蒼乃夕妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あおの ゆき
蒼乃 夕妃
生年月日 (1983-09-12) 1983年9月12日(37歳)
出生地 岡山県岡山市
身長 164cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2004年 -
活動内容 2004年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2009年:月組へ異動、月組トップ娘役就任
2012年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 中河内雅貴
事務所 東宝芸能
公式サイト 蒼乃夕妃 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ANNA KARENINA
THE SCARLET PIMPERNEL
アルジェの男
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

蒼乃 夕妃(あおの ゆき、1983年[1]9月12日[2] - )は、日本女優[3]。元宝塚歌劇団月組トップ娘役[2][3][4][5]

岡山県岡山市[2]山陽女子高等学校出身[2]。身長164cm[1]。血液型O型[1]。愛称は「まりも」、「ゆき」[6]

所属事務所は東宝芸能[1]

来歴[編集]

2002年、宝塚音楽学校入学。

2004年、宝塚歌劇団に90期生として入団[7]雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台[2][8][4]。その後、星組に配属[2][5]

ダンサーとして頭角を現し[8]、2005年の「それでも船は行く」でバウホール公演初ヒロイン[2][5]。入団2年目での抜擢となった[2][4][5]

2007年の「Kean」(日生劇場公演)で、専科理事の轟悠の相手役を南海まりと務め、ダブルヒロイン[5]

2008年、バウ・ワークショップ「ANNA KARENINA」で、2度目のバウホール公演ヒロイン[8][5]。続く「THE SCARLET PIMPERNEL」で新人公演初ヒロイン[2][8]。その後も3作連続で新人公演ヒロインを務める[2][8]

2009年、「コインブラ物語」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、再び専科・轟悠の相手役を務め、東上公演初ヒロイン[8][5]。同年12月21日付で月組へと組替えし、12月28日付で月組トップ娘役に就任[2][8][4][5]霧矢大夢の相手役として、翌年の「THE SCARLET PIMPERNEL」でトップコンビ大劇場お披露目[7][4]

2012年4月22日、「エドワード8世/Misty Station」東京公演千秋楽をもって、相手役の霧矢と共に宝塚歌劇団を退団[4]

退団後は単身ニューヨークに渡りダンスを学び、帰国後は舞台を中心に活動している[7]

2016年に俳優の中河内雅貴と結婚し、2021年に第一子を出産[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2004年4 - 7月、雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー!』[4]

星組時代[編集]

月組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年4月、『星組 エンカレッジ・コンサート
  • 2007年7月、『宝塚巴里祭2007』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2008年12月、『タカラヅカスペシャル2008〜La Festa!〜』
  • 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年3月、蒼乃夕妃ミュージック・サロン『VERY BEST OF ME』 主演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]