奥田圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おくだ けいこ
奥田 圭子
本名 奥田 佳子
別名義 旧芸名 奥田 圭子
生年月日 (1966-03-01) 1966年3月1日(51歳)
出生地 日本の旗, 広島県三原市
血液型 B型
職業 女優・元歌手
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1984年 - 現在
備考
身長:160cm

奥田 圭子(おくだ けいこ、1966年3月1日 - )は、1980年代後半に活動した元女性アイドル歌手、元女優広島県三原市出身。

来歴・人物[編集]

広島県立三原高等学校卒。

1982年ホリプロタレントスカウトキャラバン1984年東宝シンデレラに出場後、1984年パイロット万年筆のイメージガールとして芸能界入り。なお、「芸能界に進みたいとかじゃなくて、審査会場の雰囲気が好きだったの。注目されたかったのかな。オリンピックと同じで参加することに意義があるって感じ」と言うように、芸能界に入る前は様々なオーディションを荒らしまくっていたという[1]

パイロット万年筆のCMソングでレコードデビュー後、菊池桃子主演で大ヒットした映画『パンツの穴』の第2作『パンツの穴 花柄畑でインプット』で菊池の後のヒロインを、志村香と共に務めた。

その後、本名の奥田 佳子(読みは変わらず)と改名し、主に女優としてTVドラマで活動し、一時芸能活動を休業した。現在は、SMA所属で復帰している。その傍ら、アンチエージング化粧品「viento de KINO」をプロデュースしている。

特徴[編集]

  • 当時のアイドルとしては異彩を放つルックスで、ショートカットで白目のはっきりした目が特徴。
  • 160cm、47kg(当時のプロフィールより)と背が高くスレンダーで、全体的にクールな印象であった。
  • BOØWYが一般的な人気を得る以前の1984年の時点で大ファンであることを公言していた。この当時はBOØWYのファンだと発言すると、たいていデヴィッド・ボウイと勘違いされたという。また、BOØWYに限らず日本のニュー・ウェーヴバンドが好きだった[2]

受賞歴[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 夢ください―知・的・優・遊― 作詞:鈴井みのり、作曲:玉置浩二、編曲:奥慶一 (1985年2月21日) ※パイロット万年筆CMソング、東映映画「パンツの穴」挿入歌。オリコン最高位 32位
    c/w 明日からのフォトグラフ 作詞:森田由美、作曲:鈴木康志、編曲:大谷和夫
  2. 瞳の中に 作詞:三浦徳子、作曲:岡本朗、編曲:矢野立美 (1985年7月10日) ※オリコン最高位 27位
    c/w グラデイション 作詞:芹沢類、作曲:松田良、編曲:武部聡志
  3. プラスティック 作詞:秋元康、作曲:氷室京介、編曲:布袋寅泰 (1985年10月21日) ※オリコン最高位 39位
    c/w Bye Sideロマンス 作詞:あさくらせいら、作曲:三谷泰弘、編曲:入江純
  4. 家族 作詞:秋元康、作曲:森田公一、編曲:奥慶一 (1986年4月21日) ※NHKファミリードラマ「お箸とスプーン」主題歌
    c/w 演歌は歌えない(歌:リトルバーズ) 作詞:秋元康、作曲:森田公一、編曲:奥慶一 ※NHKファミリードラマ「お箸とスプーン」挿入歌
  5. Single Woman 作詞:松本隆、作曲:筒美京平、編曲:鷺巣詩郎 (1987年10月21日)  ※日本テレビ系ドラマ「こんな学園みたことない!」主題歌。オリコン最高位 166位
    c/w 青い蜜蜂 作詞:松本隆、作曲:筒美京平、編曲:鷺巣詩郎

オリジナルアルバム[編集]

  • cresc. (1985年11月21日) ※オリコン最高位 90位(LP)
  1. プラスティック
    作詞:秋元康 作曲:氷室京介 編曲:布袋寅泰
  2. 真赤なシューズを飛ばす時
    作詞:秋元康 作曲・編曲:見岳章
  3. 地下鉄におけるスタンリーキューブリック的考察
    作詞:秋元康 作曲・編曲:見岳章
  4. STORMY NIGHT
    作詞:芹沢類 作曲:氷室京介 編曲:小泉まさみ
  5. 夢ください-知・的・優・遊-
    作詞:鈴井みのり 作曲:玉置浩二 編曲:奥慶一
  6. ため息の予感
    作詞:三浦徳子 作曲:稗島寿太郎 編曲:矢野立美
  7. なんて…
    作詞:秋元康 作曲・編曲:見岳章
  8. 悲しみのアベニュー
    作詞:芹沢類 作曲:中村裕介 編曲:小泉まさみ
  9. Bay Sideロマンス
    作詞:あさくらせいら、作曲:三谷泰弘、編曲:入江純
  10. 想い出の傘の下で
    作詞:森田由美、作曲:鈴木康志、編曲:入江純
  • cresc. and singles (2008年3月19日)
  1. プラスティック
  2. 真赤なシューズを飛ばす時
  3. 地下鉄におけるスタンリーキューブリック的考察
  4. STORMY NIGHT
  5. 夢ください―知・的・優・遊―
  6. ため息の予感
  7. なんて…
  8. 悲しみのアベニュー
  9. Bay Sideロマンス
  10. 想い出の傘の下で
  11. 夢ください―知・的・優・遊― (Single Version)
    作詞:鈴木みのり 作曲:玉置浩二 編曲:奥慶一
  12. 明日からのフォトグラフ
    作詞:森田由美 作曲:鈴木康志 編曲:大谷和夫
  13. 瞳の中に
    作詞:三浦徳子 作曲:岡本朗 編曲:矢野立美
  14. グラデイション
    作詞:芹沢類 作曲:松田良 編曲:武部聡志
  15. 家族
    作詞:秋元康 作曲:森田公一 編曲:奥慶一
  16. 演歌は歌えない
    作詞:秋元康 作曲:森田公一 編曲:奥慶一

映画出演[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「別名“三原のオーディション荒らし”が本物のシンデレラになった」GORO 小学館、1984年14号、24頁
  2. ^ 「シュガー・アイドル・パッケージ」「ザ・シュガー」 考友社出版社、1984年12月号、44-46項