宝塚歌劇団12期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝塚歌劇団12期生(たからづかかげきだん-きせい)とは1922年宝塚歌劇団に入団し、1923年もしくは1924年に初舞台を踏んだ32人を指す[1]。初舞台の公演演目は不明である。当時は寶塚少女歌劇團であった。

一覧[編集]

同じ初舞台グループで分けている[1]

1923年初舞台[編集]

芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
秋月さえ子 あきづき さえこ 4月10日 静岡県沼津市[2] 男役 1935年
泉しか子 いずみ しかこ 1926年
須磨幾代 すま いくよ 1924年
高浪喜代子 たかなみ きよこ 5月5日[3] 福島県[3] 両方[3] 1932年 初代柳家三亀松夫人
千秋夕子 ちあき ゆうこ 1928年
綱手渚 つなで なぎさ 1926年 妹は水町のぶ子[4]
姪は夏城淳雪城まりか[5]
夕凪保 ゆうなぎ たもつ 1928年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
小川そよ子 おがわ そよこ 1927年
嶋八十子 しま やそこ 1925年  
勿来なほ子 なこそ なおこ 7月20日[6] 娘役 1935年
夏木てふ子 なつき ちょうこ 2月18日[6] 1933年
御祓夏子 みはらい なつこ 1931年
都八重 みやこ やえ 1926年 後に都八重子に改名。
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
秋葉しげる あきば しげる 1928年
上野櫻子 うえの さくらこ 1932年
江岸みな子 えぎし みなこ 1927年
雄島やな子 おじま やなこ 不明
片野沖子 かたの おきこ 1928年
白露とめ子 しらつゆ とめこ 1928年
関洋子 せき ようこ 11月24日[6] 1935年
長月町子 ながつき まちこ 1928年
長谷うかり はせ うかり 1924年
花野春子 はなの はるこ 2月13日[7] 大谷女学校[7] 1929年 プロ野球審判・横澤四郎夫人
嫁は虹乃千恵
妹は初代・尾上さくら
松野友子 まつの ともこ 1月15日[8] カドノさん 男役 1943年 妹は有川恒子花藻ゆかり[5]
姪は千草美景
御垣悦子 みかき えつこ 娘役 1930年
美香野いづみ みかの いづみ 1926年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
三好野秋子 みよしの あきこ 1928年
陸奥千鶴子 むつ ちづこ 1926年

1924年初舞台[編集]

芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
宇治いほり うじ いおり 1928年
紅葉野錦 もみじの にしき 1925年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
芳野里子 よしの さとこ 1932年
芸名[1] 読み仮名[1] 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
美名野潤子 みなの じゅんこ 1925年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 100年史(人物) 2014, p. 9.
  2. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1927年9月、90号、P30
  3. ^ a b c 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1932年3月、144号、P64
  4. ^ 『エスエス』、東宝発行所、1938年4月号、P98
  5. ^ a b 80年史 1994, p. 196.
  6. ^ a b c 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  7. ^ a b 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1929年1月1日、106号
  8. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年6月、159号

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0