真咲佳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真咲 佳子(まさき けいこ)は元宝塚歌劇団男役(元雪組組長)。大阪府出身。芸名の由来は本名より。宝塚歌劇団時代の愛称はコヤ。

来歴[編集]

1968年に宝塚音楽学校に入学し、1970年に卒業。同年、56期生として宝塚歌劇団に入団する。同期生には元雪組トップスターの麻実れい、元星組トップ娘役の東千晃、元星組副組長の萬あきらなどがいる。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ[1]で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は70人中4位[1]1971年3月8日[1]雪組配属。

1986年から1988年まで雪組副組長を務める。なお1988年、当時の雪組組長銀あけみクモ膜下出血発病による休演・長期化に伴い雪組組長代行となり、同年退団した平みち神奈美帆サヨナラ公演の退団挨拶も真咲が担当した。

1989年、雪組組長に就任(なお銀は組長退任・雪組残留も復帰かなわぬまま1993年死去)。

1991年12月26日[1]で『華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト』東京公演を最後に当時の雪組トップ娘役・鮎ゆうきとともに退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

※『歌劇』1991年12月号(宝塚歌劇団)の78-79頁を参考にした

  • 『四季の踊り』/『ハロー!タカラヅカ』(1970年4月)*初舞台
  • 『星のふる街』新人公演:源一(本役:順みつき)(1972年6月)
  • たけくらべ』辰之助(1973年11月)
  • 『フィレンツェに燃える』セルジオ、新人公演:ヴィットリオ(本役:みさとけい)(1975年2月)
  • ヨーロッパ公演に参加(1975年9月 - 1976年1月)
  • 『星影の人』永倉新八、第一回新人公演:沖田総司(本役:汀夏子)(1976年6月)※新人公演主演
  • あかねさす紫の花』第一回新人公演:天比古(本役:常花代)(1977年7月)
  • 中南米公演に参加(1978年10月 - 11月)
  • 『春風の招待』アドルフ/『ハロー!ホリデー』白い踊り子(1979年1月 - 2月)
  • 『朝霧に消えた人』岡野金右衛門(1979年8月 - 9月)
  • 『青き薔薇の軍神』クロード・ル・プチ(1980年10月 - 11月)
  • ジャワの踊り子』グントール(1982年5月 - 6月)
  • うたかたの恋』ゼップス(1983年5月 - 6月)
  • 風と共に去りぬ』ジョージ、タキシードジャンクション女S(1984年3月 - 5月)
  • 『ショー・ボート』ヴァロン(1986年1月、宝塚バウホール公演)
  • 『風と共に去りぬ』エルシング夫人(1988年1月 - 2月)
  • 『たまゆらの記』元正天皇(1988年7月 - 8月)
  • 『おもかげ草紙』嵐三右衛門(1989年9月 - 10月)
  • 『天守に花匂い立つ』さわ(1990年1月 - 2月)
  • 『黄昏色のハーフムーン』ジョー/ミカエル/『パラダイス・トロピカーナ』炎の女(1990年6月 - 8月)
  • ベルサイユのばら』ポリニャック伯爵夫人(1991年4月 - 5月、地方公演)
  • 『華麗なるギャツビー』エリザベス、ゴルファー男/『ラバーズ・コンチェルト』(1991年8月 - 9月)
  • 『スポットライト・マジック』ヘロデア、レ・ガールス(1991年10月 - 11月、宝塚バウホール公演)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、80-81頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]