小野崎孝輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野崎 孝輔(おのざき こうすけ、1931年8月28日 - 2017年11月11日)は、日本の作曲家編曲家秋田県出身。

人物[編集]

1954年東京藝術大学楽理科卒業。作曲家、編曲家、指揮者、伴奏者として活躍。小椋佳の初期作品やペギー葉山の作品等を手がける。20年にわたりヤマハ世界歌謡祭の音楽監督と指揮を務めたほか、読売日本交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団九州交響楽団とのコンサートや、昭和のNHK番組「音楽の花ひらく」「音楽は世界をめぐる」他クラシック音楽を世に広める番組で編曲及び指揮。福岡市民芸術祭'92「世界のうた」'95「ときめく愛のうた」の指揮、編曲を担当するなど、幅広い分野で活動している。omposers & Arrangersサミット プロデューサー。また、吹奏楽の分野では初期のNew Sounds In Brassシリーズの編曲も手掛けている。父親は秋田に於けるピアノ教師の第一人者、故・小野崎晋三。弟にピアニスト・山形大学名誉教授の小野崎通男(平成29年春の叙勲受章・瑞宝中綬章)、N響コントラバス奏者の故・小野崎充がいる。

主な楽曲[編集]

TV音楽[編集]

映画[編集]

校歌作曲[編集]

みんなのうた・編曲[編集]

訳詞[編集]

  • 子供の世界(原曲はディズニーのIt's a small world
    • 岩谷和子の訳詞による「小さな世界」とは歌詞が違うだけでなく、メロディーも各番の終わりの部分が違う。