桃山千歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桃山 千歳(ももやま ちとせ)は元宝塚歌劇団花組組長京都府出身。京都精華高等女学校出身。宝塚時代の愛称はケムちゃん。

来歴・人物[編集]

1943年に宝塚音楽舞踊学校(現在の宝塚音楽学校)に入学し、1945年33期生として、宝塚歌劇団に入団。初舞台は1946年の『ピノチオ』であった。 宝塚入団時の成績は13人中3位[1]

配属組[1]である。4組体制時代では全組経験者(専科を除く)である。

1963年?から花組副組長を務める。

1966年5月30日[1]に宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は『日本の幻想/あゝそは彼の人か』[1]である。

受賞歴[編集]

  • 宝塚歌劇団年度賞・奨励賞(1959年)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』監修:小林公一阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、P41。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]