日本映像クリエイティブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本映像クリエイティブ株式会社
Nippon Eizo Creative Co.
種類 株式会社
本社所在地 153-0044
東京都目黒区大橋1-6-2 池尻大橋ビルディング4F
設立 1996年4月
業種 映像・映画
法人番号 4013201016719
事業内容 1. VFXに関する業務
2. 3DCGの制作
3. 1,2に関する研究・開発の請負業務
代表者 代表取締役社長 本多 欣如
資本金 1000万円
従業員数 30名[1]
外部リンク http://www.nikkuri.co.jp/
テンプレートを表示

日本映像クリエイティブ株式会社(にっぽんえいぞうクリエイティブかぶしきかいしゃ)は、日本VFX制作会社。東京都目黒区に所在する。略称は日クリ(ニックリ、にっくり、Nikkuri)

概要[編集]

16ミリのフィルム合成を専門としていたチャンネル16[2]1989年に解散し、東洋ビデオの出資により映画工房が業務を引き継ぐが、これも1996年に破産消滅した。その業務を引き継ぐ形で、デジタル時代に対応したポストプロダクションの会社として日本映像クリエイティブは同社に設立された[3]

現在ではCGを駆使した視覚効果(VFX)を専門としている。

担当作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネット配信[編集]

DVD[編集]

  • 絶対少年
  • クラスターエッジ
  • あまえないでよっ! 喝!
  • アカギ BOX
  • 牙狼 ~GARO~
  • 銀色の髪のアギト
  • NANA
  • ああっ女神さまっ それぞれの翼
  • 鬼公子 炎魔
  • ストラトス・フォーADVANCE 完結編
  • ああっ女神さまっII
  • ダーティペア BOX
  • 夜明け前より瑠璃色な
  • Alka BOX
  • ギャラクシーエンジェる~ん
  • MONSTER

VP[編集]

  • 公妨 一瞬の死角
  • 文部科学省 教育体験シアター
  • J&B
  • ダイナコネクティブ VP

チャンネル16の担当作品[編集]

映画工房の担当作品[編集]

  • 東映不思議コメディシリーズ(1990年 - 1993年)
  • スーパー戦隊シリーズ(1990年 - 1996年)
  • メタルヒーローシリーズ(1990年 - 1999年)
  • 女バトルコップ(1990年)
  • 真・仮面ライダー 序章(1992年)
  • 大予言 復活の巨神(1992年)

参考文献[編集]

  • スパイダーマン 東映TVシリーズDVD-BOX付録冊子 「スパイダーマン大検証」(16ミリ合成の世界)
    発売:東映ビデオ株式会社

脚注[編集]

  1. ^ 会社概要
  2. ^ 元東映特殊技術課の合成スタッフの山田孝が創設した16ミリのフィルム合成を専門とした会社。チャンネル16の創立の経緯は『スパイダーマン 東映TVシリーズDVD-BOX』の付録冊子 「スパイダーマン大検証」の「16ミリ合成の世界」に詳しい。オプチカル・プリンター#エリアルイメージ合成機も参照。
  3. ^ 【第29回/2014年5月号】日本映像クリエイティブ株式会社|Visiting Production 会社訪問|EE.jp

関連項目[編集]

外部リンク[編集]