大野剣友会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大野剣友会(おおの けんゆうかい)は、日本の演劇殺陣集団。

柔道一直線』や仮面ライダーシリーズなどのテレビ番組で、アクションやスタント、スーツアクターを務めたことで知られる。

概要[編集]

1964年殺陣師の大野幸太郎が設立[1]。大野は劇団ひまわり出身で、殺陣師の大内龍生[注釈 1]門下だったが、大内剣友会では若手へ仕事が回ってこなかったことから独立した[2]。大野の自宅敷地に2階建ての事務所を備えた道場と、殺陣スタッフのためのアパートを設置し、殺陣・演劇を教える一大殺陣集団として1970年代に活躍した。

テレビ番組『柔道一直線』(TBS)のアクションを担当したことをきっかけに、『仮面ライダー』(毎日放送)をはじめとする東映のテレビ特撮作品のヒーローや怪人のスーツアクター、戦闘員を含む殺陣全般を数多く務めるようになる[1]

もともと演劇集団であり、俳優志望のメンバーも多く、担当作品では顔出し出演や怪人の声[注釈 2]なども担当している[1]

東映の実写ヒーロー作品が激減した1978年には、円谷プロダクションの『恐竜戦隊コセイドン』や創英舎の『UFO大戦争 戦え! レッドタイガー』(共に東京12チャンネル〈現:テレビ東京〉)など、他社作品に参加する。前者では岡田勝がゴドメス帝王のアクションを演じ、後者では撮影現場の下請制作も引き受けるなどの活躍をみせる。1980年に放映された『ウルトラマン80』(TBS)では、赤坂順一らがスーツアクターとしてアクションを演じた。

東映テレビ部プロデューサーの平山亨の製作したテレビ番組に数多く関わっており、大野剣友会を重用した平山は「変身ブーム当時に『平山は大野と癒着している』などと内外で陰口を叩かれもしたが、ただ大野剣友会の殺陣が上手いから自然とそうなったのだ」と語っている。殺陣師の「カシラ」で、1970年代に担当作品一切の殺陣を取りまとめていた高橋一俊が、師匠の大野との意見の食い違いから1976年に破門されて退会したのちは、岡田が中心的な殺陣師を務めた。その後、大野と高橋は1986年に和解している。また、平山はのちのちも大野剣友会と交流が深かった。

沿革[編集]

エピソード[編集]

  • 時代劇中心だった大野剣友会が1969年にテレビドラマ『柔道一直線』を担当した際、大野は当時まだ24歳だった高橋一俊を抜擢した。これは番組の内容から、若い才能でなければ到底殺陣はこなせないとの大野の判断によるものだった。
  • 『仮面ライダー』で、『柔道一直線』とは全く違う素顔の見えない仮面劇アクションを要求された大野は、ここで若い会員たちに次の規律を定め、鉄則として守らせた。平山亨は大野のこの「鉄の規律」が、古巣東映京都でのスターに対する教えと同じものであり、当時でも昔話になったと思っていた世界が剣友会にあったことを知って感動したと語っている[4]
    1. たとえ吹替えでも、仮面ライダーに入らせてもらえることを最高の名誉と思え
    2. 仮面ライダーを着させてもらえたものは、人の見ているところで煙草を吸ったり、寝そべったり、立ち小便などをしてはならない。それは主役であることの誇りを傷つける行為である
    3. 脱いだ面を、地面に置くなど軽率に扱ってはならない。主役には必ず付き添いがつき、脱いだ面も靴も上座に安置せよ。面、靴といえども、我々全員が飯を食わせていただくスターさんであるからである
  • 大野が引退した後、平山はヒーロー番組全体に迫力が乏しくなったと感じ、大野に復帰を願い出たことがあった。しかし、大野は「もう時代が変わってしまって昔のような殺陣は出来ない。ブン(中村文弥)も岡田も鉄(中屋敷鉄也)も洋夫(河原崎洋夫)も、もう歳だし、俺がいくら頑張ってもそれについてきてくれるカラミがいない」と苦しい心情を明かし、これを固辞したという。大野の殺陣を支えたのは、師に身も心も捧げて従ったカラミたちだった。大野は「今時そんな若者はいないからね。だから俺は引退したんだよ」と語ったという。事実、稽古は道場の床が血だらけになるほどであり、「俺の後輩の上田(上田弘司)」なんて、前歯が無くなってましたよ」と中屋敷は述懐している。
  • 城谷光俊は、『仮面ライダー』と大野剣友会について村枝賢一の漫画『仮面ライダーSPIRITS』第5巻でのインタビューに、「何より『仮面ライダー』は大野剣友会にとっての誇りですからね」と答えている[5]

メンバー[編集]

過去のメンバー[編集]

名義は在籍時のもの。表記・記載順は『大野剣友会伝 ヒーローアクションを生んだ達人たち』(風塵社、1999年)の「大野剣友会歴代メンバー紹介」に基づく。

創始者[編集]

大野幸太郎
1933年6月6日[2] - 2009年10月30日東京都杉並区出身[2]
時代劇好きであったことから、高校生の時に殺陣師として高名であった大内竜生に弟子入りする[2]。大内と対面した際は、木刀を構えただけで弟子入りを認められたという[2]
大学在学中から映画に出演し、大学卒業後に正式に大内剣友会へ入門し、芸能活動を本格化する[2]

男性[編集]

※ 名字だけの人物は名前不明。

女性[編集]

担当作品[編集]

メンバーが助っ人で参加した作品を除く。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 俳優の池田駿介の実父である。
  2. ^ 一例として、中村文弥は『仮面ライダー』第13話で再生カメレオン男の声を担当している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j OFM仮面ライダー9 2004, pp. 27-29, 和智正喜「特集 大野剣友会 ライダーアクション影の主役たち」
  2. ^ a b c d e f OFM仮面ライダー9 2004, p. 27, 「大野幸太郎」
  3. ^ 大野幸太郎氏死去 殺陣師 - 47NEWS2013年7月20日閲覧。
  4. ^ 『キャラ通』・「平山亨ヒーロー列伝」、1997年12月1日号記事(文化産業新聞社)[要ページ番号]
  5. ^ 仮面ライダーSPIRITS』 (ISBN 9784063491449) 241頁、第5巻巻末特別インタビュー (2) 「我が誇りのゼクロス」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]