参上! 天空剣士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
参上! 天空剣士
ジャンル 時代劇
放送時間 日曜18:30 - 19:00(30分)
放送期間 1990年4月1日 - 9月30日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
監督 南部英夫
津島勝
山根成之
阿部誠華
大洲斉
水川淳三
井沢雅彦
原作 北園孝吉
脚本 加瀬高之
石森史郎
和久田正明
津島勝
プロデューサー 網野英夫
斉藤立太
出演者 目黒祐樹
国実百合
守谷佳央理ほか
音声 モノラル
時代設定 江戸時代

特記事項:
テレシネVTR / 16mmフィルム
テンプレートを表示

参上! 天空剣士』(さんじょう てんくうけんし)は、1990年4月1日から同年9月30日までテレビ東京系で全26話が放送された。テレビ東京松竹製作の時代劇

作品概要[編集]

隠密剣士 突っ走れ!』(1973年 - 1974年)以来となる30分枠の時代劇[1][2]。児童層が楽しめる時代劇を意図し、ヒーローものの要素を取り入れた勧善懲悪活劇となっている[1]

主演の目黒祐樹自ら衣裳のデザインを手がける[3]など作品に対する意気込みは大きく、『白馬童子』や『隠密剣士』世代の視聴者には拍手を持って迎えられたが、本来のターゲット層である未成年視聴者には全く受け入れられなかった。本作は26話で打ち切りとなり急遽スタッフは同じ目黒祐樹主演で『鞍馬天狗』を製作することになる。

ストーリー[編集]

長屋住まいの桔梗月太郎は、竹細工を職とする三枚目の浪人。しかし彼は、二十年前に空から降ってきた不思議な光を浴び、白い袴に白頭巾、銀の陣羽織の快剣士「天空剣士」に変身する力を得ていた。額の三日月が今宵も悪を討ち果たす!

天空剣士と星丸[編集]

天空剣士
月太郎が変身した正義の剣士。あらゆる超能力(相手を眠らせる。切れた衣服に手を当てると元通りになる。etc.)を秘めている。殺陣での決め台詞は「天の裁き、空の事割り、天空の剣受けてみよ!」。蔵人を倒した後、姿を消し、お京は月へ帰ったのだろうと言った。
星丸
天空剣士の愛馬。普段は月太郎の飼っている文鳥で、天空剣士が呪文を唱えると馬の姿に変身し、如何なる場所へも駆けつける。

スタッフ[編集]

登場人物[編集]

いろは長屋[編集]

桔梗月太郎
演 - 目黒祐樹
長屋で竹細工の職を営む浪人。34歳。本名は村岡栄次郎。20年前に空から降ってきた謎の光の影響で、天空剣士へと変身する超能力を身に着けた。家に日常訓を書いた紙を貼っているが、日常訓の文章はその回の事件の内容に関連している。長屋の子供たちに読み書きをおしえたりして、長屋の人々から先生と呼ばれる。最終話で蔵人を倒した後、旅に出た。
お京
演 - 国実百合
月太郎に密かに好意を持っている。天空剣士が月太郎であることは知らなかったが、蔵人に囚われた際に蝙蝠から月太郎が天空剣士ではないかと聞かされ、確信する。
榊晴之助 / 晴吉
演 - 中山文徳
大垣藩主の御落胤。予知能力などの超能力をもっており、初期話数で使っていた。また大陸伝来の無刀流という格闘技を身につけており、素手で物上一味と立ち回ったこともある。
丑松
演 - ベンガル(第2・4-5・11話)
お京の生き別れの父。常に賭博で貧窮しており、蔵人の手下になって情報収集を行うも、月太郎との間で、またお京に父と名乗れないことで苦悩する。第2話で天空剣士と晴吉の超能力で蘇生し、月太郎に死にぞこないと陰口叩かれたりしていたが、第11話で蔵人からギヤマンの盃を取り戻すために命を落とし、亡骸はお京に弔われる。
松吉
演 - 岡田一恭
留吉
演 - 平井靖
およね
演 - 楠本光子
おすぎ
演 - 朝日奈潔子
三太
演 - 金井信一郎(第10話)
おふく
演 - 藤原ひろみ(第11話)※第12・17・20-23・26話では「お春」役でクレジット
おみや
演 - 志乃原良子(第10-11、16話)
三平
演 - 守谷紘一

物上一味[編集]

物上蔵人
演 - 内田勝正
ギヤマンの盃を手に入れようとあらゆる手段を使って暗躍する一味の首領。その生い立ち・素性は一切不明。時折修験者の姿になり、分身などの様々な超能力を使う。また、様々な刺客を送り込んで天空剣士に挑戦する。ギヤマンの盃争奪で月太郎を度々狙うも、最後まで彼を昼行灯と高をくくっていた。天空剣士との最後の一騎打ちで天空剣士の正体が月太郎だったことを知るも敗れ、地頭丸の妹の茜にとどめをさされる。
蝙蝠
演 - 守谷佳央理
一味の女忍者。地頭丸を兄として慕うが実は血のつながりはなく、蔵人により兄妹同様に育てられた。しかし、地頭丸の死と蔵人の天下を取る野望を知り、最後造反する。
式田弥門
演 - 中康治(第1-8話)
綾の夫。重右衛門の仇として月太郎を狙い、物上に協力している。三つ目のギヤマンの盃を巡る戦いで天空剣士に敗れた。
地頭丸
演 - 浅利俊博(第1-25話)
蝙蝠の兄だが血のつながりはなく、本当の妹は茜(26話)。忍者として鮫法師に育てられた。同じ境遇を嫌う市太郎をかばい命を落とす。
闇の支配者
香炉の煙から幻影のように顔を僅かに見せ、物上にギヤマンの盃捜索を命じる。正体及びギヤマンの盃争奪より後の動向は不明。第11話では丑松に目撃され驚かれるも、特に反応せず。

妙心寺[編集]

式田 綾
演 - 守谷佳央理
かつて月太郎と相思相愛の仲だった、白根藩指南役・式田重右衛門(牧冬吉)の娘。なぜか、蝙蝠と瓜二つ。第8話で亡くした式田弥門を弔い、第9話でさすらいの旅に出た。
心月院
演 - 三浦徳子(第6-7・9話)
庵主。ギヤマンの盃の一つを預かっていた

その他[編集]

岡っ引き左右吉
演 - 桜金造(第6・10・12話)
岡っ引き熊五郎
演 - 丹古母鬼馬二(第13-15・18-19話)
目明かし奈良平
演 - 山内としお(第21-23・26話)
眼鏡をかけている。お寅という許嫁がいる(22話)。


放送リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト(カッコ内は役名) 物上一味の刺客・協力者

(カッコ内は俳優名)

第一話 白馬の超伝説 加瀬高之 南部英夫
第二話 謎の財宝を守れ! 滝譲二(笠間団兵衛)
第三話 いそげ! 星丸 津島勝 海仙(山本昌平)
第四話 悪の華! 女忍者 石森史郎 崎津隆介(一文字左近)
第五話 ぼくらの大戦争 島田良庵(北見唯一)
第六話 女ねずみ小僧あらわる 和久田正明 奥田圭子(銀猫)
第七話 激突! 忍者軍団 山根成之 才賀呂九平(西田真吾)
第八話 地獄の決闘! 寺下定信(佐兵衛)、長谷川直子(小夜)
第九話 超能力少年・犬千代 阿部誠華 堂本直宏(犬千代) 八田平蔵(中田博久)
第十話 いろは長屋、襲わる 加瀬高之
津島勝
瀬戸口真由(おたみ)、宮本毬子
第十一話 哀れ、父娘の最期 加瀬高之 ホープ豊中島俊一大迫英喜
第十二話 鬼の目にも涙 和久田正明 大洲斉 伊佐山ひろ子(お富) 神崎右門(五味龍太郎
第十三話 江戸の怪奇現象 石森史郎 日輪坊(江幡高志)
第十四話 闇の巨人怪僧 和久田正明 津島勝 徳丸純子(お七)、広瀬義宣伴勇太郎 竜眼(長江英和)
第十五話 呪われた大奥 森田美樹(沢の井)、速水典子(飛鳥路)、

川本チフミ岡村嘉隆和気千枝

第十六話 非情・殺しの秘薬 水川淳三 福家美峰(おはん)、楠年明(平井長庵)、

北見唯一大橋雅子

第十七話 邪剣! 賞金首狙い 石森史郎 笹木小次郎(中西良太
第十八話 怪異 悪魔の花嫁 和久田正明 大洲斉 相川恵理(おかよ)、和泉敬子、国田栄弥、栗山英子 西念(江藤漢)
第十九話 霊界からきた娘 山本ゆか里(おすみ)、鷲見利恵(おきよ)、

浜田雄二、山本弘、河野実

増次郎(武井三二
第二十話 走れ! 月太郎 石森史郎 伊吹友木子(お沢)、吉田次昭(銀次)、

南条好輝伝法三千雄山口幸生

猪平(竜川真
第二十一話 血を吸う妖刀 和久田正明 清吉(ひかる一平)
第二十二話 妖艶・美少女人形 石森史郎 井沢雅彦 森恵(お寅)、水上保広西側有利子新海なつ 宇能宗之介(幸田宗丸)
第二十三話 死神に会った女 和久田正明 水原ゆう紀(お絹)、西園寺章雄(喜平)、

長谷川美佳(お才)、柳川清(九庵)、

広瀬匠(丈吉)、福山龍次(銀次)

樽蔵(外山高士)
第二十四話 奇怪・鬼が出た! 津島勝 亜仁丸レスリー(ダニエル)、阿木五郎(順庵)、

月本セツ(ジャック)

又五郎(下元年世
第二十五話 壮絶! 地頭丸の死 石森史郎 剣介(市太郎)、行本敏彦(千八)、石丸勝也(普松) 鮫法師(井上高志)
第二十六話 最期の闘い! 和久田正明 園英子(茜)、村岡弘之(蜂助)、上戸章(蟬丸)、新城邦彦(将軍) 加束次(崎津隆介)

脚注[編集]

  1. ^ a b 全怪獣怪人』下巻、勁文社1990年11月30日、321頁。C0676。ISBN 4-7669-1209-8
  2. ^ 製作局のテレビ東京において、1988年に『カッ飛び!ヤンヤン姫』、翌89年に『風雲!江戸の夜明け』の二作の30分時代劇が放送されている。
  3. ^ 時代劇チャンネル「ペリーのちょんまげ」

再放送[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 日曜18時台後半
前番組 番組名 次番組
参上! 天空剣士