吉祥天女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉祥天女
ジャンル ホラー
漫画
作者 吉田秋生
出版社 小学館
掲載誌 別冊少女コミック
レーベル フラワーコミックス
発表号 1983年3月号 - 1984年7月号
発表期間 1年4ヵ月
巻数 全4巻(フラワーコミックス)
全2巻(小学館文庫
話数 全17話
その他 第29回小学館漫画賞(少女部門)
テレビドラマ
監督 田村直己、近藤俊明
制作 テレビ朝日国際放映
放送局 テレビ朝日他
放送期間 2006年4月15日 - 同年6月24日
話数 全10話
映画
監督 及川中
制作 小学館、ブルー・プラネット
ハピネット、バズ・コミュニケーションズ
ソニーPCL
封切日 2007年6月30日日本の旗
上映時間 116分
テンプレート - ノート 

吉祥天女」(きっしょうてんにょ)は、吉田秋生作の漫画作品。1983年に小学館漫画賞受賞。2006年4月から6月にかけてテレビ朝日系列にてテレビドラマ化、また2007年に映画化され、同年5月には橋口いくよにより小説化された。

概要[編集]

別冊少女コミック』(小学館)に、1983年3月号から1984年7月号にかけて連載された。フラワーコミックスより全4巻(絶版)、小学館叢書(絶版)と小学館文庫版が全2巻。いずれも小学館・刊。

余談だが、1987年に同作から名を取ったプログレバンド「吉祥天女」がメジャーデビューしている(1985年結成、1989年解散)。

ストーリー[編集]

天女の末裔と言われる叶家の跡取り娘で、恐ろしいほどの美貌をもつ小夜子が街に帰ってきたのを機に、小夜子と叶家の財産を狙う遠野家が繰り広げる陰謀、事件を描いた心理ホラーミステリー。

登場人物[編集]

叶 小夜子 (かのう さよこ)
この物語の主人公。類まれな美貌の持ち主にして、代々続く「天女の末裔」と言い伝えがある、女系の旧家令嬢。
幼少時は長野県にある、遠縁の家に預けられて育つ。高校生になってから、実家に戻り涼たちの通う高校に転入。あっという間に、クラスのマドンナ的存在に。
物語後半、涼の従兄・暁と婚約。最終回で、涼の妹・水絵を叶家の養女として引き取る。
遠野 涼 (とおの りょう)
小夜子のクラスメートで、学校内では有名なプレイボーイ。幼い頃に両親を交通事故で亡くし、地元で建設会社を営む叔父に妹・水絵と共に引き取られて育つ。
小夜子の恐ろしさを敏感に感じ、物語後半。小夜子の凄惨な過去を知り、衝撃を受ける。
浅井 由似子 (あさい ゆいこ)
小夜子のクラスメートで、大人しい少女。
だが幼少期にチカン被害にあった事から、極度の男嫌い。小夜子のファン。
大野 真理 (おおの まり)
小夜子のクラスメートで、由似子の親友。
涼に淡い恋心を寄せるが、プレイボーイである事や小夜子に関心を示していることから、報われない。
遠野 暁 (とおの あきら)
涼の従兄。涼とは兄弟同然に育つ。地元でも有名な不良少年。かつて、涼が自分よりも偏差値が良い高校を受験・合格した事を妬み、当時涼に思いを寄せていた佐原美子(後述)を唆し、涼を陥れた事がある。
小夜子に惹かれるが、相手にされない事から様々な嫌がらせを行う。後に涼が小夜子を助けた事を知り、リンチした。
物語後半、小夜子と婚約。だが後に、自宅で父親を殺害。逃亡の末、小夜子を車でひき殺そうとしたが、彼女の反撃に遭い、電柱に激突死。

叶家[編集]

叶家当主 (かのうけ とうしゅ)
小夜子の祖父。第2巻より登場。病に冒され、小夜子に財産を譲ると遺言。
最期まで、小夜子の身を案じていた。
叶 樺 (かのう あき)
小夜子の祖母。第3巻にて雪政の回想での登場。
小夜子が7歳の頃は、存命していた。面差しが小夜子に似ている。
叶 浮子 (かのう うきこ)
旧姓・遠野。涼・暁の叔母。
叶家の財産を狙い、小夜子の父と不倫関係に。
小夜子と暁の婚約直後。浴室で小夜子に殺された。
叶小夜子の両親 (かのうさよこのりょうしん)
父は浮子と不倫しており、母は体が弱く先代から「あてにはならんぞ」と言われていた。
小夜子を叶本家に呼び戻すことに、反対していた。
小川 雪政 (おがわ ゆきまさ)
叶家の分家筋で、元々は長野県の信大医学部医学生だった。
常に小夜子に、付き従っている。

その他の人物[編集]

浅井 鷹志 (あさい たかし)
由似子の兄。大学では美術を専攻していて、小夜子をモチーフに絵を製作。
涼同様、小夜子の中に秘められた恐ろしさに気付き、「同じ制服を着ていても彼女は明らかに異質」と感じた。
遠野 水絵 (とおの みずえ)
涼の妹。幼い頃から病弱で寝たきりの生活を送るが、小夜子との出会いで明るくなった。
最終回、叶家に養女として引き取られた。
佐原 美子 (さはら よしこ)
涼の中学時代の同級生。涼に恋心を抱いていたが、当時彼は受験勉強に夢中で、女性に興味がなかった。
そこへ目をつけた暁から唆され、涼を陥れる陰謀に関わってしまう。
第3巻で、雪政に涼への謝罪を書いた手紙を託す。
根津 教諭 (ねつ゛きょうゆ)
小夜子たちが通う高校の教師。生活指導を担当していて厳しいため、生徒達からは陰で「ネズ公」と仇名されている。実は、理事長の娘婿。
ある日屋上で小夜子と涼が2人きりで話しているのを見咎め、放課後。2人を呼び出し(涼はすっぽかして帰ろうとしていた)、小夜子を乱暴しようとした。未遂に終わり、謹慎処分に。この事が原因で離婚届にサイン。
その後、自殺。
遠野暁の父 (とおのあきらのちち)
遠野建設社長。涼の叔父。小夜子と暁の縁談を薦め、叶家を乗っ取ろうと計画。
早くに妻を亡くし、いわゆる「やもめ暮らし」。
物語終盤、小夜子に手を出そうとして暁と口論になり、暁に殺された。

書籍[編集]

テレビドラマ[編集]

2006年4月15日土曜日深夜1時25分放送開始。全10回。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

ロケ地[編集]

テレビ朝日 土曜ミッドナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
(なし)
吉祥天女

映画[編集]

2007年6月30日公開。

出演[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

石川県金沢市

外部リンク[編集]