小泉まさみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小泉 まさみ
出生名 小泉正美
生誕 (1948-02-21) 1948年2月21日(71歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
学歴 早稲田高校
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 作曲家編曲家
活動期間 1972年 -

小泉 まさみ(こいずみ まさみ、本名:小泉正美1948年2月21日 - )は、神奈川県出身の作曲家編曲家多摩美術大学卒業。血液型O型。小泉まさみ&こんがりトーストを経て、作曲家として活動。

略歴[編集]

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。ベンチャーズに出会いバンドを始め、加山雄三ポール・マッカートニーに触発されて作曲をはじめる。

筒美京平橋本淳に師事し、1972年コロムビアレコードから「はなくそは空気のかけら」でデビュー。

ヤマハPOP CONで入賞しヤマハ専属になり、ワーナーパイオニアから小泉まさみとこんがりトースト名義で「おやすみ」をリリース。以後LP「メロディランド」「コットンハウス」、シングル「妹の部屋」「バイバイゲーム」リリース。2年後作曲家に転向し、アグネス・チャン、あいざき進也などアイドル歌手の作品を多く手がける。 TV CMは「みつかん味ポン」「エッセ」「マイティアCL」「龍角散トローチ」など作曲。

1980年から2年かけて世界1周旅行に出かけ26カ国132都市をめぐる。

帰国後はレコード楽曲以外に、恵比寿ガーデンプレイス等の大型からくり時計の作曲や、幼児知育遊具(ヤマハCOPERAなど)、幼児音楽ビデオ(ベネッセ・しまじろうビデオ等)の作曲、制作に関わる。

主な作曲・編曲楽曲[編集]

からくり時計演出音楽作品[編集]

作品名の冒頭につけるマークの意味合いは以下の通りである。

  • ○・・・現在稼働中[注 1]
  • ×・・・故障もしくは廃止によって現在は稼動してないもの
  • ※・・・現存しない(既に撤去された)もの[注 2]
  • ?・・・稼働状況不明

また、CD「機械のマゴコロ」、「機械のエゴコロ」の項目では、(実際に採用された音源と比べて)どのバージョンのマスター音源がこのCDに収録されているかを分かる範囲で記載する。

CD「機械のマゴコロ」収録作品[編集]

  • ※ ボールサーカス(旧・中部電力ショールーム「コロクル」)
  • ○ 左義長音頭からくり(福井県勝山市立図書館[1]) - オープニング及びエンディングのチャイムをカットしたバージョン
  • ○ 童謡メドレー(鳥取市わらべ館[2]) - 正時予告メロディ(ここはふるさと)と大黒様人形の上昇時BGMをカットし、春バージョンでの収録
  • ○ オクトーバ・フェスタ(恵比寿ガーデンプレイス「エビス・アワー」[3]) - 主題メロディー前半部分の収録(オープニングチャイム、後半部分はカット)
  • ※ シルクロードキャラバン(奈良市セントラルコート「シルクロード」[4]) - フルバージョンでの収録
  • ○ 銀河鉄道ワルツ(花巻市NAHANプラザ「銀河ポッポ」[5]) - オープニングチャイムをカットしたバージョン
  • ※ UFO桃太郎号(岡山駅前広場「桃太郎メルヘンクロック」) - フルバージョンでの収録
  • ※ タイムカプセルに乗って(松戸駅西口駅前広場「夢飛行」[6]) - フルバージョンでの収録
  • ○ SEIKO標準型三(SEIKO汎用型からくり時計「ダンシングサーカス」[7][注 3]) - オープニングチャイム、演奏終わりの人形のお辞儀部分、エンディングをカット
  • × 天球の輪舞(ロンド)*La ronde du sphere(愛知県安城駅前天球儀モニュメント「La sphere(ラ・スフェール)」[8])- オープニング、人形の登場、エンディングをカット

CD 「機械のエゴコロ」収録作品[編集]

  • ○ チャンバラ城のワルツ(京都府伏見大手筋商店街「おやかまっさん」[9])- 千利休退場場面と扉が閉まる部分はカット
  • ? ミニマム ワールド(シンガポール伊勢丹前 時計台[注 4]
  • ○ サンミシェルの街角で(香林坊アトリオ「アトリオクロック」[10])- 試作音源。オープニング、人形の入退場、ファンファーレはカット
  • ※ 舞踏会の朝(レジスターワルツ)(NTT銀座 京橋ビル「メロディポール」[注 5]
  • × ピーターパンのテーマ(小倉井筒屋[11])- フルバージョンでの収録
  • ○ 小鳥の森(ハミングツリー)(アステ川西「ハミングツリー」[12])- オープニングチャイム、エンディングはカット
  • ※ おもちゃ箱選手権(香港 旧・新世界中心[13][注 6])- オープニング、人形の登場部分、エンディングはカット
  • ○ みにくいアヒルの子(夢飛行)(台湾 中友百貨店[14])- オープニング、メイン音楽の前半部分カット
  • ※ ロンリーハーツロボットバンド (旧・塚本マリオンビル(マリオン劇場)「ロンリーハーツ ロボットバンド」)
  • ○ リトルパシフィックマーチ (台湾 太平洋百貨店「美人魚時鐘(人魚姫からくり)」[15])- オープニングと人形の登場部分カット

その他[編集]

  • ○ 岡谷市役所 からくり時計塔
  • × 岐阜県岐阜市金公園 からくり時計(岐阜市制100年記念モニュメント)
  • ? 新潟テレコムビル
  • ? 静岡市制100年市庁舎前[注 7]
  • × 静岡駅 パルシェ からくり時計
  • × 千葉中央ツインビル カリヨンからくり時計
  • 中国瀋陽市 友好広場
  • ? SEIKO標準型Ⅰ[注 8]

その他の作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ からくりの一部が故障している場合を含む。
  2. ^ 撤去後の人形展示など、動かない状態で別の場所に一部移設された場合を含む。
  3. ^ 札幌厚生病院、酒々井駅、唐津競艇場の3箇所にて稼働を確認。
  4. ^ 伊勢丹スコッツ店の周辺に2基ほど巨大な時計台が存在するが、こちらは別の時計台であり、小泉まさみ作曲作品ではない。
  5. ^ NTT東渋谷にも同型が存在していたが、こちらも既に撤去。
  6. ^ 建物は解体されている。
  7. ^ 静岡市庁舎(葵区役所)の北側に定時にメロディーの鳴る時計台が存在するが、こちらは小泉まさみが編曲した作品ではない。
  8. ^ 汎用型からくり時計「マーチングバンド」の楽曲を提供した可能性があるが、この作品が小泉まさみ作曲作品かは不明(なお「マーチングバンド」は2019年10月現在、完動品の存在を確認されていない)。

出典[編集]

外部リンク[編集]