ハロー・グッドバイ (アグネス・チャンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハロー・グッドバイ
アグネス・チャン楽曲
リリース 1975年12月10日
(シングル「冬の日の帰り道」B面)
ジャンル アイドル歌謡曲
作詞者 喜多條忠
作曲者 小泉まさみ

ハロー・グッドバイ」は、アグネス・チャンの歌唱で最初に発表された楽曲。1975年12月10日に発売されたシングル「冬の日の帰り道」のB面に収録された。作詞は喜多條忠、作曲は小泉まさみ、編曲は萩田光雄による。

その後、讃岐裕子のカバーで1977年にシングル化されたが、その際に「ハロー・グッバイ」と改題され、2番の歌詞が変更された。以後のカバーもこれを踏襲しており、改題後の題名で主に知られている。

とりわけ、柏原よしえによる1981年発売のカバー・シングルはヒットし、アグネス・チャンからは「この曲に日の目を見せてくれありがとう」と感謝された。

その後も山本智美1992年に、笹峰愛1998年にカバー・シングルを出している。

歌詞に出てくる「(紅茶のおいしい)喫茶店」は、フォークシンガー南こうせつの実兄が大分市で経営していた店がモデルとなった[1]

柏原よしえのシングル「ハロー・グッバイ」[編集]

ハロー・グッバイ
柏原よしえシングル
初出アルバム『ハロー・グッバイ』
B面 恋はマシュマロ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル フィリップス・レコード
作詞・作曲 喜多条忠(作詞)
小泉まさみ(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間6位オリコン[2]
  • 柏原よしえ シングル 年表
    めらんこりい白書
    1981年
    ハロー・グッバイ
    (1981年)
    恋人たちのキャフェテラス
    1982年
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    • 柏原よしえの「ハロー・グッバイ」は、1981年10月15日に7枚目のシングルとして発売された。同年12月15日には、同曲を収録した同名のアルバムも発売している。
    • 柏原はこの曲で、初のオリコンチャートでTOP10入りを果たし、最高位は6位まで上昇した。また、同チャート集計におけるシングル売上も38万枚を超える売上記録となり、柏原のシングルとして最大の売上となった。公称シングル売上は60万枚を記録[4]TBSテレビ系『ザ・ベストテン』では、1981年11月に当時堀越高校の同級生だった松本伊代と共に「今週のスポットライト」で初出演した。その後、同年12月に7位で初ランクインとなり、最高4位まで上昇、同番組の10位以内には合計8週間ランクされた。

    シングル収録曲[編集]

    1. ハロー・グッバイ
      作詞:喜多条忠/作曲:小泉まさみ/編曲:竜崎孝路
    2. 恋はマシュマロ
      作詞:岡田冨美子/作曲:すぎやまこういち/編曲:若草恵


    脚注[編集]

    1. ^ ニッポン放送テリー伊藤のってけラジオ』、ならびにテリー伊藤著『歌謡Gメン あのヒット曲の舞台はここだ!』(宝島社
    2. ^ a b c d e オリコンランキング情報サービス「you大樹」
    3. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
    4. ^ 柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、204頁。ISBN 4-05-100800-2

    参考文献[編集]

    • 1971⇒1989アイドル・シングル大全集