TOEFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TOEFL(Test of English as a Foreign Language = 「外国語としての英語のテスト」、トーフル)は、アメリカ合衆国NPOであるEducational Testing Service(ETS)が主催している外国語としての英語のテストである。その名称の通り非英語圏の出身者のみを対象としており、英語圏の高等教育機関が入学希望者の外国語としての英語力を判定する際に用いる。

概要[編集]

英語圏の大学へ留学・研究を希望する者を主な対象とした英語能力を測定するテストであり、英語による高等教育に適う能力の判定が目的である。1964年から実施されており、日本ではCIEE(Council of Int'l Education Exchange - 国際教育交換協議会)が窓口となっていた。結果は0-120点のスコアとして判定される。

テストの実際[編集]

現在のテスト形式は、2005年より開始されたiBT(アイビーティー、Internet-Based Testing、TOEFL iBT)と言うComputer Based Testingである。

リーディング(Reading)、リスニング(Listening)、スピーキング(Speaking)、ライティング(Writing)の4部から構成されており、試験時間は約4時間である。リーディングかリスニングの何れかには「ダミー問題」と通称される、スコアには影響しない設問が追加されており、それにあわせて全体の試験所要時間も変化する。受験者には正規の問題とダミー問題との見分けは出来ない。

リーディング[編集]

700〜800語ほどの学術文章が提示される。それらは、多くの専門単語を含むアカデミックなものばかりであり、時事問題や物語文、対話文は扱われない。通常は3つ、ダミーが含まれる場合は5つのトピックを読む。第1リーディングは20分14問、第2リーディングは2トピックで40分28問、第3リーディングも同様に2トピックで40分28問。4択問題が主となる。

  • 内容に沿った答えをクリックする問題。
  • 内容にそぐわない答えをクリックする問題。
  • ボキャブラリー問題(文章より抜粋されハイライトされる)。
  • 作者の意図、文章の隠れた意味を予想する問題。
  • 追加文章を複数の指定された場所に入れる埋め込み問題。
  • 文章全体の内容を把握するドラッグアンサー問題(6つの文章から3つをチョイス)。

リスニング[編集]

全部で35問。合計時間は50分。第1リスニングは7問10分。第2・第3が14問3トピック20分。通常は2リスニングであり、ダミー問題を含む場合には3リスニングとなる。4択問題が主である。

大学講義・大学キャンパス内を舞台とした内容となっており、学術的、及び実際英語圏の大学で使われる語彙が必要となる。一つのリスニング時間は3〜4分ほどであり、リスニング中にはノートを取ることができる。話者が2人以上いる場合は割り込み、言葉のオーバーラップなど、現実の会話に即した内容がみられる。

  • 大学教授が一方的に話すパターン(話者が一人)
  • 複数の学生が何か(テストや日常生活など)について会話しているパターン。
  • 大学の授業においてのディスカッション(教授と学生、学生と学生など)
  • キャンパス内(図書館、コピーセンター、オフィス)での学生とスタッフの会話のパターン。
  • 学生とチューター、アドバイザーなどとの会話のパターン。

スピーキング[編集]

全部で6問。単純な質疑応答(Independent)2問。文章や会話の総合的な理解力を伴う問題(Integrated)4問。質問に対する解答をマイクで吹き込み、それが評価の対象となる。発音、ボキャブラリー、文法、スピード、質問内容との一致性などが評価される。

Experience[編集]

項目 説明
概要 自分の経験や意見を元に返答する問題
参考例題 あなたが一番尊敬する先生はだれですか(でしたか)?など。
準備時間 15秒
最高回答時間 45秒
上記例の参考模範解答 特定の教師を指定→理由1→理由1に対する例→理由2→理由2に対する例

Choose a side[編集]

項目 説明
概要 二つの意見が提示されどちらを好むかを返答する問題。例え選択肢に自分の意見が該当しない場合でもどちらかを選ぶことが推奨される。
参考例題 一人で仕事をするのと、グループで仕事をするの、どちらが好きですか?など。
準備時間 15秒
最高回答時間 45秒
上記例の参考模範解答 どちらかを好きな方を選択(必須)⇒理由1⇒理由1に対する例⇒理由2⇒理由2に対する例

Reading and Listening about a University[編集]

項目 説明
概要 まず大学の掲示板、新聞などの100字程度の文章を45秒で読む⇒そのことに関して学生二人(まれに一人)が意見を述べる⇒リーディングとリスニングの内容を要約し返答。この問題においてリーディングの内容はさほど重要ではなく、リスニングで聞き取った内容が有効な回答手段となる。2人の学生が会話している場合、どちらか一方が意見を述べ、片方はそれを聞いていたり質問したりしている。主に意見を述べている学生の内容が問題として出題される。
参考例題 リーディング・掲示板「次の学期から全ての学生に体育を必須科目とする」⇒リスニング・学生A「どう思う?」学生B「反対だ。だってそれは大学のやることじゃないし、既に僕は地元のサッカーチームに所属してるから体育なんて必要ない」⇒「学生Bの意見を述べなさい」など
準備時間 30秒
最高回答時間 60秒
上記例の参考模範解答 リーディングのメインポイント⇒会話のメインポイント⇒一人の学生の意見(賛成・反対)の提示⇒彼(彼女)の意見1⇒意見2

Reading and Listening about a Lecture[編集]

項目 説明
概要 まず学術的な文章を45秒で読む⇒それと同じ内容の講義が教授によってされる(リスニング)⇒両者を要約し回答。第三問同様、リーディングの内容よりもリスニングの内容が重要
参考例題 リーディング・マーケットビジネスについて⇒リスニング「マーケットにはAとBの二つの種類があります」⇒教授の講義の概要を述べなさい、など
準備時間 30秒
最高回答時間 60秒
上記例の参考模範解答 リーディングのメインポイント⇒教授のメインポイント⇒マーケットAについて⇒マーケットBについて

Listening about a Problem[編集]

項目 説明
概要 2人の学生の会話を聞く⇒学生が抱えている問題はなんですか?一方の学生が提示した解決策はなんですか?2つの解決策のうちあなたならどちらを選びますか?という形式の問題。通常、一人の学生にトラブルが起こり、それについて解決策が2個以上提示される。受験者はいずれかの解決策を選択し明示することが必須とされる。話者が学生と教授、アドバイザーなどの場合もある。なお、両者共々トラブルを起こしていることはない。
参考例題 リスニング・学生A「が壊れた」学生B「じゃあ自動車工学部の学生に直してもらえば?、それとも掲示板に新しい車が売りに出てるかもよ」⇒「Aのトラブルは何か?解決策は何か?あなたはどちらを選ぶか?」
準備時間 20秒
最高回答時間 60秒
上記例の参考模範解答 Aのトラブルを示す⇒Bが出した解決策を2つ示す⇒自分の意見をもとにどちらかの解決策を選択⇒理由1(+例)⇒理由2(+例)

Listening to a Lecture[編集]

項目 説明
概要 教授の講義を聴き、内容を要約するシンプルな問題。問題となる講義の時間こそ短いが、リスニングのレベルは本家リスニングセクションと同レベルであるため、一度逃してしまったら何も答えることが出来ず、また聞けたとしても多くの情報を正確に処理しなければならない。
参考例題 リスニング『環境問題は重要です。例えばA。それからB。最後にC』⇒教授の講義を要約しなさい
準備時間 20秒
最高回答時間 60秒
上記例の参考模範解答 教授のトピック(上記例は環境学)⇒教授のメインポイント(環境問題)⇒A⇒B⇒C

ライティング[編集]

全部で2問。Integrated-essay1問20分。Independent-essay1問30分。解答はタイピングによって入力する。

Integrated-essay[編集]

学術的な200〜300語程度の文章を3分で読んだ後、教授による講義を聞く。リーディングに基づいた具体的な内容を講義されるため、リーディングとリスニング両方の理解が必要となる。主に2パターンあり、教授がリーディング文章に対しサポート意見を述べる場合と、反対意見(キャストダウト)を述べる場合がある。

  • サポート講義の例:リーディング「環境問題は重要。まずA、そしてB。」⇒リスニング「環境問題は重要です。AやBに加えCやDなども現在話題になっています」⇒「文章と講義の内容を互いに比べ要約しなさい」など。

模範解答としては「リーディングのメインポイント・リスニングのメインポイント。両者の具体的な例を記述(ABCD)」

  • キャストダウト講義の例:リーディング「一番重要な環境問題はAとBである」⇒リスニング「Aは問題どころかむしろ有益なものだし、Bは環境問題ではない」⇒「文章と講義の内容を互いに比べ要約しなさい」など。

Independent-essay[編集]

質問の内容は簡単で、自分の意見や経験などから文章を書くというシンプルな問題。有効回答字数は300ワード以上で4段落(序論・意見1・意見2・結論)構成が理想系とされる。文法・語彙力・文章構成・表現力・意見の的確さ・質問に対する正確な返答、などで点数が決まる。3種類の出題方法がある。

  • Agree or Disagree:例「英語教師は全てネイティブスピーカーであるべきだ。賛成ですか反対ですか?」出題率約80%とされる。
  • Choose a side:例「大家族と小家族、あなたが所属するならどちらが良いですか?」出題率約15%とされる。
  • Advantage and Disadvantage:例「コンピュータの影響について有益性(もしくは無益性)を述べなさい」出題率約5%とされる。

受験方法[編集]

TOEFLの申し込みはホームページ(全て英語)より受け付けており、個人情報を登録すれば申し込める(申し込みフォームには日本語も存在する)。近年、受験料が値上がりしてきているが、2012年7月時点の日本国内の受験料は225USドル(ただし、試験日の7日前を過ぎてからの申し込みは260USドル)。予約変更料は一回60USドル。支払いはクレジットカードが主要な手段。24時間365日申し込みは受け付けているが、新規テスト日程がアップデートされたときには回線混雑が毎回起こりアクセスできなくなるため、試験場の確保は戦場となっており、TOEFLを受験するためだけに東京まで来る外国人などもいる。多いのはTOEFL熱が高く、地理的に近い韓国人である。[要出典]韓国内での受験は制限が多い傾向があるのも原因であり、TOEFLが韓国内での受験受付を停止する時期すらあった[1](韓国の受験希望者が申し込みの際に、プログラムを使って申し込みを有利にしようとする不正を行い、運営に支障が出たためTOEFLが受付を停止した[2] ) ただし、受験要綱によると試験会場はETS側で無条件にどこの会場にでも変更可能となっており、受験生は前日に必ず申し込み会場に変更がないのかをホームページで確認することが義務づけられている。過去の事例では、東京の会場に申し込んだ受験者の会場が、前日にアフガニスタンの会場に変更されており、受験できなかったなど事例が多数ある。[要出典]これらの事例については、ETSの見解では、申し込み時に受験要綱を読むことが義務づけられており、すべての内容に承諾した上で申し込みしているので、受験者も同意の上でのことであるとのことである。前試験は毎月2~3回実施されており(国や地域による)、午前と午後があるが1日に2回受験することは出来ない。なお、申し込みを済ませるとネットでサンプル問題を解くことができる。見た目やスタイルは本試験と全く一緒だが時間はカウントされず出題量は少ない。

試験開催日は基本的に週末(土日)が多い。

日本国外の英語圏の国での受験料一覧(試験自体は世界130ヶ国、7000ヶ所以上で実施されている)

受験料
アメリカ合衆国の旗アメリカ $170
カナダの旗カナダ $200
イギリスの旗イギリス $170
オーストラリアの旗オーストラリア $200
ニュージーランドの旗ニュージーランド $185
アイルランドの旗アイルランド $185

試験の環境[編集]

準備
受験時に身分証明書が必須であり、また市民権を持たない国や地域における受験の際にはパスポートのみが有効である。受験場入室前にはウェブカメラによるバストショットの写真撮影がある。
イントロダクション
一人一台パソコンの前に座り、マイク付きヘッドホン、紙数枚、鉛筆数本、場所によってはヘッドホン型のサイレンサーが用意されている。着席と同時にテストの解説、ヘッドホン・マイクの調整などが始まり、一通り終了するとリーディングセクションに移る。
リーディング
マウスを使いクリック回答。右に文章が左に問題が表示されタイマーは右上にデジタルのマイナスカウント方式で表示される。基本的に文字体はローマン体(普通)であり、特定の問題が出題された時のみ該当箇所がハイライト又はイタリック体(斜字)にされる。なお、専門用語は始めから太字で表記され下部に解説がされている。全問題数と現在自分が回答している位置を随時確認が可能。「3of14」であれば全14問中3問目を回答中ということになる。
リスニング
ヘッドホンを付け個々に問題を聴く。回答はマウスによるクリック方式。リスニング中は画面にサンプル写真(教授が講義をしている姿やキーワード)と時間のインディケーター(デジタルではないため正確に時間を読むことは不可能)が表示される。回答中もアナウンサーが問題を読み上げたり、再度リスニングをすることがあるためヘッドホンは着用し、クリックで回答した後右上の「OK」をクリックし「NEXT」をクリックすることで次の問題へと進む。OK⇒NEXTをクリックしない場合時間がカウントされるだけで自動的に前へは進まない。また空白回答は出来ない。時計は右上にデジタルのマイナスカウント方式で表示される。
休憩
リスニングが終わると自動的に休憩時間が始まる。10分間のタイマーが画面上でカウントされ始めたらスタッフにその旨を告げ退席・退出をする。厳格なテストセンターの場合、10分のタイマーが時間いっぱいにならない限り再入室・再着席できない場合もある。しかし時間いっぱいになると自動的にテストが再開されるわけではなく、スタッフが本人の着席を確認した後再開のパスワードを打ち込みテストが開始される。
スピーキング
スピーキングはヘッドホンを付けマイクの位置を調節する。最初にマイクテストがありアナウンサーが簡単な質問をしそれに関して10秒ほど話す。話した内容は一切点数に響かない。何も音声がないとエラーになるので「あーーー」「マイクテスト、マイクテスト」の繰り返しでも構わない。問題回答は自分自身の声のみ。他の機器は一切使用しない。ビープ音の後に時間いっぱい話し、録音されたものが評価される。準備時間のタイマーは画面の中心にデジタルのマイナスカウント方式、回答のタイマーは同じく画面中心にデジタルのプラスカウント方式で表示される。
ライティング
Integrated Writingは左に文章が、右に解答欄があり、Independent Writingも左に問題が右に解答欄がある。右上にデジタルのマイナスカウント方式のタイマーがある。回答は全員タイピングにより行い、右上にワード数が表示される。文字体やフォントを変える機能はない。当然、スペルチェック機能は付いていない。
終了
ライティング終了後にTOEFL関連のインフォメーションが表示される。スコアレポートの配送なども含まれるのでYES/NOを選択する(NOを選択してもウェブで確認可能)。全て終わると画面が切り替わるので、スタッフにその旨を告げ退室する。
その他
もしパソコンやヘッドホンが不調であったり、画面が明るすぎたり暗すぎたりする場合、すぐにスタッフを呼びその旨を告げる。その他「壁掛け時計の秒針音が耳障り」「隣の人の貧乏ゆすりがうるさい」「イスが低すぎる(高すぎる)」などの場合もその旨を告げ、もし改善がなされない場合は試験をキャンセルし試験料を返金するよう措置を取ることも可能。逆に、自分が体調不良に陥り退室を余儀なくされた場合、再入室はできず返金もない。

スコア[編集]

満点は120点で、最低点は0点。それぞれのセクションの満点は30点。これは1問間違えて1点減点という方式ではない。評価は相対評価。点数は受験日より2年間有効。

受験後15日間の平日を経て約3週間点数を知ることが出来る。点数はインターネットで確認が可能で、テスト終了後に試験場のパソコンでスコアレポートの配信にYES回答すれば後日レポートが送られてくる。大学にスコアを送りたい場合はホームページから別途申し込む。料金は2012年現在で18ドル。

スコアの解釈[編集]

入学志願者の英語力判定のために要求されるスコアは、各教育機関ごとに異なる。例えば、「フルブライト奨学金」2010年度大学院プログラムではiBTで80点以上が応募条件、ニューヨークバークレーカレッジではiBTで61点以上を要求している。大学院やアイビー・リーグなどの一流大学では更に高いスコアが必要とされ、ハーバード・ビジネス・スクールオックスフォード大学のビジネススクールなどでは、いずれもiBT 109点を出願の最低条件としている[3][4]

組織向けのプログラム[編集]

Institutional Testing Program 大学や法人などが、その団体員の英語力を測定するため、もしくは能力別クラスを編成するためにETSが提供しているTOEFLのことである。国際基督教大学関西外国語大学などが毎年の英語の能力別クラス編成に利用している例が挙げられる。このほか、東京大学大学院入試では、iBTのスコア提出に代えて志願者に向けて一括受験を課す研究科がある。

Paper-Based Testingにおける過去問をランダムに使用し、出題形式や点数算出方法もPBTと同様のものを使用している。テストは2種類[1]あり、TOEFLレベルとPre-TOEFLの2種類がある。前者はPBTテストの過去問で同等レベルだが、後者は過去のPBTテストのレベルの低い問題で問題数も抑えている。ただしITPのスコアは、あくまで英語力の腕試しのためのものであり、留学するための公式スコアとしては利用できない。

かつての試験形式[編集]

日本ではTOEFL iBTが2006年7月15日より開始され、CBTは2006年9月30日をもって完全に廃止された。iBTを行うにはインターネットなど整った試験環境が必要であることから、筆記式であるPBTも一部で続けられている。次世代TOEFL(New Generation TOEFL)と呼ばれていたInternet-Based Testing(iBT)は、2005年よりアメリカ合衆国、カナダ、フランスドイツイタリアでは 9月から10月にかけてこれまでの CBT と PBT の代わりとして導入され、日本では、2006年7月15日から導入された。試験場でコンピュータを用いて受験する点はCBTと同じだが、問題内容はインターネットを通じて配信される。iBTでは従来のStructure Section(文法セクション)が廃止されたかわりに、Speaking Sectionが追加された、Listening SectionではCBTで用いられたCAT方式が廃止された、全てのセクションでノートテイキングが許可されたなど、各 Section にも多少の変化がある。PBT、CBTに比べ全体的に難易度は増しており、日本人が得意とされていた文法問題は外され、代わりに苦手とされるスピーキング問題が追加された。

Paper-Based Testing[編集]

Paper-Based Testing(PBT)は筆記テストで、Listening SectionとStructure Section、Reading Sectionに分かれている。

  • 最高点:677
  • 最低点:310(98年6月以前は200)

Computer Based Testing[編集]

Computer Based Testing(CBT)は、コンピュータを使用したテスト形式であったが、iBTの実施に伴い2006年9月末で廃止された。基本的にPBTでも行われた3つのセクションに加え、Writing Sectionが追加された構成をとっていた。また、Listening SectionとStructure Sectionでは受験生の問題の正誤率から次の問題のレベルが逐次決められるComputer-adaptive testing方式が採用されていた。

  • 最高点:300
  • 最低点:0

異なる試験形式間のスコア換算[編集]

ETSは各テスト間のスコア換算表を発表している.

PBT / ITP CBT iBT
677 300 120
673 297 120
670 293 119
667 290 118
660-663 287 117
657 283 116
650-653 280 114-115
647 277 113
640-643 273 111-112
637 270 110
630-633 267 109
623-627 263 106-108
617-620 260 105
613 257 103-104
607-610 253 101-102
600-603 250 100
597 247 98-99
590-593 243 96-97
587 240 94-95
580-583 237 92-93
577 233 90-91
570-573 230 88-89
567 227 86-87
563 223 84-85
557-560 220 83
553 217 81-82
550 213 79-80
547 210 77-78
540-543 207 76
537 203 74-75
533 200 72-73
527-530 197 71
523 193 69-70
520 190 68
517 187 66-67
513 183 65
507-510 180 64
503 177 62-63
500 173 61
497 170 59-60
493 167 58
487-490 163 57
483 160 56
480 157 54-55
477 153 53
470-473 150 52
467 147 51
463 143 49-50
460 140 48
457 137 47
450-453 133 45-46
447 130 44
443 127 43
437-440 123 41-42
433 120 40
430 117 39
423-427 113 38
420 110 36-37
417 107 35
410-413 103 34
407 100 33
400-403 97 32
397 93 30-31
390-393 90 29
387 87 28
380-383 83 26-27
377 80 25
370-373 77 24
363-367 73 23
357-360 70 22
353 67 21
347-350 63 19-20
340-343 60 18
333-337 57 17

その他[編集]

  • ETSのThe TOEFL® Test and Score Data Summaries 2008年度報告によると、日本人の平均スコアは66点で161か国中138位。そのうちスピーキングセクションの平均スコアは16点と最下位であった。ちなみに1位はデンマークオランダで102点。ただし、これらはあくまで平均点であり、母数(各国受験者数)の違いを考慮する必要がある。つまり、日本人の平均的な英語レベルと外国人のそれ単純に比較できるものではない。
  • 受験要綱によると試験会場はETS側で無条件にどこの会場にでも変更可能となっており、受験生は前日に必ず申し込み会場に変更がないのかをホームページで確認することが義務づけられている。

TOEICとの対比[編集]

TOEFLは、英語圏の高等教育機関における英語コミュニケーション能力(講義の受講、学術書の講読、ディスカッションへの参加等)を問うており、入学者選抜のための基準として用いられている。これに対し、TOEICはビジネス英会話および日常会話を主眼にしている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]