観光英語検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
観光英語検定試験
英名 Tourism English Proficiency Test
略称 観光英検
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 語学、教育・教養、レジャー
試験形式 マークシート
後援 文部科学省日本旅行業協会日本ホテル協会、JTB総合研究所
認定開始年月日 1989年(平成元年)
等級・称号 1級 - 3級
公式サイト 観光英語検定公式ウェブサイト
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

観光英語検定試験(かんこうえいごけんていしけん)は、全国語学ビジネス観光教育協会が主催する検定試験である。海外旅行および訪日外国人旅行の関係分野を通した英語の運用能力を測る。通称は観光英検文部科学省後援。

概要[編集]

海外旅行者および訪日外国人旅行者の増加を受け、旅行・観光関連業界において、専門用語や独特の言い回しなどを含む業務遂行に必要な英語力を持つ人材への需要が高まったことを背景にスタート[1] 。日本人旅行者を率いる旅行業者や添乗員、外国人旅行者に国内を案内するガイドなどを想定したコミュニケーション・接客能力の向上を目的としている[1]。第1回が開催された1989年(平成元年)以来、海外旅行愛好者を含め延べ20万人以上の受験者数を持つ。

検定級は1級・2級・3級の各級に分かれ、それぞれ筆記およびリスニング試験が行われる。出題は、海外旅行および訪日外国人旅行における旅行・観光分野(空港、交通、ホテル、ショッピング等)に絞り込まれ、一般的英語力に加えて、国内外の文化、地理、歴史の知識(伝統芸能、郷土料理、自然景観等)を必要とする問題が含まれている[2]

なお本検定は、英検(実用英語技能検定)とは関係がない[2]

試験日[編集]

  • 1級は年1回の実施。概ね10月頃。
  • 2級および3級は年2回の実施。概ね6月と10月頃。

検定級と試験内容[編集]

問題数 設定基準
1級 90問
(筆記50問、リスニング40問)
観光・旅行業に必要な実務英語
英語で添乗業務・通訳ガイド・充分な接遇が出来る。海外における風俗習慣や国際儀礼等の異文化を英語を通して理解、かつ紹介出来る[1]
2級 90問
(筆記50問、リスニング40問)
観光・旅行業に必要となる基本的な英語および英語による日常会話
英語で海外旅行の予約手配また観光や買物に対処出来る。国内で外国人に観光地や名所旧跡等を英語で紹介出来る[1]
3級 90問
(筆記50問、リスニング40問)
観光・旅行に必要となる初歩的な英語および英語による日常会話
海外グループ旅行の時少数の同僚と英語を使って行動することが出来る。国内で外国人に道案内やパンフレット類を英語で説明出来る[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 観光英語検定について”. 全国語学ビジネス観光教育協会. 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ a b よくあるご質問”. 全国語学ビジネス観光教育協会. 2018年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]