実用英語技能検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
実用英語技能検定
英名 The EIKEN Test in Practical English Proficiency
略称 英検・英語検定・EIKEN
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格
分野 語学
試験形式 筆記・実技
認定団体 公益財団法人 日本英語検定協会
後援 文部科学省
認定開始年月日 1963年昭和38年)
等級・称号 1級 - 5級
公式サイト http://www.eiken.or.jp/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

実用英語技能検定(じつようえいごぎのうけんてい)は、公益財団法人日本英語検定協会 (Eiken Foundation of Japan[1][2]) が実施する英語技能の検定である。一般に英語検定または英検と呼ばれる。

概要[編集]

写真は「Certification Card」。合格者には合格証書(「Certificate」、英文)、合格証明書(和文および英文)、およびCertification Cardが授与される[3]

英語に関連する検定としては日本では最も長く行われている。2012年度の志願者数は約231万人となっている[4]

試験の回答方法は4肢選択を基本としており、準1級および1級では一次試験に英作文が含まれ、3級〜1級では二次試験として英語による面接試験がある。

評価については、読むこと、聞くこと、話すこと、書くことの4つの技能について、受検者が判断するための「英検Can-doリスト」が用意される[5]

高等学校、大学、大学院などでは、入学試験や単位の取得に際して英検の取得級が考慮に入れられる場合がある。

1級の合格者は、「通訳案内士試験」の筆記試験のうち「外国語(英語)」が免除される[6]。準2級〜1級の取得者は、「高等学校卒業程度認定試験」の試験科目「英語」が免除となる。

志願者の割合は、全体としては中学校と高等学校の生徒が約8割となっている。級別では、5級で小学生が約3割、準1級で社会人が約4割および大学生が約2割、1級で社会人が約7割となっている[7][8]

英検が留学資格として利用可能な場合は、合格後2年間有効であり、また出願先が独自に有効期間を設けている場合がある[9]

歴史[編集]

1963年4月、(財)日本英語検定協会が設立され、同年8月に第1回検定が実施される。1級・2級・3級が設けられ、志願者数は37,663名であった。1966年に4級が新設される。1968年2月、社会的に奨励すべきものとして文部省(現文部科学省)から認定を受ける。1987年、準1級及び5級が新設される。1994年、準2級が新設され、また年間受検者数が300万人を超える。2001年、すべての級が年3回実施となる。2003年イギリスケンブリッジ大学ESOL Examinationsと業務提携を行い共同研究を行うことに合意。2004年アメリカ合衆国の一部の大学で留学時の英語力の証明方法として認められる(2013年7月現在、アメリカ、オーストラリアなどの一部の教育機関で認められている)。2005年文部科学省の技能審査認定制度が廃止されたことにより、2006年、文部科学省「後援」の検定となる[10]2012年4月、日本英語検定協会が公益財団法人へ移行[10]

試験形式[編集]

各級の試験内容の詳細は公式ウェブサイトに記載されている。

級の種類として、5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級が設定されている[11]。なお隣接した級であれば、2つの級の試験を同一試験日に受けることのできる「ダブル受験」制度がある。

5級および4級は一次試験のみで合否の判定が行われる。3級〜1級では二次試験があり、一次試験で合格基準を満たした受検者は二次試験を受検することができる。合格基準、および二次試験の受検票については公式ウェブサイト参照。

一次試験では筆記試験とリスニングテストが行われる。5級〜2級の解答はマークシート方式で行い、準1級および1級ではマークシート方式、および英作文問題が記述式となっている。各級とも筆記試験に引き続きリスニングテストが行われる。英作文問題は、準1級では100語程度のメールや手紙の返信を書く問題であり、1級では200語前後で、指定されたトピックについて記述する[12]。筆記試験とリスニングテストを総合した評価が各級の合格基準を満たす場合に一次試験合格となる。

二次試験は「面接委員」[13]との個別面接方式で行われる。応対はすべて英語で行う。各級の二次試験の実施方法は公式の情報を参照。

二次試験では、コミュニケーションを図ろうとする態度(「アティチュード」)が1997年度の試験より採点内容に含まれている[14]

二次試験の結果が合格であれば総合合格となる。

一次試験合格後に二次試験を棄権したか、二次試験を受検して不合格であった場合には、一次試験合格から1年間は、申請によって一次試験が免除となり、その申請をした場合は二次試験のみで受検することができる[15]

一次試験については、日曜日に実施された直近3回分の試験問題、解答、英作文解答例が、公式ウェブサイトに掲載される(2012年5月現在)[16]

試験中に問題冊子に書き込むこと、および問題冊子を試験後に持ち帰ることができる(2012年5月現在)[17]

2004年度の第1回の試験より、準2級・2級ではリスニングが20問から30問に、筆記が50問から45問になった[18]

評価[編集]

2級については、合否通知などには表記されないが、合格者が一次試験で75%程度以上正解していた場合は「2級A」という資格となり、この基準は変動する場合がある[19]

実施会場[編集]

一次試験の実施会場としては、協会が指定する「本会場」、および団体による申し込みでかつ本会場でない場合に、その団体が設定する「準会場」(5級〜2級のみ)がある。 本会場での試験は日本、アメリカ(ニューヨークロサンゼルス)、およびイギリス(ロンドン)で行われる。日本では受検者が申込時に選択した希望受検地を基に会場が指定される。

二次試験は本会場のみで実施される[11]。二次試験の希望会場は一次試験受験の際に選択でき、一次試験とは異なる地域も選択可能である。1級の二次試験会場が設置されるのは一部の都市となっている[20]

一次試験は、本会場の場合は6月、10月、1月の日曜日に実施されている(2013年6月現在)[21]。準会場の場合は、本会場と同じ受験日である日曜日の他、その前々日の金曜日および前日の土曜日にも実施される。金曜日・土曜日受験の場合はそれぞれ他の問題が用いられる[22]

脚注[編集]

  1. ^ 「2012年に公益財団法人へと移行:新ロゴタイプ」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  2. ^ 団体旧称:The Society for Testing English Proficiency, Inc.・団体旧略称:STEP(参考:「Eiken Foundation of Japan」[英語] 日本英語検定協会、2012年12月1日、2013年7月23日閲覧。)
  3. ^ 「お申し込みからの流れ:個人でのお申し込み」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  4. ^ 「2012年度 受験状況【級別】」 (PDF)  日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  5. ^ 「英検Can-doリスト」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  6. ^ 試験科目、試験場所、試験免除日本政府観光局(2011年4月19日閲覧)
  7. ^ 学生別受験状況[リンク切れ]日本英語検定協会(2011年4月19日閲覧)
  8. ^ 社会人職業別受験状況[リンク切れ]日本英語検定協会(2011年4月19日閲覧)
  9. ^ 「海外留学のよくあるご質問:「2級A」には有効期限がありますか?」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  10. ^ a b 「事業沿革」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  11. ^ a b 「級と会場」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  12. ^ 「1級の試験内容」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  13. ^ 「二次試験の受け方」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  14. ^ 英検リニューアルガイド”. 日本英語検定協会. 1997年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月24日閲覧。
  15. ^ 「一次試験免除について」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  16. ^ [1]
  17. ^ 2012年5月現在、公式ウェブサイト掲載の日曜日に実施された各級の過去問題冊子表紙に記載。
  18. ^ 「旺文社2004年度版英検全問題集」2ページを参照
  19. ^ 「英検留学に必要なもの」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  20. ^ 「受験地一覧」 日本英語検定協会、2013年7月22日閲覧。
  21. ^ 「学校や団体でお申し込み:本会場で受験」[リンク切れ] 日本英語検定協会、2013年5月25日閲覧。
  22. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]