坂本浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さかもと こういち
坂本 浩一
本名 同じ
別名義 コーイチ・サカモト(Koichi Sakamoto)
生年月日 (1970-09-29) 1970年9月29日(50歳)
出生地 日本の旗 日本東京都足立区千住[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[2][3]
民族 日系アメリカ人
身長 163.5cm
(1996年時点)[4]
血液型 O型[5]
職業 スタントマン・映画監督・プロデューサー
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 1980年代後半 -
活動内容 1990年:米国デビュー[2]
配偶者 梛野素子2002年 -)[6]
事務所 アルファスタント(創立メンバー)
主な作品
パワーレンジャーシリーズ
ウルトラシリーズ
仮面ライダーシリーズ
スーパー戦隊シリーズ
テンプレートを表示

坂本 浩一(さかもと こういち、1970年9月29日[5] - )は、日本アメリカ合衆国ニュージーランドで活動するスタントマン映画監督プロデューサーコンテ・マンアルファスタント所属[7]。プロデューサー及び演出家としてはフリーランス。東京都足立区出身[1]足立区立東綾瀬中学校[1]専修大学松戸高校[8]

角川書店富士見書房に所属する坂本浩一[9][10]とは、同姓同名の別人である。

来歴[編集]

足立区千住で生まれ、五反野で育つ[1]。小学校3年時に埼玉県八潮市に転居[11]。実家はアルミニウム関係の会社を経営している[12]

小学3年生時に『ドランクモンキー 酔拳』を見たことがきっかけでジャッキー・チェンに憧れ[13][14]、高校1年時に倉田アクションクラブに入門し[15]、16歳からスタントマンとしての活動を開始する[14]。入門に際し、「30歳までに成功しなければ家業を継げ」と父から言われたという[12]

クラブでのトレーニングを経てキャラクターショーでデビュー[16]。新人時代は小柄な体型だったため、ショーでは戦闘員と兼役でピンクなどの女形を演じていた[16]

高校卒業後、映画監督になるために渡米を決める[17]。その理由として、日本の大学に魅力を感じなかったことや、ロサンゼルスでの短期滞在中にその土地柄に感銘を受けたことなどを挙げている[17]

1988年秋に倉田アクションクラブの活動を中止し、1989年4月に留学生として渡米[18]。カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校付属語学学校で英語を学んだ後、1990年2月にグレンデール・コミュニティ・カレッジに入学[4](後に南カリフォルニア大学に編入[19])。カレッジ在学中、ジェフ・プルートと知り合ったことがきっかけで『アンダーカバー』に彼の個人アシスタントとして参加[19]

同作品のプロデューサーと監督がプルートの補佐としてアクションを実演している坂本の動きを評価し、正規のアシスタント・スタント・コーディネーターとしての参加を打診[19]。留学生の坂本は就労資格を持っていなかったが、製作側から「同じスタッフで数本映画を撮る予定だから労働ビザを出すし、映画俳優組合と俳優協会にも入れる」と言われたことから承諾し、『アンダーカバー』の続編2作に参加[19]

労働ビザを得たことから大学を休学し[19]、プルートと共に「ジェフとコーイチ」として活動していたが[20]、坂本の名が売れるに連れてプルートとの関係が悪化し[21]、アルファスタント結成(後述)後の『デッドリーターゲット 襲撃』撮影中のトラブルが原因でプルートとの関係を解消[7]。その影響で、参加予定だった『Fist of the North Star 北斗の拳』を降板している[7]。その後、プルートから謝罪を受けて『ブレード/妖剣伝説』のアシスタント・アクション・コーディネーターを担当する[22]

1992年には、倉田アクションクラブの先輩である小池達朗や後輩の野口彰宏とともにスタント・チーム「アルファスタント」を設立した[6][7]

1993年に成家班(ジャッキースタントチーム)から技術を学んだことにより、本格的にワイヤーアクションを学び始める[23]

『ブレード/妖剣伝説』の仕事が終わった頃、『パワーレンジャー』のスタッフが「ジェフとコーイチ」と会いたいと言っている話を知人から聞き、プルートとともに面接を受ける[22]。その結果、プルートが同作のアクション監督に決まり、坂本にもアシスタントの依頼が入るが、プルートとのトラブルを避けたかったこととスケジュールの都合から辞退する[7]。その後、日本人スタントマンの斡旋で関わり[22][24]、『パワーレンジャー』の第78話においてワイヤースタッフとして現場に参加した後、戦闘員役として出演している[24]。その後、『パワーレンジャー・映画版』の監督に内定していたスティーブ・ワンから同作への参加依頼を受けたことがきっかけで、『バーチャル戦士トゥルーパーズ』のバンクシーンの演出を担当[24]。その映像を『パワーレンジャー』のプロデューサーだったジョナサン・ヅァクワーが視聴したことがきっかけで、同作のアクション監督の依頼が入る[24]。プルートとのトラブルを避けたいことから坂本は依頼を辞退する意向だったが、プルートが解雇されたこともあり、第2シーズン終盤からアクション監督を担当[24][22]

パワーレンジャーシリーズにおいては、『ジオ』から本編監督としても参加し[24][25]、『イン・スペース』からはローテーション監督となる[3]。『ロスト・ギャラクシー』以降は共同プロデューサーを務める[24][25]。プロデューサーになったきっかけとして、坂本はヅァクワーの依頼で原作となるスーパー戦隊シリーズの内容を脚本家やストーリー・エディターに通訳するようになり、その場で出したアイディアがドラマ構成にも取り入れられ、それらの功績が評価されたと推測している[26]。日本における特撮監督にあたる仕事も、坂本が担当している[27][28]

パワーレンジャー・ワイルドフォース』の制作中、ウォルト・ディズニー・カンパニーから来シーズンから『パワーレンジャー』の撮影地がニュージーランドに変更されるため、製作総指揮として新番組の立ち上げをして欲しいとオファーが入る[3]。2002年9月には同国に拠点を移しており[6]、それ以降は1年のうち8か月間はニュージーランドで過ごし、残りの期間は自宅のあるロサンゼルスで過ごしていた[3]。永住権保持者の外国人が長期にわたってアメリカを離れるには手続きが必要なため、ディズニーによる協力でアメリカ国籍を取得[3]

2003年放送の『パワーレンジャー・ニンジャストーム』以降は共同製作総指揮、2005年放送の『パワーレンジャー・S.P.D.』からは製作総指揮となる[27][25]

2006年に、米ディズニーチャンネルで放送されたの小山田真主演の実写映画『カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー』のアクション監督を務めた。撮影は、当時『パワーレンジャー』を撮影していたニュージランドオークランド市

2009年、『パワーレンジャー・RPM』を持って長年関わってきたパワーレンジャーシリーズが2年ほど休止することが決定したため、ディズニーとの契約を凍結し[3]、同年秋に家族をロサンゼルスに残して日本へ一時帰国[29]。『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を監督[1][25]。同作品の仕事が終わった後はアメリカへ戻る予定だった[30]が、『パワーレンジャー』の制作で親交のあった塚田英明の誘いに応じ[31][25]、『仮面ライダーW』の本編および同作の劇場版Vシネマの監督を務めた[32][25]

2011年には『パワーレンジャー・サムライ』の立ち上げに関わり[32][27]、『海賊戦隊ゴーカイジャー』にゲスト監督として参加した後、『仮面ライダーフォーゼ』のメイン監督を担当[32]2013年には『獣電戦隊キョウリュウジャー』のメイン監督を担当し[32]2014年には『ウルトラマンギンガS』のメイン監督を担当[33]

人物[編集]

明るい性格で、出演者からは笑顔や優しさ、また熱意やテンションの高さなどについて語られることが多い[34][35][36][37]。女性好きでもあり[37]、撮影現場で女優に下ネタを述べることやスキンシップを求めることなどもあるが、人柄などから周囲には好意的に受け止められている[38][39][37]。『仮面ライダーフォーゼ』の福士蒼汰は「お父さん」と形容している[34]が、『ウルトラマンギンガS』の出演者らからは少年のようであるとも評されている[40]

妻はスタントウーマンの梛野素子。自身が監督した『ウィケッド・ゲーム』の現場で知り合い、2002年4月に結婚[6]。息子の坂本結理はアメリカで芸能活動をしており、日本でも『from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ』において佐久間小太郎の吹き替えスタントでデビューした[3]。前妻は『Guyver: Dark Hero』のプロダクション・マネージャーで[41]、ダンサーをしている娘がいる[3]

子供時代に愛好していた作品には『仮面ライダー[42]、『ウルトラマンレオ[43][44]、『仮面ライダーストロンガー[45]、『科学戦隊ダイナマン[46]、『マジンガーZ対暗黒大将軍[44]などを挙げている。そのうち、『レオ』については2018年8月16日に開催されたイベント「ウルトラマンフェスティバル」で「僕の一番の願いは、新作のレオを作ること」と明かすなど、特に愛好を示している[47]

仮面ライダーシリーズは制作に参加する前から愛好しており、日本国外にいた際もチェックしていた[48]

アメリカ国籍ゆえ、日本での活動には3年ごとに就労ビザを取得しているが、2020年は更新期限の4月に新型コロナウイルス流行に対する緊急事態宣言の発令によって手続きが複雑化し、期限ギリギリまで迫っていたという[49]。無事に更新は行えたものの、仮にビザが失効してもアメリカではロックダウンが実施されているため、帰るに帰れなかっただろうと述べている[49]

作風[編集]

ワイヤーアクションを得意としており、機械でワイヤーを動かす米国式よりも香港風の手引きワイヤーを好む[23]

ブルース・リーを愛好していることから、アクションに截拳道を取り入れることもある[45][46]。演出を担当していない『特命戦隊ゴーバスターズ』でも、撮影前にアクション監督の福沢博文から截拳道について質問を受けて指導している[46]。また、香港映画の影響から、アクションの打撃を強調するためにベビーパウダーを使用している[50][40]

バイクスタントやカーアクションも取り入れることが多い[48][51][46]

アクションを主軸とした作品作りを行っており、どのようなアクションをさせるかという視点から作品内容を発想している[43][48][46]。変身ヒーローものであっても変身前の俳優にアクションをさせることが多く、出演者からも坂本の担当回はアクションが多いと認識されている[52][53][54][55][56][57][58]。キャラクター描写も、ファイティングスタイルを変えることによって描き分けている[43][46][59][60]

撮影に当たっては自身の中に作品の明確なイメージが存在しており、出演者からも説明のわかりやすさや指導の的確さが評価されている[61][62][63]。アクションも自ら指導や実演することも多い[61][64][65][37]

ディズニー時代の経験から、子供向け番組では子供が飽きないようなテンポ感を重視している[46]。また、色調を濃くすることで鮮やかさを演出し、日常と異なる世界観の表現で子供の目を引いたり、造形物の現実的な質感を出すことも意識している[46]

リメイクキャラクターを登場させる時は、まったく異なるものにするのではなく、オリジナルの要素を発展させることを一貫している[66]。特撮シリーズ作品では、自身の原体験作品の要素を取り入れることも多い[43][44][67][45][51][46][60][40][68]クロスオーバー作品で自身が担当していない作品を手がける際には、事前に全話見返すなどして研究している[67][46]

撮影現場では俳優らとコミュニケーションを取ることを好んでいる[46]。交流を深めることで現場を盛り上げるだけでなく、個人の長所や要望を知って作品に取り入れるなど、俳優の個性を尊重している[69][70][49][注釈 1]。キャスティングには、シリーズ作品のOG・OBや自作品に出演した俳優を再起用することも多い[51][46][66][59][60][49][72]

一緒に仕事する女優には毎回片思いするようにしており[14]、女優の胸元や脚部を強調したカットやアクションも多用する[73][59][40][74]ほか、女優にはオイルを塗るのが定番となっている[75][76]といったチャーミングさやセクシーさを強調する特徴から、ファンの間では「特撮界のエロ監督」という異名でも知られている[14]。一方、男性俳優でも肉体美を評価している者には上半身裸になる場面を用意している[46][59]

参加作品[編集]

スタッフ参加[編集]

テレビドラマ(スタッフ)[編集]

太字はパイロット監督(メイン監督)担当作品。

映画(スタッフ)[編集]

テレビ映画(スタッフ)[編集]

オリジナルビデオ(スタッフ)[編集]

  • アンダーカバー/マーシャル・コップ Martial Outlaw(1993) - アシスタント・スタント・コーディネーター
  • スキャナーズ ニュー・エッジ/ザカリアス Scanner Cop(1993) - アシスタント・スタント・コーディネーター
  • Savate(1995) - スタント・コーディネーター、ファイティング・コーディネーター
  • ブレード/妖剣伝説 Sword of Honor(1996) - アシスタント・アクション・コーディネーター
  • ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ Hellraiser: Inferno(2000) - スタント・コーディネーター(デヴィッド・ウォルドとの連名)
  • ゴッド・アーミー 聖戦 The Prophecy 3: The Ascent(2000) - スタント・コーディネーター
  • ミミック2 Mimic 2(2001) - スタント・コーディネーター
  • Devon's Ghost: Legend of the Bloody Boy(2005) - 監督(ジョニー・ヨング・ボッシュと連名)
  • 仮面ライダーW RETURNS(2011) - 監督・アクション監督
    • 仮面ライダーアクセル
    • 仮面ライダーエターナル
  • 宇宙刑事 NEXT GENERATION(2014) - 監督・アクション監督
    • 宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION
    • 宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION
  • スペース・スクワッド(2017年 - 2018年) - 監督・アクション監督
    • スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー
    • ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド エピソードゼロ
    • 宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド
  • 宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー(2017年) - 監督

ネット配信(スタッフ)[編集]

CM(スタッフ)[編集]

ゲーム(スタッフ)[編集]

その他(スタッフ)[編集]

  • Star Runners 予告編(1995) - アクション・コーディネーター
  • Tankboy TV(2009) - スペシャルサンクス
  • cod-E 〜Eの暗号〜(2011) - プロモーションビデオ演出
  • GUNBLADE(2014) - 製作総指揮、プロモーション映像監督

出演参加[編集]

テレビドラマ(出演)[編集]

映画(出演)[編集]

  • アンダーカバー/炎の復讐 Mission of Justice(1992) - ガード1 役
  • アンジェリーナ・ジョリー サイボーグII Cyborg 2: Glass Shadow(1993) - ガード 役
  • ミュータントタートルズ3 Teenage Mutant Ninja Turtles III(1993) - 若い僧侶 役
  • バニシング・レッド Joshua Tree(1993) - チャイニーズマフィア 役
  • Guyver: Dark Hero Guyver: Dark Hero(1994) - ガイバー(アクション用)、サカキ 役
  • デッドリーターゲット 襲撃 Deadly Target(1994) - ギャング 役、スタントダブル(田中正悟)
  • 狂情殺手(1995) - チャイニーズマフィア
  • Savate(1995) - インディアン
  • Asian Task Force(1995) - スタント
  • For Life or Death(1996) - スタントダブル
  • 破壊王 DRIVE Drive(1997) - ギャング役
  • ビバリーヒルズ・ニンジャ Beverly Hills Ninjae(1997) - 忍者 役
  • リーサル・ウェポン4 Lethal Weapon 4(1998) - 中国マフィア 役、スタント
  • ウィケッド・ゲーム Wicked Game(2000) - ラスベガスのギャング2 役
  • BROTHER(2001) - スタント
  • ウインドトーカーズ Windtalkers(2002) - 日本兵 役、スタント
  • 復讐者 Malevolent(2002) - スタント

テレビ映画(出演)[編集]

  • バニシング・サン (3)/野望の果て Vanishing Son III(1994) - 中国マフィア 役
  • バニシング・サン (4) /愛憎の行方 Vanishing Son IV(1994) - 中国マフィア 役
  • Yakuza Connection(1995) - ヤクザ 役
  • Mercenary(1997) - スタント
  • Partners(2000) - ギャング 役

オリジナルビデオ(出演)[編集]

  • バウンティーハンター 死の報酬 Bounty Tracker(1992) - インドネシアマフィア 役
  • アンダーカバー/マーシャル・コップ Martial Outlaw(1993) - ファイター 役
  • スキャナーズ ニュー・エッジ/ザカリアス Scanner Cop(1993) - ギャング2 役
  • NO WAY BACK 逃走遊戯 No Way Back(1995) - ギャング 役
  • ブレード/妖剣伝説 Sword of Honor(1996) - ギャング 役、スタント

その他(出演)[編集]

イベント出演[編集]

  • パワーモーフィコン2007

著作[編集]

  • ハリウッドアクション! ジャッキー・チェンへの挑戦(1996) - フィルムアート社刊
  • 映画監督 坂本浩一 全仕事 ~ウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊を手がける稀代の仕事師~(2018) - カンゼン

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー』に出演した小澤亮太は、自分たちができる限界までアクションに挑戦させてもらえたことがありがたかったと述べている[71]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「ウルトラマンギンガS」メイン監督 坂本 浩一 監督(43) 足立区出身”. 足立朝日. 2014年11月13日閲覧。
  2. ^ a b 【坂本浩一】『仮面ライダー』『ウルトラマン』『スーパー戦隊』に新たな息吹を吹き込む男”. 日刊サイゾー. 2013年3月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 全仕事 2018, pp. 14 - 43, 東映編 パワーレンジャー.
  4. ^ a b 坂本浩一 1996, pp. 56 - 58, 語学学校に入学する.
  5. ^ a b 取材・上野磨位「先駆者たちの肖像 海を渡ったスタントマン」『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』11月号、角川書店、2008年10月、 82 - 85頁。
  6. ^ a b c d Vol.13 Career up in NZ”. E CUBE・E SQUARE. 2018年3月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e 坂本浩一 1996, pp. 81 - 84, 「ALPHA STUNTS」結成.
  8. ^ 坂本浩一 1996, pp. 26-27, ジャッキーと同じ道を歩く.
  9. ^ “【ヒットの“共犯者”に聞く】 涼宮ハルヒの場合 II”. 日経ビジネスオンライン (日経BP社). (2006年10月10日). https://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20061002/111001/ 2018年12月9日閲覧。 
  10. ^ ““ハルヒ”以来のスニーカー大賞受賞作品「シュガーダーク」はアニメ化も視野に”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2009年11月24日). https://thetv.jp/news/detail/10707/ 2018年12月9日閲覧。 
  11. ^ 坂本浩一 1996, pp. 23, 病弱だった子供のころ.
  12. ^ a b 坂本浩一 1996, pp. 31 - 32, 三十歳までは好きなことをする.
  13. ^ 坂本浩一 1996, pp. 13 - 14, ジャッキー・チェンとブルース・リー.
  14. ^ a b c d “『スーパー戦隊』『ウルトラマン』『仮面ライダー』...日米の特撮を制覇した坂本浩一監督が語る、アクションへのこだわりとヒロインへのフェチズム”. 週プレNEWS (集英社). (2020年8月29日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2020/08/29/111931/ 2020年9月14日閲覧。 
  15. ^ 坂本浩一 1996, pp. 28 - 30, 倉田アクションクラブのオーディション.
  16. ^ a b 坂本浩一 1996, pp. 38 - 39, 子供ショーにぶっつけ出演.
  17. ^ a b 坂本浩一 1996, pp. 45 - 47,  アメリカに行きたい.
  18. ^ 坂本浩一 1996, pp. 51, プロモーション映画を撮る.
  19. ^ a b c d e 坂本浩一 1996, pp. 67 - 72, アメリカ人スタントマンと出会う.
  20. ^ 坂本浩一 1996, p. 75, 目立つためにロングヘヤーにする.
  21. ^ 坂本浩一 1996, pp. 77 - 79, ジェフとの葛藤.
  22. ^ a b c d 坂本浩一 1996, pp. 84 - 89, パワーレンジャーへの挑戦.
  23. ^ a b 坂本浩一 1996, pp. 134 - 138, ワイヤー・ワークの方法.
  24. ^ a b c d e f g 「SPECIAL Interview 坂本浩一 『パワーレンジャー』を語る」『東映ヒーローMAX Vol.41』辰巳出版、2012年5月1日、74 - 75頁。ISBN 978-4777810277
  25. ^ a b c d e f スーパー戦隊21st 11 2017, p. 32, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 坂本浩一」
  26. ^ 「パワーレンジャー」『フィギュア王』No.233、ワールドフォトプレス、2017年、 44 - 45頁、 ISBN 978-4846531508
  27. ^ a b c 編集:用田 邦憲『パワーレンジャー』劇場パンフレット 発行:東映 事業推進部
  28. ^ 坂本浩一 1996, p. 213, 日本、アメリカ、香港の考え方の違い.
  29. ^ Breakthrough -- 突破する力 坂本浩一”. 朝日新聞GLOBE. 2016年10月25日閲覧。
  30. ^ 全仕事 2018, p. 329, 円谷編 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE.
  31. ^ 全仕事 2018, pp. 48 - 51, 東映編 仮面ライダーW.
  32. ^ a b c d 「MAIN STAFF TALK」『東映ヒーローMAX Vol.44』辰巳出版、2013年3月1日、71頁。ISBN 978-4777811243
  33. ^ 全仕事 2018, pp. 344 - 345, 円谷編 ウルトラマンギンガS.
  34. ^ a b フォーゼ読本 2013, p. 21, 「FOURZE CAST INTERVIEW01 福士蒼汰」.
  35. ^ ウィザード&フォーゼ 2012, 「CAST INTERVIEW」白石隼也、奥仲麻琴、戸塚純貴、原幹恵、入来茉里.
  36. ^ キョウリュウジャー読本 2014, pp. 20、35.
  37. ^ a b c d ギンガS BD1 2014, 「ギンガSPECIALトーク Vol.1」
  38. ^ キョウリュウジャー映画 2014, 「獣電戦隊キョウリュウジャーインタビュー 勇者たちのメロディー 中村静香」.
  39. ^ 東映HM50 2014, p. 90-92, 「CAST CROSS TALK_02 岩永洋昭×川本まゆ」.
  40. ^ a b c d ギンガS BD1 2014, 「監督インタビュー 坂本浩一」
  41. ^ 坂本浩一 1996, p. 90, プロダクション・マネージャーと結婚する.
  42. ^ 坂本浩一 1996, pp. 19 -20, 最初のヒーロー、仮面ライダー.
  43. ^ a b c d 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』パンフレット 監修:円谷プロダクション 編集・発行:小学館てれびくん編集部 販売:松竹 2009年12月12日発行
  44. ^ a b c 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2009年12月23日。ISBN 978-4-09-105129-5
  45. ^ a b c フォーゼ読本 2013, pp. 73-75, 「FOURZE DIRECTOR INTERVIEW_01 坂本浩一」
  46. ^ a b c d e f g h i j k l m キョウリュウジャー読本 2014, pp. 62-65, 「director INTERVIEW01 坂本浩一」
  47. ^ “いま評価高まる「ウルトラマンレオ」 命懸けの撮影だった? 出演者が明かす44年前の裏話(4/4ページ)”. 産経ニュース (産経新聞社). (2018年8月31日). https://www.sankei.com/entertainments/news/180831/ent1808310001-n4.html 
  48. ^ a b c W AtoZ 2010, 「仮面ライダーW キャスト&スタッフインタビュー 坂本浩一(監督)」
  49. ^ a b c d 「[対談]山田裕貴×坂本浩一」『宇宙船』vol.169(SUMMER 2020.夏)、ホビージャパン、2020年8月3日、 106-109頁、 ISBN 978-4-7986-2243-9
  50. ^ キョウリュウジャー読本 2014, p. 35, 「main cast INTERVIEW05 今野鮎莉」.
  51. ^ a b c ウィザード&フォーゼ 2012, 「坂本浩一インタビュー」
  52. ^ W AtoZ 2010, 「菅田将暉×桐山漣」「山本ひかる×木ノ本嶺浩」.
  53. ^ フォーゼ&オーズ 2011, 「SPECIAL INTERVIEW」福士蒼汰、渡部秀、三浦涼介.
  54. ^ フォーゼ映画 2012, 「仮面ライダーフォーゼ キャスト&スタッフインタビュー 吉沢亮」.
  55. ^ ウィザード&フォーゼ 2012, 「CAST INTERVIEW」白石隼也、福士蒼汰.
  56. ^ キョウリュウジャー映画 2013, 「獣電戦隊キョウリュウジャーインタビュー 勇者たちのメロディー」竜星涼、塩野瑛久.
  57. ^ キョウリュウジャー読本 2014, pp. 31-33、37.
  58. ^ 宇宙船147 2014, pp. 76-77, 「スペシャル対談01 根岸拓哉×宇治清高」.
  59. ^ a b c d 宇宙船146 2014, pp. 66-67, 「[インタビュー]坂本浩一」
  60. ^ a b c 「撮影ウラ話 監督インタビュー」『ウルトラマンギンガS超全集小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2015年2月3日、pp.73-74。ISBN 978-4-09-105148-6
  61. ^ a b ウィザード&フォーゼ, 「CAST INTERVIEW 須賀健太」.
  62. ^ キョウリュウジャー読本 2014, p. 20, 「main cast INTERVIEW01 竜星涼」.
  63. ^ 東映HM50 2014, p. 88, 「CAST CROSS TALK_01 三浦力×渡洋史」.
  64. ^ 東映HM50 2014, pp. 88、91.
  65. ^ 宇宙船146 2014, p. 65, 「[対談]岩永洋昭×川本まゆ」.
  66. ^ a b 東映HM50 2014, pp. 98-99, 「STAFF INTERVIEW_01 坂本浩一」
  67. ^ a b フォーゼ&オーズ 2011, 「SPECIAL INTERVIEW 坂本浩一」
  68. ^ フォーゼ映画 2012, 「仮面ライダーフォーゼ キャスト&スタッフインタビュー 坂本浩一」.
  69. ^ ウィザード&フォーゼ 2012, 「CAST INTERVIEW」真野恵里菜、入来茉里.
  70. ^ キョウリュウジャー読本 2014, pp. 19-20、28-29、32、63.
  71. ^ スーパー戦隊21st 11 2017, pp. 14-15, 「SPECIAL INTERVIEW VOL.11 小澤亮太
  72. ^ キョウリュウジャー映画 2013, 「獣電戦隊キョウリュウジャーインタビュー 勇者たちのメロディー 坂本浩一」.
  73. ^ キョウリュウジャー映画 2013, 「獣電戦隊キョウリュウジャーインタビュー 勇者たちのメロディー 佃井皆美 桃瀬美咲」.
  74. ^ 宇宙船147 2014, pp. 78-79, 「スペシャル対談02 坂本浩一×小宮有紗」.
  75. ^ フォーゼ映画 2012, 「仮面ライダーフォーゼ キャスト&スタッフインタビュー 原幹恵」.
  76. ^ ウィザード&フォーゼ 2012, 「CAST INTERVIEW 原幹恵」.
  77. ^ ドラマイズム「SEDAI WARS(セダイウォーズ)」-【MBS】毎日放送” (日本語). www.mbs.jp. 2019年11月29日閲覧。
  78. ^ セイバー 第9章:「重なり合う、剣士の音色。」”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2020年10月25日閲覧。
  79. ^ 『ウルトラマンZ』の全メインキャストが集結!オンライン発表会を6/5(金)17時より開催決定!”. 円谷ステーション (2020年6月2日). 2020年6月2日閲覧。
  80. ^ ウルトラマン:新作が9月に配信 ギンガ~R/Bのニュージェネレーション集結” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年7月27日閲覧。
  81. ^ BLACKFOX: Age of the Ninja|Official Site” (日本語). BLACKFOX: Age of the Ninja|Official Site. 2019年11月15日閲覧。
  82. ^ YouTubeウルトラマン公式チャンネル登録者100万人突破記念作品 『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』 2020年冬に全世界同時配信 決定” (日本語). 円谷ステーション. 2020年8月20日閲覧。
  83. ^ 【KAMEN RIDER memory of heroez】『仮面ライダー』アクションゲームの完全新作がPS4、Switchで10月29日発売決定!”. ファミ通.com (2020年7月24日). 2020年7月25日閲覧。

参考文献[編集]

著作
  • 坂本浩一『ハリウッドアクション! ジャッキー・チェンへの挑戦』フィルムアート社、1996年。ISBN 4845996642
  • 坂本浩一『映画監督 坂本浩一 全仕事 ~ウルトラマン・仮面ライダー・スーパー戦隊を手がける稀代の仕事師~』カンゼン、2018年8月9日。ISBN 978-4862554772
担当作品関連書籍
雑誌
映画パンフレット
映像ソフト