前田浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まえだ ひろし
前田 浩
生年月日 (1961-11-01) 1961年11月1日(57歳)
出生地 日本の旗 日本高知県
身長 176 cm
血液型 A型[1]
職業 スタントマンスーツアクター
ジャンル アクション俳優
活動期間 1979年 -
活動内容 スーツアクター
主な作品
パワーレンジャーシリーズ

前田 浩(まえだ ひろし、1961年11月1日[1][2] - )は、日本のスタントマンスーツアクター高知県出身[3][1][2]

身長176cm。愛車はハーレーダビッドソン

ATC(アルバイト)、ジャパンアクションクラブレッドアクションクラブを経て、現在はフリー。新堀和男の直系弟子である。

略歴[編集]

18歳の時に大阪でキャラクターショー関係の仕事をしていた人物と知り合い、これがきっかけでアクションの道に進む[4]。問い合わせの電話を掛けた事がきっかけで東映からアクションチームATCを紹介される[4]。アルバイトとしてキャラクターショーに出演[4]

後楽園ゆうえんちの野外劇場で行われていた『太陽戦隊サンバルカン』ショーを見たことがきっかけでジャパンアクションクラブに13期生として入団[5]。1年間の練習期間を経て、『大戦隊ゴーグルファイブ』最終話の操演の補助が初仕事となる[6]

後楽園ゆうえんちの『科学戦隊ダイナマン』ショーが初レギュラーで、コースターレッドを担当した[6]

23歳の時に『電撃戦隊チェンジマン』ショーの仕事が終わると同時にJACを退団[7]。退団後はフリーとして大野剣友会に参加[4]。その縁で新堀和男から『高速戦隊ターボレンジャー』の撮影に呼ばれ、レッドアクションクラブにも入団する[4]

1991年に『特救指令ソルブレイン』の後半から登場するナイトファイヤー(アップシーン)、『鳥人戦隊ジェットマン』の終盤のレッドホークを担当。レッドホークのスーツアクターを担当することになった理由は、新堀が次作『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のアクション監督の準備の為忙しくなっていたためである。

1992年に『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のティラノレンジャーのスーツアクターを担当[4]。後番組である『五星戦隊ダイレンジャー』のリュウレンジャーも担当予定だったが、同作のアクションが自分に合わないとして降板[5]

1995年に『ジュウレンジャー』への出演がきっかけとなり、パワーレンジャーシリーズに参加[4][8]。日本国内で行われた追加撮影に参加した後[8]、補充メンバーとして渡米し、第2シリーズの終盤からアメリカでの撮影に参加[9]。『ジオ』を除き『ニンジャストーム』までレッドのスーツアクターを務めた[8][2]

2002年9月にパワーレンジャーの撮影地がニュージーランドに変更になった為、そちらに移住し[10]、2003年に帰国[4]。2007年に『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』に参加する為、再び渡米[10]

2009年に千葉県から沖縄に移住[11]した後、2013年4月26日に千葉県に戻る[12]

近年はアトラクションショーにおいて、高度なアクションを披露している。また、2004年に設立した自らのアクションスクール「ヒーローズ・ファクトリー」にて後輩育成もおこなっている[4]

2012年の『非公認戦隊アキバレンジャー』および2013年の『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』にて公認戦士(スーパー戦隊シリーズからのゲスト戦士)のスーツアクターを全て担当した。中にはかつて自身が演じたレッドホークやティラノレンジャーが含まれている[2]

出演[編集]

日本[編集]

テレビ

映画

オリジナルビデオ作品

ゲーム

アメリカ[編集]

テレビ

映画

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 前田は「アックスとインサイザー以外のライダーには入った」と述べている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c hiroshi のプロフィール”. アメーバブログ. 2013年4月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 「AKIBARANGER ACTION TALK_06 前田浩」『非公認戦隊アキバレンジャー(非)公式読本 AKIBA MIRACLE DELUSION』グライドメディア〈グライドメディアムック86〉、2012年9月10日、68-69頁。ISBN 978-4-8130-8186-9
  3. ^ a b 「TAMASHII NATIONS CRAZY」『ハイパーホビー』3月号、徳間書店、2009年、 32頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 前田浩 プロフィール”. O.S FACTORY. 2007年12月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月28日閲覧。
  5. ^ a b 『シールドの向こう側』 楽しかったな~ ありがとう、お面達!”. hiroshiのブログ (2010年2月20日). 2013年4月30日閲覧。
  6. ^ a b 『シールドの向こう側』 楽しかったな~ ありがとう、お面達!”. hiroshiのブログ (2010年3月11日). 2013年4月30日閲覧。
  7. ^ 『シールドの向こう側』 楽しかったな~ ありがとう、お面達!”. hiroshiのブログ (2010年2月28日). 2013年4月30日閲覧。
  8. ^ a b c 「より進化した戦隊アクション!」『スーパー戦隊画報』第2巻、竹書房、2006年、124頁。ISBN 978-4812427583
  9. ^ 取材・上野磨位「先駆者たちの肖像 海を渡ったスタントマン」『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』11月号、角川書店、2008年10月、 82 - 84頁。
  10. ^ a b 『シールドの向こう側』 楽しかったな~ ありがとう、お面達!”. hiroshiのブログ (2010年4月3日). 2013年4月17日閲覧。
  11. ^ 『シールドの向こう側』 楽しかったな~ ありがとう、お面達!”. hiroshiのブログ (2012年9月9日). 2013年4月30日閲覧。
  12. ^ シールドの向こう側・・・”. hiroshiのブログ (2013年4月26日). 2013年4月30日閲覧。
  13. ^ 山崎優(取材・構成)「SPECIAL Interview 坂本浩一 『パワーレンジャー』を語る」『東映ヒーローMAX』Vol.42、辰巳出版、2012年、 74頁、 ISBN 978-4777810277

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
新堀和男(4代目)
1979年、『バトルフィーバー』~1991年、『ジェットマン』)
スーパー戦隊シリーズ
歴代レッド役スーツアクター
前田浩(5代目)
1992年、『ジュウレンジャー』)
次代:
大藤直樹(6代目)
1993年、『ダイレンジャー』)