久美京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くみ きょうこ
久美 京子
久美 京子
宝塚音楽歌劇学校入学当時の久美 ©宝塚歌劇団
本名 萩原 貞子(はぎわら さだこ)
生年月日 (1912-11-13) 1912年11月13日
没年月日 (1980-02-12) 1980年2月12日(67歳没)
出生地 大阪府大阪市西区[1]
死没地 東京都港区
ジャンル 宝塚歌劇団テレビドラマ
活動期間 1931年-1980年
1934年10月公演 「野すみれ」 ©宝塚歌劇団

久美 京子(くみ きょうこ、1912年11月13日[2] - 1980年2月12日)は、日本の女優、昭和期の宝塚歌劇団花組主演娘役スターのタカラジェンヌ宝塚歌劇団卒業生である。大阪府大阪市西区出身。

以前の芸名は、万葉集で大伴家持が詠んだ久邇京讃歌に因んだ久邇 京子(くに きょうこ)であったが、当時「久邇」の文字が皇族の久邇宮家と同じであるという指摘があり、「幾久しく美しくあれ」の意味をこめた「久美」に改名した経緯があった。

本名は萩原 貞子(はぎわら さだこ 旧姓:中村)。愛称はサァちゃん(本名の貞子から)[3]

来歴[編集]

1930年、大阪府立市岡高等女学校(現・大阪府立港高等学校)卒業後に[1]宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)に入学して、宝塚少女歌劇団(現在の宝塚歌劇団)に入団。宝塚歌劇団20期生の同期生に宇知川朝子尾上さくら霧立のぼるらがいる。当時は「入学=入団」で学校と劇団は一体であった。

1937年11月公演 「たからじぇんぬ」 左・小夜福子 ©宝塚歌劇団
1938年3月公演「寶塚フォーリーズ」 ©宝塚歌劇団

イタリア人教師ルビニ―(イタリア語)、白系ロシア人教師カラスロワ(フランス語)などから声楽の指導を受け、1931年に初舞台を踏む。当時は声楽専科であったが現在の組分けが出来ると花組に所属。

その頃レビューの新鋭となった白井鐡造は『ジャンヌ』(古谷幸一作曲 6年3月)、『ライラック・タイム』(高木和夫作曲 同年10月)というように作品を生み出し、台頭してきた葦原邦子宇知川朝子秋風多江子二条宮子、とともに育て上げられた久美京子は白井鐡造レビューの全盛期に主演が出来る娘役に成長した。[4]

歌劇『パリゼット』(1932年)ではジョセフィン、『ブーケ・ダムール』(1932年)のマリネット役(当時は久邇京子)、[5]『ジャンヌの扇』(1933年)では春日野八千代の相手役のジャンヌを演じた。そして『花詩集』(1933年)では『野菊の歌』を歌う楚々としたアンナ役を演じた。

歌劇『花詩集』は『パリゼット』に次いで評判になった作品で、1933年8月、9月、10月と三か月、宝塚で上演された。それ迄の白井鐡造の作品は外国名前の片仮名ばかりであったが、この時初めて日本字の題名『花詩集』を付けた。この歌劇は花をテーマとしたレビューで『野菊の歌』『鈴蘭の歌』『マロニエの歌』などの歌が沢山ある。当時のオールスター出演の豪華なもので、一月公演は勿論、興行不振と言われる二月の続演も大入り満員であった。東京宝塚劇場の初開場は1934年1月1日で、この『花詩集』で杮落とし興行をした。この頃が宝塚レビュー黄金時代と言われ、戦争が始まるまで宝塚歌劇は毎月上京、一年中東京公演をしていた。[6]

『ウイナーメーデル』(1934年)は白井鐡造得意のドイツ青春もので、葦原邦子のフリッツの相手役ルイゼを演じた。同年10月公演『野すみれ』ではジュリアを、歌劇『マリオネット』(1935)では美空暁子(改名後は南美江)の相手役クリスチーヌ、『たからじぇんぬ』(1937)では小夜福子の相手役セリメーヌを演じた。

翌1938年3月公演『寶塚フォリーズ』でジャネット、8月公演『三つのワルツ』のカステリを演じた後、『第一回ヨーロッパ公演』に参加した。[7] 公演は1938年10月2日神戸港出帆~1939年3月4日神戸港帰着というスケジュールで、小林米三団長のもと、30名の選抜メンバーがヨーロッパ各地を巡った。[8]

1939年、東京公演『想ひ出のアルバム』では『お夏笠物狂』のお夏を演じて宝塚歌劇の大作家久松一聲に絶賛される。同年『日本美女傅』と『歌舞伎絵巻』で静御前を演じた。

1940年、人気絶頂の中、結婚のため宝塚歌劇団を退団。

退団後は配偶者の赴任先の南米チリに渡った。その後帰国し、戦後は女優としても活動している。

1980年に死去。

2014年、『宝塚歌劇の殿堂』の最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たした。

人物[編集]

  • 市岡高等女学校時代は水泳が国体選抜クラス級のスポーツ少女であった。
  • 教職への途を目指した時期もあったが、宝塚少女歌劇の華麗な世界と当時のスターに憧れて入団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 『パリゼット』(雪組)(1932年7月1日 -7月31日、宝塚大劇場)
  • 『ブーケ・ダムール』(花組)(1932年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場
  • 『娘八景』(月組)(1932年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『巴里ニューヨーク』(花組)(1933年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『ベルリン娘』『ジャンヌの扇』((合同)(1933年5月1日 - 5月21日、中劇場)
  • 『花詩集』(月組) (1933年9月1日 - 9月30日、東京公演)
  • 『ウイナー・メーデル』(星組) (1934年3月1日 - 3月25日、宝塚大劇場)
  • 『カレッヂソング』『ランタンルージュ』(花組)(1934年7月7日 - 7月22日、中劇場
  • 『野すみれ』(花組)(1934年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『四人姉妹』『アパッシュは嗤う』(花組)(1934年11月3日 - 11月18日、中劇場)
  • 『ジョコンダ姫の扇』『レッド・ポニイ』(花組)(1935年3月1日 - 3月31日、中劇場)
  • 『アメリカン・ラプソデイ』(花組) (1935年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『マリオネット』(花組)(1935年9月1日 - 9月24日、宝塚大劇場)
  • 『人格者』(花組)(1936年2月1日 - 2月29日、中劇場)
  • 『アルペン ローゼ』『少年航空兵』(花組)(1936年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『汐汲五人娘』『ラ・ロマンス』(花組)(1936年9月1日 - 9月25日、宝塚大劇場)
  • 『パパさん』『寶塚をどり暦』(花組)(1937年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 『古波陀乙女』『シャンソン・ド・パリ』(花組)(1937年3月7日 - 3月31日、中劇場)
  • 『ハワイ・ニューヨーク』〈雪組)(1937年8月1日 - 8月31日 宝塚大劇場)
  • 『たからじぇんぬ』(月組)(1937年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『寶塚フォーリーズ』(月組)(1938年3月1日 - 3月21日、宝塚大劇場)
  • 『三つのワルツ』(花組)(1938年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『第一回ヨーロッパ公演』(1938年11月14日 - 1939年1月26日)
  • 『思ひ出のアルバム』(雪組)(1939年5月3日 - 5月31日、東京宝塚劇場)
  • 『日本美女傳』(雪組)(1939年8月2日 - 8月31日、東京宝塚劇場)

主なテレビドラマ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『寳塚』平井房人著、啓方閣、1934年10月5日、P169、P175
  2. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  3. ^ 『わが青春の宝塚』葦原邦子著、善本社、1979年3月8日
  4. ^ 『宝塚歌劇五十年史』 宝塚歌劇団 昭和39年5月1日発行
  5. ^ 『寶塚少女歌劇廿年史』 寶塚少女歌劇団 昭和8年7月17日発行
  6. ^ 『宝塚と私』 白井鐡造著 中林出版 1967年5月10日
  7. ^ 『宝塚歌劇五十年史 別冊』 宝塚歌劇団 昭和39年5月1日
  8. ^ 『宝塚歌劇80年史』 宝塚歌劇団 1994年9月9日発刊