華形ひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

華形 ひかる(はながた ひかる、9月26日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役スター。

東京都中野区[1]、区立第十一中学校出身[1]。身長168cm[1]。愛称は「みつる」[1]

来歴[編集]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 1999年4~5月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場

組廻り[編集]

  • 1999年5~6月、月組『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場のみ)
  • 1999年7~8月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(TAKARAZUKA1000days劇場

花組時代[編集]

  • 1999年11月、『タンゴ・アルゼンチーノ』
  • 2000年1月、『冬物語』(宝塚バウホール)
  • 2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!』役代わり公演:夕霧・子供時代、新人公演:夕霧(本役:瀬奈じゅん
  • 2000年9月、『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』(宝塚バウホール)救助隊
  • 2000年11月、『ルートヴィヒⅡ世』新人公演:医者(本役:鮎川なつき)、ジャーナリスト1(本役:彩吹真央
  • 2001年4月、『源氏物語あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ!』(全国ツアー)夕霧・子供時代
  • 2001年7月、『ミケランジェロ/VIVA!』新人公演:ニッコロ(本役:蘭寿とむ
  • 2001年12月、『カナリア』(シアター・ドラマシティ)看守
  • 2002年3月、『琥珀色の雨にぬれて/Cocktail』本公演:ポール、新人公演:ミッシェル・ドゥ・プレール
  • 2002年4月、『風と共に去りぬ』(合同公演・日生劇場)
  • 2002年8月、『あかねさす紫の花/Cocktail』(博多座)八坂部連倉目
  • 2002年10月、『エリザベート』本公演:黒天使、新人公演:エルマー・バチャニー(本役:蘭寿とむ)
  • 2003年3月、『恋天狗』(宝塚バウホール)小天狗
  • 2003年5月、『野風の笛/レヴュー誕生』新人公演:花井主水正義雄(本役:春野寿美礼
  • 2003年10月、『二都物語』(宝塚バウホール)ジェリ・クランチャー
  • 2004年1月、『天使の季節』新人公演:アッサーラ(本役:瀬奈じゅん)
  • 2004年5月、『ジャワの踊り子』(全国ツアー)オースマン
  • 2004年8月、『La Esperanza-いつか叶う-TAKARAZUKA舞夢!
  • 2005年1月、『くらわんか』(宝塚バウホール)貧乏神、徳兵衛
  • 2005年3月、『マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー』本公演:警官ルイ、新人公演:レオン(本役:樹里咲穂
  • 2005年8月、『マラケシュ・紅の墓標』(博多座)新任長官ジェラール
  • 2005年11月、『落陽のパレルモ/Asian Winds』本公演:ルチアーノ、新人公演:ヴィットリオ・ロッシ(本役:春野寿美礼) *新人公演初主演
  • 2006年3月、『Appartement Cinéma』(シアター・ドラマシティ/日本青年館/愛知厚生年金会館)コンスタンチン
  • 2006年6月、『ファントム』従者
  • 2006年11月、『うたかたの恋/エンター・ザ・レビュー』(全国ツアー)ブラッドフィッシュ
  • 2007年2月、『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴/TUXEDO JAZZ』丘刑事
  • 2007年7月、『舞姫』(宝塚バウホール)原芳次郎
  • 2007年9月、『アデューマルセイユ/ラブ・シンフォニー』ジェフ
  • 2008年2月、『メランコリック・ジゴロ/ラブ・シンフォニーII』(中日劇場)ロジェ
  • 2008年3月、『舞姫』(日本青年館)原芳次郎
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア/Red Hot Sea』アル・マリク
  • 2008年10月、『銀ちゃんの恋』(シアター・ドラマシティ/日本青年館)ヤス
  • 2009年1月、『太王四神記』サリャン
  • 2009年5月、『オグリ! ~小栗判官物語より~』(宝塚バウホール/日本青年館)後藤左衛門
  • 2009年7月、『フィフティ・フィフティ』ジョナサン *バウW主演
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-/EXCITER!!』アルマン
  • 2009年12月、『相棒』(シアター・ドラマシティ日本青年館米沢守
  • 2010年3月、『虞美人』衛布
  • 2010年7月、『麗しのサブリナ/EXCITER!!』バーディー
  • 2010年11月、『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-/ラブシンフォニー』(全国ツアー)バロット
  • 2011年2月、『愛のプレリュード/Le Paradis!! - 聖なる時間 -』マウロ・マーシャル
  • 2011年6月、『ファントム』アラン・ショレ/若き日のキャリエール(役替わり)
  • 2011年10月、『小さな花がひらいたル・ポアゾン 愛の媚薬』くろ(全国ツアー)
  • 2012年1月、『復活 -恋が終わり、愛が残った-/カノン』ファナーリン弁護士
  • 2012年5月、『近松・恋の道行』(宝塚バウホール/日本青年館)早水清吉(忠清)
  • 2012年7月、『サン=テグジュペリ-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-/「CONGA!!(コンガ)』レーヌ
  • 2012年12月、『おかしな二人』(専科公演)フィリックス
  • 2013年2月、『オーシャンズ11』イエン[3] *初エトワール
  • 2013年6月、『戦国BASARA -真田幸村編-』(東急シアターオーブ)武田信玄
  • 2013年8月、『愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-/Mr. Swing!』マリー=ジョゼフ・シェニエ
  • 2014年2月、『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-/TAKARAZUKA ∞ 夢眩』ジョージ・ボックスレー
  • 2014年6月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(中日劇場)ド・ブロイ元帥
  • 2014年7月、『宝塚巴里祭』(パレスホテル東京・宝塚ホテル)

専科時代[編集]

  • 2014年11月~12月、星組全国ツアー『風と共に去りぬ』アシュレ・ウィルクス
  • 2015年2月~3月、月組中日劇場『風と共に去りぬ』アシュレ・ウィルクス
  • 2015年5月、雪組博多座『星影の人-沖田総司・まぼろしの青春-/ファンシー・ガイ!』土方歳三 *エトワール
  • 2015年8月、専科バウホール『オイディプス王』クレオン
  • 2015年10月、梅田芸術劇場『SUPER GIFT!~from Takarazuka stars~』(外部出演)
  • 2015年11月、雪組バウホール『銀二貫-梅が枝の花かんざし-』和助
  • 2016年5月、宙組シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場『ヴァンパイア・サクセション』ジェームズ・サザーランド
  • 2017年1月~3月、月組『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』ヘルマン・プライジング 
  • 2017年5月、月組博多座『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲(ロンド)』水牛、玉持ち
  • 2017年8月~9月、雪組日本青年館・シアタードラマシティ『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』ジョイス博士 *エトワール

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、13頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、P111。ISBN 9784484146010
  3. ^ 怪我のため2/8から2/21まで部分休演。代役は瀬戸かずやが務めた。

外部リンク[編集]