山本ゆか里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまもと ゆかり
山本 ゆか里
本名 森田 由香利
生年月日 (1959-06-06) 1959年6月6日(60歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市[1]
大分県出身
血液型 O
職業 女優歌手
活動期間 1975年 - 現在
主な作品
ドラマ
ベルサイユのトラック姐ちゃん」(1976年)

山本 ゆか里(やまもと ゆかり、1959年6月6日 - 、旧芸名:山本 由香利)は、日本女優、元アイドル。本名は森田 由香利、旧姓は山本

兵庫県神戸市出身[1]大分県の出身。血液型O型。身長158cm、体重45kg。東映芸能[2]I・T企画所属。

来歴・人物[編集]

神戸市立有馬中学校時代の三年間は演劇部部長を務める[1]向上高等学校入学、明治大学付属中野高等学校(定時制)卒業。

デビュー前から東映芸能に所属し[2]平尾昌晃に歌のレッスンを受け[2]、歌謡界デビューをうかがう[2]1975年、明大中野高一年15歳のとき[3]、NET(現・テレビ朝日)の公開オーディション番組『決定版・あなたをスターに!』のグランドチャンピオンに輝いて芸能界入り[1][2]。同年、"山本由香利"名義で[2]コロムビアレコードから『小麦色の想い出』で歌手デビュー[1]。同年、NETのテレビドラマじゃがいも』で女優としてもデビューした[1]。キャッチフレーズは"ティーンの恋人"。

プロデビューするに当たって『決定版・あなたをスターに!』で特集が放送された際に当時人気を博していた『がんばれ!!ロボコン』の主人公・ロボコンが特別出演し山本を激励した。同作品でバレエ教室の先生役(役名は当時の芸名に同じ)としてレギュラー出演するなど、当初東映作品に出演が多いのは、山本が東映芸能に所属していたためで[2]、東映も当時、有望新人として山本を売り出す計画があったが[2]、当時の岡田茂東映社長が青春路線を敷いてもすぐ止めて、不良性感度映画に戻すため、山本を起用する作品がなく1975年は温存する形をとった[2]。1976年に山本を東映青春路線として売り出す計画であったが[2]、東映は伝統的に清純派女優を活かす映画製作がヘタで[4]、東映では山本を売り出すことは出来なかった。このため映画デビューは、ロマンポルノに移行していた日活が盆正月などに時折製作した一般映画『新どぶ川学級』が先になった[3]

1976年6月に行われた『アントニオ猪木モハメド・アリ 異種格闘技戦』でアリに花束を贈呈するプレゼンターを小牧りさと共に担当し、また1977年9月の王貞治本塁打世界記録(756号)達成時に記念のフラワープレートを王に受け渡すプレゼンターも山本が単独で担当するなど、当時の注目度の非常に高かったイベントにおいて華を添えている。

当初はアイドル路線を中心に活動していたが、その後は子供向け特撮ドラマやアクション、時代劇などに活躍の場を求めるようになった。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

情報・バラエティ番組[編集]

コマーシャル[編集]

音楽作品[編集]

シングルレコード[編集]

  • 小麦色の思い出 / もう少し時間を下さい(1975年9月)
  • 恋はかくれんぼ / 早春の日に…(1976年3月)
  • ためらっちゃうヮ / 花の誓い(1976年5月) - ドラマ『ベルサイユのトラック姐ちゃん』エンディング曲
  • 振り向かない季節 / 青春の片隅で(1977年7月)
  • グッドラック / セザンヌの絵のように(1977年10月)
  • 感傷旅行 / 愛の嵐(1978年2月)

アルバム[編集]

  • ファースト 18才の感傷(1978年2月25日) PX-7049
  1. 感傷旅行
  2. 愛はいつでも
  3. セザンヌの絵のように
  4. 愛の嵐
  5. センチメンタル・メモリー
  6. グッドラック
  7. もう少し時間を下さい
  8. 小麦色の想い出
  9. 早春の日に…
  10. 恋はかくれんぼ
  11. 青春の片隅で
  12. 振り向かない季節

写真集[編集]

  • カルバドスの日(1982年8月20日初版)週刊プレイボーイ特編

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “ホープです コロンビア・山本由香利 『ひと味ちがうティーン歌手』”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 13. (1975年9月15日) 
  2. ^ a b c d e f g h i j “スター路線ひた走り デビュー曲も出足順調 期待集める山本由香利”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社): p. 6. (1975年10月14日) 
  3. ^ a b “あれっ14年前の私がいたわ 山本由香利に驚く小百合”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社): p. 6. (1975年11月18日) 
  4. ^ 「匿名座談会 新旧お盆興行 『娯楽作品に重点の企画出揃う』」『映画時報』1967年6月号、映画時報社、 30頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]