東宝「シンデレラ」オーディション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東宝シンデレラオーディション(とうほうシンデレラオーディション)は、東宝東宝芸能が実施する女優オーディションである。

歴史[編集]

このオーディションの原点は1950年代の東宝「シンデレラ娘」にまで遡る。

第1回は東宝創立50周年記念イベントとして1984年に開催。以降、3 - 6年に一度のペースで不定期に開催されている。

第6回の最終選考会は2006年1月9日[注 1]に実施され、過去最多となる3万7443人の応募者の中から選ばれた。

第7回は2011年1月下旬を予定[1]していたが前倒しし、1月9日実施。グランプリの上白石萌歌と審査員特別賞の上白石萌音は姉妹であり、初の姉妹受賞となった。また、ニュージェネレーション賞が新設された[2]

第8回は「東宝シンデレラオーディション In collaboration with 集英社」と銘打たれ、2016年に実施。書類審査を廃止し、全国10都市[注 2]で行われた予選会では、参加総数9508人全員の面接が実施された[3][4]

エピソード[編集]

「東宝シンデレラ」出身のほとんどが、東宝映画製作の『ゴジラ』シリーズに出演している(沢口、小高、水野、今村、大沢、田中、長澤、大塚が出演。また斉藤由貴もノンクレジットだが、声のみ出演している)。また、ゴジラ映画が製作されていなかった期間にあたる96年のグランプリ受賞者である野波は、翌97年の『モスラ2 海底の大決戦』でスクリーンデビューを果たしている。

斉藤由貴は、第1回に母が応募して、最後の3人にまで残って芸能界入りしたため[5]、グランプリ受賞者ではないが「東宝シンデレラ」出身である[6]

歴代シンデレラ[編集]

グランプリ 審査員特別賞 ニュージェネレーション賞 レピピアルマリオ アーティスト賞 ファイナリスト
1 1984年 沢口靖子 藤代宮奈子 斉藤由貴[7][注 3]
2 1987年 小高恵美 江野脇由紀(現:水野真紀
3 1991年 今村恵子 大沢健(現:大沢さやか
4 1996年 野波麻帆 田中美里山本麻生
5 2000年 長澤まさみ 大塚千弘
6 2006年 黒瀬真奈美 増元裕子、池澤彩野花(現:池澤あやか 朝倉あき[9][注 3]
7 2011年 上白石萌歌 上白石萌音、林成美(現:秋月成美)、松島純菜山崎紘菜 小川涼浜辺美波 吉田まどか
8 2016年 福本莉子 柿澤ゆりあ鈴木陽菜神谷天音井上音生 本山優 崔愛花 稲川美紅鈴木優菜高橋菜加中田乃愛

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在声優・歌手として活躍中の戸松遙も参加し、最終選考まで残ったことがある。
  2. ^ 札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、沖縄。
  3. ^ a b 公式サイトの「歴代シンデレラ紹介」には記載がない[8]

出典[編集]

  1. ^ まさみを探せ東宝シンデレラ5年ぶり復活[リンク切れ] - 朝日新聞 2010年6月22日
  2. ^ “7代目東宝シンデレラに史上最年少の小5・上白石萌歌さん 姉も特別賞に”. eltha(エルザ) (オリコン). (2011年1月9日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/83735/full/ 2016年7月17日閲覧。 
  3. ^ “東宝シンデレラオーディション、5年ぶり開催決定!賞金300万円は過去最高”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年3月1日). http://eiga.com/news/20160301/1/ 2016年3月1日閲覧。 
  4. ^ “第8回東宝シンデレラ、グランプリは大阪出身の15歳・福本莉子!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年11月13日). http://eiga.com/news/20161113/8/ 2016年11月13日閲覧。 
  5. ^ 【あの時・斉藤由貴衝撃のデビュー】(2)準グランプリ「逆にそれがよかった」 - スポーツ報知2017年4月12日付
  6. ^ チカラウタへの2016年6月26日放送分に出演した、斉藤由貴本人の談話より。
  7. ^ “斉藤由貴 女優業は「運命」デビュー30年の境地、表現者の喜び”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/04/kiji/K20160704012890220.html 2016年11月16日閲覧。 
  8. ^ 歴代シンデレラ紹介”. 東宝シンデレラオーデション. 東宝. 2016年11月16日閲覧。
  9. ^ 朝倉あきのプロフィール”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年11月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]