華形ひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

華形 ひかる(はながた ひかる、9月26日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役。

東京都中野区[1]、区立第十一中学校出身[1]。身長168cm[1]。愛称は「みつる」[1]

来歴[編集]

1997年4月、宝塚音楽学校入学。同期には、元月組トップ娘役映美くらら、元星組トップスター柚希礼音桜一花美羽あさひ奏乃はると舞咲りんがいる。

1999年3月、宝塚歌劇団に85期生として入団。入団時の成績は19番[2]雪組公演「再会ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台。その後、花組に配属。

2002年7月から1年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第1期スカイ・フェアリーズを舞名里音と務める。

2005年、「落陽のパレルモ」で、新人公演初主演。

2009年、「フィフティ・フィフティ」で、真野すがたバウホールW主演。

2012年、専科公演「おかしな二人」(日本青年館公演)の再演では、初演の未沙のえるに替わり、専科理事の轟悠の相手役を務める。

2013年、「オーシャンズ11」で初エトワール。

2014年7月6日付で、専科へと異動。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 1999年4~5月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場

組廻り[編集]

  • 1999年5~6月、月組『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場のみ)
  • 1999年7~8月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(TAKARAZUKA1000days劇場

花組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 2014年11月~12月、星組全国ツアー『風と共に去りぬ』アシュレ・ウィルクス
  • 2015年2月~3月、月組中日劇場『風と共に去りぬ』アシュレ・ウィルクス
  • 2015年5月、雪組博多座『星影の人-沖田総司・まぼろしの青春-/ファンシー・ガイ!』土方歳三 *エトワール
  • 2015年8月、専科バウホール『オイディプス王』クレオン
  • 2015年10月、梅田芸術劇場『SUPER GIFT!~from Takarazuka stars~』(外部出演)
  • 2015年11月、雪組バウホール『銀二貫-梅が枝の花かんざし-』和助
  • 2016年5月、宙組シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場『ヴァンパイア・サクセション』ジェームズ・サザーランド
  • 2017年1月~3月、月組『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』ヘルマン・プライジング 
  • 2017年5月、月組博多座『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲(ロンド)』水牛、玉持ち
  • 2017年8月~9月、雪組日本青年館・シアタードラマシティ『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』ジョイス博士 *エトワール
  • 2017年11月、専科バウホール『神家の七人』ウィリアム・ターナー
  • 2018年4月〜7月、星組『ANOTHER WORLD/Killer Rouge』貧乏神
  • 2019年1月~2月、国際フォーラム・梅田芸術劇場『ベルサイユのばら45』ベルナール(外部出演)
  • 2019年5月、星組シアタードラマシティ・日本青年館 『鎌足』蘇我(鞍作)入鹿

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、13頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、P111。ISBN 9784484146010
  3. ^ 怪我のため2/8から2/21まで部分休演。代役は瀬戸かずやが務めた。

外部リンク[編集]