谷岡弘規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たにおか こうき
谷岡 弘規
本名 谷岡 行二(たにおか こうじ)
生年月日 (1949-06-05) 1949年6月5日(69歳)
出生地 日本の旗, 島根県松江市
身長 178cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 たむらプロ( - 1983年
主な作品
テレビドラマ
飛び出せ!青春
バトルフィーバーJ
虹を織る』『徳川家康
映画
続・人間革命
舞台
屋根の上のヴァイオリン弾き

谷岡 弘規(たにおか こうき[1]1949年6月5日[1][2] - )は、日本の元俳優。本名及び旧芸名は、谷岡 行二(たにおか こうじ)[2][1]

島根県[2]松江市出身[1]。身長178cm[2]島根県立松江北高等学校卒業[2][1]たむらプロに所属していた[2]

来歴・人物[編集]

高校卒業後に上京し、ビルの清掃夫などの職業を経て、東宝芸能アカデミーで演技を学ぶ[1]

時代劇の端役でデビューした後、1972年テレビドラマ飛び出せ!青春』(日本テレビ)の谷岡次郎役でレギュラー出演[1]。以降も青春ドラマを中心に多数の作品に出演した。

1977年姓名判断により、"谷岡 行二"から"谷岡 弘規"に改名[1]1979年バトルフィーバーJ』(テレビ朝日)でチームのリーダーである伝正夫役を演じた。その後も、大河ドラマ帯ドラマなど、テレビを中心に俳優として活躍した。また、舞台屋根の上のヴァイオリン弾き』では7年に渡って、ロシアの青年・フョードカを演じた[1]

1980年代中盤に芸能界を引退。

特技は、柔道殺陣バレエ[2]。少年時代はエンジニア志望で、1981年のプロフィールでは俳優になった動機として、「もともとは人前に出るのも嫌いだったが、自分の正反対のものにチャレンジしようと思って俳優になった」と述べている[1]

1973年に放送された『ダイヤモンド・アイ』の主役オーディションでは東宝から参加。大浜詩郎とともに最終選考まで残るが、放送局であるNET側の意見により大浜に決定[3]。本作の第5話から第11話まで、北見八郎役で出演している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j 福島民報』1981年11月15日付朝刊、11面。
  2. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1983年、139頁。
  3. ^ 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全』 双葉社2002年7月30日、156頁。ISBN 4-575-29442-X