仮面ライダーギーツ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーギーツ
令和仮面ライダー
第3作 仮面ライダーリバイス 2021年9月
- 2022年8月
第4作 仮面ライダーギーツ 2022年9月
-
仮面ライダーギーツ
ジャンル 特撮テレビドラマ
原作 石ノ森章太郎
脚本 高橋悠也
監督 中澤祥次郎杉原輝昭
出演者
ナレーター 塩野潤二
音楽 佐橋俊彦
オープニング 倖田來未×湘南乃風
「Trust・Last」
言語 日本語
製作
プロデューサー 井上千尋(テレビ朝日)
武部直美(東映)
制作
放送
映像形式文字多重放送
データ放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年9月4日 -
放送時間日曜 9:00 - 9:30
放送枠スーパーヒーロータイム第1枠
放送分30分
仮面ライダーギーツ|テレビ朝日
仮面ライダーギーツ|仮面ライダーWEB【公式】|東映

特記事項:
令和仮面ライダー」第4作
テンプレートを表示

仮面ライダーギーツ』(かめんライダーギーツ、欧文表記:KAMEN RIDER GEATS)は、2022年9月4日からテレビ朝日系列で毎週日曜9:00 - 9:30(JST)に放送されている、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中に登場するヒーローの名称[1]

キャッチコピーは「このゲーム―最後に勝つのはオレ[2]

概要

令和仮面ライダー第4弾となる本作品では、生き残りゲームで競い合う個性豊かな仮面ライダーたちが描かれる[3][4]

制作

日本人なら誰もが知っているコンテンツに成長した「仮面ライダー」だが、放送中の最新のライダーが一番力のあるライダーというわけではなく、ライダーの人数や作品数がどんどん増えていったことによって、仮面ライダーというものの存在感が小さくなっていき、年々ブランド力が下がってきていると感じられるようになった[5]。そのため、歴代ライダーの人気だけではなく、今やっている仮面ライダーが一番人気というふうにしたいと思い、現行のライダーパワーのようなものを上げるために刺激的な話にしようと、インパクトのある設定として「生き残りゲーム」というお題となった[5]

同じ生き残りゲームを題材とした『仮面ライダー龍騎』がバトルロワイヤルであったのに対し、本作品は『賭博黙示録カイジ』や『イカゲーム』のような感じのゴールを目指しながら参加者が次第に脱落していく「生き残りをかけたゲーム」という部分が大きく異なるというが、生き残りゲーム作品を作っているわけではないため、『仮面ライダー』にどう味付けるかといったアプローチとなっているという[5][6]。また、ライダー同士が戦うのではなく、本作品のライダーの立ち位置が世界を救うゲームに参加するプレイヤーであり、ライダーがライダーを倒すものではないという[5]

脚本の高橋は、同じゲームをモチーフとした『仮面ライダーエグゼイド』はレースゲームやRPGなどライダーガシャットに連動したゲームの内容であったが、本作品ではそういう縛りはなく、自由度が高いため、毎回毎回逆に悩みながらも面白がって書いているという[5]

また、その人の個性であるIDコアが仮面であり、仮面が個人の象徴であることから、異なる人物が同じ姿の仮面ライダーに変身すると分かりづらいという問題も出てくるため、一度登場したライダーに変身する人物は二度と現れないという[5]

途中から見始めても興味を持ってもらえるように、一定のエピソードで一つの物語が完結するような工夫をしているという[5]。また、ゲスト話と呼ばれる誰かを助けるというものが一切なく、レギュラーキャストのみで進む構成となっている[5]

あらすじ

就活中の大学生である桜井景和は突如として謎の怪人・ジャマトの襲撃を受ける。逃げ延びた先でセレブインフルエンサーの鞍馬祢音と出会った景和は、バッファローの仮面ライダーとシロクマの仮面ライダーに助けられる。だが、突如襲来した巨大なジャマトによってシロクマの仮面ライダー・豪徳寺武 / 仮面ライダーシローは景和たちの目の前で消滅する。

さらには祢音もビルの崩落に巻き込まれるが、その窮地を浮世英寿という男が救う。英寿は仮面ライダーギーツに変身してジャマトを倒すと、景和にこれらの出来事が「世界を作り変えるゲーム」であると説明する。

破壊された街が再生していく中で、ジャマトに関する記憶が消えて再び目を覚まし、元の生活を送る景和たちの前に謎の女性・ツムリが現れ、「今日からあなたは仮面ライダーです」と告げられて、デザイアドライバーIDコアを渡され、再度開催されたデザイアグランプリへと参戦する。

「邂逅」編(2話 - )[6]
プレイヤーに選ばれた景和たちは記憶が蘇り、デザイア神殿へと召喚され、デザ神となった勝者が望み通りに世界を作り変えられるゲーム「デザイアグランプリ」に参加する。

登場人物

デザイアグランプリの出場者

浮世 英寿うきよ えーす / 仮面ライダーギーツ
本作品の主人公[1][7][4]。21歳[8]。その目的や正体は謎で、狐のように人を化かすような言動をとる[4]。デザイアグランプリでは繰り返し不敗を誇るなど、その戦闘センスは天才的である[9][4]。繰り返しデザイアグランプリに参加していると思われ、自身がなぜか記憶を消されずに、ライダーに選ばれることも知っていた[4]
半年間に及ぶデザイアグランプリの勝者となり[ep 1]、デザイアカードに書き込んだ「俺が世界スターになっている世界」という願いが叶えられ[ep 2]、それ以降はタキシードを着用するようになる。
  • 企画段階ではコロナに加えてウクライナでの戦争が始まった時期であるため、「ゆっくりと成長していくキャラではなく、そこにみんながついていきたくなる完成形のカリスマ的存在としていてほしい。ただし、天才に見えるが、ちゃんと実は努力している」という、そういう意味での「完成形」の主役にしたいといい[5]、絶対的存在感が必要であると思い、インパクトの強かった簡が選ばれたという[6]
桜井 景和さくらい けいわ / 仮面ライダータイクーン
本作品の語り部[5]。2000年8月25日生まれ[ep 1]の22歳[8]。就活中のお人好しな大学生[9][4]。ボランティアが趣味で、本気で世界平和を願っており、「平和な世界」という願いをデザイアカードに書き込んだ[ep 2]たぬきそばが大好物[10][4]
先のデザイアグランプリに祢音とともに巻き込まれた後、仮面ライダーに選ばれる[4]
鞍馬 祢音くらま ねおん / 仮面ライダーナーゴ
本作品のヒロイン[7][5]。18歳[8]。美貌と財力を備えているが、一般人になることを夢見るセレブインフルエンサー[9][4]。チャンネル登録者数1000万人の動画チャンネル「スーパーセレブ祢音TV」で自立を目論んで[ep 3]、家出の実況配信を行っている[4]
実家が鞍馬財閥であるため幼少時に営利目的で誘拐された過去があり[ep 3]、娘を過剰に心配する母親の伊瑠美からは多数のGPS端末を仕込まれて位置情報を把握されるなど強い束縛をされ[注釈 1]、恋愛や外食も禁止されている。他の出場者には「運命の人に出会える世界」という願いをデザイアカードに書き込んだと語ったが[ep 4]、実際は「本当の愛が欲しい」という願いを書き込んでいる[ep 3]
デザイアグランプリ開始当初は過保護に育ったお嬢様らしく他の参加者を頼ろうとする甘さがあったが[ep 2]、ゾンビジャマトとのゲームではそれが原因で奏斗に騙されてゾンビジャマトに噛まれてしまう[ep 4]。しかし完全にゾンビ化する前にゲームを終了させれば回復できるとの英寿のアドバイスと、景和からの励ましとブーストバックルの譲渡を受け、自分自身の力で多数のゾンビジャマトを撃破してゲームを生き残ることに成功[ep 3]。伊瑠美に対しても正面から反論するなど、現実世界でも大きな成長を見せる[ep 3]
  • 令和以降の女性ライダーが男勝りの戦う女子が多かったため、フワフワのフレアスカートで戦う女の子ライダーにしたかったという[6]
吾妻 道長あづま みちなが / 仮面ライダーバッファ
本作品のライバル[5]。21歳[8]。常に攻撃的な態度を他のプレイヤーに対して取り、手段を選ばないなど勝利に貪欲である野心家[11][4]。建設現場で普段は働いている[4]
ある目的からデザイアグランプリの優勝を狙い、他のプレイヤーを敵と見なし、特に英寿(ギーツ)に対しては異様なまでの憎悪を燃やしている[4][ep 5]
  • 年齢設定は企画段階では23歳で[12][8]、本来はもっと怖いライダーをイメージしていたが、18歳の杢代に決まった関係で若干キャラクターに修正が入り、人間味と若さが加わったという[5][6]
  • 道長は荒い言葉遣いだが、荒くしすぎると虚勢を逆に張っているようで、弱く見えてしまうことから、落ち着いたテンションで、力強さや自信を少ない台詞に込められるように意識している[13]。監督の中澤からも、早口で声を荒げて喋るのではなく、落ち着いたローテーションで喋った方が強く見えると教えられたという[13]。バッファのスーツアクターを務める縄田とは、バッファのキャラクターである、戦闘前に首を鳴らす癖や、気だるそうに歩く感じなどを共通認識として持つようにしているという[13]
平 孝人たいら たかひと / 仮面ライダーギンペン
景和が入社試験を受けたIT企業で面接官を務めていた人事部長[14][15]
重い病気に侵された息子が健康である世界にするためにデザイアグランプリに参加するが、頭領ジャマトに敗北して退場する[ep 2]。彼の退場後に英寿が「名無しの狐」名義で寄せた寄付金で、息子は手術が受けられることになった[ep 2]
豪徳寺 武ごうとくじ たけし / 仮面ライダーシロー
消防士で、その正義感から人命救助に勤しんでいる[14][16]
英寿や道長とともに半年前から先のデザイアグランプリに参加しており、最終ミッションに挑むが、スラグフォートレスジャマトの攻撃によって退場する[ep 1][4]
小金屋 森魚こがねや もりお / 仮面ライダーメリー
45歳[17]の遊び人キャラ[14]
墨田 奏斗すみだ かなと / 仮面ライダーダパーン
高校生[14]
交通事故によってバスケットボールが出来なくなったことで自暴自棄に陥り、全ての人間が滅べばいいと思い、「人類が滅亡した世界」という願いをデザイアカードに書き込んだ[ep 4]
ゾンビジャマトに噛まれたことでゲームを放棄して他の出場者の妨害に走る。結果的に完全にゾンビ化する前にゲームが終了してゾンビ化もリセットされるが、妨害行為によってポイントが減点されたため、ポイントが最下位となり、「仮面ライダー失格」として退場する[ep 3]

デザイアグランプリの関係者

ツムリ
正体不明のデザイアグランプリのナビゲーター[11][9][18][4]。プレイヤーの候補者たちにデザイアドライバーとIDコアを渡し、ゲームのルールを説明する[11][18][4]
ギロリ
デザイアグランプリの出場者たちがミッションの合間に利用するサロンのコンシェルジュ[9]。プレイヤーに対して常に柔らかい物腰で接する[4]
  • コンシェルジュという設定から、ホテルのコンシェルジュをイメージして忍成が選ばれたという[6]
桜井 沙羅さくらい さら
景和の姉[10][4]OL。祢音のファン[10][4][注釈 2]

仮面ライダー

本作品に登場する仮面ライダーは、IDコアデザイアドライバーにセットすることで固有のマスクを装着して戦闘力の低いエントリーフォームにエントリーし、レイズバックルを使用することで追加で武器やアーマーを拡張装備する[18][4]

コンセプト・造形

本作品では7人が同時に最初から出るため、企画段階では3号、4号などと呼称されているが公式にはせず、重要なキャラクターであるタイクーンのみ2号と呼称し、それ以外はヒロインやライバルというような言い方となった[5][6]

変身ベルトのコンセプトから変更するということから始まり、改めて連動アイテムをやるかどうか、というのを考えていく中で「バックルを集める」というコンセプトで考えていた時期もあり、5個からバックルの数が減っていき、2個のバックルを付け替えるということとなった[5]

バックルが2個になったことで、仮面ライダーで『ビーロボカブタック』の「スーパーチェンジシリーズ」や『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の「DXエックスエンペラー」などの上下逆さまになるとフォームチェンジするフィギュアを売りにすることとなった[5]

マスクは人が被るヘルメットのように顎と口元から上のパーツが分離している構造となっている[5][6]。マスクは個々のキャラクターに応じたディテールをベースとなる顎と後頭部のマットブラックの部分に付加して作られる[19]。フォームチェンジは顎と眼を換装することで表現している[20]。下顎のパーツはスーツアクターによって顎のサイズや形が異なるため、仮面とは別個に顎パーツが作られている[5]

エントリーフォームのデザインやベーススーツは共通だが、個別にスーツを作っており、身体に走るラインの色はバックルのキーカラーに変化し、1個しかない上半身と足の武装系のパーツは複数のライダーで着回して使っている[5][20][21]。ただし、女性の場合はサイズの問題があることから、パーツの一部を抜くなどちょっとした改造が必要であるという[5][20]。また、脚部も男女で太さが違うことから、2種類の下半身パーツが用意された[5]

各フォームのデザイン画は全ては存在せず、画像編集ソフトでボディ・バックル・アーマーの組み合わせをシミュレーションしている[22]

共通ツール

デザイアドライバー
デザイアグランプリの参加者が仮面ライダーへの変身に使用する変身ベルト。IDコアを中心・パーフェクターコアにセットすることで「ENTRY」の音声とともにエントリーフォームに変身する[23]。ベルトの左右のスロット・ホップアップアセンブルにレイズバックルを装填することで「SET」(1本装填の場合)「DUAL ON」(2本装填の場合)の音声が鳴り、レイズバックルごとの特定の動作を行うことで「○○(セットされたレイズバックルの固有音声) READY FIGHT」の音声とともに拡張装備を展開してフォームチェンジし[24]、ボタンを押してからベルトを反転させることによって「REVOLVE ON」の音声とともに上下の装備を入れ替えるリボルブオンを行う[4][25]。また、再度バックルを操作することで必殺技が発動する。
  • 子供が遊ぶことから、大きなベルトにはしないということを依頼していたが、色々な機能を重視したことから結果的に大きくなったという[6]

アイテム・武器

IDコア
ライダーのマスクと同様の動物の顔が付いたライダーであることを証明するための個人識別符号端末[23]。デザイアドライバーにセットするとゲームへの参加が登録され、仮面ライダーへの変身を可能とするほか、参加者のスコアや行動などの情報を保持する。
マグナムシューター40X(フォーゼロエックス)
マグナムバックルを使用することで出現する拡張武装[11][26]。連射を素早い動きとともに行うハンドガンモードと長距離精密射撃のライフルモードの2パターンに変形し、レイズバックルをセットするとその能力を利用する様々な特殊射撃が可能となる[26]
  • ネーミングは狐の英訳「FOX」の捩り[26]
  • アップ用プロップは変形ギミックを内蔵しているほか、2モードのアクション用が制作された[26]
ゾンビブレイカー
ゾンビバックルを使用することで出現するチェーンソー型の拡張武装[11][19]
  • アップ用プロップはワイヤーを柄部分にセットすることで薬液筒・ドックシリンダーが可動するほか、フォアグリップ・デッドリーポンプのスライド機構を備える[19]
諸元
ブーストライカー
全高 1.321m
全長 2.140m
全幅 1.255m
乾燥重量 230kg
馬力 242.0ps (178.0kw)
最高時速 333km
ブーストライカー
ブーストバックルを使用することで出現する拡張車両[27][11]。バックル単体で起動させることで変身前の状態でも運用可能となる[27][4]
諸元
ブーストライカー
ギーツモード
全高 1.514m
全長 2.245m
全幅 5.055m
乾燥重量 230kg
馬力 242.0ps (178.0kw)
最高時速 199km
ギーツモード
ギーツが召喚した際に変形するブーストライカーのキツネ型のギーツ専用のモード[4]
スパイダーフォン
デザイアグランプリの参加者に貸与されるサポートデバイス。デザイアグランプリの情報を取得するほか、スマートフォンや通話にも使用される。

レイズバックル

デザイアグランプリで取得することが可能なバックル型仮面ライダー拡張アイテム[23][11]。1つのみをデザイアドライバーにセットすると上半身もしくは下半身のみの強化だが、デザイアドライバーの両サイドにセット(デュアルオン)することで、バックルに秘められた装備の実装・付与による全身強化が可能となる[23][4]。各ライダー専用のものではなく、デザイアグランプリ参加資格を有する者であれば誰でも使用が可能だが[19]、各IDコアとの相性がある。

ジャマトとの戦闘で入手した宝箱の中に入っているが、中身はランダムのため、「当たり」や「ハズレ」とされるバックルがあり[ep 2]、なおかつゲームに有利なバックルを手に入れたものが勝者になるとは限らない[28]

  • 数種類のバックルが出ているが、過去のように多く登場させて商品を販売するのとは異なるやり方を考えており、メダルやスタンプなどのコレクションアイテムから脱却することが決まったという[6]
マグナムバックル
マグナムシューター40Xを召喚する[23]。銃火器を使用した戦闘に特化したカスタムが行われる。
ブーストバックル
全ての各種アビリティが数倍に強化可能で、全てのプレイヤーが探している[23]
高性能でその強大な力ゆえに必殺技の発動回数は一度のみで[4]、使用後はロケットのようにジェット噴射しながらドライバーから排出される。
ゾンビバックル
ゾンビブレイカーを出現させる[23]。毒性やダメージなどへの耐性を大幅に高める。
ハンマーバックル
ピンク色のハンマー・レイズハンマーを出現させる[23][29]
アローバックル
矢の形状のエネルギー弾を射出する弓矢・レイズアローを出現させる[23][21]
ウォーターバックル
打撃系の武器としても使用可能な高圧の水流を発生させるレイズウォーターを装備し、水の力で戦うことが可能[23][30]
シールドバックル
強靭な盾・レイズシールドを出現させる[23][4]
クローバックル
鋭い爪レイズクローを装備する[4]
チェーンアレイバックル
レイズチェーンアレイを装備する。
リバイスドライバーバックル
仮面ライダーリバイス』最終回に登場。
名称 使用者 起動時の動作 初登場 変身時の固有音声
マグナム ギーツ
ダパーン
バッファ
リボルバーを回して、トリガーを引く 1話 MAGNUM
ブースト ギーツ
ナーゴ
ハンドルを回す BOOST
ゾンビ バッファ
ギーツ
端のウェイティングキーを回す[19] ZOMBIE
アロー タイクーン
ギンペン
シロー
アローを引く ARMED ARROW
ハンマー ナーゴ ハンマー部を押下する[29] 2話 ARMED HAMMER
ウォーター ギーツ
バッファ
蛇口形状のハンドルをひねる ARMED WATER
シールド メリー
ギーツ
パンクジャック
シールドを押す ARMED SHIELD
クロー ナーゴ クローをスライドさせる 5話 ARMED CLAW
チェーンアレイ メリー チェーンアレイをスライドさせる ARMED CHAIN ARRAY
リバイスドライバー ベルトを押す 『リバイス』最終話 REVICE DRIVER

仮面ライダーギーツ

浮世英寿が変身する白い狐をモチーフとした仮面ライダー[1][9][18][4]。パーソナルアクセサリーはマフラー・ギーツテイル[20]

  • 「仮面」がデザインコンセプトとなり、「お面」をモチーフにすることが決まり、様々な動物の中からお面ということで「狐」が選ばれたが[6]、「生き残りゲーム」とは関連がないという[5]。また、正面と横では印象が変わるデザインであり、アクションシーンではところどころでそのデザインを意識して顔のアップが入る構成が多用されている[6]
  • また、主役ライダーとして白いライダーは『仮面ライダーフォーゼ』以来となる[5][6]
  • 変身ポーズは、英寿役の簡、ギーツのスーツアクターを務める中田、アクション監督の藤田、監督の中澤の4人で話し合って決め、大部分は藤田が考案したものだが、手をキツネの形にするのは簡が考案したものである[31]
形態
エントリーフォーム
ギーツIDコアをセットしてエントリーしたギーツの素体となる形態[32][29]
マグナムフォーム
マグナムバックルを使用して強化した形態[32][4]
マグナムシューター40Xのほかに弾丸を撃ち出す砲身が腕から飛び出す[32]
ブーストフォーム
ブーストバックルを使用して拡張強化する形態[32][4]
ドライバー右側にバックルをセットして変身するとアーマーが下半身に装備されるが、ドライバーを半回転させてリボルブオンすることで上半身にアーマーが装備される[32]
初変身時はドライバーの左側にそのままブーストバックルをセットして変身している。
マグナムブーストフォーム
マグナムバックルとブーストバックルをデュアルオンした形態[11][4]だが、初変身時はブーストマグナムフォームからリボルブオンして変身している[26]。キーカラーは白と赤[24]
変身時の固有音声は「GET READY FOR BOOST & MAGNUM」。
ブーストバックルによって機動力が上がり、マグナムシューター40Xによる銃撃戦を主体とした戦闘を得意とする[11]
ブーストマグナムフォーム
マグナムブーストフォームの状態でドライバーをリボルブオンすることで変身する形態[32][4]だが、初変身時はブーストバックルをセットしたままマグナムバックルをセットして変身している。
初変身時の固有音声はマグナムブーストフォームと同じ「GET READY FOR BOOST & MAGNUM」。
エキゾーストパイプを腕に移動させてブーストライカーを噴射で加速させる[4]
アームドウォーター
ウォーターバックルを使用して変身する形態[33]
強力な水流を撃ち出す銃が出現し、発射時の衝撃を吸収するプロテクターが胸に装備される[33]
アームドウォーターブースト
ウォーターバックルとブーストバックルを使用して変身する形態[33]
変身時の固有音声は「BOOST ARMED WATER」。
ブーストバックルによって大幅に銃の力が上がる[33]
ブーストアームドウォーター
アームドウォーターブーストの状態でドライバーを半回転させてリボルブオンすることで変身する形態[33]
ゾンビフォーム
ゾンビバックルを使用して変身する形態[20]
ドライバーの右側にセットした場合は、ゾンビブレイカーと左手の伸ばした爪を武器とし、リボルブオンすると右足に伸ばした爪があしらわれる。
アームドハンマー
ハンマーバックルを使用して変身する形態[33][29]
  • エントリーフォームに胸プロテクターと肩プロテクターを追加して表現している[29]
アームドシールド
シールドバックルを使用して変身する形態。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[34] 205.2cm 78.0kg 1.8t 4.5t 6.0m 7.9秒 1話
マグナムフォーム[35] 82.2kg 2.4t 5.8t 8.6m 7.5秒
ブーストフォーム[36] 84.5kg 23.4t 58.5t 78.0m 2.7秒
マグナムブーストフォーム[37] 88.7kg 2.4t
アームドウォーター[38] 79.1kg 1.8t 4.5t 6.0m 7.9秒 2話
アームドウォーターブースト[39] 85.6kg 23.4t 58.5t 78.0m 2.7秒
ブーストアームドウォーター[40]
アームドシールド[41] 79.1kg 1.8t 4.5t 6.0m 7.9秒 3話
ゾンビフォーム[42] 92.0kg 2.8t 6.0t 8.2秒 3話
必殺技
マグナムストライク
マグナムフォームの必殺技。
ブーストストライク
ブーストフォームの必殺技。
マグナムブーストビクトリー
マグナムブーストフォームの必殺技。
マグナムブーストグランドビクトリー
マグナムブーストフォームの必殺技。2回続けてハンドルを回し、再度ハンドルを回すことで「BOOST TIME MAGNUM BOOST GRAND VICTORY」の音声と共に発動する。
脚部のエキゾーストパイプから超高密度エネルギーを放出しながら上昇し、ブーストライカーギーツモードとともに跳び蹴りを決める。
ウォーターストライク
アームドウォーターの必殺技。
ウォーターブーストビクトリー
アームドウォーターブーストの必殺技。
ウォーターブーストグランドビクトリー
アームドウォーターブーストの必殺技。
ブーストウォータービクトリー
ブーストアームドウォーターの必殺技。
ブーストウォーターグランドビクトリー
ブーストアームドウォーターの必殺技。
シールドストライク
アームドシールドの必殺技。
ゾンビストライク
ゾンビフォームの必殺技。

仮面ライダータイクーン

桜井景和が変身する緑色のタヌキをモチーフとした仮面ライダー[9][4]

形態
エントリーフォーム
タイクーンIDコアでエントリーするタイクーンの基本形態[43][21]
アームドアロー
アローバックルを使用して変身する形態[21]。右肩装甲・ショルダーシェルと戦闘術がインプットされたグリーンオーバープレートが装着される[21]
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[44] 193.2cm 76.3kg 1.2t 3.6t 4.8m 8.4秒 2話
アームドアロー[45] 77.4kg 3話
必殺技
アローストライク
アームドアローの必殺技。

仮面ライダーナーゴ

鞍馬祢音が変身する黒猫をモチーフとした仮面ライダー[9][4]

形態
エントリーフォーム
ナーゴの基本形態[46]
アームドハンマー
ハンマーバックルを使用して変身する形態[46]
アームドハンマーブースト
ハンマーバックルとブーストバックルを使用して拡張変身する形態[4]
変身時の固有音声は「BOOST ARMED HAMMER」。
ブーストアームドハンマー
アームドハンマーブーストの状態でリボルブオンして変身する形態。
アームドクロー
クローバックルを使用して変身する形態。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[47] 192.1cm 62.5kg 1.0t 2.8t 5.1m 8.1秒 2話
アームドハンマー[48] 63.6kg
アームドハンマーブースト[49] 70.1kg 13.0t 36.4t 66.3m 2.8秒 4話
ブーストアームドハンマー[50]
アームドクロー[51] 63.6kg 1.0t 2.8t 5.1m 8.1秒 5話
必殺技
ハンマーストライク
アームドハンマーの必殺技。
ハンマーブーストビクトリー
アームドハンマーブーストの必殺技。
ハンマーブーストグランドビクトリー
アームドハンマーブーストの必殺技。
ブーストハンマービクトリー
ブーストアームドハンマーの必殺技。
ブーストハンマーグランドビクトリー
ブーストアームドハンマーの必殺技。
クローストライク
アームドクローの必殺技。

仮面ライダーバッファ

吾妻道長が変身する紫色のバッファローをモチーフとした仮面ライダー[9][11][4]

  • スーツはアップ・アクション兼用の1着が制作された[19]
  • 変身ポーズは道長役の杢代とバッファのスーツアクターを務める縄田が考案したもの[13]。変身後にツメを強調する仕草は、道長役の杢代が考案したもの[13]
形態
エントリーフォーム
バッファIDコアでエントリーしたバッファの素体形態[52][30]
ゾンビフォーム
ゾンビバックルを使用して拡張強化する形態[52][11][4]
ゾンビブレイカーと左手の伸ばした爪・バーサークローを武器とするほか、生物をゾンビ化させる毒・poi-zomを生成可能[52][4]
アームドウォーター
ウォーターバックルを使用して変身する形態[30][4]
レイズウォーターを打撃系の武器として使用する[30]
マグナムフォーム
マグナムバックルを使用して変身する形態。
マグナムシューター40Xを接近戦での打撃に用いた[4]
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[53] 209.6cm 86.4kg 1.6t 3.8t 4.1m 8.8秒 1話
ゾンビフォーム[54] 100.4kg 2.6t 5.3t 9.1秒
アームドウォーター[55] 87.5kg 1.6t 3.8t 8.8秒 3話
マグナムフォーム[56] 90.6kg 2.2t 5.1t 6.7m 8.4秒 4話
必殺技
ゾンビストライク
ゾンビフォームの必殺技。
ウォーターストライク
アームドウォーターの必殺技。
マグナムストライク
マグナムフォームの必殺技。

仮面ライダーギンペン

平孝人が変身するペンギンをモチーフとした仮面ライダー[14]

形態
エントリーフォーム
ギンペンの基本形態[57]
アームドアロー
アローバックルを使用して変身する形態[57]
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[58] 194.8cm 88.2kg 0.8t 2.9t 3.9m 8.7秒 2話
アームドアロー[59] 89.3kg
必殺技
アローストライク
アームドアローの必殺技。

仮面ライダーシロー

豪徳寺武が変身するシロクマをモチーフとした仮面ライダー[14]

後述のダパーンとは額のラインと耳の色が異なる[60]

形態
エントリーフォーム
シローの基本形態[60]
アームドアロー
アローバックルを使用して変身する形態[60]
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[61] 209.2cm 85.2kg 1.2t 3.4t 4.2m 8.4秒 1話
アームドアロー[62] 86.3kg

仮面ライダーメリー

小金屋森魚が変身するヒツジをモチーフとした仮面ライダー[14]

形態
エントリーフォーム
メリーの基本形態[63]
アームドシールド
シールドバックルを使用して変身する形態[63]
敵を叩きつける武器にもなる盾を装備する[63]
アームドチェーンアレイ
チェーンアレイバックルを使用して変身する形態。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[64] 194.0cm 90.4kg 1.0t 3.0t 3.7m 8.6秒 2話
アームドシールド[65] 91.5kg
アームドチェーンアレイ[66] 5話
必殺技
シールドストライク
アームドシールドの必殺技。
チェーンアレイストライク
アームドチェーンアレイの必殺技。

仮面ライダーダパーン

墨田奏斗が変身するパンダをモチーフとした仮面ライダー[14]

形態
エントリーフォーム
ダパーンの基本形態[67]
マグナムフォーム
マグナムバックルを使用して変身する形態。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[68] 197.6cm 80.3kg 0.9t 2.9t 4.0m 8.2秒 2話
マグナムフォーム[69] 84.5kg 1.5t 4.2t 6.6m 7.8秒
必殺技
マグナムストライク
マグナムフォームの必殺技。

仮面ライダーパンクジャック

ジャック・オー・ランタンのようなカボチャ熊の姿をした仮面ライダー[8][4]

デュオで行う第3回戦の神経衰弱ゲームの補填として、デザイアグランプリの運営から派遣されたスタッフだが、顔出しや声出しはNGのため、一切素顔が不明[4]。メリー(森魚)とデュオを組むが、人の話を聞かないなど彼を翻弄する[4]

形態
エントリーフォーム
パンクジャックの基本形態。
アームドシールド
シールドバックルを使用して変身する形態。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
エントリーフォーム[70] 207.6cm 88.9kg 1.5t 4.0t 5.3m 8.3秒 5話
アームドシールド[71] 90.0kg
必殺技
シールドストライク
アームドシールドの必殺技。

ジャマト

本作品の敵。目的やどこから来たのかは不明で、人間世界を恐怖に晒すことから、街の平和を守るためにデザイアグランプリが誕生した[18]

戦闘員やラスボスの他に、中ボスのようなポジションのルークジャマトが存在する[4]

  • デザインを担当した竹谷隆之に、敵の設定を伝えたところ、「植物」をモチーフとすることとなった[5]
諸元
ポーンジャマト
身長 203.7cm[72]
体重 59.6kg[72]
ポーンジャマト
戦闘員。衣装がゲームごとの世界観に異なり[4]、固有の能力を有する[18]。多数の個体による集団戦術を特徴としている[72]

用語

デザイアグランプリ
英字表記はDGP(DESIRE GRAND PRIX!)、略称はデザグラ。デザイアドライバーとIDコアを与えられたゲームプレイヤーの候補者たちが参加するジャマトから街の平和を守るための生き残りゲーム[18]
デザイアグランプリが終了するごとにジャマトに関する人々の記憶がリセットされるように設計されているが、IDコアを手にすると忘れていた記憶が呼び覚まされる[ep 2]。ゲームマスターによって選ばれた参加者たちには「デザイアカード」が配られ、望みをその裏面に記入し、最後まで生き残った者のみが「デザ神デザしん」となり、その望み(理想の世界)を叶えられる[9][73][5]
ジャマトが出現するとその地点を中心とした円形の範囲が赤い鉄条網の透明な壁で隔離されてジャマーエリアとなり、出入りが不能となる。ゲームの都度ゲームマスターによってルールやミッションが設定され、強敵を倒したり、人助けなどをするとポイントが加算される[11][5]。ただし、参加者への攻撃は例外を除いて違反行為となっており、違反者はポイントが減点される[ep 4]。参加者同士の交渉による協力やバックルの譲渡は認められており、ミッションによっては他の参加者のアシストもポイント加算される[ep 4]
ゲーム中のペナルティーやジャマトによるダメージはゲーム終了とともにリセットされるが[ep 3]、ゲーム中にジャマトの攻撃などによってIDコアが破損すると参加者が赤いノイズに包まれてレイズバックル以外が消滅し、「MISSION FAILED」の音声とともにデザイアグランプリから退場してしまい、現実世界でも退場扱いとなる[ep 4]。また、ルール上、ゲームの進行状況や結果によって脱落すると「仮面ライダー失格」となり「RETIRED」の音声とともにIDコアが消滅し、参加者自身も青い光に包まれて消滅する[ep 3][注釈 3]
参加者以外の第三者にデザイアグランプリの情報を公開することは禁止されており、違反者は即脱落となる[ep 4]
また、特典としてミッションの合間にはデザイア神殿にあるサロンが無料で利用できるが、サロン内ではいかなる暴力妨害行為は禁止されており[11][18]、違反者は即脱落となる[ep 2]。また、サロン内にはトレーニングエリアもあり、仮想ジャマトを相手に各ゲームに応じた特訓が可能となる。
ゲームでの活動時間に応じて「デザイアマネー」と呼ばれる通貨が配布され、コスチュームなどを購入したりすることは可能だが、バックルなどの装備品は実装されていない[ep 4]

キャスト

レギュラー・準レギュラー

声の出演

  • ナレーション(1)、運営ナレーション(2 - 5) - 塩野潤二

ゲスト

スーツアクター

ギーツのスーツアクターには、アクション監督の藤田の推薦で中田が起用され[74][6]、スピンオフ作品を除くテレビシリーズでは初めて主役ライダーを演じる[24]

スタッフ

メインライターは仮面ライダーシリーズのテレビシリーズ三度目の参加となる高橋悠也、メイン監督は『仮面ライダーエグゼイド』以来となる中澤祥次郎[4][注釈 5]、仮面ライダーシリーズのチーフプロデューサーは『仮面ライダー鎧武/ガイム』以来となる武部直美が担当する[18][注釈 6]

  • 原作 - 石ノ森章太郎[82]
  • スーパーバイザー - 小野寺章
  • プロデューサー - 井上千尋(テレビ朝日)、武部直美(東映)[1]
  • 脚本 - 高橋悠也[1]
  • 音楽 - 佐橋俊彦[82]
  • 撮影 - 上赤寿一、倉田幸治
  • 照明 - 左納康弘
  • 録音 - 下代宗太郎(1,2)、本間彰太
  • 美術 - 大嶋修一
  • 編集 - 佐藤連
  • スクリプター - 万洲田千尋、梅木望帆、森みどり
  • 助監督 - 宮﨑駿
  • 制作担当 - 𠮷川和也、東正信
  • ラインプロデューサー - 青柳夕子・伊場野高嗣、下前明弘
  • VE - 澤野晃、小山祐輔
  • FO - 佐藤琢也、植竹篤史
  • CA - 荻原奈央、長瀬平、藤倉鈴香
  • 照明助手 - 木村円香・渡辺雅俊、石原充
  • 録音助手 - 武藤あすか
  • 美術助手 - 小林桜
  • 装飾 - 山口康孝
  • 小道具 - 山田ひかり(東京美工)
  • 装置 - 嶋村亮昴(紀和美建)
  • 衣装 - 花房奈苗・栗田侑子(東京衣装)
  • 英寿スタイリスト - 久芳俊夫(BEAMS CREATIVE INC.)
  • ヘアメイク - 田中梨沙、芋井マミ(ザフェイスメイクオフィス)
  • キャラクター管理 - 小野島泰宏
  • 絵コンテ - 伊藤そうあ
  • モニターグラフィック - 遠藤眞一郎
  • 原稿担当 - 佐々木智章
  • 操演 - 高木友善(ライズ)
  • カースタント&コーディネート - 西村信宏(武士レーシング)
  • 助監督 - 塩川純平、包坂力祥、山田敏久、竹内祐一、佐藤音二郎、清智史、山﨑直人
  • 進行主任 - 金杉直子・餅田愛里咲
  • 進行 - 山田理穂
  • 制作デスク - 山口凛・滝田遥菜
  • MA - 曽我薫
  • 選曲 - 金成謙二(ドンカンパニー)
  • 音響効果 - 桑原秀綱(SoundRound)
  • 音響効果助手 - 得永大嵩(SoundRound)
  • オンライン編集 - 佐伯洋介(東映デジタルラボ)
  • アシスタント - 加藤大輔(東映デジタルラボ)
  • ポスプロデスク - 田村涼(3 - 、東映デジタルラボ)
  • PR編集 - 柳澤和子(1,2)
  • 編集助手 - 犾守光熙
  • MAオペレーター - 伊藤雄一郎(1,2)
  • 技術運営 - 林和哉・川崎秀彦
  • 仕上担当 - 見立英里・川﨑堅斗
  • キャラクターデザイン - 田嶋秀樹(石森プロ)・PLEX
  • クリーチャーデザイン - 竹谷隆之[82]
  • Live合成
    • 統括ディレクター - 遠藤眞一郎
  • ヨコシネデジテック
    • UEオペレーター - 植松美咲
    • Ultimatteオペレーター - 田中大地
  • 編成 - 平泉季里子・芝高啓介(テレビ朝日)
  • 宣伝 - 佐々木智世
  • デジタル展開 - 渕勇二(テレビ朝日)、竹脇しをり
  • インターネットデータ放送 - メディプレ
  • 取材担当 - 平林京子
  • AP - 磯田ゆう
  • プロデューサー補 - 瀧島南美・吉川史樹(東映)
  • 代理店担当 - 古谷大輔・鈴木遼河(ADK EM)
  • 資料担当 - 山辺浩一・金子しん一(石森プロ)
  • アクション監督 - 藤田慧ジャパンアクションエンタープライズ[82]
  • 特撮監督 - 佛田洋特撮研究所[82]
  • 監督 - 中澤祥次郎杉原輝昭[1]柴﨑貴行
  • 制作 - テレビ朝日東映ADKエモーションズ[82]

音楽

主題歌を担当する湘南乃風は鎧武乃風名義で『仮面ライダー鎧武/ガイム』の主題歌も担当しており、それ以来の参加となる[9]

主題歌「Trust・Last」
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - Hi-yunk (BACK-ON) / 歌 - 倖田來未 × 湘南乃風
通常のオープニング映像は2話より使用された。映像の一部は物語の展開とも連動しており、主要人物7人[注釈 7]のソロカットのバックに、毎話その回の登場人物の本編映像のハイライトが挿入されるが[22]、退場者はシルエットのみが表示され、バックの映像も退場シーンが挿入される。
1話ではエンディングとして使用され、メインスタッフはアバンタイトル、キャストとスタッフのクレジットは本編ラストで表示された。
劇中歌
「日曜日のノラネコ」(3)[22]
作詞 - 渡部紫緒 / 作曲・編曲 - 坂部剛 / 歌 - 橋村姫 / 振付 - ミユキニシジマ

放送日程

  • 各話終了時、デザイアグランプリの簡潔なルール説明が表示される[5]
放送日 放送回 サブタイトル 登場怪人 脚本 アクション監督 監督
2022年09月04日 1話 黎明F:ライダーへの招待状[ep 1][注釈 8]
  • スラグフォートレスジャマト(城ジャマト)
  • 和装ジャマト
高橋悠也 藤田慧 中澤祥次郎
9月11日 2話 邂逅I:宝さがしと盗賊[ep 2]
  • 盗賊ジャマト
  • ルークジャマト(頭領ジャマト)
9月18日 3話 邂逅II:ゾンビ狩り[ep 4]
  • ゾンビジャマト
杉原輝昭
9月25日 4話 邂逅III:勝利条件[ep 3]
10月02日 5話 邂逅IV:デュオ神経衰弱[ep 5]
  • トランプジャマト
柴﨑貴行

放送局・インターネット配信

放送対象地域 放送局 放送期間 系列局 放送時間 備考
日本全域
(一部地域除く)
テレビ朝日系列フルネット全24局 2022年9月4日 - テレビ朝日系列 日曜 9:00 - 9:30 字幕放送
番組連動データ放送
鳥取県・島根県 山陰放送 2022年9月17日 - TBS系列 土曜 6:00 - 6:30
徳島県 四国放送 2022年9月20日 - 日本テレビ系列 火曜 10:55 - 11:25
山梨県 テレビ山梨 2022年9月24日 - TBS系列 土曜 5:00 - 5:30
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
インターネット配信
配信対象地域 配信先 更新期間 更新時間 備考
日本全域 東映特撮ファンクラブ 2022年9月4日 - 毎週日曜9:30更新[注釈 9] 定額制による見放題見逃し配信
1話、2話は12月31日まで無料配信
TELASA
Amazon Prime Video 2022年9月7日 - 毎週水曜10:00更新[注釈 9] 定額制による見放題見逃し配信

また、放送開始を記念してYouTubeの以下のチャンネルにて1、2話の無料配信が行われた[83]

配信対象地域 配信先 更新期間 更新時間
日本全域 東映特撮YouTube Official 2022年9月4日 - 12月31日(1話)
2022年9月11日 - 12月31日(2話)
日曜9:30更新
スーパーヒーロータイム / テレビ朝日公式
バンダイ公式チャンネル BANDAI OFFICIAL

他媒体展開

テレビシリーズ

仮面ライダーリバイス
最終回(第50話)に浮世英寿が先行登場。

映画

劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア
2022年7月22日に公開された、前作『仮面ライダーリバイス』の単独映画作品。テレビシリーズの放送開始に先駆け、仮面ライダーギーツが登場[1]
『仮面ライダーギーツ×仮面ライダーリバイス WINTER MOVIE 2022』
2022年12月23日に公開予定[84]。本作品と前作『仮面ライダーリバイス』をメインとした映画作品。

オーディオコメンタリーバージョン

1 - 4話は東映特撮ファンクラブにて、オーディオコメンタリーバージョンが配信された。出演は1話は中澤祥次郎×武部直美、2話は中澤祥次郎×藤田慧[85]、3話は杉原輝昭×中田裕士、4話は星乃夢奈×宮澤雪[12]

Webムービー

『仮面ライダーギーツ変身講座』
YouTubeバンダイ公式チャンネルで2022年9月4日より配信の短編動画。ギーツのフォームを紹介[86]
『仮面ライダーギーツマグナムブーストフォーム絵描き歌』
YouTubeバンダイ公式チャンネルで2022年9月14日より配信のお絵描き歌動画[87]
『仮面ライダーギーツ変身講座』
東映特撮YouTube Officialで2022年9月18日より配信のダンス動画[88]

ゲーム

仮面ライダーバトル ガンバライジング
アーケードカードゲーム。2022年9月22日より『ゲキレツグランプリ』稼働開始[89]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 仮面ライダーとしてデザイアグランプリに召喚されている間は圏外で行方不明となっていたため、母からの締め付けがより強化されるようになった[ep 3]
  2. ^ 英寿が願いを叶えた後で作り替えられた世界では英寿のファンになっていた[ep 2]
  3. ^ 退場者とは異なり、デザイアドライバーは残される。ただし、「仮面ライダー失格」となった参加者が、「MISSION FAILED」と同様に現実世界においても消滅しているかどうかは不明。
  4. ^ a b c d ノンクレジット。
  5. ^ テレビ朝日、東映の公式サイト上では杉原輝昭と連名。[82]
  6. ^ なお、スーパー戦隊シリーズを含むとチーフプロデューサーとしては『手裏剣戦隊ニンニンジャー』以来となる[18]
  7. ^ 英寿、景和、祢音、道長、孝人、泰斗、森魚。
  8. ^ サブタイトルの「F」は「ファイナル」という意味があるという[6]
  9. ^ a b テレビ朝日系列での放送が休止の場合、更新休止。

出典

  1. ^ a b c d e f g “令和ライダー第4作は「仮面ライダーギーツ」! 多数のライダーが生き残りゲームに参戦”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年7月22日). https://natalie.mu/eiga/news/486378 2022年8月27日閲覧。 
  2. ^ hkr20_officialの2022年8月7日のツイート2022年8月30日閲覧。
  3. ^ 【仮面ライダーギーツ】制作発表配信! 8月7日(日)午前10時全面解禁!!”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日 (2022年7月31日). 2022年8月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd 宇宙船178 2022, pp. 32–35, 「仮面ライダーギーツ」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab フィギュア王295 2022, pp. 21–23, 「武部直美×高橋悠也」
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 宇宙船178 2022, pp. 42–43, 「[インタビュー]武部直美
  7. ^ a b 9月4日(日)より放送開始『仮面ライダーギーツ』キャスト紹介!”. 東映オフィシャルサイト. 東映. 2022年8月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 6話:邂逅V:逆転のブースト”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2022年10月2日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “「仮面ライダーギーツ」簡秀吉らキャスト発表、主題歌は倖田來未×湘南乃風のタッグに”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/488609 2022年8月27日閲覧。 
  10. ^ a b c d “「仮面ライダーギーツ」に志田音々が出演、実妹・志田こはくも祝福”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年8月14日). https://natalie.mu/eiga/news/489453 2022年8月28日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m 月刊ホビージャパン2210 2022, pp. 288–289, 「宇宙船H.S.S.」
  12. ^ a b 5話:邂逅IV:デュオ神経衰弱”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2022年9月25日閲覧。
  13. ^ a b c d e 宇宙船178 2022, pp. 39–41, 「[インタビュー]杢代和人
  14. ^ a b c d e f g h i j k l “「仮面ライダーギーツ」長谷川朝晴、金城大和、あべこうじ、宮本龍之介がゲームに参戦”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年8月21日). https://natalie.mu/eiga/news/490392 2022年8月27日閲覧。 
  15. ^ krGEATS_toeiの2022年8月21日のツイート2022年8月27日閲覧。
  16. ^ krGEATS_toeiの2022年8月21日のツイート2022年8月27日閲覧。
  17. ^ てれびくん10月号 2022, p. 33, 「仮面ライダーギーツ」.
  18. ^ a b c d e f g h i j フィギュア王295 2022, pp. 18–20, 「令和ライダー第4弾! いよいよ始まる、謎の生き残りゲーム! 新番組 仮面ライダーギーツ」
  19. ^ a b c d e f 宇宙船178 2022, pp. 22–25, 「DETAIL OF HEROES 第59回 仮面ライダーバッファ エントリーフォーム」
  20. ^ a b c d e 宇宙船178 2022, p. 21, 「DETAIL OF HEROES 第59回 仮面ライダーギーツ ゾンビフォーム / ニンジャフォーム」
  21. ^ a b c d e 宇宙船178 2022, p. 31, 「DETAIL OF HEROES 第59回 仮面ライダータイクーン エントリーフォーム / アームドアロー」
  22. ^ a b c 4話:邂逅III:勝利条件”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2022年9月21日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j k SUPERてれびくん 2022, pp. 6–7
  24. ^ a b c 宇宙船178 2022, pp. 14–18, 「DETAIL OF HEROES 第59回 仮面ライダーギーツ マグナムブーストフォーム」
  25. ^ 変身ベルト DXデザイアドライバー”. 仮面ライダーおもちゃウェブ バンダイ公式サイト. バンダイ. 2022年8月27日閲覧。
  26. ^ a b c d e 宇宙船178 2022, p. 19, 「DETAIL OF HEROES 第59回 仮面ライダーギーツ ブーストマグナムフォーム」
  27. ^ a b SUPERてれびくん 2022, pp. 14–15
  28. ^ フィギュア王295 2022, p. 90, 「仮面ライダーギーツ」.
  29. ^ a b c d e 宇宙船178 2022, p. 20, 「DETAIL OF HEROES 第59回 仮面ライダーギーツ エントリーフォーム / アームドハンマー」
  30. ^ a b c d 宇宙船178 2022, p. 26, 「DETAIL OF HEROES 第59回 仮面ライダーバッファ ゾンビフォーム / アームドウォーター」
  31. ^ 宇宙船178 2022, pp. 36–38, 「[インタビュー]簡秀吉
  32. ^ a b c d e f SUPERてれびくん 2022, pp. 8–9
  33. ^ a b c d e f SUPERてれびくん 2022, pp. 12–13
  34. ^ 仮面ライダーギーツ エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  35. ^ 仮面ライダーギーツ マグナムフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  36. ^ 仮面ライダーギーツ ブーストフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  37. ^ 仮面ライダーギーツ マグナムブーストフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  38. ^ 仮面ライダーギーツ アームドウォーター”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  39. ^ 仮面ライダーギーツ アームドウォーターブースト”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  40. ^ 仮面ライダーギーツ ブーストアームドウォーター”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  41. ^ 仮面ライダーギーツ アームドシールド”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月18日閲覧。
  42. ^ 仮面ライダーギーツ ゾンビフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月18日閲覧。
  43. ^ SUPERてれびくん 2022, p. 16.
  44. ^ 仮面ライダータイクーン エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  45. ^ 仮面ライダータイクーン アームドアロー”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月18日閲覧。
  46. ^ a b SUPERてれびくん 2022, p. 20
  47. ^ 仮面ライダーナーゴ エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  48. ^ 仮面ライダーナーゴ アームドハンマー”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  49. ^ 仮面ライダーナーゴ アームドハンマーブースト”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月29日閲覧。
  50. ^ 仮面ライダーナーゴ ブーストアームドハンマー”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月25日閲覧。
  51. ^ 仮面ライダーナーゴ アームドクロー”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年10月2日閲覧。
  52. ^ a b c SUPERてれびくん 2022, pp. 18–19
  53. ^ 仮面ライダーバッファ エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  54. ^ 仮面ライダーバッファ ゾンビフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  55. ^ 仮面ライダーバッファ アームドウォーター”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月18日閲覧。
  56. ^ 仮面ライダーバッファ マグナムフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月25日閲覧。
  57. ^ a b SUPERてれびくん 2022, p. 17
  58. ^ 仮面ライダーギンペン エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  59. ^ 仮面ライダーギンペン アームドアロー”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  60. ^ a b c SUPERてれびくん 2022, p. 23
  61. ^ 仮面ライダーシロー エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  62. ^ 仮面ライダーシロー アームドアロー”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  63. ^ a b c SUPERてれびくん 2022, p. 21
  64. ^ 仮面ライダーメリー エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  65. ^ 仮面ライダーメリー アームドシールド”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  66. ^ 仮面ライダーメリー アームドチェーンアレイ”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年10月2日閲覧。
  67. ^ SUPERてれびくん 2022, p. 22.
  68. ^ 仮面ライダーダパーン エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  69. ^ 仮面ライダーダパーン マグナムフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月11日閲覧。
  70. ^ 仮面ライダーパンクジャック エントリーフォーム”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年10月2日閲覧。
  71. ^ 仮面ライダーパンクジャック アームドシールド”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年10月2日閲覧。
  72. ^ a b c ポーンジャマト”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月4日閲覧。
  73. ^ SUPERてれびくん 2022, p. 2
  74. ^ a b c d e f g h 2話:邂逅I:宝さがしと盗賊”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2022年9月4日閲覧。
  75. ^ ke0ke0141の2022年9月11日のツイート2022年9月11日閲覧。
  76. ^ kbotankの2022年9月11日のツイート2022年9月11日閲覧。
  77. ^ minomo_ayame25の2022年9月12日のツイート2022年9月14日閲覧。
  78. ^ OharaWakana_Sの2022年9月12日のツイート2022年9月14日閲覧。
  79. ^ 3話:邂逅II:ゾンビ狩り”. 仮面ライダーWEB【公式】. 東映. 2022年9月11日閲覧。
  80. ^ a b c d krGEATS_toeiの2022年8月7日のツイート2022年8月27日閲覧。
  81. ^ 7Shochaaaaaan9の2022年9月11日のツイート2022年9月12日閲覧。
  82. ^ a b c d e f g スタッフ”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年8月27日閲覧。
  83. ^ 『仮面ライダーギーツ』 1・2話が期間限定無料配信!” (日本語). 仮面ライダーWEB【公式】. 東映.. 2022年9月4日閲覧。
  84. ^ “映画『仮面ライダーギーツ×仮面ライダーリバイス』12・23公開決定”. シネマトゥデイ. (2022年7月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0131419 2022年8月27日閲覧。 
  85. ^ 『仮面ライダーギーツ』1話&2話オーディオコメンタリーバージョン東映特撮ファンクラブで独占配信スタート!!”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日. 2022年9月18日閲覧。
  86. ^ 映像 - YouTube
  87. ^ 【仮面ライダーギーツ】【バンダイ公式】1分で描ける絵かき歌 仮面ライダーギーツ マグナムブーストフォーム!! 【バンマニ!】 - YouTube
  88. ^ 【鞍馬祢音が踊ってみた】日曜日のノラネコ(#仮面ライダーギーツ ) - YouTube
  89. ^ ゲキレツグランプリ1弾にて簡秀吉さんのボイスを新規収録!!ガンバライジング公式 2022年9月13日閲覧

参照話数

  1. ^ a b c d 1話「黎明F:ライダーへの招待状」”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日 (2022年9月4日). 2022年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 2話「邂逅I:宝さがしと盗賊」”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日 (2022年9月11日). 2022年9月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 4話「邂逅III:勝利条件」”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日 (2022年9月25日). 2022年9月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 3話「邂逅II:ゾンビ狩り」”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日 (2022年9月18日). 2022年9月18日閲覧。
  5. ^ a b 5話「邂逅IV:デュオ神経衰弱」”. 仮面ライダーギーツ. テレビ朝日 (2022年10月2日). 2022年10月2日閲覧。

参考文献

  • 『SUPERてれびくん 仮面ライダーギーツ&リバイス Wヒーロー夏祭り号』小学館、2022年8月8日。ASIN B0B7HPVS3N 
  • 『てれびくん 2022年10月号』小学館、2022年8月31日。ASIN B0BCDBWYZY 
  • 『月刊ホビージャパン』、ホビージャパン、2022年8月25日、 ASIN B0B7WC74Z2
  • フィギュア王ワールドフォトプレス
    • 『フィギュア王』No.295、2022年9月30日、 ISBN 978-4-8465-3277-2
    • 『フィギュア王』No.296、2022年10月30日、 ISBN 978-4-8465-3280-2
  • 『宇宙船』vol.178(AUTUMN 2022.秋)、ホビージャパン、2022年10月3日、 ISBN 978-4-7986-2945-2

外部リンク

テレビ朝日系列 日曜9:00 - 9:30
スーパーヒーロータイム第1枠
前番組 番組名 次番組
仮面ライダーリバイス
(2021年9月5日 - 2022年8月28日)
仮面ライダーギーツ
(2022年9月4日 - )
-