パワーレンジャー・タイムフォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パワーレンジャー・タイムフォース』(Power Rangers Time Force)は、アメリカ合衆国のテレビドラマ。日本の特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」の英語版ローカライズ作品[1]パワーレンジャーシリーズ」の第9シーズンであり、第7作目である。本作は『未来戦隊タイムレンジャー』がベースとなっている[2]2001年2月3日から同年11月17日まで[3]フォックス放送[4]内のFox Kidsで放送された。全40話[5]。略称は「PRTF」、「タイムフォース」。

ストーリー[編集]

西暦3000年。ミュータント犯罪者ランシックがパワーレンジャーによって逮捕されたが、仲間の助けで脱走し、刑務所を乗っ取って2001年にタイムスリップしてしまう。その過程でレッドレンジャー・アレックスは戦死。彼のモーファーを託されたピンクレンジャー・ジェンは仲間のブルーレンジャー・ルーカス、イエローレンジャー ・ケイティ、グリーンレンジャー・トリップを連れて2001年にタイムスリップするが、レッドレンジャーのモーファーがDNAロックされている為、他のレンジャーも変身できない。

アレックスと瓜二つの若者ウェスが仲間に加わったことによりロックは解除され、パワーレンジャーとミュータント犯罪者達の戦いが始まるが、彼らの行動は歴史の改変を招いていた。

概要[編集]

原作のストーリーがアメリカ側スタッフに評価された事から[6][2][6]、細かい設定やストーリーは原作とほぼ同じであるが[5][2][6]、クォンタムレンジャーが死亡しない等原作よりも悲劇的な要素は薄い[2]

原作同様のSF要素に加え、ファンタジー要素が盛り込まれている[7]

東映鈴木武幸はビジネス面で不振となった原作と異なり、アメリカでの評判は良く、玩具の売り上げも高かったと述べている[8]

ハッピーエンドを原則とするアメリカにおいて、原作どおりに仲間が離れ離れになるラストにするなど、アメリカのタブーに挑戦した作品となった[6]

36話のエンディングでは2001年 9月3日に交通事故で亡くなった、初代イエローレンジャー/トリニ―役を演じたサイ・トラングへの献辞が捧げられている。

登場人物[編集]

パワーレンジャー[編集]

レッドが財閥の御曹司で父親に反発して家出をしている、ブルーが元レーサーであるなど設定はほぼ原作と同じ。しかし、クォンタムレンジャーの設定は原作のタイムファイヤーと少し違っている。

ウェス・コリンズ/レッドレンジャー
財閥の御曹司だが、父親とは意見の違いから家出をしている[9]。未来から来た他の4人と共に表向きでは何でも屋ニック・オブ・タイム・オッドジョブズを経営しつつ、未来世界の刑務所から解き放たれた犯罪者やモンスターと戦う。
パワーレンジャー・ワイルドフォースでは、エリックと同じで父親が設立した私設警備隊シルバーガーディアンの一員になっていた。
ジェン/ピンクレンジャー
過去に恋人のアレックスを殺されている。やがてウェスに惹かれていき、アレックスへの想いの間で揺れ動く。
ルーカス・ケンダル/ブルーレンジャー
元レーサー。
ケイティ・ウォーカー/イエローレンジャー
怪力の持ち主。
トリップ/グリーンレンジャー
睡眠をほとんどとらない原作のシオンとは逆に睡眠時間が長めの特殊な体質。
エリック・マイヤーズ/クォンタムレンジャー(タイムファイヤー)
途中から加わった戦士。私設警備隊シルバーガーディアンの一員で、ウェスとは同じ大学の空手部のライバルだった。
アレックス / レッドレンジャー
未来世界のレッドレンジャーでジェンの婚約者。戦死するが、歴史が改変された影響で復活。ウェスからモーファーを取り上げ再びレッドレンジャーになるが、後にウェスの実力を認め彼にモーファーを返し、未来へと帰還する[9]

協力者[編集]

サーキット(タック)
ミミズク型サポートロボット。時間移動の際パワーレンジャー達が乗っていたタイムマシンに同乗していた。タイムフォースメガゾード発進の要請を含む未来への通信をすべて一手に受け持つ。
キャプテン・ローガン
ジェン達の上官。未来世界から彼らを支援する。

一般人[編集]

Mr.A・コリンズ
ウェスの父親でバイオラブと言う会社を経営する街一番の富豪[9]。ミュータント対策のため、警備会社シルバーガーディアンを設立する[9]。後に息子がレッドレンジャーであることを知る。原作の浅見渡にあたる人物。
ルイス・フェリックス医師
未来世界の医者。善意からランシックのために血清を作るが、彼によって殺害された。

[編集]

ランシック
未来世界の犯罪者。最初のミュータントとされ、生きるためには特殊な血清が必要[9]。アレックス達の活躍で逮捕されたがナディラの手により脱走し、未来から現代にタイムスリップしてくる。肉体から武器を取り出す能力を持っている。
パワーレンジャー・ワイルドフォースでは、彼の特殊能力は逃亡中に出会った3体のオルグに与えられたものであったことが判明する。
  • 玩具 - プレイセットの同梱品[9]
ナディラ(リラ)
ランシックの娘[9]。ビームガンとバリアを発生させるマントが武器。衣装は原作のリラの衣装よりも露出度が高い。
フラックス(ギエン)
科学者ロボットで、モンスターや囚人を巨大化させる機能を持つ。その正体はルイス・フェリックス博士であり、ランシックへの復讐の機会を狙っていた[9]
グルート(ドン・ドルネロ)
コメディリリーフ[9]。ランシックが脱走した際にその場にいたことから彼の部下となる。ナディラに片思いしている。終盤でフラックスが暴れる中、悪化する事態から逃れるように自らを冷凍圧縮する。
ミュータント(ロンダー囚人)
30世紀の人間工場の事故などにより生まれた変異体達[9]。DNAが大気に露出すると巨大化する為、それを防止するパッチを装備している。
サイクロボット(ゼニット)
フラックスが作ったロボット戦闘員。
バイプラ
パワーレンジャー・ライトスピード・レスキュー』に登場した女性指揮官。ランシックと手を組み、スーパーデーモンの封印を解く[9]
デーモン・ウォーリアー
バイプラ配下の戦闘員。

メカニック[編集]

タイムフォースメガゾード(タイムロボ)
タイムフライヤー(タイムジェット)
タイムフライヤー1(タイムジェット1)
タイムフライヤー2(タイムジェット2)
タイムフライヤー3(タイムジェット3)
タイムフライヤー4(タイムジェット4)
タイムフライヤー5(タイムジェット5)
タイムシャドウメガゾード(タイムシャドウ)
クォンタレックスメガゾード(ブイレックスロボ)
トランスワープ(プロバイダス)
ベクターサイクル
本作オリジナルの専用バイク。
ドラゴントロン(Gゾード)
マグザグス(メカ・クライシス)
ドゥームトロン(ネオ・クライシス)

パワーレンジャーの装備[編集]

クロノモーファー(クロノチェンジャー)
クォンタムモーファー(Vコマンダー)
レッド・バトル・ウォーリア
白騎士の戦いの炎によってレッドレンジャーがパワーアップした形態。バトル・ウォーリア・セイバーと言う剣が武器。
これまでのバトライザーの造形物はアメリカで制作されていたが、本作以降は日本のレインボー造型企画が制作している[10]。日本製に切り替えた理由として坂本浩一は「現地製の装備は強度に問題があった」と述べている[10]。東映はアメリカで装備を作ると安全性や装着性を優先してデザインが二の次になってしまうと言う点に難色を示しており、それを解消することにも繋がった[8]

キャスト[編集]

レギュラー・準レギュラー[編集]

  • ウェス・コリンズ/レッドレンジャー(声)、アレックス - ジェイソン・ファウント
  • ジェン・スコッツ/ピンクレンジャー(声)- アイルランド・カーヒル
  • ルーカス・ケンダル/ブルーレンジャー(声) - マイケル・コポン
  • ケイティ・ウォーカー/イエローレンジャー(声) - デボラ・エステル・フィリップス
  • トリップ/グリーンレンジャー(声) - ケビン・クラインバーグ
  • エリック・マイヤーズ/クォンタムレンジャー(声) - ダニエル・サウスワース
  • サーキット(声) - ブライアン・シッダール
  • Mr.A・コリンズ - エドワード・アルバート
  • キャプテン・ローガン - ロイ・ヴェルナー
  • マイケル・ザスケン医師 - ケン・メルクス
  • ランシック - ヴァーノン・ウェルズ
  • ナディラ:ケイト・シェルドン
  • グルート(声) - ニール・キャプラン
  • フラックス(声) - エディ・フライアーソン

ゲスト出演者[編集]

  • ナレーター(1) - デイヴィッド・ステンストローム
  • 裁判官(1) - リック・マンシーニ
  • 運転手1(1) - マイケル・バルー
  • 運転手2(1) - 旅行ガイド(25):ルーベン・ラングダン
  • 警官(1) - タダシ・コンドウ
  • ナレーター(2) - ニール・キャプラン
  • フィリップス(2) - ダグラス・フィッシャー
  • 護衛(2) - エディ・ペレス
  • セールスマン(2) - ジェリー・コキッチ
  • シェフ(2) - フィリップ・ペルジェロン
  • アイヴァン(4) - ジョー・メダリス
  • アンカーマン(4) - ジョナサン・リヒター
  • 出前の少年(4) - ベイン・ドナルド
  • Mr. ピケッツ(5) - デイヴィッド・ピリス
  • フランキー(6) - ダニー・ターナー
  • リポーター(6) - グレイ・デュビン
  • ウォルター・ブラウン(8) - ジョーダン・ベルフィ
  • グウェン(8) - レイシー・ビーマン
  • デレク(8) - デヴィッド・ブレイン
  • コンピュータ(声)(10・11、39) - レベッカ・フォースダット
  • ミッチ(23) - ザック・ボストロム
  • 監督(24) - ハーヴェイ・シャイン
  • 助監督(24) - ニック・ゴメス
  • フランキー・チャン(24・25) - 横山和博
  • 映画の王女(24・25) - 二城永子
  • 老導師(24・25) - タク・クボタ
  • Dr.ルイス・フィッシャー(27・38) - ジェフ・グリッグス
  • ジミー(27) - クリストファー・グレン
  • テーラー(28 - 30) - ニコラス・ゲスト
  • ガーディアン・ミラー(28) - ミッチ・グールド
  • テレサ(31) - テレサ・サンニコラス
  • 白騎士(32) - ジャスティン・N・トンプソン /声 - オリヴァー・ページ
  • カーター・グレイソン(33) - ショーン・Cw・ジョンソン
  • チャド・リー(33) - マイケル・チャトゥランタバット
  • ジョエル・ローリングス(33) - キース・ロビンソン
  • ケルシー・ウィンズロウ(33) - サーシャ・ウィリアムズ
  • ディナ・ミッチェル(33) - アリソン・マッキニス
  • ライアン・ミッチェル(33) - レット・フィッチャー
  • アンジェラ・フェアウェザー=ローリングス(33)、メインフレームコンピュータ(声)(36)、タイムマシンコンピュータ(声)(38) - モニカ・ルーレンス
  • バイプラ(33) - ジェニファー・L・イェン

スーツアクター・スタント[編集]

スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場ミュータント 監督 脚本 放送日[3]
1 Force From The Future Part I モコン(フラン)
(声 - マイケル・ソリッチ
坂本浩一 ジャド・リン
ジャッキー・マーチャンド
2001年
2月3日
2 Force From The Future Part II 2月10日
3 Something To Fight For ジェターナ(ジェッカー)
(声 - デレク・スティーヴン・プリンス
2月17日
4 Ransik Lives フィアログ(ナバル)
(声 - デイヴィッド・ステンストローム
サムハイブ(ハイドリッド)
林海象 2月24日
5 A Blue Streak マンタモビル(キース)
(声 - リチャード・ホーヴィッツ
3月3日
6 A Parting Of The Ways モコン
(声 - マイケル・ソリッチ)
テンタクロウ(ベリト)
(声 - エズラ・ワイズ
ワース・キーター 3月10日
7 Short Circuited ラビットコン(ゲーマルク)
メディコン(ドク)
(声 - ダン・ウォーレン
3月17日
8 Jen's Revenge ファット・キャットフィッシュ(マッドブラスト)
(声 - トム・ワイナー
坂本浩一 ジャド・リン 3月24日
9 The Time Shadow イズオート(サンドーラ)
(声 - デイヴィッド・ロッジ
トロニコン(ノヴァ)
(声 - キム・ストラウス
3月31日
10 Future Unknown トロニコン
ヴェクシコン(ブラスターマドウ)
(声 - リチャード・エプカー
ジャド・リン ジャド・リン
ジャッキー・マーチャンド
4月7日
11 Uniquely Trip レッドアイ(ルージュ)
(声 - ウェンディー・リー
エレクトロピート(ウーゴ)
(声 - スティーブ・クレイマー
アイザック・フロレンティーン 4月14日
12 Worlds Apart ユニヴェルト(ジャグル)
(声 - ボブ・パーペンブルック
4月21日
13 The Quantum Quest ブリックネック(ハマー)
(声 - マイケル・ソリッチ)
坂本浩一 4月28日
14 Clash For Control, Part I コマンドコン(マスターハンター)
(声 - デイヴ・マロウ
5月5日
15 Clash For Control, Part II アイザック・フロレンティーン 5月12日
16 Bodyguard In Blue クロスロックス(ドゴール)
(声 - トニー・オリバー
坂本浩一 5月19日
17 The Legend Of The Clock Tower ポリス・ミュータント(アーノルドK) 細谷ヨシフミ ジャド・リン
18 Trust And Triumph タートルコン(ゲンプ)
(声 - スティーブ・マッゴワン)
悪のパワーレンジャー
坂本浩一 ジャド・リン
ジャッキー・マーチャンド
6月2日
19 Trip Takes A Stand ノタコン(DDラデス)
(声 - バーバラ・グッドソン
アイザック・フロレンティーン 6月9日
20 Quantum Secrets コンウィッグ(メイデン)
(声 - ショーン・Cw・ジョンソン)
横山誠 6月16日
21 The Last Race ダッシュ(バロン)
(声・人間体 - ライリー・シュミット)
アイザック・フロレンティーン 6月23日
22 Love Struck Rangers コンテンプトラ(バーベラ)
(声 - バレリー・ヴァーノン)
ワース・キーター 7月7日
23 Full Exposure アイアンスパイク(オーグ)
アーティルコン(ナボコフ)
(声 - ボブ・パーペンブルック)
7月14日
24 Movie Madness, Part I シネコン(グロカン)
(声 - テレンス・ストーン)
坂本浩一 7月21日
25 Movie Madness, Part II 7月28日
26 Time Force Traitor スティーリックス(アベル)
(声 - JW・マイヤーズ)
8月4日
27 "Frax's Fury ヴェノマーク(エンボス)
(声 - キム・ストラウス)
8月11日
28 Dawn Of Destiny セーブラックス(ボーグ)
(声 -ポール・シュリアー
ドラゴントロン
ワース・キーター 8月18日
29 Fight The Fate ドラゴントロン 8月25日
30 Destiny Defeated 9月8日
31 Undercover Rangers 怪しい男 / メカナウ(ストラウス)
(演 - ロバート・アクセルロッド / 声 - マイク・レイノルズ
坂本浩一 9月15日
32 Beware The Knight 黒騎士(演 - ケリー・J・ベリー / 声 - デイヴ・マロウ) 9月22日
33 Time For Lightspeed バイプラ
クァーガノン(ボリピエール)
(声 - ロン・ロッジェ)
デーモン・ウォーリアー(声 - レイ=フィリップ・サントス)
9月29日
34 Reflections Of Evil ミラコン(ユーゲント)
(声 - フィル・プロクター
幻ミュータント軍団[18]
ジョナサン・ヅァクワー 10月6日
35 Nadira's Dream Date カメリコン(ドーパ)
(声 - ケリガン・メイハン
ワース・キーター 10月13日
36 Circuit Unsure サーピコン(ゲート)
(声 - マーク・A・リチャードソン)
10月20日
37 A Calm Before The Storm マグザクス 10月27日
38 End Of Time, Part I ドゥームトロン 坂本浩一 11月3日
39 End Of Time, Part II 11月10日
40 End Of Time, Part III 11月17日

ノミネート歴[編集]

  • 2002年デイタイム・エミー賞サウンドミキシング賞候補:チャック・ブッシュ(サウンドミキサー)、エドワード・F・スキ(リレコミキサー)[19]

ゲーム[編集]

Power Rangers Time Force
PC版(2001年1月1日発売。開発はKnowWonder Digital Mediaworks)[20]ゲームボーイカラー版(2001年4月発売。開発はナツメ[21]PlayStation版(2001年夏発売。開発はTHQ[22]ゲームボーイアドバンス版(2001年12月20日発売。開発はVicarious Visions)[23]の4種類がTHQから発売された[23][21][22][20]。GBA版は2005年3月30日にPower Rangers Dual Packとして『Power Rangers Ninja Storm』とセットにされた商品が販売された[24]

脚注[編集]

  1. ^ 「パワーレンジャー」新シリーズの製作配給契約をサバン・キャピタル・グループと締結”. 東映プレスリリース (2010年5月19日). 2014年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 「緑の章 World パワーレンジャー」『スーパー戦隊 36LEGENDS』 日之出出版、2012年、94 -97頁。ISBN 978-4891988623
  3. ^ a b 戸澤好彦構成 「スーパー戦隊放映リスト」『25大スーパー戦隊シリーズ完全マテリアルブック 下巻』 勁文社2002年、111頁。ISBN 978-4766941081
  4. ^ Power Rangers Still Have a Kick”. ロサンゼルス・タイムズ. 2014年5月3日閲覧。
  5. ^ a b c インタビュー・秋田英夫「パワーレンジャー NOW!!」、『宇宙船』Vol.122、ホビージャパン、2008年10月、 96 - 97頁、 ISBN 978-4894257726
  6. ^ a b c d 山崎優(取材・構成)「SPECIAL Interview 坂本浩一 『パワーレンジャー』を語る」、『東映ヒーローMAX』Vol.42、辰巳出版2012年、 76 - 77頁。
  7. ^ 間宮尚彦構成 『30大スーパー戦隊超全集』 小学館、2007年、335頁。ISBN 978-4091051127
  8. ^ a b 大前京太郎(構成・文)、NIRDY(構成・文)、ヤス(構成・文)「ガオレンジャーVSパワーレンジャー」、『フィギュア王』No.44、ワールドフォトプレス2001年、 31頁、 ISBN 978-4846523183
  9. ^ a b c d e f g h i j k 『SFヒーローまぼろしの冒険伝説―続編、外伝、スピンオフ徹底研究』 ミリオン出版2001年、42 - 44頁。ISBN 978-4813006152
  10. ^ a b 間宮尚彦構成 『スーパー戦隊超全集』 小学館、2002年、295頁。ISBN 978-4091014832
  11. ^ 前田浩 プロフィール”. O.S FACTORY. 2007年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。
  12. ^ Tomohiko Akiyama”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年9月6日閲覧。
  13. ^ Namihei Koshige”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年9月6日閲覧。
  14. ^ HirooMinami.com/南 博男/Stunt_Resume”. 南博男公式サイト. 2012年8月20日閲覧。
  15. ^ The Stunt Guild of New Zealand » Hiroo Minami”. スタント・ギルド・オブ・ ニュージーランド公式サイト. 2012年2月28日閲覧。
  16. ^ Terence J. Rotolo”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年9月6日閲覧。
  17. ^ Nicole Randall”. Stunt Directory and Professional Stunt Registry. 2013年7月21日閲覧。
  18. ^ アンジェルコン(ゴウガン)(声 - カーク・ソーントン)、レッドアイ、アイアンスパイク(リチャード・カンシーノ
  19. ^ Power Rangers Time Force (2001) - Awards”. インターネット・ムービー・データベース. 2014年3月12日閲覧。
  20. ^ a b Power Rangers Time Force”. IGN. 2014年3月12日閲覧。
  21. ^ a b Power Rangers Time Force”. IGN. 2014年3月12日閲覧。
  22. ^ a b Power Rangers Time Force”. IGN. 2014年3月12日閲覧。
  23. ^ a b Power Rangers Time Force”. IGN. 2014年3月12日閲覧。
  24. ^ Power Rangers Dual Pack”. IGN. 2014年3月12日閲覧。