松本悠里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつもと ゆり
松本 悠里
生年月日 9月19日
出生地 日本の旗 日本神奈川県鎌倉市
職業 女優、日本舞踊家
ジャンル 舞台
活動期間 1957年 -
活動内容 1959年宝塚歌劇団雪組[1]へ配属
1974年専科へ異動
1989年:宝塚歌劇団理事に就任
2002年宝塚音楽学校理事に就任
2014年:宝塚歌劇の殿堂入り
公式サイト 宝塚歌劇・公式プロフィール
主な作品
夜明けの序曲』(1982年/1999年)

松本 悠里(まつもと ゆり、9月19日 - )は、宝塚歌劇団専科に所属する女役。劇団理事。

日本舞踊松本流名取であり、宝塚歌劇団におけるこの分野の第一人者である。2000年菊田一夫演劇賞特別賞、2012年旭日小綬章受章。劇団における愛称は「ミエコ」[2]

来歴[編集]

神奈川県鎌倉市に生まれ。3姉妹の次女。3歳より兵庫県神戸市で育つ[3]。「姉にはピアノを、妹には舞を」と言う父の遺言に従って松本尚山に師事し、5歳より日本舞踊の松本流御殿舞を習い、中学生のとき名取となる[3]春日野八千代の姿に憧れて1956年宝塚歌劇団への入団を志し、神戸松蔭女学院高校卒業後、宝塚音楽学校に入学[3]44期生。同期に千波静(ダンスを得意としていた人気男役。元プロテニス選手・松岡修造の母)、今西正子(宝塚音楽学校副校長)らがいる。宝塚入団時の成績は52人中23位[1]。初舞台公演の演目は雪組公演『春の踊り[1]』。1959年3月18日[1]雪組配属。

以後、芝居やショーに出演したが、1974年に専科へ異動し、以後は日舞の披露を専らとしていた[3]。しかし当時の劇団理事長植田紳爾の「踊りが技術ばかりになっていないか。芝居をやらせて、ハートが大切なことを気付かせたい」という配慮により、1979年鳳蘭の退団公演として上演された芝居物の『白夜、わが愛』に出演[3]。以後再び芝居物にも出演し、1982年の『夜明けの序曲』で演じたモルガンお雪は自身の当たり役となり、1999年の再演時にも同じ役を演じた[3]

舞踊は宝塚歌劇の日本物ショーにおける象徴的な存在となっており、日本国外での公演参加は松本が最多の経験を持つ[4]。また、憧れの存在であった春日野とは、初めて相手役で踊った『花小袖』(1980年花組)以来、記念式典や舞踊会で共に舞踊を披露する機会が多かった[5]2004年の宝塚歌劇団90周年記念式典では春日野および轟悠と祝舞「飛翔無限」を[5]、春日野没後の2013年に行われた宝塚音楽学校100周年式典では星組の娘役たちと祝舞「百年(ももとせ)の道」をそれぞれ披露している[6]。松本流を基礎としたが、宝塚入団後に藤間流花柳流山村流などの指導も受けていることから、自身の舞踊を「宝塚流」と自称している[5]

劇団理事は1989年より務める[5]1998年、宝塚歌劇団から初めて文化庁長官表彰を受け[5]2000年には兵庫県文化賞[5]2001年には「永年の宝塚・日本舞踊への貢献」を理由として、春日野と共に菊田一夫演劇賞特別賞を受賞[7]2012年の秋の叙勲では旭日小綬章を受章した[8]

2014年1月に宝塚歌劇の殿堂が発表され、現役生徒で唯一殿堂入りの100人の一人に選ばれた。[9]

主な舞台[編集]

雪組時代[編集]

  • 『春の踊り<花の歌舞伎/花のエキスプレス>』(1957年)*初舞台
  • 『宝塚おどり絵巻』/『世界への招待』(1965年・パリ公演)
  • 『おてもやん』/『世界はひとつ』(1967年)
  • 『トリスタンとイゾルデ』/『シャンゴ』(1968年)
  • 『祭』/『ハムレット』(1969年)
  • 『いろはにほへと』/『ラブ・パレード』(1970年・新宿コマ劇場)
  • 『四季の踊り絵巻』/『ハロー!タカラヅカ』(1970年)
  • 『雪女』/『パレアナの微笑み』(1970年)
  • 『紅梅白梅』(1973年)
  • 『宝塚名曲選』(1973年)
  • 『竹』(1974年・新宿コマ劇場)

専科時代[編集]

  • 『春の宝塚踊り』(1975年・月組)
  • 『ファンタジー・タカラヅカ』(1975年・ヨーロッパ公演)
  • 『星影の人』(1976年・雪組)
  • 『星影の人』(1977年・雪組・全国ツアー)*福岡公演のみ
  • 『宝舞抄』(1977年・花組)
  • 『祭りファンタジー』(1978年・月組)
  • 『ザ・タカラヅカ』(1978・中南米公演)
  • 『白夜わが愛』(1979年・星組)
  • 『花小袖』(1980年・花組)
  • 『花小袖』(1981年・花組・中日劇場公演)
  • 『春の踊り<花の子供風土記>』(1981年・花組)
  • 『海鳴りにもののふの詩が』(1981年・星組)
  • 『春の踊り<花と夢と愛と>』(1982年・花組)
  • 『夜明けの序曲』(1982年・花組)
  • 『春の踊り<祝いまんだら>』(1984年・星組)
  • 『ジャパン・ファンタジー』(1985年・ハワイ公演)
  • 『レビュー交響楽』(1986年・星組)
  • 『宝塚をどり賛歌』(1987年・雪組)
  • 『ザ・レビュースコオプ』(1987年・花組)
  • 『宝塚をどり讃歌 '88』(1988年・花組)
  • 『春の踊り<恋の花歌舞伎>』(1989年・星組)
  • 『宝塚をどり讃歌』(1989年・ニューヨーク公演)
  • 『松本悠里能楽撰』(1990年・専科・バウホール公演)
  • 『花幻抄』(1991年・雪組)
  • 『白扇花集』(1992年・花組)
  • 『宝寿頌』(1993年・星組) *宝塚大劇場こけら落とし
  • 『花扇抄 -花姿恋錦絵-』(1993年・月組)
  • 『花扇抄 -花姿恋錦絵-』(1994年・ロンドン公演)
  • 『国境のない地図』(1995年・星組)
  • 『花は花なり』(1996年・花組)
  • 『夢幻宝寿頌』(1998年・宙組・香港公演)
  • 『夜明けの序曲』(1999年・花組)
  • 『第二回松本悠里リサイタル』(1999年・専科・バウホール公演)
  • 『宝塚 雪・月・花』(2000年・ベルリン公演)
  • 『いますみれ花咲く』(2001年・月組・東京宝塚劇場公演のみ) *東京宝塚劇場こけら落とし
  • 『花の宝塚風土記 -春の踊り-』(2003年・月組)
  • 『飛翔無限』(2004年・花組)
  • 『長崎しぐれ坂』(2005年・星組)
  • 『さくら』(2007年・星組)
  • 『風の錦絵』(2009年・雪組)
  • 『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-』(2010年・星組)
  • 『宝塚をどり』(2014年・月組)
  • 『宝塚をどり』(2014年・月組・博多座公演)
  • 『雪華抄』(2016年・花組)

宝塚舞踊会[編集]

  • 第11回(1968年07月13日)
  • 第20回(1976年10月19日)
  • 第21回(1979年10月18日)
  • 第23回(1981年10月16日) 花と鼓
  • 第24回(1982年9月10日) 嬲道成寺
  • 第25回(1983年10月7日) 紅売り
  • 弟27回(1985年11月8日) あちゃかの関
  • 第28回(1986年10月7日) 雪月花
  • 第29回(1987年10月6日)
  • 第30回(1988年10月4日) 清元 万年喜猫
  • 第31回(1990年10月5日)
  • 第32回(1991年10月4日) 春信幻想曲
  • 第33回(1992年10月16日) 吉野天人
  • 第34回(1993年10月1日) 清元 神田川
  • 第35回(1994年10月7日) 助六
  • 第36回(1995年10月5日) 供奴
  • 第37回(1996年10月4日) 山姥
  • 第38回(1997年10月14日) 長唄 鏡獅子
  • 第39回(1998年10月13日) 清元 万年喜猫
  • 第40回(1999年10月15日) 子守
  • 第41回(2000年10月13日) 紅葉狩
  • 第42回(2001年10月19日) 菊
  • 第43回(2002年10月11日) 長唄 座敷舞道成寺
  • 第44回(2003年10月17日) 清元 神田祭
  • 第45回(2004年10月29日) 菊・勘二郎追善
  • 第46回(2005年10月09日) 珠取り
  • 第47回(2006年10月20日) 長唄 藤娘
  • 第48回(2007年10月19日) 清元 面影曽我
  • 第49回(2008年10月24日) 清元 保名
  • 第50回(2009年11月20日) 長唄 賤の小田巻
  • 第53回(2015年9月15日)
  • 第54回(2017年10月17日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、56-57頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 専科生徒一覧”. 宝塚歌劇団 (2013年7月18日). 2013年6月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 平松澄子 (2005年7月8日). “専科 松本悠里(2):タカラジェンヌ夢の軌跡 舞台人生変えたモルガンお雪”. ENAK(産経新聞大阪夕刊). 2013年6月26日閲覧。
  4. ^ 平松澄子 (2005年7月15日). “専科 松本悠里(3):タカラジェンヌ夢の軌跡 世界中の観客を魅了する舞い姿”. ENAK(産経新聞大阪夕刊). 2013年6月26日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 平松澄子 (2005年7月22日). “専科 松本悠里(4):タカラジェンヌ夢の軌跡 春日野八千代とのコンビに感激”. ENAK(産経新聞大阪夕刊). 2013年6月26日閲覧。
  6. ^ 檀れいが司会 2244人で校歌斉唱…宝塚音楽学校創立100周年式典”. スポーツ報知 (2005年7月18日). 2013年7月18日閲覧。
  7. ^ 平成24年秋の叙勲受章者名簿(PDF)”. 内閣府. 2013年6月26日閲覧。
  8. ^ 平松澄子 (2012年11月5日). “専科 松本悠里(3):タカラジェンヌ夢の軌跡 世界中の観客を魅了する舞い姿”. ENAK(産経新聞大阪夕刊). 2013年6月26日閲覧。
  9. ^ 宝塚が八千草薫ら殿堂100人を発表(日刊スポーツ、2014年1月11日)

外部リンク[編集]