眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯に―』(ねむらないおとこ・ナポレオン あいとえいこうのはてに)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。正式タイトルは、ル・スペクタクル・ミュージカル眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯に―』。作・演出担当は小池修一郎。作曲はジェラール・プレスギュルヴィックが担当。

概要[編集]

2014年1月1日から同年2月3日(新人公演は1月21日)まで宝塚大劇場にて、同年2月14日から3月29日(新人公演は2月27日)まで東京宝塚劇場にて、星組により上演された[1]

宝塚歌劇団創立100周年の幕開け公演であった。

作曲はフランスの作曲家ジェラール・プレスギュルヴィック。宝塚歌劇では、2010年に星組にて日本初演され、以降雪組(2011年)、月組(2012年)、星組(2013年)と再演を重ねる『ロミオとジュリエット』のクリエイティブスタッフとしても知られる。日仏合作ミュージカルとなり、フランスの英雄ナポレオン・ボナパルトの栄光の軌跡を、妻ジョセフィーヌとの愛と葛藤を盛り込みながら描いた。

また、大劇場公演初日お芝居の前に行われた100周年記念口上では、柚希・夢咲のほかに、蘭寿とむ蘭乃はな(花組)、龍真咲愛希れいか(月組)、壮一帆愛加あゆ(雪組)、凰稀かなめ実咲凜音(宙組)、轟悠(専科・歌劇団理事)が出演した。

あらすじ[編集]

コルシカ島に生まれた下級貴族出身のナポレオン・ボナパルト。士官学校時代に勉強漬けの日々を送りマルモンブリエンヌに出会う。卒業後すぐに砲兵隊の少尉になり、その後も順調に昇進していった。フランス革命が勃発した際にマルモンと再会する。クーデターを抑えるために大砲を打ち込むことにした彼はミュラに大砲を運ばせた。クーデターを抑えた彼はバラスの主催する夜会に招待される。そこで運命の出会いがあった。ジョゼフィーヌに恋したナポレオンは恋の病にかかる。バラスの引立てで国内軍副総司令官になった彼は刀狩を行う。そこへ一人の少年が現れた。彼こそジョゼフィーヌの息子のウジェーヌだった。息子が心配で駆けつけたジョゼフィーヌと再会したナポレオン。食事の約束をしてついに2人は恋に落ちた。恋の噂は町中の知れるところとなった。イタリア遠征前に彼は彼女との結婚をする。イタリア遠征中に手紙を書くがジョゼフィーヌは応じなかった。何とかしてバラスの命令で彼女のイタリア行きが決まるが、待っていたのは彼だけでなく彼の家族だった。ナポレオンの母レティティアに認められずジョゼフィーヌはイポリットと早く戻りたいと願っていたがナポレオンに愛人の存在がばれてしまう。離婚の危機に陥る2人。帰国後すぐにエジプト遠征へと旅立ったナポレオン。遠征中に妹からの手紙で翻弄される。更に、国内情勢を知った彼は帰国を決断。クーデターを成功させる。ジョゼフィーヌは彼を迎えに行ったがすれ違ってしまう。彼女の言う事を信じられないナポレオンだったが、彼女の話を信じ離婚を避けた。そして、イタリア遠征に再び向かった。遠征前にミュラはナポレオンの妹であるカロリーヌと結婚した。イタリア遠征は大成功に終わりついに彼は皇帝になると宣言した。一羽の荒鷲となり皇帝となった彼。しかし、その先にあるのは栄光の涯の凋落だった。

スタッフ[編集]

宝塚大劇場公演のデータ

参考資料:宝塚大劇場公演のプログラム

主な配役[編集]

本公演
新人公演

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宝塚歌劇団100周年で企画目白押し”. 日刊スポーツ (2013年7月22日). 2013年7月25日閲覧。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]