瀬央ゆりあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬央 ゆりあ(せお ゆりあ、6月15日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役スター[2][3]

広島県広島市[1][4][5]広島女学院高等学校出身[1][4][5]。身長172cm[1]。愛称は「せおっち」、「なおみ」[1][4][5]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[6][5]宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[1]。その後、星組に配属[7]

2015年、北翔海莉妃海風トップコンビ大劇場お披露目となる「ガイズ&ドールズ」で、新人公演初主演[6][8][9]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[8][6][9]

2018年の「New Wave!-星-」で、紫藤りゅうバウホール公演ダブル主演[6][10]。続く「デビュタント」でバウホール公演単独初主演[10][6][9]

2019年の「龍の宮物語」で、2度目のバウホール公演単独主演[7][4][9]

2022年の「ザ・ジェントル・ライアー」(KAAT神奈川芸術劇場公演)で、東上公演初主演[5][3]。当初はバウホールでも上演が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響により全日程休止となった[3]

人物[編集]

中学時代、幼稚園まで教わっていたピアノ教師と街で偶然再会し、その教師が宝塚好きだったことから宝塚の存在を知り、音楽学校を受験した[6]

自分がこの道に進みたいのかどうかは分からなかったが、単純に落ちたことが悔しくて受験を続け、3度目の受験で合格を果たした[6]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2015年3月、夢咲ねねミュージック・サロン『N-style』
  • 2016年10月、妃海風ミュージック・サロン『Princesa!!』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年8月、綺咲愛里ミュージック・サロン『My Melody』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、107頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b 星組新トップコンビ・礼真琴&舞空瞳が本拠地でお披露目!芝居でショーで“ONE TEAM”アピール”. スポーツ報知. 2020年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 星組スター瀬央ゆりあ主演作、13日までのバウ公演全日程中止 公演関係者に陽性者 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d e f <華宝塚>日々新鮮 一瞬一瞬を吸収 瀬央ゆりあ(星組)”. 東京新聞. 2019年9月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h <華宝塚>存在感のある男役に 瀬央ゆりあ(せお・ゆりあ)(星組) 東京新聞。
  6. ^ a b c d e f g h i j 【華麗なる宝塚】星組男役スター、瀬央ゆりあ 初単独主演 遅咲きの大輪”. 産経ニュース. 2019年5月28日閲覧。
  7. ^ a b c d 星組・瀬央ゆりあ 1年ぶり単独主演「喜びより責任感」”. スポニチAnnex. 2019年11月23日閲覧。
  8. ^ a b c 星組新人、瀬央ゆりあ初主演「萌え場面は100点」”. 日刊スポーツ. 2019年5月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h トップに学んだ最後まであきらめない心/瀬央ゆりあ”. 日刊スポーツ. 2019年11月28日閲覧。
  10. ^ a b c d 瀬央ゆりあ初主演公演が開幕!2幕で女役挑戦 宝塚”. 日刊スポーツ. 2019年5月28日閲覧。
  11. ^ 宝塚専科・轟悠の主演作「シラノ―」大阪で開幕「応援してくださる方々から逆にエネルギーをいただく形」 スポーツ報知。
  12. ^ タカラジェンヌ7名がCMに一挙出演! 美しい“歩き”を颯爽と披露”. ORICON STYLE. 2019年5月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]