瀬央ゆりあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬央 ゆりあ(せお ゆりあ、6月15日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役。

広島県広島市[1]広島女学院高等学校出身[1]。身長172cm[1]。愛称は「せおっち」、「なおみ」[1]

来歴[編集]

2007年4月、宝塚音楽学校入学。

2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は40番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台。その後、星組に配属。

2011年アシックス「BC WALKER」のCMに、真風涼帆芹香斗亜十碧れいや漣レイラ麻央侑希紫藤りゅうらと出演[2]

2015年、「ガイズ&ドールズ」で、新人公演初主演[3]

2018年、「New Wave! -星-」でバウホール公演初主演[4]。同年、「デビュタント」でバウホール公演単独初主演[5]

2019年、「龍の宮物語」で2度目のバウホール主演予定[6]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2009年4~5月、宙組『薔薇に降る雨/Amour それは…』(宝塚大劇場のみ)

星組配属後[編集]

  • 2009年6月~9月、『太王四神記 Ver.II』 
  • 2010年1月~3月、『ハプスブルクの宝剣/BOLERO』
  • 2010年10月~12月、『宝塚花の踊り絵巻/愛と青春の旅だち
  • 2011年1月~2月、『メイちゃんの執事』(バウホール・日本青年館)
  • 2011年4月~7月、『ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び』 
  • 2011年8月~9月、『ランスロット』(バウホール)ガレス
  • 2011年11月~2012年2月、『オーシャンズ11』新人公演:ディック(本役:麻央侑希)
  • 2012年6月~7月、『ダンサ・セレナータ/Celebrity』新人公演:ジルベルト(本役:碧海りま
  • 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-』(バウホール・日本青年館)ジュリアン
  • 2012年11月~12月、『宝塚ジャポニズム〜序破急/めぐり会いは再び2nd~Star bride〜/Etoile de TAKARAZUKA』新人公演:ルーチェ(本役:礼真琴)第12場B/ヴァルゴオムA(歌手)(本役:壱城あずさ)第20場/プティタミ(本役:十碧れいや)
  • 2013年3月~4月、『南太平洋』(梅田芸術劇場シアタードラマシティ・日本青年館)トム・オブライエン
  • 2013年5月~8月、『ロミオとジュリエット』モンタギュー(男)、新人公演:キャピュレットリーダー
  • 2013年9月~10月、『REON!!Ⅱ』(東京国際フォーラムC・博多座)
  • 2014年1月~3月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』新人公演:マルモン(本役:紅ゆずる
  • 2014年5月~6月、『かもめ』(バウホール)メドヴェジェンコ
  • 2014年7月~10月、『The Lost Glory -美しき幻影-/パッショネイト宝塚!』エリオット、新人公演:ロナルド(本役:紅ゆずる)
  • 2014年11月、柚希礼音スーパー・リサイタル『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』
  • 2014年12月、『アルカサル 〜王城〜』(バウホール)ロドリゲス 
  • 2015年3月、夢咲ねねミュージック・サロン『N-style』
  • 2015年2月~5月、『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!-101カラット永遠の輝き-』エンリケ、新人公演:マリオ・フェルネスト(本役:壱城あずさ)
  • 2015年6月、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)ジョニー・ドラー
  • 2015年8月~11月、『ガイズ&ドールズ』新聞売り、新人公演:スカイ・マスターソン(本役:北翔海莉*新人公演初主演 
  • 2016年1月、バウホール公演『鈴蘭(ル・ミュゲ) - 思い出の淵から見えるものは -』ヴィクトル
  • 2016年3月~6月、『こうもり/THE ENTERTAINER!』アルゴン
  • 2016年7月、『One voice』(バウホール)
  • 2016年8月~11月『桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-/ロマンス!!(Romance)』別府晋介
  • 2016年10月、妃海風ミュージック・サロン『Princesa!!』 
  • 2017年1月、『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』(東京国際フォーラム)パップー
  • 2017年3月~6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』アルマン・サン・ジュスト
  • 2017年7月~8月、『阿弖流為-ATERUI-』(シアタードラマシティ・日本青年館)坂上田村麻呂
  • 2017年9月~12月、『ベルリン、わが愛』ロルフ・シェレンベルク
  • 2018年2月、『ドクトル・ジバゴ』(梅田芸術劇場シアタードラマシティ・TBS赤坂ACTシアター)パーシャ(のちにストレリニコフ)
  • 2018年4月~7月、『ANOTHER WORLD/Killer Rouge』赤鬼赤太郎
  • 2018年8月~9月、『New Wave! -星-』(バウホール)*バウ初W主演
  • 2018年10月、『デビュタント』(バウホール)イヴ *バウ単独初主演
  • 2019年1月~3月、『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS~星たち~』マルチン
  • 2019年5月、『鎌足-夢のまほろば、大和し美し-』(ドラマシティ・日本青年館)中大兄皇子(天智天皇)
  • 2019年7月~10月、『GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant』ニコラス ※予定
  • 2019年8月、綺咲愛里ミュージック・サロン『My Melody』(宝塚ホテル)※予定
  • 2019年11月〜12月、『龍の宮物語』(バウホール)*主演 ※予定

CM出演[編集]

  • 2011年、アシックス「BC WALKER」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、107頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ タカラジェンヌ7名がCMに一挙出演! 美しい“歩き”を颯爽と披露”. ORICON STYLE. 2019年5月28日閲覧。
  3. ^ 星組新人、瀬央ゆりあ初主演「萌え場面は100点」”. 日刊スポーツ. 2019年5月28日閲覧。
  4. ^ 瀬央ゆりあ初主演公演が開幕!2幕で女役挑戦 宝塚”. 日刊スポーツ. 2019年5月28日閲覧。
  5. ^ 【華麗なる宝塚】星組男役スター、瀬央ゆりあ 初単独主演 遅咲きの大輪”. 産経ニュース. 2019年5月28日閲覧。
  6. ^ 指田珠子のバウホールデビュー作「龍の宮物語」主演は瀬央ゆりあ”. ステージナタリー. 2019年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]