吉祥天女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉祥天女
ジャンル ホラー
漫画
作者 吉田秋生
出版社 小学館
掲載誌 別冊少女コミック
レーベル フラワーコミックス
発表号 1983年3月号 - 1984年7月号
発表期間 1年4ヵ月
巻数 全4巻(フラワーコミックス)
全2巻(小学館文庫
話数 全17話
その他 第29回小学館漫画賞(少女部門)
テレビドラマ
監督 田村直己、近藤俊明
制作 テレビ朝日国際放映
放送局 テレビ朝日他
放送期間 2006年4月15日 - 同年6月24日
話数 全10話
映画
監督 及川中
制作 小学館、ブルー・プラネット
ハピネット、バズ・コミュニケーションズ
ソニーPCL
封切日 2007年6月30日日本の旗
上映時間 116分
テンプレート - ノート

吉祥天女」(きっしょうてんにょ)は、吉田秋生作の漫画作品。1983年に小学館漫画賞受賞。2006年4月から6月にかけてテレビ朝日系列にてテレビドラマ化、また2007年に映画化され、同年5月には橋口いくよにより小説化された。

概要[編集]

別冊少女コミック』(小学館)に、1983年3月号から1984年7月号にかけて連載された。フラワーコミックスより全4巻(絶版)、小学館叢書(絶版)と小学館文庫版が全2巻。いずれも小学館・刊。

余談だが、1987年に同作から名を取ったプログレバンド「吉祥天女」がメジャーデビューしている(1985年結成、1989年解散)。

ストーリー[編集]

高校2年生の新学期を迎えた浅井由似子のクラスに叶小夜子が編入してくる。彼女は土地の山林王である叶泰三の孫娘であり、両親が叶家に同居しているにもかかわらず、幼少時から親戚の家で養育されていた。クラスで小夜子が紹介されたとき、その深窓の令嬢風の美貌に男子生徒たちの注目の的となり、同時に女子生徒の間でも人気者となる。

叶家は代々女系となっており、叶家には小夜子の母親、小夜子の二人の姉がいるが、叶泰三は亡妻・樺の性格を受け継いだ小夜子に財産を譲ろうとしている。この動きを察知した叶家の死んだ長男の妻・浮子(遠野涼・暁の叔母)は遠野家から小夜子の婿を迎えて叶家の資産を自由にしようと画策する。

小夜子は二人の姉の養分を吸い取ったような美しさにより、小さい頃から男性の視線を集め、6歳の時には浮浪者にいたずらされ、彼を殺害するという事件を起こしている。叶家ではこの一件を闇に葬り、小夜子を親戚の家に預けることになった。この事件が小夜子の男性観を決定づけたようであり、力で女性を従わせようとする男性には相応の反撃をする性格を形成している。

小夜子と同じクラスの遠野涼は暁の従弟にあたり、両親が事故で死亡したため妹の水絵とともに遠野家に引き取られ、1歳年上の暁とは兄弟同然に育てられる。しかし、暁は涼が自分よりいい高校に入学したことをねたみ、佐原美子と謀って涼を退学に追い込むという嫉妬深い性格の持ち主であり、周囲の人間を自分の思い通りにしようとする残忍な一面ももっている。

小夜子はクラスの男子からも女子からも好かれるようになるが、軟派が趣味の涼は小夜子の中に何かぞっとするものを感じ取り近づかないようにする。涼のGFである今井久子のグループの女子が小夜子にやきを入れようとして、男子学生に小夜子を襲わせる。小夜子は反撃し、大沢は尺骨を折られ、男性の急所である喉笛に棒を付きつけられる。小夜子は彼を殺しても正当防衛だと告げ、男子生徒たちは恐怖を感じ引き上げる。

叶家のお花見会(実は小夜子のお披露目会)が開催され、泰三は小夜子の着物姿が亡き妻の樺にそっくりだと目を細める。暁と涼はここで小夜子と正式に対面し、暁は叶家と遠野家の縁談に大いに乗り気になる。一方、涼は二人の姉と比べて特異な美しさをもつ小夜子の中にある種の禍々しいものを感じ取る。

涼は小夜子に遠野家に引き取られてから、(暁と同等程度に)自堕落にふるまうことが自分の処世術だと語る。涼が小夜子の中に魔性のものを感じたように、小夜子は涼がもっと激しい気性であることを見抜いており、涼のうそを即座に指摘する。

小夜子は自分を取り巻いている理不尽なものに対する怒りの感情が自分を支えていると話し、同じ理不尽な環境に置かれていても選んだ道はずいぶん違うのねと語りかける。小夜子は自分の容姿に惑わされず、本質を直感している涼を苦手にしており、敵に回したくないと雪政に話す。

暁は自分の言いなりにならない小夜子を学校の化学室で大沢たちに再び襲わせるが、大沢は耳を切り落とされる惨劇となる。そのような行為を平然と実行する小夜子も由似子の家の健全な明るさに思わず自分はどうしてこのような暖かい家庭に生まれなかったのか、(自分の美貌や叶家の財産が無くても)このような家庭に生まれれば(別の穏やかな人生を歩めるのに・・・)と思いを巡らす。

小夜子は大沢の見舞いに行き、恐怖におののく大沢を追い詰め、屋上から転落死させる。暁は小夜子を敵として扱うようになり、再び小夜子を襲わせるが、涼の機転で難を逃れる。しかし、このことは暁の知るところとなり、涼は彼らのリンチを受けることになり、今度は小夜子に救われる。見舞いのため遠野家を訪問した小夜子は水絵とすっかり仲良くなり、涼は小夜子の思いがけない一面に驚く。

叶泰三の容態が悪化し、小夜子は急いで病院に駆けつける。泰三は叶家の財産はすべて小夜子に譲ること、遠野家と手を組むかそれとも別の道を選ぶかは小夜子の選択に任せると遺言する。小夜子は暁と婚約し、誘われるままに性的な関係をもつようになる。

泰三の死後、浮子は屋敷内でも小夜子の父と親しげにするようになり、小夜子は酒に酔った浮子を浴槽で溺死させる。小夜子は暁の前で涼にキスして嫉妬心を刺激するとともに、暁の父親を誘惑し、その現場に遭遇した暁は父親を刺殺して逃亡する。

小夜子は暁と正式に婚約するときに遠野建設の株式の名義変更をしており、この時点では小夜子の母親が筆頭株主となっており、経営権はほとんど小夜子が握ることになる。この鮮やかな手口に涼は「偉大な女性に」と乾杯する。

暁は父親の流した血により正気を取戻し、小夜子を車でひき殺そうとするが、失敗し電柱に激突して事故死する。叔父の死後、まともな食事を摂っていなかった涼は入院し、夢の中で「あの女を生かしておいてはならない。あの女はこの世に存在してはならないものだ。オレのかわりにおまえがあいつを葬るんだ・・・頼む・・・涼・・・」という暁の声を聞く。

涼は叔父の銃を持ち出し、叶家に侵入し小夜子に銃を向ける。小夜子は涼だけは自分を理解してくれるはずだ、それは涼が由似子と同じように傷つきやすい魂をもっているからであり、とても人を殺せるはずがないと説得する。膝から崩れる涼の背後に暁を見た小夜子は「涼から離れなさい、涼はあなたの人形じゃないわ!!」と叫ぶ。

しかし、不用意に雪政が近づいたため涼は再び銃をとり、発砲する。この銃は細工されており、暴発により涼は負傷し、病院で死亡する。小夜子は自分なりに涼に別れを告げる。 事件の一報を聞いた由似子の兄・鷹志は家を飛び出し、由似子に「そっちは涼くんの家じゃないわ」と止められるが、鷹志は由似子に涼がいるのは叶家である事を告げた。

涼・暁の葬儀が執り行われている。由似子は生前、彼とはケンカばかりだったが兄以外で本気でケンカできたのは、彼だけだった事を振り返っていた。涼に恋していた、真理と久子が泣き崩れているのを見た彼女は、「さようなら涼くん…最期までプレイボーイだったわね…」と別れを告げ、斎場を後にした。

由似子の兄・鷹志は小夜子をモチーフにした「吉祥天」の絵を完成させ、小夜子に届ける。夕暮れの景色の中で彼はかって小夜子からたずねられた「天女を妻にした男は幸せだったと思う? それとも・・・」という言葉を反芻する。

登場人物[編集]

主人公とクラスメートたち[編集]

叶 小夜子 (かのう さよこ)
この物語の主人公、女系の旧家の娘で類まれな美貌にもかかわらず、幼少時から叶家の親せきで養育される。実家に戻り涼たちの通う高校に転入し、クラスのマドンナ的存在になる。叶家の財産を狙う大人たちに女性であることを武器にして反撃する。
遠野 涼 (とおの りょう)
両親が事故死したため子供の頃、妹の水絵とともに叔父の遠野家で育てられる。1歳年上の暁とバランスをとるため学校では軟派で通している。同じクラスに編入してきた小夜子の美貌の中に魔性のものを感じ取る。
浅井 由似子 (あさい ゆいこ)
涼のクラスメート、小学生の頃チカン被害にあったことから男嫌い(男性恐怖症)となっており、親友の真理からも中学生のときから指摘されている。小夜子とは編入してすぐに友だちになる。
大野 真理 (おおの まり)
由似子と同じクラスの親友、人見知りが激しいが、小夜子とはすぐに打ち解けることができた。涼に淡い恋心を寄せる。
遠野 暁 (とおの あきら)
涼の従兄、涼とは兄弟同然に育つ。涼が自分よりも良い高校に合格した事を妬み、佐原美子と謀り退学させた。小夜子と婚約して性的な関係をもつものの,嫉妬深さを小夜子に逆手に取られ父親を刺殺する。逃亡中に小夜子を車でひき殺そうとしたが、失敗し電柱に激突して死亡する。

叶家[編集]

叶 泰三(かのう たいぞう)
地域では山林王とされる叶家の当主で小夜子の祖父。亡妻の樺の性格を受け継いだ小夜子に叶家の財産を相続させるため、幼少時から親せきに預けていた小夜子を本家に連れ戻す。
死ぬ間際に叶家の財産を譲ることと、その処分は小夜子に任せると遺言する。
叶 樺 (かのう あき)
小夜子の祖母、小夜子が7歳の頃は存命しており、叶家の当主であった。
叶 浮子 (かのう うきこ)
暁の叔母,叶家の長男に嫁ぐが死別している。叶家の財産を自由にしようと暁の父親と図り、小夜子と暁の結婚を画策する。小夜子の父親と不倫の関係にあり、小夜子と暁の婚約直後に酒に酔った状態で浴室で溺死させられる。
叶小夜子の両親 (かのうさよこのりょうしん)
父は浮子と不倫しており、母は体が弱く、家の中のことは浮子が取り仕切っていた。
祖父が亡くなる間際、小夜子に「(両親は)あてにはならんぞ」と告げた。
小川 雪政 (おがわ ゆきまさ)
叶家の分家筋の男性、彼の家に小夜子が来て以来、絶対服従の形で常に小夜子に付き従っている。
元々は信州の医大で、医学生だった。

その他の人物[編集]

浅井 鷹志 (あさい たかし)
由似子の兄、大学では美術を専攻していて、小夜子をモチーフに絵を制作する。涼と同様に小夜子の中に秘められた恐ろしさに気付く。
遠野 水絵 (とおの みずえ)
涼の妹、幼い頃から病弱であったが、小夜子との出会いで明るくなる。涼の死後、叶家に養女として引き取られた。
佐原 美子 (さはら よしこ)
涼の中学時代の同級生、涼に恋心を抱いていたが、相手にされなかったことから暁から唆され、涼を陥れる陰謀に関わってしまう。
根津 教諭 (ねつ゛きょうゆ)
小夜子が通う高校の教師で理事長の娘婿、生活指導を担当しており生徒たちには厳しく接するが、小夜子に乱暴しようとして謹慎処分になる。
離婚届に印を押した直後、自殺したとのこと。
遠野暁の父 (とおのあきらのちち)
遠野建設社長で涼の叔父。小夜子と暁の縁談を進め、叶家の財産を乗っ取ろうと計画する。
小夜子の誘惑に乗ったところを暁に見とがめられ、刺殺される。
今井 久子 (いまい ひさこ)
小夜子たちのクラスメートで、スケバン。涼のGF。
中学時代から、涼・暁の事を良く知っており、涼が小夜子を助けた事で暁に監禁された事件の際。暁の残忍さを小夜子に打ち明けた。
飛葉 (ひば)
暁の舎弟の一人。普段は遠野建設の工事現場で、働いている。
涼が暁に拉致監禁された際、小夜子と久子に助けを請われ涼を救出。叶家の持つマンションへ涼を搬送した際、遠野家の事情を打ち明けた。

書籍[編集]

テレビドラマ[編集]

2006年4月15日土曜日深夜1時25分放送開始。全10回。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

ロケ地[編集]

テレビ朝日 土曜ミッドナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
(なし)
吉祥天女

映画[編集]

2007年6月30日公開。

出演[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

石川県金沢市

外部リンク[編集]