矢沢あい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢沢 あい
生誕 1967年3月7日(49歳)
日本の旗 日本兵庫県尼崎市
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1985年 -
ジャンル 少女漫画
受賞 2002年:第48回小学館漫画賞
テンプレートを表示

矢沢 あい(やざわ あい、1967年3月7日[1] - )は、日本の女性[1]漫画家兵庫県尼崎市出身。大阪モード学園中退[1]血液型はB型[1]。独身。身長168cm

概要[編集]

1985年、『りぼんオリジナル早春の号』に掲載された『あの夏』で活動開始[1]2002年、りぼんマスコットコミックス付属『Cookie』の『NANA -ナナ-』で第48回小学館漫画賞受賞。『NANA-ナナ-』は『りぼん』姉妹誌の『Cookie』で連載し、2009年6月29日に急病のため雑誌『Cookie』26日発売号から、連載中の『NANA -ナナ-』を休載。

少女漫画が専門。個人事務所は有限会社矢沢漫画制作所。ペンネームの苗字「矢沢」は、敬愛する矢沢永吉からで、下の名「あい」は本名の「愛」を平仮名にしたもの。

人物[編集]

猫が好きで、自宅にも猫を沢山飼っている。仕事中は、有線放送を入れっぱなしである。趣味はおしゃれ。被服学校に通っていたこともあり、「漫画家になっていなかったら絶対スタイリストやっていた」と語る。

天使なんかじゃない』『ご近所物語』の作中には「みのがしてくれよコーナー」と銘打たれた読者参加のファンメール紹介ページがあり、作中のセリフや、キャラの描写の矛盾点などの描き間違いを指摘し、矢沢が作中でお詫びしながら近況報告などをしていた。『NANA』でも「淳子の部屋」として同様の試みがなされている。

好きな男性のタイプは、江口洋介。また、THE YELLOW MONKEYの熱狂的なファンであることを「下弦の月」の中でほのめかしている。自身の漫画のキャラクターでは、『NANA』のタクミがタイプとも言っている。『天使なんかじゃない』のコミックスで、DREAMS COME TRUEJUDY AND MARYの大ファンだと明らかにする。登場人物の冴島翠もドリカムのファンである。『NANA』では煙草を吸っているキャラクターやシーンが多いが、矢沢本人も喫煙者である。

『うすべにの嵐』と続編の『空を仰ぐ花』は、当時、高校野球で活躍していた上田佳範松商学園日本ハムファイターズ中日ドラゴンズ)に影響されて描いた。上田がドラフトで日ハムに入団することが決まった時は、「今日から日ハムのファンになる」と書いている。

作画には、マッキントッシュを使用。アシスタントを使わない。素顔は非公開だが、りぼんに連載を持っていた時に、誌上に顔写真が掲載されたことがある。また、『天使なんかじゃない』のイラスト集で吉住渉と対談し、写真が掲載されている。アニメ『ご近所物語』の最終話で、矢沢あい役(本人役)の声優として特別出演した。

女性週刊誌に、『ちびまる子ちゃん』の作者さくらももこが、読者の質問コーナーで「ライバルの漫画家はいますか」という質問で、ライバルではないが、気になっている漫画家に、矢沢あいの名前を挙げた。さくらの投稿時代を描いたエッセイ漫画に「矢沢あい」の名前が出て来た。ヴィヴィアン・ウエストウッドの大ファンで、作中にも度々登場する。イラスト雑誌のインタビューで「一時期はヴィヴィアンの新作を買う為に仕事をしていた」と語る。

著作[編集]

集英社
すべてりぼんマスコットコミックス(RMC) より刊行、特記の無いものは1巻完結。
祥伝社
下川香苗によるノベライズ
  • 下弦の月―ラスト・クォーター (新書・文庫)
  • NANA―novel from the movie (文庫)
  • NANA2―novel from the movie (文庫)
  • 天使なんかじゃない (全8巻)
  • ご近所物語―ファッショナブル・ラブ・ストーリー (全8巻)
  • オルフェウスは千の翼を持つ - コバルト文庫ライトノベル、但し、原作・下川香苗/イラスト・矢沢あい
イラスト
  • ホーユー株式会社 ヘアカラー ビューティーン パッケージ・キャラクター - 2003年
  • 結論は、サイアク!! - 上原さくらエッセイメディアファクトリー
  • アディダスマンガフィーヴァー (adidas MANGA FEVER) イラスト1点書き下ろし
    • 飛鳥新社 2002年FIFAワールドカップ公式スポンサー・アディダスがおくる「熱=FEVER」をテーマにした日・韓・欧の漫画集。他に大友克洋、荒木飛呂彦、岡野玲子、井上雄彦、松本大洋ら。
ヒロイン・キャラクター設定
  • 母娘共に矢沢あいのファンだった縁でコートニー・ラブのアルバム『アメリカズ・スウィートハート』の邦版ジャケットに、彼女をモデルにしたキャラクター『愛姫』を書き下ろす。ロッキング・オン社「コミックH」(2004年3月号 vo.10) で、このコラボレイトについてインタビューを受けている。新書館 で連載中の『Princess Ai―プリンセス・アイ物語』には関わっていない。

文献[編集]

  • 藤本由香里「進化する矢沢あい」(全作品解題/作家論)
    • 雑誌『クイック・ジャパン 61』(特集 矢沢あいの時代 1985 - 2005)、太田出版、2005年8月、ISBN 4872339789 所収

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P388