劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 獣電戦隊キョウリュウジャー > 劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック
劇場版
獣電戦隊キョウリュウジャー
ガブリンチョ・オブ・ミュージック
監督 坂本浩一
脚本 三条陸
原作 八手三郎
出演者 竜星涼
斉藤秀翼
金城大和
塩野瑛久
今野鮎莉
丸山敦史
音楽 佐橋俊彦
配給 東映
公開 2013年8月3日
上映時間 29分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!(シリーズ前作)
次作 獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ
烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS(シリーズ次作)
テンプレートを表示

劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック』(げきじょうばん じゅうでんせんたいキョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック)は、2013年8月3日より東映系で公開された特撮テレビドラマシリーズの『獣電戦隊キョウリュウジャー』の劇場版作品。『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』と同時上映。

概要[編集]

本作品では『キョウリュウジャー』のダンスや音楽要素を最大限に発揮するため、スーパー戦隊シリーズとしては初のミュージカル映画に仕立てられた[1][2]

冒頭のコンサートシーンは東京ドームシティアトラクションズシアターGロッソで一般公募のエキストラ600人を動員して撮影された[1][3]。また、福井県勝山市の『福井県立恐竜博物館』が撮影ロケ地として使われた[4]

この他Jリーグから、ベガルタ仙台鹿島アントラーズ柏レイソルFC東京横浜F・マリノス湘南ベルマーレセレッソ大阪の7クラブとコラボレーションも行っており、エンディングのダンスシーンに各チームの選手が出演している(後述[5]。これら7クラブは、クラブカラーがキョウリュウジャー各メンバーと概ね一致している(柏はサブカラーが黒であることからキョウリュウブラック担当。FC東京はデスリュウジャーおよび賢神トリン担当)。

全国303スクリーンで公開され、2013年8月3日、4日の初日2日間で興収2億5,180万750円 動員21万5,560人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった[6]。また、ぴあ初日満足度ランキングでは第2位となっている。

テレビシリーズとの明確な時間関係は設定されていないが[7]、テレビシリーズの第29話では本作品の映像や音楽が一部使用されている他、第39話は本作品を踏まえたエピソードが制作されるなど、TVシリーズに組み込まれたつくりになっている。

合成を担当する日本映像クリエイティブは、『劇場版 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える』以降の劇場作品で初めて単独で合成を手掛けた[8][注 1]。例年はテレビシリーズと併行しているため10から20のカットが外注に出されていたが、本作品では合成カットが少なめであったことから実現した[8]

制作経緯[編集]

ミュージカル要素は監督の坂本浩一からの提案によるもので、坂本は企画時に例として映画『ストリート・オブ・ファイヤー』や『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』などを挙げている[1][9]。企画時には『恐竜戦隊ジュウレンジャー』や『爆竜戦隊アバレンジャー』を登場させる案もあったが、30分では収まらなくなることから次作『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』へ持ち越された[10][11]。また企画段階では、仮面ライダーシリーズの放送開始時期が変更されることから、戦隊単独での興業も構想されていた[12]

主要なゲスト出演者はいずれも坂本の要望により起用された[1]。デスリュウジャー役の宮野真守やアーシー役の佃井皆美は過去に坂本の監督作品に出演した縁から選ばれている[1]

ストーリー[編集]

億千年の時を越えて復活した機械の体を持つ恐竜・獣電竜に認められた6人の勇者・獣電戦隊キョウリュウジャーは、今日も敵であるデーボス軍とブレイブに戦っていた。見事デーボス軍を撃退し、襲われていた超人気アイドル・Meekoを守りぬいたキョウリュウレッド / 桐生ダイゴはMeekoを見て驚く。ダイゴとMeekoは以前フランスで出会っていたからだ。

そんな時、デーボス軍の幹部・太古の戦騎デスリュウジャーが現れる。デスリュウジャーは自らを「D」と名乗る。立ち向かうキョウリュウジャーだったが、デスリュウジャーの圧倒的な強さに敗れ、Meekoを連れ去られてしまった。どうやらMeekoの歌には「D」が狙う伝説の獣電竜を目覚めさせる力があるようだ。ダイゴはMeekoを救うため、仲間と共に「D」の待つ彼の地へ向かうのだった。

登場人物[編集]

以下、劇場版が初出の登場人物について詳述する。TVシリーズでの扱いについては当該項目を参照。

天野美琴(あまの みこと)
物語の鍵を握る歌姫で、Meeko(ミーコ)の名前で活動している歌手。かつてフランス近辺でダイゴと邂逅しており、彼を「ダイ君」と呼ぶ。本編ブレイブ39にも登場した。

デスリュウジャー一派[編集]

獰猛の戦騎 D(ディー) / デスリュウジャー
自らを「D」と名乗る悪のキョウリュウジャーと言うべき邪悪な紺色の戦士。トバスピノを強制的に支配し操る。
その正体は百面神官カオスが恐竜の感情を採取する為に最初に誕生させた太古の戦騎であり、性格は司る感情の通りに獰猛で好戦的。ドゴルド以上に凶暴であり、その内にある戦いを求める飽くなき欲望はカオスをも戦慄させる。故に首領であるデーボスへの忠誠心は皆無に等しく、美琴を手中に収めるとデーボス軍と袂を分かち離反している。
一億年前、強大すぎる力を制御することができず不安定だったトバスピノを支配しようとするも、超古代の人間の巫女の助力で邪悪な呪縛から逃れたトバスピノによって倒される。それから一億年後の現代においてデスリュウジャーの装備をカオスに与えられ復活。巫女の子孫である美琴に目をつけ、彼女を拉致。そして彼女の歌の力を改変してトバスピノを支配下に置き、地球の破滅を目論む。
戦闘能力は高く、キョウリュウジャー5人でも歯が立たず、一度は彼らに勝利している。
武器は剣としても使える魔笛型のブーメランフルートバスターで、この武器から奏でられる音楽は獣電竜を苦しめ弱体化させる力を持つ。必殺技はデーボスインしたデスリュウジャー獣電池をフルートバスターに装填し、トバスピノの頭部を模したエネルギー弾を放つ魔楽章デーボスフィニッシュ(ダイゴとの決戦時には最終楽章デーボスフィニッシュと呼称)。他にも専用バイクDレーサーを駆ってのバイク戦も得意とする。
普段はデスリュウジャーのスーツを身に纏っているが、ダイゴとの決戦の際にはマスクを脱ぎ捨て素顔を表した。そのマスクの下の素顔は紺を基調に所々に赤みを帯びた醜悪な外見をしており、髪に相当する部位を伸ばし攻撃することも可能。そのダイゴとの決戦では一度は彼を圧倒し、変身解除させて獣電池をからにさせるが、美琴の歌により、パワーアップした獣電池を使って変身したキョウリュウレッド ガブルアームド・オンには全く歯が立たず、ガブガブ・ガブティラ岩烈ラッシュによって倒される。
テレビシリーズのブレイブ39ではデスリュウジャーのスーツを纏わぬ本来の姿で再び登場。大地の闇で得た新しい力の影響で全身の色が反転し、赤を基調としたカラーリングに変化した。
Dのデザインモチーフは『オズの魔法使い』のトト[13]
デスリュウジャーのスーツはその後、『帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER』のキョウリュウネイビーに改造された[14]
ディノガールズ
デスリュウジャーの命令に忠実に従う2人の女戦士。外見は人間の女性と変わらないが、目付きが爬虫類的に変化することがある。
レムネア
白い装束を纏った女戦士。甘えた様な口調で喋り、「み~んな絶滅よ」が口癖。素手でキョウリュウジャーの攻撃を跳ね返してしまうほどの恐るべき徒手空拳の使い手。掌から光弾を放つこともできる。
初戦ではブラックとブルーの2人と戦い、彼らと互角の戦いを繰り広げる。最後にはブラックと戦い、彼の攻撃を全て弾き、一度はアーシーと共に追い詰めるが、加勢にきたピンクとの必殺技により敗北する。
名前に「ムネ」が含まれることから、初登場シーンは胸を強調している[15]
アーシー
黒い装束を纏った女戦士。「とろけちゃう」が口癖。剣の使い手でキョウリュウジャーと互角に渡り合う。また蹴り技も得意とする。
初戦では、グリーンとピンクの2人と互角の戦いを繰り広げる。最後にはピンクと互角に戦うが、最終的にはブラックとの必殺技によりレムネアと一緒に敗北。
名前に「アシ」が含まれることから、初登場シーンは脚を強調している[15]

本作品オリジナルの戦士[編集]

キョウリュウレッド ガブルアームド・オン
「ガブルアームドオンガブティラ獣電池」を用いてキョウリュウチェンジしたキョウリュウレッド。最初から両手にそれぞれガブティラファングが装備されており、両腕にはディノスグランダー装備時と同様の金色の装甲が備わっている。
必殺技は「ガブティラ岩烈パンチ」を超高速で連続して敵に叩き込む「ガブガブ・ガブティラ岩烈ラッシュ」。
ガブティラファングの造形物は、アップ用とアクション用を両方用いている[16]

獣電池[編集]

本作品のみに登場した獣電池の一覧
No. 獣電池名[注 2] プレートに描かれた生物 能力
変身[注 3] 召喚[注 4] その他[注 5]
00 トバスピノ
(TOBASPINO)
スピノサウルス トバスピノ トバスピノをバトルモードにする。
当初は本体部分が黒い「デーボスインVer.」だったが、美琴とキョウリュウジャーの祈り歌で浄化された。
D デスリュウジャー
(TOBASPINO)
スピノサウルス デスリュウジャー フルートバスターに装填し必殺技「魔楽章デーボスフィニッシュ」および「最終楽章デーボスフィニッシュ」を放つ。
トバスピノ獣電池が邪悪な闇の力で変化したもので、カオスがDに授けた[17]
W ガブルアームドオンガブティラ
(GABUTYRA
 GABUTYRA)
ティラノサウルス キョウリュウレッド ガブルアームド・オン ガブティラ獣電池が美琴の歌のパワーで一時的に進化を遂げた獣電池。

獣電竜・獣電巨人[編集]

トバスピノ
トリンによって最初に造られた、スピノサウルスが進化した獣電竜0号。外見は頭部と腕、背中のヒレとカラーリングを除くとほぼガブティラに近い。バトルモードになると背中のヒレからスピノブーメランを射出して攻撃する。
強大な力を誇る反面その力を制御できず暴走してしまう危険性があり(実際、ブレイブ41、42のクローンデーボス戦では自ら合体を解除したり、強制カミツキ合体を披露し、ダイゴに「ガブティラ以上に乱暴な奴だな」と言わしめた程)、この不安定な状態に目をつけたカオスの命を受けた『D』の奏でる邪悪な音楽で支配されかけるも、超古代の巫女の歌によって呪縛から逃れ撃退に成功する。その後邪悪な音楽のダメージが大きかった為長い眠りについたが、美琴のエネルギーで強制的にデーボスインされた黒いトバスピノ獣電池の力でデスリュウジャーに強制的に復活させられ、彼に操られ凶暴な破壊兵器になり果ててしまっている。
最終的に正義の心を取り戻し、再び休眠に入ったが、テレビシリーズのブレイブ39にて美琴の祈り歌で復活を遂げる。
スピノダイオー
トバスピノを中心にアンキドンとブンパッキーがカミツキ合体する事で誕生する獣電巨人。劇中では「強制カミツキ合体」という形で合体させられ、悪の獣電巨人として暴れまわった。強力なパワーで周囲に古代神殿のごときバトルステージを出現させ、戦いを有利に運ぶ。右腕にアンキドンハンマー・左腕にブンパッキーボールを装備しており、さらに右手にスピノブーメラン・左手にスピノディフェンサーを持っている。また、右肩のトバスピノヘッドから放つ棘状のエネルギーを連射しての攻撃も可能。
最終的に美琴とキョウリュウジャー達の歌で正義の心を取り戻す。その際、強制カミツキ合体させられていたアンキドンとブンパッキーも正気に戻った。
必殺技は3種類存在し、デスリュウジャーに操られた際の技は右肩のトバスピノヘッドから放つ「超破滅光弾」。正義に戻った際の必殺技はスピノブーメランを投擲し、全身を高速回転させながら左腕のブンパッキーボールと右腕のアンキドンハンマーによる連続攻撃を叩き込む「スピノダイオー・ブレイブフィニッシュ」。テレビシリーズのブレイブ41では投擲したスピノブーメランが分裂して敵を攻撃する「スピノダイオー・ブーメランフィニッシュ」を使用する。また、パラサガンとザクトルと強制カミツキ合体して、スピノダイオーウエスタンになったこともある。
合体時に流れる音楽はファンファーレ風。
頭部は特撮監督の佛田洋からのインパクトが欲しいという要望により、鎧武者風のデザインとなった[18]。目元はキョウリュウジンと印象を変えるためにゴーグル状になっている[18]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

EDのみ出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

振付はパパイヤ鈴木が担当[4]

主題歌
「GABURINCHO OF MUSIC!」
作詞・作曲:高取ヒデアキ / 編曲:籠島裕昌 / 歌:高取ヒデアキ鎌田章吾&キョウリュウジャー
挿入歌
VAMOLA! キョウリュウジャー(Samba Mix)
作詞:藤林聖子 / 作曲:持田裕輔 / 編曲:山下康介 / 歌:鎌田章吾
「Dino Soul」
作詞:三条陸 / 作曲・編曲:坂部剛 / 歌:Meeko(CV:中村静香
「カミツキ・ブレイブ」
作詞:只野菜摘 / 作曲:羽岡佳 / 編曲:佐藤清喜 / 歌:伊勢大貴
「戦慄と旋律〜Dのテーマ〜」
作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:坂部剛 / 歌:Kimeru
「ココロの隙間ワールド」
作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:坂部剛 / 歌:キャンデリラ、アイガロン、ラッキューロ(CV:戸松遥水島裕折笠愛)
「Dino Soul(古代ver.)」
作詞:三条陸 / 作曲・編曲:坂部剛 / 歌:天野美琴(CV:中村静香)

映像ソフト化[編集]

  • メイキング版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ OFF ミュージック(DVD1枚組、2013年7月21日発売)
    • 本作品のメイキングDVD。
    • 映像特典
      • 劇場版主題歌を踊ろう!
  • 劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック 通常版(1枚組、2013年12月6日発売、Blu-rayとDVDでリリース)
    • 映像特典
      • 製作発表記者会見
      • 特報
      • 劇場予告編
      • PR集
      • ノンスーパーED
      • 作品紹介
  • 劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック コレクターズパック(2枚組、2013年12月6日発売、Blu-rayとDVDでリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • 未公開&エクステンドシーン
      • 密着! キャンペーンメイキング
      • Jリーグコラボダンスメイキング
      • 完成披露試写会舞台挨拶
      • 公開2日目舞台挨拶
      • キャラクターリスト
      • ガブリンチョファイル
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • 特製ポストカード(2枚組)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ワイヤー消しなどの作業は除く[8]
  2. ^ 括弧内のアルファベットは獣電池の裏面に記載されている名称。
  3. ^ 使用者が変身した姿のみ記述。
  4. ^ 呼び出される獣電竜のみ記述。
  5. ^ 変身・召喚以外の能力、および補足説明。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e パンフレット 2013, 坂本浩一インタビュー
  2. ^ 公式完全読本 2014, pp. 64、126.
  3. ^ 公式完全読本 2014, p. 64, 「director INTERVIEW01 坂本浩一
  4. ^ a b c d e 【レポート】陣内孝則が史上最年長54歳の仮面ライダーに!「いずれはライダーと戦わなければならないと思っていた」|マイナビニュース 2013年6月4日
  5. ^ キョウリュウジャーとJリーグがコラボ!竜星涼はFC東京選手とのダンスに感激|マイナビニュース 2013年6月25日
  6. ^ 宮崎駿監督『風立ちぬ』がV3!強力ライバルを破り興収40億円突破!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年8月6日
  7. ^ 「[対談]坂本浩一×三条陸」、『宇宙船』第141号、ホビージャパン2013年7月、 42-43頁、 ISBN 978-4-7986-0632-3
  8. ^ a b c 公式完全読本 2014, p. 96, 「VFX INTERVIEW 柳原嘉宣」
  9. ^ 公式完全読本 2014, pp. 14、56、64.
  10. ^ 構成・文:用田邦憲「三条陸インタビュー、坂本浩一インタビュー」『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』劇場パンフレット 発行:東映 事業推進部
  11. ^ 公式完全読本 2014, pp. 14、56、61.
  12. ^ 公式完全読本 2014, p. 14, 「producer INTERVIEW 大森敬仁」.
  13. ^ 公式完全読本 2014, p. 120.
  14. ^ 公式完全読本 2014, p. 61, 「writer INTERVIEW 三条陸、怒涛の全話解説」.
  15. ^ a b パンフレット 2013, 「桃瀬美咲佃井皆美インタビュー」
  16. ^ a b 公式完全読本 2014, p. 85, 「suits actor CROSS TALK01 押川善文×竹内康博×高田将司×浅井宏輔×野川瑞穂×大藤直樹
  17. ^ 愛蔵版 獣電戦隊キョウリュウジャー超全集、P90。
  18. ^ a b 公式完全読本 2014, p. 111
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m キャスト&スタッフ”. 劇場版 仮面ライダーウィザード イン マジックランド/劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック. 2013年8月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月5日閲覧。
  20. ^ 『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー GABURINCHO OF MUSIC』 デスリュウジャー役出演情報”. 宮野真守 オフィシャルホームページ. 2013年6月9日閲覧。
  21. ^ 「宇宙船vol.144特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2014」、『宇宙船』vol.144(2014.春号)、ホビージャパン2014年4月1日、 別冊p.20、 ISBN 978-4-7986-0809-9

参考文献[編集]

外部リンク[編集]