ジュニアマイスター顕彰制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジュニアマイスター顕彰制度(- けんしょうせいど)とは、2001年4月1日から施行された社団法人 全国工業高等学校長協会(全工協会)主催の顕彰制度。

ジュニアマイスター・ゴールド認定証の例

概要[編集]

  • 全国の工業系学科工業高校に在籍する高校生が、各種の国家資格検定を取得した場合に、区分表[1]に定められた点数を与え、その得点の合計が30点以上の場合、ジュニアマイスターシルバーの称号を授与し、45点以上を有すると全工協会から認められた場合にはジュニアマイスターゴールドを授与するものである。また、SランクまたはAランクが1つ以上かつ、上位8つの資格の合計点数が60点以上の場合は学校長の推薦で個人特別顕彰を受ける事ができる。個人特別表彰を受けられる生徒は毎年100名ほどであり、その中でも優秀な者を全国工業高等学校長協会理事長賞として表彰し、さらにその中の優秀な者には経済産業大臣賞に推薦される。
  • なお認定証の鳳凰や桐の葉、竹などの枠であるがスキャナーの都合上、画面には黒く映ってしまうが実際はゴールドは金色、シルバーについては銀色が塗色される。
  • この制度は社会が求める専門的な知識・技能・資格を持つ生徒を輩出することを目的とし、社会及び大学や企業に向けた工業高校の評価向上や、生徒の学習意欲の向上を目指して設立された。
  • 申請は前期(6月上~中旬)と後期(1月下旬)の2回行われ、県別・系(科)別・得点別の分布状況や申請上位校、個人特別表彰者のリストなどが全工協会、ジュニアマイスターのページに公開される。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジュニアマイスター顕彰に係わる区分表(2008年12月15日)