麻鳥千穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

麻鳥 千穂(あさどり ちほ、1937年2月10日 - 2017年6月2日[1])は、元宝塚歌劇団花組主演男役。宝塚歌劇団40期生兵庫県出身。本名、島﨑 澪子(しまざき みおこ)[1]。宝塚歌劇団時代の公称身長は162cm。宝塚時代の愛称はカンさま[1]、ハザカン。

略歴[編集]

1953年、宝塚歌劇団に入団し、『春の踊り』-花の宝塚-で初舞台。同期に浜木綿子(元雪組トップ娘役/香川照之の母)、那智わたる(元星組トップスター)、藤里美保(元月組トップスター)などがいる。宝塚入団時の成績は64人中11位[2]

1970年10月5日[2]、宝塚歌劇団退団。その後は宝塚音楽学校評議員・声楽講師を務めていた[1]

2017年6月2日、大動脈瘤解離のため死去。80歳没[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 『わらべ唄風土記』(花組)(1960年2月3日 - 2月28日、宝塚大劇場
  • 『シューベルトの恋』(花組)(1961年11月1日 - 11月26日、宝塚大劇場)
  • 『吹雪の青春』-若きアルピニスト達- 、『明日に鐘は鳴る』(花・月組)(1961年11月29日 - 12月27日、新芸劇場
  • 『哀愁の巴里』(花組)(1962年6月2日 - 7月1日、宝塚大劇場)
  • 『嫁とり長者』『カチューシャ物語』(星組)(1962年9月4日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『あなたは追われている』(星・雪組)(1962年12月1日 - 12月27日、宝塚大劇場)
  • 『タカラジェンヌに栄光あれ』(花・星組)(1963年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『花詩集1963年』-第一部百花譜、第二部ブーケ・ダムール-(星組)(1963年3月26日 - 4月29日、宝塚大劇場)
  • 『太陽に乾杯!』(星組)(1963年8月2日 - 9月1日、宝塚大劇場)
  • 『いろはにほへと』『ラテン・アメリカ』(花組)(1963年10月1日 - 10月29日、宝塚大劇場)
  • 『レビューへの招待』(月・星組)(1964年1月1日 - 1月29日、宝塚大劇場)
  • 『レビュー・オブ・レビューズ』(花・雪合同)(1964年5月7日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『天使が見ている』(花組)(1964年6月30日 - 8月2日、宝塚大劇場)
  • 『狐貉狸さん』『世界は一日』(花組)(1964年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場)
  • 『われら花を愛す』『エスカイヤ・ガールス』(花組)(1965年3月3日 - 3月23日、宝塚大劇場)
  • 『ぼくらの時代』(花組)(1965年6月2日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 『日本の幻想』『あゝそは彼の人か』(花組)(1966年2月3日 - 2月27日、宝塚大劇場)
  • 『シンデレラ・イタリアーノ』『2人が出会うとき』 (花組)(1966年6月2日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 『鬼にもらった美女』『夢を売る妖精たち』(花組)(1966年7月30日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『龍鳳夢』(花組)(1967年1月1日 - 1月25日、宝塚大劇場)
  • 『燦めく星の下に』(花組)(1967年6月2日 - 6月28日、宝塚大劇場)
  • 『ヒット・キット』(花組)(1967年9月30日 - 10月29日、宝塚大劇場)
  • 『マイ・アイドル』(花組)(1968年3月28日 - 4月25日、宝塚大劇場)
  • 『メナムに赤い花が散る』『海のバラード』(花組)(1968年9月3日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『メナムに赤い花が散る』『ハリウッド・ミュージカル』(花組)(1968年11月1日 - 12月1日、宝塚大劇場)
  • 『風の砦』『ガールス・オー!ガールッス』(花組)(1969年1月1日 - 1月30日、宝塚大劇場)
  • 『テ・キエロ』(花組)(1969年4月26日 - 5月29日、宝塚大劇場)
  • 『真夏のクリスマス』『愛の交響詩』(花組)(1969年8月7日 - 9月2日、宝塚大劇場)
  • 『タカラヅカEXPO'70』第一部 四季の踊り絵巻、第2部 ハロー!タカラヅカ(雪組)(1970年3月14日 - 4月14日、宝塚大劇場)
  • 『ドリーム・ア・ドリーム』-夢に歌うピエール-(花組)(1970年7月3日 - 7月30日、宝塚大劇場)*退団公演

宝塚歌劇団退団後の出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “元宝塚歌劇トップスターの麻鳥千穂さんが死去 80歳”. 朝日新聞. (2017年6月12日). http://www.asahi.com/articles/ASK6D65XPK6DPTFC00W.html 2017年6月13日閲覧。 
  2. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、50頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]