 映像特典
      • PR集
セット販売
  • スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー&ガールズ・イン・トラブル コレクターズパック(3枚組、2017年7月19日発売)
    • ディスク1:『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』本編Blu-ray
      • 映像特典
        • PR集
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(石垣佑磨×さいねい龍二×林剛史×伊藤陽佑×吉田友一×監督・アクション監督:坂本浩一)
    • ディスク2:『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』本編Blu-ray
      • 映像特典
        • PR集
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー(木下あゆ美×菊地美香×森田涼花×桃瀬美咲×川本まゆ×監督・アクション監督:坂本浩一)
    • ディスク3:特典Blu-ray
      • 「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」メイキング
      • 「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」メイキング
      • レーザーブレードオリジンPV
      • デザインギャラリー
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • 特製スリーブケース
  • スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー&ガールズ・イン・トラブル レーザーブレードオリジン版(3枚組、2017年7月19日発売・初回限定生産)
    • セット内容
      • 『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』本編Blu-ray(上映劇場限定単品版、コレクターズパックと共通)
      • 『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』本編Blu-ray(上映劇場限定単品版、コレクターズパックと共通)
      • 特典Blu-ray(コレクターズパックと共通)
      • TAMASHII Lab レーザーブレードオリジン
      • ブックレット(20P)
      • 特製アウターケース付きデジパック仕様

ラジオドラマ[編集]

文化放送のラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』とのコラボレーション企画としてラジオドラマが2017年5月12日から6月16日に放送[23]。全6話[23]

ストーリーは『ギャバンVSデカレンジャー』と『ガールズ・イン・トラブル』の前日談となり、『デカレンジャー編』と『ギャバン編』の2編からなる[23]。脚本は両作品と同じく荒川稔久が担当[23]。両作品キャストのほか、番組パーソナリティの鈴村健一神谷浩史も出演する[23]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 赤座伴番/デカレッド役のさいねい龍二は「日本版アベンジャーズ」と称している[1][2]
  2. ^ 脚本を担当した荒川稔久は、『ジャスピオン』がデビュー直前に観ていた作品であったため、春田が演じるマッドギャランのセリフを書けたことに感動したことを述べている[13]
  3. ^ 結婚式のシーンにもカメオ出演している[14]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』2017年初夏上映/ブルーレイ&DVD発売!”. 東映ビデオ (2016年8月25日). 2016年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが共演!「スペース・スクワッド」シリーズ始動”. 映画ナタリー (2016年8月25日). 2016年8月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 東映HM54 2016, pp. 68-69, 「超速報!『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』&『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』」
  4. ^ a b c d e f g h i 「宇宙刑事ギャバン」大葉健二、東映版アベンジャーズ参戦決定!あの悪役も復活!”. シネマトゥディ (2016年12月2日). 2016年12月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e 宇宙船155 2016, pp. 70-71, 「スペース・スクワッド」
  6. ^ a b c d 宇宙船154 2016, pp. 76-77, 「スペース・スクワッド」
  7. ^ 宇宙船154 2016, pp. 78-79, 「[インタビュー]石垣佑磨
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 宇宙船157 2017, pp. 74-77, 「[座談会]坂本浩一×野中剛×塚田英明
  9. ^ パンフレット 2017, 「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー INTRODUCTION」.
  10. ^ ギャバン&デカレッド「キュウレンジャー」に出演、ショウとドギーの司令官共演も
  11. ^ 東映HM54 2016, p. 70, 「MAIN CAST INTERVIEW 石垣佑磨」.
  12. ^ a b 宇宙船155 2016, pp. 72-73, 「[インタビュー]石垣佑磨」
  13. ^ a b 東映HM55 2017, pp. 86-89, 取材・構成 伊東叶夢「CROSS TALK 石垣佑磨×荒川稔久」
  14. ^ a b c d パンフレット 2017, 「SPECIAL CROSS TALK PART-1 石垣佑磨×坂本浩一」
  15. ^ パンフレット 2017, 「SPECIAL CROSS TALK PART-2 さいねい龍二×林剛史×伊藤陽佑×吉田友一」.
  16. ^ 宇宙船154 2016, pp. 76、81.
  17. ^ 「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」主題歌”. 日本コロムビア (2017年3月10日). 2017年3月13日閲覧。
  18. ^ a b c 宇宙船156 2017, pp. 74-75, 「スペース・スクワッド」
  19. ^ 東映HM55 2017, p. 91, 「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」.
  20. ^ 「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」エンディングテーマ”. 日本コロムビア (2017年1月27日). 2017年1月27日閲覧。
  21. ^ a b c d e パンフレット 2017, 「邪教団・幻魔空界」
  22. ^ パンフレット 2017, 「特捜戦隊デカレンジャー」.
  23. ^ a b c d e 『鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』が映画『スペース・スクワッド』とコラボ! 特別ゲストの出演&オリジナルドラマを放送”. animate Times (2017年4月29日). 2017年4月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー/ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド エピソードゼロ』パンフレット 2017年6月17日発行 編集・執筆:用田邦憲 発行所:東映ビデオ
  • 宇宙船ホビージャパン
    • 『宇宙船』vol.154(AUTUMN 2016.秋)、ホビージャパン、2016年10月1日ISBN 978-4-7986-1312-3
    • 『宇宙船』vol.155(WINTER 2017.冬)、ホビージャパン、2016年12月29日ISBN 978-4-7986-1360-4
    • 『宇宙船』vol.156(SPRING 2017.春)、ホビージャパン、2017年4月1日ISBN 978-4-7986-1434-2
    • 『宇宙船』vol.157(SUMMER 2017.夏)、ホビージャパン、2017年6月30日ISBN 978-4-7986-1482-3
  • 東映ヒーローMAX(辰巳出版
    • 『東映ヒーローMAX』VOLUME 54(2016 AUTUMN)、辰巳出版、2016年10月10日ISBN 978-4-7778-1750-4
    • 『東映ヒーローMAX』VOLUME 55(2017 WINTER)、辰巳出版、2017年3月10日ISBN 978-4-7778-1831-0、 雑誌コード:66118-18。

外部リンク[編集]