こどもちゃれんじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

こどもちゃれんじ


こどもちゃれんじは、岡山県岡山市の株式会社ベネッセコーポレーション(旧:福武書店、以下「ベネッセ」)が1988年4月1日に開講した幼児向け通信教育教材の名称およびそのブランド(当初は進研ゼミ幼児講座・おやこ講座)。年齢や目的にあわせて様々なコースを選択できる。教材に登場するキャラクターであるしまじろうは、同教材の代名詞となるほどに有名。こどもちゃれんじ購読契約時にしまじろうのハンドパペットが付録としてついてくるが、これは、付録ビデオの演出脚本も手掛けている作家の葉方丹の発案である。また、俳優二瓶鮫一がお話コーナーの朗読を担当していることでも知られる。

会員数は日本150万人、台湾20万人(中国語の名称は巧連智)。今後、中国への進出が計画されている。

しまじろうやその他キャラクターについては、しまじろうシリーズの登場キャラクターを参照のこと。

基本コース[編集]

  • こどもちゃれんじ・baby(0-1歳児向け)
  • こどもちゃれんじ・ぷち(1-2歳児向け)
  • こどもちゃれんじ・ぽけっと(2-3歳児向け) - 1994年に「進研ゼミおやこ講座」として開講。
  • こどもちゃれんじ・ほっぷ(3-4歳児向け) - 1988年に「進研ゼミ幼児講座」として開講。
  • こどもちゃれんじ・すてっぷ(4-5歳児向け) - 1988年に「進研ゼミ幼児講座」として開講。
  • こどもちゃれんじ・じゃんぷ(5-6歳児向け) - 1988年に「進研ゼミ幼児講座」として開講。

基本コース・毎月送られてくる教材[編集]

絵本テキスト
幼稚園で学ぶ道徳や身近な生物や楽しい物語と歌が詰まった、こどもちゃれんじのコアコンテンツである。(ぽけっと・ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)
ワークブック
言葉・数・知恵を学習する為のこどもちゃれんじのドリル。1回分2ページ構成となっているので優しい問題配分となっている。(ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)
映像教材
1994年以降に登場した教材。内容は絵本テキストに連動した道徳アニメや身近な生物の映像や楽しい物語のアニメや歌の映像となっている。時間は30分(標準)。1994年~1999年まではVHSカセットのみ、2000年~2007年まではVHSカセットまたはDVDの選択、2008年以降はDVDのみとなっている。(ぷち・ぽけっと・ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)
音声教材
開始当初から登場した教材。内容は絵本テキストに連動した道徳ボイスドラマや身近な生き物の観察の様子や楽しい物語の読み聞かせや歌の歌唱となっている。時間は30分(標準)。1988年~1992年まではカセットテープのみ、1993年~1997年まではカセットテープまたはCDの選択、1998年以降はCDのみとなっている。(ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)
玩具
2000年代以降に登場した教材。遊びを通じて学びを楽しむことが出来る。(beby・ぷち・ぽけっと・ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)
保護者向け情報誌
会員の保護者向けに作られた情報誌。bebyではメインテキストとして位置づけられているが、ぷち・ぽけっとでは子育て関連情報が掲載されていて玩具の取扱説明書を兼ねている。ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷでは、ワークブックの答えと解説も掲載されている。(beby・ぷち・ぽけっと・ほっぷ・すてっぷ・じゃんぷ)

基本コース・添削教材[編集]

数カ月に1回、ワークブックを全て取り組んだ後(大体添削がある号の後半)に『あったかせんせいへのおてがみ』と呼ばれる添削サービスがある。「あったかせんせい」と呼ばれる素人の教師(大卒で、研修に合格した人)が採点する。提出目標日は添削がある号の月末であるが、あくまでも目安であり、いつ出しても採点してもらえる。2015年現在じゃんぷのみ実施している。

おやこえいご[編集]

  • おやこえいご・ほっぷ(3-4歳児向け)
  • おやこえいご・すてっぷ(4-5歳児向け)
    • ココパッド
  • おやこえいご・じゃんぷ(5-6歳児向け)

その他ブランド[編集]

  • こどもちゃれんじ・ミュージック
    • 音楽のとびらシリーズ
    • おやこで遊ぼうシリーズ
    • えいご商品
    • ハッピークリスマスセット
  • こどもちゃれんじ・every
    • はさみ
  • こどもちゃれんじ・えほんばこ
  • こどもちゃれんじ・クリスマスコンサート
    • 毎年11月中旬 - 12月のクリスマスにかけて行われているコンサートツアーで、関東・名古屋・大阪を会場に行われる。例年登場するのはしまじろう、みみりん、らむりん、とりっぴい、ドット、からくさ、ペイズリーの各キャラクターと、ぷちまたはぽけっとのお姉さん、そしてサンタクロース。期間中はほぼ毎日公演が行われるが、チケットのこどもちゃれんじ会員先行予約では抽選漏れが出るほどの高い人気である。
  • しましまタウン

しまじろうの声優について[編集]

  • しまじろうの声優は南央美が有名であるが、教材ではしまじろうが歌っている部分は松本さちが声を担当している。また、英語を話すしまじろうの声優も別人(不明)である。なお、初期のカセット教材の声優では中島千里が演じていた。

お話コーナー[編集]

  • こどもちゃれんじにはいずれにもお話「童話絵本など」のコーナーが設けられている。毎回さまざまな俳優が朗読を担当する。歴代最多は二瓶鮫一で、すでにお馴染みの顔となっており、開講当初から現在まで多数の朗読を担当している。

主な朗読の担当者[編集]

映像教材歴代のお兄さん・お姉さん[編集]

幼児向けテレビ番組出身のお兄さん・お姉さんにはその番組名も添える。太字は現役のお兄さん・お姉さん。下の一覧はミュージックを除き、レギュラー出演者のみ。

こどもちゃれんじ・ぷち[編集]

こどもちゃれんじ・ぽけっと[編集]

こどもちゃれんじ・ほっぷ[編集]

こどもちゃれんじ・すてっぷ[編集]

  • なし。

こどもちゃれんじ・じゃんぷ[編集]

  • なし。

こどもちゃれんじ・ミュージック[編集]

音楽のとびらシリーズ[編集]

おやこで遊ぼうシリーズ[編集]

えいご商品[編集]

プロモーション展開[編集]

かつては小学館の学習雑誌で入会申し込みはがき付広告を掲載していた。テレビアニメ『しましまとらのしまじろう』放送開始に伴い一時廃止され、BS11で放送していた『ベネッセキッズ11』のデータ放送にて復活したが、『しまじろうヘソカ』放送開始に伴い廃止した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]