二都物語 (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二都物語』(にとものがたり)は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。1985年は月組[1][2][3]公演、2003年は花組[4]公演。原作はチャールズ・ディケンズ同名小説[1][2][4]。1985年の形式名は「ミュージカル・プレイ」[1][2]、2003年は「バウ・ミュージカル」[4]。1985年は18場[1][2](本公演)、2003年は2幕[4]。1985年における本公演の併演作品は『ヒート・ウエーブ[1][2]。脚本・演出は太田哲則[1][2][4]。1985年は大地真央黒木瞳のサヨナラ公演であった。

公演期間と公演場所[編集]

あらすじ[編集]

※宝塚大劇場・宝塚100年史のデータ[5]

フランス革命を背景に、死刑を宣告され、愛する人の夫の身代わりとなって死刑台の露と消えた若者の、自己犠牲の美しさを謳い上げた作品。虚無的な生き方をしていた弁護士のシドニーはルーシーという娘を知り、生き方を改めようとする。

スタッフ[編集]

1985年・月組[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

2003年・花組[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[6]」「東京[6]」の文字がなければ両劇場共通。

出演者[編集]

1985年・月組(主な配役も含む)[編集]

※()は新人公演(宝塚・東京共通)。

ほか

2003年・花組[編集]

※宝塚[7]・東京[7]共通。

専科

主な配役[編集]

  • シドニー・カートン - 瀬奈じゅん[7]
  • ルーシー・マネット - 桜乃彩音[7]
  • チャールズ・ダーネイ - 彩吹真央[7]
  • ジャービス・ロリー - 立ともみ[7]
  • アレクサンドル・マネット - 未沙のえる[7]
  • エブレモンド侯爵夫人 - 梨花ますみ[7]
  • ドファージュ - 矢吹翔[7]
  • テレーズ - 水月舞[7]
  • ジョン・バーサッド - 真丘奈央[7]
  • ジェームズ・ストライバー - 悠真倫[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 80年史 1994, p. 311.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 80年史 1994, p. 313.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 80年史 1994, p. 314.
  4. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 168.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 157.
  6. ^ a b 90年史 2004, pp. 168-169.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 169.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]