河原和音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河原 和音
生誕 (1972-03-11) 1972年3月11日(45歳)[1]
日本の旗 日本 北海道滝川市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1991年(平成3年) -
ジャンル 少女漫画
代表作 先生!
高校デビュー
俺物語!!
青空エール
受賞 『俺物語!!』2013年第37回講談社漫画賞少女部門[2]
テンプレートを表示

河原 和音(かわはら かずね、1972年3月11日[1] - )は、日本漫画家。女性。北海道滝川市出身[1]血液型A型[3]

来歴[編集]

1972年3月11日北海道滝川市で生まれる。従姉妹はピアニストの宮澤むじか、叔父は札幌コンセルヴァトワール院長の宮澤功行(名付け親でもある)。『別冊マーガレット1991年4月号に掲載された読切『彼のいちばん好きな人』で漫画家デビューを果たす[1]。以降、『別冊マーガレット』にて執筆活動を続けており[4]1994年からは同誌で半年と空けずに漫画の連載を続けている。

1996年から『別冊マーガレット』にて『先生!』の連載を開始、教師と生徒の恋愛を描いてヒット作になる[1]。同作は2003年まで連載され、きらの『まっすぐにいこう。』、永田正実の『恋愛カタログ』と並んで、同時期の『別冊マーガレット』を代表する作品となった。

『先生!』の連載終了後、2003年から2008年まで『別冊マーガレット』にて『高校デビュー』を連載。コミックスの累計の売り上げが600万部を超える人気漫画となり、2011年に実写映画化された。

その後、2008年から2015年まで『別冊マーガレット』で『青空エール』を連載。2010年7月には『青空エール』第5巻の発売を記念して自身初のサイン会を開いた[5]

2011年から2016年まで原作者として『俺物語!!』(作画:アルコ)を連載。

2016年より『素敵な彼氏』を『別冊マーガレット』にて連載中。

人物[編集]

少女漫画家の中でも、キャラクターの独特の心理描写と大胆な物語構成に定評がある[4]

婚姻歴は不明だが、『高校デビュー』第10巻にて男児がいることを公表した。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

その他[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • 青空エール 特別編[11](『別冊マーガレット』2016年9月号)
  • ラッキーガール(『Cocohana』2017年2月号[12]、2017年4月号[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 河原和音 プロフィール”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ. 2012年1月16日閲覧。
  2. ^ 第37回講談社漫画賞にグラゼニ、監獄学園、俺物語!!ほか”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年5月9日). 2015年11月16日閲覧。
  3. ^ 作家プロフィール”. 集英社 別冊マーガレット公式サイト. 2015年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月16日閲覧。
  4. ^ a b comic”. 映画『高校デビュー』公式サイト. 2012年1月16日閲覧。
  5. ^ 「青空エール」河原和音、初のサイン会を札幌で”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年6月11日). 2012年1月16日閲覧。
  6. ^ 連載作品紹介『素敵な彼氏』”. 集英社 別冊マーガレット公式サイト. 2016年1月30日閲覧。
  7. ^ a b 河原和音の別マ新連載は、彼氏がほしいと願う空回り気味な女子高生のラブコメ”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年1月13日). 2016年1月16日閲覧。
  8. ^ 素敵な彼氏/1|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年5月29日閲覧。
  9. ^ 素敵な彼氏/2|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年9月23日閲覧。
  10. ^ 素敵な彼氏/3|河原 和音|マーガレットコミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2017年2月23日閲覧。
  11. ^ 「青空エール」映画公開記念、大学生になったつばさと大介描く特別編が別マに”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月12日). 2016年8月14日閲覧。
  12. ^ 河原和音が読切でココハナ登場、自称ツイてる女性描く「ラッキーガール」”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年12月28日). 2017年1月2日閲覧。
  13. ^ ココハナ編集部 2017年2月28日のツィート2017年3月2日閲覧。

外部リンク[編集]