宝塚歌劇団2期生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝塚歌劇団2期生(たからづかかげきだん-きせい)は1913年12月に宝塚歌劇団に入団した者を指す。初舞台は1914年である。当時は寶塚少女歌劇團であった。

概要[編集]

この期には、初代瀧川末子が入団。

一覧[編集]

※同じ初舞台グループで分けている[1]

芸名[1] 読み仮名 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
篠原淺茅 しのはら あさじ 10月30日 大阪府大阪市 百人一首 娘役 1921年
芸名[1] 読み仮名 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[1] 備考
瀧川末子 たきがわ すえこ 1月27日 兵庫県 百人一首 男役 1931年 宝塚歌劇団日本舞踊講師
人見八重子 ひとみ やえこ 2月15日 大阪府 百人一首 1930年
吉野雪子 よしの ゆきこ 9月1日 大阪府 百人一首 カーちゃん 娘役 1919年 夫は楳茂都陸平

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0