ロボコン (キャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロボコンとは、テレビ朝日系列で放送された特撮テレビドラマ、及びその原作漫画『がんばれ!!ロボコン』(初代)『燃えろ!!ロボコン』(2代目)の主人公(架空のロボット)である。

2014年にシリーズ40周年を迎えた[1]

特徴[編集]

卵型の赤いボディが特色の、ドジなロボットである点は全てにおいて共通している。初代と2代目では、ボディーや性能に、若干の相違点が見られる。

ドジなロボットであるため、対物破壊が多い。

  • 特に多いのはドアの破壊である。初代も2代目も、これは頻繁に行っている。
    • 『がんばれ!!~』では、後期OPのタイトル前に、「いきなりロボコンがドアを破壊する」シーンが挿入されていた。つまり、視聴者は最初に「ロボコンによるドアの破壊」を見るわけである。

基本的には「お手伝いロボット」なので、エプロンを愛用している。両者とも胴体が大きい為、特注品(専用サイズ)のものである。

  • 特に、初代は「ロボコンのアップリケ」が施された黄色いエプロンを、最後まで愛用していた。
    • これとは別に、ロボコンの前面ハッチは「エプロン」と呼ばれている[2]

頭部にアンテナがある。

  • 石ノ森は嫌がったのだが、鈴木武幸プロデューサーが付けさせたという[3]
  • 初代のアンテナは、スピーカーのコーン部分の部品。

プロフィール[編集]

初代ロボコン[編集]

初代ロボコンには、劇中で語られない部分も含め主に石森プロによって詳細なプロフィールが設定され、図鑑や雑誌などで公表された[4]

  • 生年月日昭和43年5月15日[4]
  • 生誕地:ロボットランド[4](東京郊外の地底深くにあり、ロボット以外の出入りは固く禁じられている[5]
  • 身長:150cm[4]
  • 体重:80kg[4]
  • スリーサイズ:B:110cm W:130cm H:120cm[4]
  • 大好きな人:ロビンちゃん[4]
  • 苦手なもの:ゴキブリ(頭部のアンテナで感知できないため)、ガンツ先生(頭が上がらないという意味で)、ガス欠(最大の弱点)[4]
  • 好きな食べ物:ガソリン[6]
  • タンクの最大容量:10リットル[6]
  • パワー:(ガソリンが入っているとき)普段は100馬力、最大で300馬力[6]
  • ロボコンカーの最高速度:10km/h(初期)、20km/h(ロボコンサイクル)[6]
  • 飛行速度:15km/h(初期)→25km/h(後期)[6]
  • 知能指数:IQ 200くらい(しかし基礎的な計算間違いが多い)[6]
  • その他
    • ガンツ先生が、ロボットランドの人手不足を解消するために作ったロボット[4]。(そうとは知らずに)スクラップ工場のガラクタを原料にしてしまった[4]。その後、武者修行を兼ね人間の手伝いをするサービスロボットとして人間界へ来た[4]
    • 頭部のアンテナは10km四方の物体・物音を感知できる[6]
    • 腕は最大3メートル、頭部・脚は最大5メートルまで延伸できる[6]
    • 一度の飛行でガソリンを3リットル消費する[6]
    • 両腕を回転させることで発電ができる[5]
    • オーバーヒート防止のために体内に冷却装置が内蔵されており、氷を作ることもできる[5]
    • 全身製であり、水に浮いたり泳いだりはできない。ロボ根性で水に入ることは可能だが、体内の電子回路がショートするとパワーがダウンする[5]
    • 故障した場合、原則としてロボットランド(ロボット本部)に戻りガンツ先生に修理してもらうが、ちょっとした故障の場合は仲間のロボットや居候先の人間に直してもらう場合もある[5]
    • ロボットであるが、体内メカを休めるために夜は睡眠をとる[5]
    • 将来の夢は究極的にはA級ロボットに昇格しロビンちゃんと結婚すること、日々の目標は100点満点を取ること、さらにスマートでかっこいい姿に改造してもらうことを願う[5]

2代目ロボコン[編集]

初代と2代目の違い[編集]

詳細な違いは各作品ごとの項目を参照。ここでは、大まかな違いを記述する。

エネルギー源の違い。
初代はガソリンエンジン。2代目は電気エネルギーで稼動する。エネルギー量はともに当時の価格で1000円分である。
  • 初代は、ガソリンスタンドで給油するシーンがある。
演出上の最大の違い
初代は、頑張った結果、爆発四散する事が多かった(脚本の「メインライターの上原正三の作風説[7]」有り)。
  • 最初は、ダイナマイトの爆発に巻きこまれて、真っ二つに裂けた。
  • その後は、裂ける事こそ無かったが、頻繁に爆発した。
  • お百度参りの際のオーバーヒートで、神社の沿道で爆発した事もあった(似た状況は2代目にもあった)。
2代目に関しては、何度も壁面にぶつけられてスパークした事はあったが、爆発はしなかった(放送コードの為である[3])。
初代は、背中にプロペラが収納されており、それを展開して飛行することが出来るが、2代目はこうした装備が一切無いので自力での飛行は不可能である(ロボプルと合体してはじめて飛行可能になる)。

キャスト[編集]

初代ロボコン
声の出演 山本圭子がんばれ!!ロボコン燃えろ!!ロボコンVSがんばれ!!ロボコン戦え!ぼくらのヒーロー大集合、マンガで見る環境白書紹介アニメーション)他
スーツアクター 榎本武士(がんばれ!!ロボコン、戦え!ぼくらのヒーロー大集合)
2代目ロボコン
声の出演 伊倉一恵燃えろ!!ロボコン、燃えろ!!ロボコンVSがんばれ!!ロボコン)
スーツアクター 神尾直子(燃えろ!!ロボコン、燃えろ!!ロボコンVSがんばれ!!ロボコン)

その他の出演作[編集]

初代ロボコン
2代目ロボコン
その他
初代と2代目の共演
NG企画
  • オリジナルビデオ『ウルトラマンVS仮面ライダー』の企画段階において、快獣ブースカと共に進行役をするという話もあった模様。
  • 石ノ森章太郎自ら、晩年にロボコンの新作を企画していた。没後に企画に添付されたラフスケッチのデザインは、『燃えろ』に流用された[3]
  • バンダイのフィギュア『S.I.C.』で単品のフィギュア化の企画があったが、『燃えろ』の放映時期だったため、お蔵入りした(トレーディングフィギュアの匠魂でフィギュア化されている)。なお、このシリーズは前述の新作の企画と一緒に東映に出した『キカイダーOO』の企画から生まれたものである。

参考文献[編集]

  • 『ホビージャパンMOOK 342 がんばれ!!ロボコン』ホビージャパン、2010年、ISBN 978-4-7986-0049-9

脚注[編集]

  1. ^ a b ライブドアニュース 2014年9月16日「 ロボコンが鈴村健一誕生日サプライズゲストで登場!「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」 」
  2. ^ 後番組の「ロボット110番」のガンちゃんの前面ハッチもエプロンと呼ばれている。
  3. ^ a b c 『電撃特撮通信』VOL1、鈴木武幸×小嶋雄嗣対談インタビュー、1999年
  4. ^ a b c d e f g h i j k 『ホビージャパンMOOK 342 がんばれ!!ロボコン』44頁。
  5. ^ a b c d e f g 『ホビージャパンMOOK 342 がんばれ!!ロボコン』46頁。
  6. ^ a b c d e f g h i 『ホビージャパンMOOK 342 がんばれ!!ロボコン』45頁。
  7. ^ 切通理作によると、上原正三作品には爆発への拘りがみられるという。
  8. ^ 山本はロボコンのレギュラーの山本先生役でも出演している。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]