5年3組魔法組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
5年3組魔法組
ジャンル テレビドラマ
原作 大堂勲
出演者 すのうち滋之
増田康好
江村和紀
神アコ
尾崎ますみ
曽我町子
オープニング 「それいけ魔法組」
エンディング 「魔女はいじわる」
製作
制作 NET
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年12月6日 - 1977年10月3日
放送時間 月曜19:00 - 19:30
放送分 30分
回数 41
テンプレートを表示

5年3組魔法組』(5ねん3くみ まほうぐみ)は、1976年12月6日から1977年10月3日までNET[注 1]系列で、毎週月曜19:00 - 19:30(JST)に全41話が放送された、東映制作の特撮テレビ番組

概要

魔法を題材としたファンタジー特撮番組。魔女そのものが主人公ではなく、魔法の力を与えられた少年たちが中心となっているのが特徴である[1]

魔女ベルバラは、演じる曽我町子のはまり役と言われ[2][3]、曽我自身もこの役を気に入っていたという[1]

夢のある内容で人気を博し、当時の視聴者層である小学生はクラス替えで「5年3組」になると他クラスから羨ましがられるほどであった。

ストーリー

5年3組の仲良し五人組のアサコが蹴った缶が偶然、前を歩いていたおばさんに当たってしまいケガをさせてしまう­。アサコはおばさんを自分の家に連れていき、治療をする。そして、回復したおばさんは­、青いバッグ(MJ(マジ)バッグ)を忘れて帰ってしまった。慌てておばさんを追う5人組だったが、そこで見­たものは、ほうきに乗って空を飛んでいるおばさん=魔女ベルバラだった。魔女ベルバラは不思議でおかしな魔法の7つ道具の入ったMJバッグを5人組に預ける。5人組と「MJバッグ」とベルバラによる大騒動が始まるのだった。

登場人物

魔法組

岩館 モスケ(ガンモ):すのうち滋之
ちょっぴりポッチャリした腕白少年。
宗方 マサキ(ハテナマン):増田康好
何か考える時に「はてな?」と首をひねる。5人の中ではブレーン的な存在。
竹田 リンイチ(チクワ):江村和紀
5人の中で唯一眼鏡をかけている。
小原 アサコ(ショースケ):神アコ
男勝りな少女。一人称は「」。じつは「女らしさ」にあこがれている。
田代 ミツコ(ミコ):尾崎ますみ
しっかり者で心やさしい少女。

魔界

魔女ベルバラ:曽我町子
魔界からやってきた魔女で年齢は575歳(5人組から「おばさん」「お婆さん」と言われるが、本人曰く魔女としてはまだ「お嬢さん」)。MJバッグの本当の持ち主である。ジェット箒にまたがる。意地悪が大好きで、5人組にちょっかいを出しては面白がっている。本音では5人を大変気に入っており、本当の危機には身を挺して助けたりもする。
MJくん:八代駿(声)、大槻義夫(操演)
MJバッグに潜んでいる妖精。
老魔女ジョーカー:田中筆子
ベルバラの上司。魔法の七つ道具は彼女が制御担当である。マンガンキーのしっぺ返しも、彼女の思惑で発動させていたが、「しっぺ返しのしっぺ返し」による、制御装置故障のとばっちりを受けた事がある[注 2]
チビバラ:有馬加奈子
第36話のみ登場。ベルバラの親戚で、いたずら好きの魔女。人間の社会がみたくて魔法の国からやってきた。

東町小学校

高牧先生(タマキ):団しん也
5年3組の担任。転勤辞令を受け、第10話で東町小学校を離れた。
森本先生(カンザブロー):園田裕久
第9話から東町小学校に赴任した。
乙竹 姫子先生(鬼姫先生):小野ひずる
第35話から東町小学校に赴任した。

魔法組の家族

小原 庄太郎:奥村公延
ショースケの父。おはら理容室を営んでいる。
小原 ユタカ:福田信義
ショースケの弟。わがままな性格でトラブルメーカーだが、魔法道具を使うこともできるので6人目の魔法組メンバーと言ってもいい存在。
ユタカの母:八百原寿子
岩館 大介:川口英樹
ガンモの兄。
モスケの父:守屋俊志
モスケの母:上野綾子
宗方 ルリ子:遠藤美絵
ハテナマンの妹。
マサキの父:酒井則博
マサキの母:芦沢孝子
竹田 理恵:野川愛
チクワの姉。
リンイチの父:福岡正剛
リンイチの母:浜田ゆう子

七つ道具

MJバッグに収められている魔法の道具。道具を使用するときの呪文は「アバクラタラリン・クラクラマカシン」。呪文に続いて命令する[2]。メタモライトやバンノーダーなら対象を指定する。マンガンキーなら願いを言う。呪文さえ知っていれば誰でも使用する事ができる。実は全ての魔法の七つ道具は、魔法界の制御装置が効果を司り、マンガンキーの「しっぺ返し」の「呪い返し」[注 3]で、装置が故障した事がある。

メタモライト
厚い本の形状の道具で背表紙の部分にライトがあり、照らしたものを何にでも変身させることができる[2]。ショースケが鏡を使い「かっこよくて頭のいい男の子」に変身しようとしたところ、なぜかハテナマンになってしまった。
ペンタゴン
物の大きさを自由に変えることが可能な眼鏡型のレンズ。他人の心を読み取ることも可能[2]
ボイスボール
収納時は野球ボールの形をしており、二つに割れてヘッドホン型になる。スピーカーや声帯模写・通訳にも使え、動物や植物とも会話ができる[2]
バンノーダー
ピストル型のマジックハンド。先端にU字磁石がついてあり、ハンドルを回すと何でも引き寄せることができる[2]。対象指定をきちんとしないと、コップの中の牛乳だけを引き寄せたりしてしまう。
MJシーバー
両面筆箱のような形状の通信機[2]
マジッカー
収納時は掌大の2枚の正三角形の板。2枚を組み合わせ六芒星の型にして呪文を唱えると大きくなり、ボディから上へ伸びる3本のアームの先端にプロペラがついた形状をした乗用の飛行円盤となる[2]。作中、最も多用された魔法道具。
マンガンキー
懐中時計の形をしたペンダントで、念じると何でも願い(万願)が叶うが、使った者は必ず反動の「しっぺ返し(何らかの不運な出来事)」を受ける[2]。「しっぺ返し」の程度は叶えた願いの大きさに比例し、あまりに大きな願いは命を奪われる恐れもある危険な道具。常に最後の手段として使われる。あまりにも万能過ぎる為に、前述の通り「しっぺ返しのしっぺ返し」すら有効。

スタッフ

  • 原作:大堂勲
  • プロデューサー:吉津正(NET→テレビ朝日、21話まで)、福富哲(NET、16話まで)、松永英(大広)、平山亨(東映、18話まで)、阿部征司(東映)
  • 音楽:菊池俊輔
  • 音楽制作:あんだんて
  • 撮影:山本矩雄、小林武治、工藤矩雄
  • 照明:酒井信雄、高椋康夫、元持秀雄
  • 美術:川村晴通
  • 助監督:長石多可男、鈴木隆志、小野多美雄
  • 録音:北條照二
  • 編集:望月徹
  • 選曲:秋本彰
  • 効果:原田千昭
  • 制作主任:小迫進、林みのる、隈部文康
  • 記録:森美禮、高橋たつ子、井上かずえ、杉山昌子、高橋千津子、松丸春代、牧野千恵子
  • 特撮:特撮研究所、中村義幸
  • 装置:協和美建
  • 制作事務:大橋四郎(21話まで)
  • 現像:東映化学
  • 企画協力:企画者104
  • 擬斗:伊達弘
  • 造型:コスモプロダクション
  • 衣裳:東京衣裳
  • 衣裳協力:イワカミ、花咲、ピノチオ
  • 装飾:大晃商会
  • 美粧:入江美粧
  • 制作担当:市倉正男、黒木勝利
  • 仕上担当:穴井俊雄
  • 制作:NET[注 1]東映大広

主題歌

第3話以降タイトルコールを変更、コーダ部分に編集が加えられ、5話以降はそれまで横書きだったテロップを縦書きに変更。11話以降は高牧先生の紹介カットが森本先生に差し替えられ、22話からは映像が大幅に変更された。
  • エンディング(ED):『魔女はいじわる』(作詞:八手三郎/作曲・編曲:菊池俊輔/歌:曽我町子、ザ・チャープス)

OP映像では、OPの歌詞テロップも表示された(前番組の『ザ・カゲスター』では、歌詞テロップを割愛(OP・ED共々))。なお、ED映像では歌詞が表示されなかった。

放送日程

放送回 放送日 サブタイトル ゲスト 脚本 監督
1 1976年12月06日 魔女からもらった魔法のバッグ 辻真先 山田稔
2 12月13日 八十秒間世界一周
  • 佐藤晟也
  • 須賀良
  • 石塚信之
3 12月20日 いじめっ子の秘密は何?
  • 田戸岡明
  • 平井幸代
  • 鈴木清美
  • 松下実加
  • 菅沼公正
  • 上野泰弘
  • 佐藤義昭
  • 斉藤ゆかり
  • 斉藤喜代美
  • 丸山裕子(花の声)
  • 朝戸鉄也沢りつお(犬の声)
田村多津夫 折田至
4 1977年01月03日 大好き! 泣き虫先生
  • 幾野道子
  • 高橋みどり
  • 菅沼公正
  • 佐藤義昭
  • 上野泰弘
  • 斉藤ゆかり
  • 関さと美
  • 寺内順恵
  • 沢りつお(先生の声)
5 1月10日 一生一代の大ピンチ 石森史郎 瀬川淑
6 1月17日 男になった女の子
  • 小貫千恵子
  • 松尾信一
  • 丸山裕子
  • 菅沼公正
  • 上野泰弘
  • 佐藤義昭
  • 斉藤ゆかり
  • 関さと美
辻真先 折田至
7 1月24日 姉ちゃんはいや! 兄ちゃんほしい
  • 柳田金一
  • 大栗清史
  • 渥美英一
  • 市原由美子
  • たこ八郎
  • 菅沼公正
  • 上野泰弘
  • 佐藤義昭
  • 斉藤ゆかり
  • 関さと美
瀬川淑
8 1月31日 男だ! ガンモの勇気
  • 小松陽太郎
  • 後藤保幸
  • 桑田清隆
  • 近藤克明
  • 川井朝霧
  • 菅沼公正
  • 上野泰弘
  • 佐藤義昭
  • 斉藤ゆかり
  • 関さと美
田村多津夫 折田至
9 2月07日 おっかない! カンザブロー先生
  • 大泉滉(校長先生)
  • 菅沼公正
  • 上野泰弘
  • 佐藤義昭
  • 斉藤ゆかり
  • 関さと美
瀬川淑
10 2月14日 迷子になったキューピー人形 辻真先
11 2月21日 姉さんお嫁にいかないで! 田村多津夫 長石多可男
12 2月28日 魔法か科学かヤキトリ作り大競争 辻真先
13 3月07日 へそくりたずねて三十分 折田至
14 3月14日 魔法で相撲だハッケヨイ! 鷺山京子
15 3月21日 ミコちゃんの自転車騒動!
  • 明石潮
  • 国睦子
  • 須賀良
  • 矢島洋子
  • 佐竹洋一
  • よぎ英一
  • 山浦栄
  • 藤本伸二
  • 加藤敏和
  • 玉手良一
  • 高柳裕文
  • 加藤弘志
辻真先 瀬川淑
16 3月28日 会えるかな? あこがれの歌手! 泊里仁美
17 4月11日 マンガンキーで大騒ぎ!
  • 打越章之
  • 山田禅二
  • 美原亮三
  • 木村修
  • 小甲登枝恵
  • 亀山達也
  • 橋本愛
  • 章文栄
辻真先 折田至
18 4月18日 奇々怪々なしっぺ返し!
  • 辻啓子(中学生の女の子)
  • 岸敏也(スポーツカーの青年)
  • 畑中猛重(警官)
19 4月25日 しごきだ・ガッツだ 友情だ!
  • 中真千子
  • 庄野たけし
  • 川口良
  • 徳田真行
  • 近藤一二三
石森史郎 瀬川淑
20 5月02日 校内マラソン 走れ!チクワ 土筆勉
21 5月09日 魔女ベルバラがだまされた?! 辻真先 折田至
22 5月16日 遊園地は魔法でいっぱい!
  • 大坪日出代
  • 田野井ゆかり
  • 和久井節緒
  • へのへのもへじ
  • 矢崎里香
  • 三崎純子
  • 山下陽子
  • 真保則子
  • 羽染七七子
23 5月23日 男と女が大ゲンカ!
  • 中島元
  • 上田正雄
  • 山崎里絵
  • 菅沼公正
  • 上野泰弘
  • 斉藤ゆかり
富田祐弘
24 5月30日 ガンモの初恋 辻真先 田口勝彦
25 6月06日 魔女ベルバラの泥棒騒ぎ!?
  • 佐々木一鉄(田中)
  • 西朱実(主婦)
  • 満山恵子(主婦)
  • 吉川清一(警官)
久永照子
26 6月20日 ボク、ぼくは学校新聞の名編集長!
  • 中島元(教頭)
  • 後藤雅博(老医)
  • 坂入正一(警官)
  • 清水照夫
  • 宮地謙吾
  • 大家博
  • 矢部かしく
辻真先 瀬川淑
27 6月27日 ママなんか大嫌い!
  • 内村不二人(警官)
  • 池田一臣(ガラス屋主人)
  • 山浦栄(運転手)
田村多津夫
富田祐弘
28 7月04日 貸本屋最後の日 辻真先 小西通雄
29 7月11日 ほんとう? 不幸の手紙
  • 牛山蕗子(チエ)
  • 大東粱佶(ラーメン屋)
  • 山本緑(鬼婆)
  • 渡辺明美(女の子)
  • 中屋敷鉄也(運転手)
  • 河原崎洋夫(青鬼)
  • 池田力也(赤鬼)
  • 山浦栄(床屋の客)
鷺山京子
30 7月18日 カンザブロー先生が大悪人?!
  • 鈴木まさゆき(榊正義)
  • 富山正子(榊よね子)
  • 近松敏夫(老人)
  • 田川恒夫(アナウンサー)
  • 工藤剛(花壇の男)
  • 生田和男(うなぎ屋主人)
  • 小西旗正(警官)
  • 渡辺康(警官)
辻真先 折田至
31 7月25日 魔女の誕生日は大騒ぎ!
  • 鈴木まさゆき(榊正義)
  • 富山正子(榊よね子)
  • 岸本功(マネージャー)
  • 小畑希里子(くみ子)
  • 高野孝彦(ウェイター)
  • 永野佐武郎(郵便屋)
32 8月01日 うそつき少女は魔女の弟子?!
  • 九重ひろ子(おかみさん)
  • 滝田一枝(宇都宮月子)
  • 石塚信之(ペンキ屋)
  • 工藤智明(不良少年A)
  • 森下竜司(不良少年B)
33 8月08日 ハテナ? ルリ子が見た魔女は?!
  • 本間文子(黒坂ヨシ)
  • 大久保悟(ミチオ)
  • 岡野圭子(ナナ子)
  • 田口龍子(ミドリ)
  • 清水照夫(警官A)
  • 宮地謙吾(警官B)
鷺山京子 田口勝彦
34 8月15日 母ちゃんは魔女
  • 須賀良(警官)
  • 徳永裕
  • 佐藤義明
  • 堀江貴弘
  • 関さと美
  • 斉藤ゆかり
  • 斉藤高廣
辻真先 小西通雄
35 8月22日 ステキー鬼姫先生
  • 後藤雅博(老医)
  • 菅原靖人(議長の子)
  • 名川忍(書記の子)
  • 大栗正史
  • 薄田たくみ
  • 藤木武司
  • 白取雅子
  • 永沢日和
富田祐弘
36 8月29日 チビッ子魔女で大そうどう
  • 植田峻(サギ師サギノ)
  • 泉よし子(洋服店店主)
  • 福永幸男(警官)
  • 藤野章(レストラン店員)
伊上勝 瀬川淑
37 9月05日 ぼくのお嫁さんに!
  • 下川江那(マリの母)
  • 下井かをり(マリ)
  • 徳永裕
  • 佐藤義明
  • 堀江貴弘
  • 関さと美
  • 斉藤ゆかり
田村多津夫
38 9月12日 私のふるさとみーつけた
  • 小橋豊太郎(村の管理人)
  • 春田和秀(三吉)
  • 田口和正
  • 細谷有喜子
  • 三上かおる
田村多津夫
富田祐弘
長石多可男
39 9月19日 行方不明のガンモやーい
  • 上田弘司(ピエロ)
  • 河原崎洋夫(チャップリン)
  • 石塚信之(女形)
  • 中村文弥(エンビ服)
  • 道祖土勝
  • 細谷有喜子
  • 大柴学
  • 中道剛
辻真先
40 9月26日 魔法の家はタイムマシン
  • 須賀良(警官)
  • 宮地謙吾(警官)
  • 岡田勝(ギャング)
折田至
41
(最終回)
10月03日 くたばれ魔法組!
  • 須賀良(警官)
  • 小山雅幸(警官)

1976年12月27日は、『'76 ちびっこものまね紅白歌合戦』、1977年4月3日は『おめでとう! 新入学だよドリフターズ』の特別番組が編成されたため、1977年6月13日は『ゴールデンナイター太洋巨人戦のため休止[4]。複数の書籍で、放送回数を38回としているのは誤り[3][2][5]

映像ソフト化

  • 2016年5月11日にベストフィールドよりデジタルリマスター版のDVD-BOXが発売。

ネット配信

コミック版

放送局

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 1977年4月よりテレビ朝日
  2. ^ 「しっぺ返しのしっぺ返し」が制御装置故障を引き起こし、しっぺ返し発動寸前の彼女の目前で爆発した。
  3. ^ ショースケのとっさのアイディアで、「しっぺ返しのしっぺ返し」をマンガンキーに願った為。
  4. ^ 1977年10月8日まで放送[11]。本番組終了後はヤッターマンの同時ネットに切り替えられた。

出典

  1. ^ a b 全怪獣怪人 下 1990, p. 379
  2. ^ a b c d e f g h i j 『完全無欠の東映ヒーロー100』竹中清、徳間書店〈HYPER MOOK〉、2004年11月1日、47頁。ISBN 4-19-730109-X
  3. ^ a b 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、137頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  4. ^ 『毎日新聞』1976年12月27日、1977年4月3日、1977年6月13日付朝刊、ラジオ・テレビ欄。
  5. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 378.
  6. ^ 河北新報』1977年6月21日 - 1978年4月15日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ a b 日刊スポーツ』1976年12月11日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『河北新報』1976年12月6日 - 1977年10月3日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 福島民報』1976年12月11日 - 1977年10月8日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『日刊スポーツ』1976年12月6日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 北國新聞』1977年10月8日付朝刊、テレビ欄。
  12. ^ 中国新聞』(縮刷版) 1977年(昭和52年)8月 テレビ欄

参考文献

関連項目


NET→テレビ朝日系列 月曜19:00 - 19:30
前番組 番組名 次番組
ザ・カゲスター
(1976年4月5日 - 11月29日)
5年3組魔法組
激走!ルーベンカイザー
(1977年10月10日 - 1978年2月6日)
(※同番組よりテレビアニメ