渡瀬悠宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡瀬 悠宇
 イタリアで開催された漫画・アニメのイベント「Lucca Comics」で漫画を描く渡瀬悠宇
 イタリアで開催された漫画・アニメのイベント「Lucca Comics」で漫画を描く渡瀬悠宇
生誕 (1970-03-05) 1970年3月5日(51歳)
日本の旗 日本大阪府岸和田市
国籍 日本
活動期間 1989年 -
ジャンル 少女漫画
少年漫画
代表作思春期未満お断り
ふしぎ遊戯
妖しのセレス
絶対彼氏。
受賞 第43回小学館漫画賞少女部門
(『妖しのセレス』)
テンプレートを表示

渡瀬 悠宇(わたせ ゆう、1970年昭和45年)3月5日 - )は、日本漫画家。代表作に『ふしぎ遊戯』・『妖しのセレス』・『絶対彼氏。』など。Xジェンダー[1]

略歴[編集]

大阪府岸和田市出身。堺女子高等学校(現・香ヶ丘リベルテ高等学校)卒業[要出典]大阪総合デザイン専門学校卒業後、1988年、第23回小学館新人コミック大賞少女・女性部門入賞。翌年、小学館少女コミック』に掲載された「パジャマでおじゃま」でデビュー。以後、『少女コミック』を中心に作品を掲載。

代表作に『ふしぎ遊戯』『妖しのセレス』『絶対彼氏。』など。2006年平成18年)以降、小学館の青年誌『ビッグコミックスピリッツ』や少年誌『週刊少年サンデー』にも作品を掲載し、活躍の場を広げている。

年譜[編集]

人物[編集]

血液型B型。5歳から漫画を描き始め、17歳でプロ漫画家を志した。小学生から高校生くらいまでは自殺未遂を起こすほどのいじめを受けており、その体験は『アラタカンガタリ〜革神語〜』の革がいじめられてるシーンでも流用された。宗教を信仰することで回復した[3]という。新興宗教創価学会の会員で、たびたび機関紙にイラストを提供しているほか、『妖しのセレス』の最終巻では尊敬している池田大作名誉会長へ同作品を捧げるという趣旨の手書きコメントを寄せている。

そのほか[編集]

  • 公式サイト“渡瀬悠宇オフィシャルサイト「我ノ花」”のドメイン名( y-watase.com )は2018年平成30年)頃から、渡瀬悠宇と無関係の内容(人物)で運営されている。

受賞[編集]

作品リスト[編集]

イラスト集ほか[編集]

  • 『ふしぎ遊戯 - 渡瀬悠宇イラスト集』 (小学館、1995年4月発売) ISBN 4-09-199701-5
  • 『ふしぎ遊戯 ANIMATION WORLD - 渡瀬悠宇イラスト集 Part2』 (小学館、1996年1月発売) ISBN 4-09-199702-3
  • 『「妖しのセレス」イラスト集 - 紡歌 〜天つ空なる人を恋ふとて〜』 (小学館、2000年4月発売) ISBN 4-09-199703-1
  • 『渡瀬悠宇ポストカードブック』 (小学館、2000年12月発売) ISBN 4-09-179156-5
  • 『渡瀬悠宇ポストカードブック2』 (小学館、2001年12月発売) ISBN 4-09-179159-X

出演作品[編集]

ビデオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『また変人扱いに拍車がかかるが正直に笑』” (日本語). 渡瀬悠宇 OFFICIAL BLOG. 2020年6月28日閲覧。
  2. ^ 日月の聲 真面目にぶっちゃけてみます
  3. ^ 渡瀬悠宇が語る“厳しい現実と戦う比喩”としての『ふしぎ遊戯』と創価学会【前編】 - 占い・開運・スピ総合サイト ハピズム、2012年(平成24年)5月19日

外部リンク[編集]