庄野真代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

庄野 真代(しょうの まよ、1954年12月23日 - )は、日本歌手作詞家作曲家シンガーソングライター)である。本名、庄野 眞代[1](読み同じ)。大阪府大阪市出身。ルフラン所属。NPO法人国境なき楽団理事(現代表)。血液型B型

来歴[編集]

少女時代は病弱な少女で、オルガン教室に通うなどしていた。小学校高学年から活発になり、中学時代は生徒会活動に没頭。大阪府立東淀川高等学校への入学と同時に演奏活動を始め、以後はオーディションへの参加に明け暮れていた。大学受験に失敗して浪人することになった後も音楽活動を続け、ヤマハボーカルオーディションに合格。合歓音楽院にて研修を受けることになった。

音楽活動をやめることを考えていた20歳のときに、最後に何か音楽活動の証になることをしようと思って「フォーク音楽祭」に参加したところ、予選を次々と突破。関西四国決勝大会でグランプリを獲得し、全国大会にてスカウトされた。1976年、コロムビアからデビューLP「あとりえ」が発売され、都会派ニューミュージックの歌手として注目されるようになる。2年後の1978年には代表曲「飛んでイスタンブール」が大ヒットとなり、同年大晦日の『第20回日本レコード大賞中山晋平賞(のち作曲賞)を受賞、及び『第29回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。ほか庄野のヒット曲には、1978年の「モンテカルロで乾杯」「マスカレード」、1980年の「Hey Lady 優しくなれるかい」などがある。

1980年には世界一周の旅に出て、1年間で28か国を渡り歩いた。歌手活動のほか、講演・司会・リポーターなどを務め、ミュージカルやテレビドラマに出演するなど精力的に活動した。1991年にはシンガポールマレーシア香港でCDデビューし、アジアでの活動を開始した。

2000年、法政大学人間環境学部に入学。1年間の英国留学などを経て2004年に卒業。同年9月、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係研究科に入学。

2002年、中森明菜が庄野の楽曲「Adieu 〜アデュー」をカバーした。庄野は中森の8枚目のシングルにあたる「サザン・ウインド」のB面曲「夢遙か」の作詞も手掛けている。

2006年、かねて続けていた音楽を通したボランティア活動を組織化して、NPO法人国境なき楽団を設立。フィリピンで楽器支援活動。独立行政法人JICAのプログラム「世界の笑顔のために」に参加。以降、継続参加中。

2007年、マレーシアでの障がい児施設支援・交流コンサート。

2008年、トルコ国内で、障がい者施設支援チャリティコンサートツアー。

2009年、インドネシアケニアで施設交流コンサート。

2010年、第22回参議院議員通常選挙民主党から比例区で立候補した[2]。しかし、結果は落選に終わった。 ベトナムで交流コンサート。

2011年、カンボジアで楽器支援活動。

2013年、タイで楽器支援活動。孤児施設支援コンサート。

私生活では1977年に作曲家の小泉まさみと結婚し、2女を儲けたが、小泉とは後に離婚している。

同時期デビューの渡辺真知子叶正子サーカス_(歌手))とは友人関係にあり共演する事も多い。

主張[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. ジョーの肖像(1976年5月1日)
    • 作詞: 庄野真代/作曲: 庄野真代
  2. ピエロのように(雨あがりの青い傘)(1976年12月1日)
    • 作詞: 庄野真代/作曲: 庄野真代
  3. 中央フリーウェイ(1977年4月10日)
  4. ラスト・チャンス(1977年9月10日)
  5. 飛んでイスタンブール(1978年4月1日) - 庄野のシングルで最大のヒット作。
  6. モンテカルロで乾杯(1978年7月10日)
    • 作詞: ちあき哲也/作曲: 筒美京平/編曲: 筒美京平
  7. マスカレード(1978年11月25日)
  8. ジャングル・コング(1979年5月1日)
  9. アデュー(1979年9月1日)
    • 作詞: 庄野真代/作曲: 庄野真代/編曲: 瀬尾一三
  10. 相生橋で(1979年) - 第6回広島平和音楽祭 ゴールデン・メイプル賞(協力・広島テレビ放送
    • 作詞: 田村和男/補作詞: 石本美由起/作曲: 庄野真代/編曲: 小野崎孝輔
      • 公式webのディスコグラフィには掲載されていない。「ゴールデン・メイプル賞」は、同音楽祭を主催した広島テレビ放送により一般から公募された詩の最優秀作に授与されたものだった。ジャケット写真には同音楽祭で歌唱した際の物が使われた。
  11. Hey Lady 優しくなれるかい(1980年2月1日) - ポーラ化粧品‘80 春のキャンペーン・テーマ曲。
    • 作詞: 庄野真代/作曲: 庄野真代/編曲: 瀬尾一三
  12. 逃亡者(1982年3月21日)
  13. そして・蜃気楼(1983年5月21日)
  14. スロウ・ボートでチャイナへ(1983年7月21日)
  15. お・ん・な 無限大(1983年10月21日)
  16. 不在証明 (シャドーポイント)(1984年11月21日) - J-WALKボーカルである中村耕一とのデュエット曲。
  17. おでかけブギ(1986年10月21日)
  18. ハーレクイン・ロマンス(1987年4月6日)
  19. 愛情(1992年2月26日)
  20. それしかないの男たち(1992年11月26日)
  21. Day by Day 心のままに生きて(1995年1月25日)
  22. Be yourself (2004年4月24日)
  23. あなたが微笑うとき(2006年6月7日)
  24. 奇跡の森(熊野古道ランドマークソング/森のテーマ) (2007年11月28日)
    • 作詞: 及川眠子/作曲: 蛯乃木ユウイチ/編曲: 佐々木誠
  25. 小さなくつ(2013年3月20日)
    • 作詞: 庄野真代/作曲: 庄野真代/編曲: 寝音屋

アルバム[編集]

  1. あとりえ(1976年)
  2. るなぱあく(1976年)
  3. ぱすてる33 1/3 (1977年)
  4. ルフラン(1978年)
  5. マスカレード(1978年)
  6. 私旋律(バラード)(1979年)
  7. ドメスティック・マヨライン(1979年)
  8. Last Show (1980年)
  9. 逢・愛・哀(1982年)
  10. メイド・イン・トーキョー(1983年)
  11. EXOTIC(1983年)
  12. 紅HOTEL(1984年)
  13. EID-UL=FITR(1987年)
  14. CABIN36(1991年)
  15. 愛情~Art of Loving~(1992年)
  16. Time Traveller Vol.1~時代の夜汽車(2001年)
  17. Time Traveller Vol.2~ノスタルジアの樹(2002年)
  18. Time Traveller Vol.3~ラビリンス(2004年)
  19. V.S.O.P.1~Unforgettable Moments feat. Yellow Panther(2004年)
  20. Reminiscence(2008年)
  21. Reminiscence2~月がとっても青いから(2010年)
  22. Reminiscence(2011年)リマスター、追加曲収録による再発
  23. Reminiscence blue(2011年)
  24. つばさのうた(2013年)東日本大震災復興応援CDとしてプロデュース。書下ろし曲「小さなくつ」収録。本人歌唱曲は2曲のみ。
  25. CINEMATIQUE(2013年)タンゴジャズ・クロスオーバーグループJACROTANGSとのコラボレーションアルバム。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ほか多数

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

ほか多数

ラジオ[編集]

ほか多数

舞台[編集]

著書[編集]

  • 庄野真代のthe世界漫遊記(1982年、サンケイ出版
  • カゲキなくらしの手帖 - 庄野真代のクッキングエッセイ(1985年、小学館
  • ジャパネスクおそうざい図鑑(1987年、講談社
  • 踊りたいの(1987年、ハーレクイン・エンタープライズ日本支社
  • 庄野真代の楽しくなくちゃ料理じゃない!(1990年、南雲堂
  • 妙魔 - さよなら筋腫くん!(2000年、泉書房)
  • 庄野真代、支えあう社会を奏でたい - 国境なき楽団からはじまった挑戦(2010年、ポット出版)

脚注[編集]

  1. ^ 「庄野真代、支えあう社会を奏でたい」より
  2. ^ 文化芸術振興に抱負 民主公認の庄野真代氏(47NEWS、2010年5月11日)
  3. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。

外部リンク[編集]