東映怪人大図鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スーパー・プレミアム・ビデオ 東映怪人大図鑑(とうえいかいじんだいずかん)』とは、1992年5月25日東映ビデオより発売された、東映が制作した特撮テレビ映画Vシネマ作品も含む)に登場した怪人の雄姿をまとめたビデオソフトである。

ビデオVHS、セル・レンタル共通)とLD(セルのみ)がリリースされているが、DVD化は未定である。

概要[編集]

当時、『真・仮面ライダー 序章』と『大予言/復活の巨神』の2作品のVシネマ作品を発表した東映が、両作品の宣伝のために企画したものとして、歴代怪人の雄姿をまとめただけでなく、当時のレインボー造型企画の代表であった前澤範のインタビューなども収録されている。

そのため、当時放送されていた『恐竜戦隊ジュウレンジャー』『特捜エクシードラフト』のキャラクターの制作風景など、当時のレインボー造形企画の風景も見ることができる。

怪人たちのシーンについても、ヒーローとのハードな決戦・アクションシーンだけでなく、変身シーン[1]や『秘密戦隊ゴレンジャー』の仮面怪人など、コミカルなシーンも多く収録されている。

収録されている怪人に関しては、1話限りのマイナーな怪人[2]が多数収録されている一方、レギュラー扱いの重要キャラクター[3]が紹介されていない作品も多い。

ナレーションは、東映特撮作品では『光戦隊マスクマン』のナレーションを務めた武田広が務めている[4]

本作のBGMについて[編集]

本作のBGMはテーマ曲などをはじめ、すべてこの作品のために書き起こされた新録曲が使われている。どの曲も、CD化はされていない。

OPとEDに使われているテーマ曲の作、編曲は特撮オリジナルビデオ作品『地球防衛少女イコちゃん』シリーズの見里朝生が手がけており、どちらも曲調は同じであるが、EDは若干テンポが遅くなっている。

石ノ森章太郎編および野口竜編のコーナーの楽曲は、「昭和東映ヒーローの匂いのする曲にして欲しい」とのプロデューサーの意向で、スーパー戦隊シリーズをはじめ、本作でも選曲を担当している宮葉勝行が作曲を担当した[5]

出渕裕編および雨宮慶太編の楽曲は逆に新しい感じが欲しいということで、白倉伸一郎プロデューサーの紹介で起用された岩崎建が担当している。

コーナー構成[編集]

  • 悪のプロフェッショナルの条件
  • デザイナー別怪人紹介
    それぞれのデザイナーが手がけた怪人ごとに構成されている。
  • テーマ別怪人紹介
    それぞれのモチーフごとに構成されている。
    • 「体」の怪人たち
    人体の一部分をモチーフにした怪人たちを紹介(『超人バロム1』のドルゲ魔人ほか)。
    • 「物」の怪人たち
    人間・動物以外の物をモチーフにした怪人たちを紹介(『秘密戦隊ゴレンジャー』の仮面怪人、『仮面ライダースーパー1』のジンドグマ怪人ほか)。
    • 「亀」の怪人たち
    亀をモチーフにした怪人たちを紹介。
  • 武闘派怪人
    仮面ライダー』のOP主題歌「レッツゴー!! ライダーキック[6]」をバックに、仮面ライダーシリーズに登場した怪人たちの中で、個性豊かな武器を持つ怪人を紹介。
  • 変形、合体怪人
    変形・合体能力を持つ怪人たちの紹介。
  • 恐怖の大幹部
    幹部級怪人の紹介[7]
  • ロボットの変遷
    ロボット怪人の紹介。
  • ヘビー級怪人
    重量感あふれる怪人たちを紹介[8]
  • 好敵手たち
    ハカイダーシャドームーンなど、ライバル怪人・戦士・幹部の紹介と名決戦シーン集。

収録作品(登場怪人)紹介[編集]

作品名の表記は、OPの表記にしたがって記載。

※ほかに、前澤のインタビューシーンで、「ロボットの変遷」のコーナーで、ロボットの素材に関しての話題の際に、「お風呂マットが使われているロボット」として、『大鉄人17』より、ワンセブンと大爪ロボットの戦っている写真が紹介されている。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリジナルのBGMが流れる際、基本的にその部分の映像は無声となっているが、『キカイダー01』のビジンダーのみ、変身のセリフも収録されている。
  2. ^ 特に、『ザ・カゲスター』の一部怪人や、『宇宙からのメッセージ銀河大戦』の鉄人ゴルゴンは、スチール写真が存在しないため、当時勁文社から発売されていた『全怪獣怪人(下巻)』などの各種書籍類にも掲載されていなかった。また両作品とも、2000年代DVD化まで完全な映像ソフト化がなされなかったこともあり、長年このビデオでしか姿を見ることができなかった。
  3. ^ たとえば、『超人機メタルダー』のネロス帝国は、凱聖に相当するキャラクターが1人も収録されていない。ただし、テロップは表示されないものの、凱聖たちはゴッドネロスの紹介シーンにおいて登場している。
  4. ^ ナレーションの口調は、丁寧口調になっている。
  5. ^ 編曲は見里が担当。
  6. ^ 藤浩一歌唱バージョンが使用されている。
  7. ^ ただし、一部の幹部怪人はそれ以外のコーナーにも収録されている。
  8. ^ キングダーク、ガマゴンなどの巨大怪人も含まれる。
  9. ^ 前澤のインタビューに写真でのみ登場。
  10. ^ 本作にて、このユリシーズの顔は前澤自身のライフマスクを流用したものということが判明している。
  11. ^ 本来ヒーロー扱いだが、怪人然としたデザインのためか、怪人扱いになっている。テロップでは「真・仮面ライダー」と表記されている。
  12. ^ コーナーに含まれる個所がなく、前澤のインタビュー映像に被るため、ほかの怪人キャラと扱いが異なる。
  13. ^ 本来ヒロイン扱いだが、怪人扱いとなっている。
  14. ^ 「恐怖の大幹部」にて。しかしなぜか同コーナーの趣旨に合う魔王サイコ、ガイラー将軍、ドクターポルターの3人も映るが、テロップはなし。
  15. ^ メガドロンとブルチェックは「ロボットの変遷」にて21話の映像で紹介。このシーンではダーバーボは一瞬しか出ないためテロップはないが、OPではアップ映像が使われている。
  16. ^ テロップ表記では、中黒のない「マッドガルボ」と表記。
  17. ^ 映像は17話に登場したパワーアップモンスの映像を使用している。
  18. ^ 1987年Vシネマ作品として作られたものの映像を使用。ただし、OPテロップには表記なし。

関連項目[編集]

  • 東映ビデオ
  • 東映特撮大図鑑
    本作と同じシリーズラインでリリースされた作品。
  • 東映怪人怪獣大百科シリーズ
    かつて、東映ビデオが1985 - 86年に発売していたビデオシリーズ。『妖怪編』『忍者編』『怪獣編』『ロボット編』『怪人編』の全5巻に分巻されており、それぞれ扱われている作品に縁の深い俳優2名[1]がナレーションを務めている。本作とは異なり、1950~60年代のモノクロ作品や劇場映画、コメディ路線の作品も収録されている。
  1. ^ 潮健児天本英世ら、顔出しで演じていた俳優のみならず、飯塚昭三柴田秀勝といった声優キャストも参加している。