未沙のえる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みさ のえる
未沙 のえる
生年月日 12月25日
出身地 日本の旗 日本 兵庫県芦屋市
身長 164cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ
活動期間 1973年 -
活動内容 1973年:宝塚歌劇団入団
1974年:月組配属
1990年:花組へ異動、花組副組長就任
1991年:花組組長就任
1996年:専科へ異動
2012年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
主な作品
宝塚歌劇
ME AND MY GIRL
ベルサイユのばら
おかしな二人
オーシャンズ11
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

未沙 のえる(みさ のえる、12月25日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団専科の男役[2]。元花組組長[3]

兵庫県芦屋市[1]神戸山手学園出身[1]。身長164cm[1]。愛称は「まや」[1]

来歴[編集]

1971年、宝塚音楽学校入学。

1973年、宝塚歌劇団に59期生として入団[4][3][2]。入団時の成績は29番[5]星組公演「花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク」で初舞台[1][2]

1974年、月組に配属[5]

1990年6月30日付で花組へ組替えし、7月30日付で花組副組長に就任[6][3]

1991年11月30日付で花組組長に就任[7][3]

1996年11月29日付で専科へ異動となる[3]

専科異動後は各組に特別出演を続け、コメディーからシリアスまでこなす名バイブレーヤーとして活躍したが、2012年2月5日、星組「オーシャンズ11」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2][4][3]

退団後は舞台を中心に活動を続けている[4][3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

花組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 1996年12月、『バロンの末裔』(月組)トーマス
  • 1997年2月、『Non-STOP!! - 午前0時に幕は開く - 』(月組:バウ・東京特別)精霊の長ノエル/ミスター・マヤ
  • 1997年6月、『EL DORADO』(月組)ドン・ラファエル・メンドーサ
  • 1997年8月、『FAKE LOVE』(月組:バウ・東京特別・名古屋特別)ライアン
  • 1997年12月、『春櫻賦』(雪組)樺山久高
  • 1998年6月、『心中・恋の大和路』(雪組:バウ)妙閑/孫右衛門
  • 1998年8月、『黒い瞳』(月組)サヴェーリィチ
  • 1998年11月、『シンデレラ・ロック』(月組:バウ)アル
  • 1999年4月、『再会』クードレイ・クレマン/『ノバ・ボサ・ノバ』シスター・マーマ(雪組)
  • 1999年9月、『SAY IT AGAIN』(雪組:バウ)エメット
  • 1999年11月、『バッカスと呼ばれた男』(雪組)アラミス
  • 2000年4月、『ささら笹舟 -明智光秀の光と影- 』(雪組:バウ)羽柴秀吉
  • 2000年6月、『うたかたの恋』(宙組:全国ツアー)ロシェック
  • 2000年8月、『LUNA-月の伝言-』(月組:博多座)マッコイ
  • 2000年9月、『ゼンダ城の虜』(月組)サプト
  • 2000年12月、『月夜歌聲』(雪組:ドラマシティ・東京特別)張
  • 2001年4月、『ベルサイユのばら2001 - フェルゼンとマリー・アントワネット編 -』(宙組)メルシー伯爵
  • 2001年4月、『ベルサイユのばら2001 - オスカルとアンドレ編 - 』(星組)ジャルジェ将軍
  • 2001年9月、『ミケランジェロ』(花組:東宝)ユリウス2世
  • 2001年12月、『カナリア』(花組:ドラマシティ・東京特別)ティアロッサミ
  • 2002年4月、『風と共に去りぬ』(花組・雪組:日生)ミード博士
  • 2002年5月、『追憶のバルセロナ』(雪組)イアーゴー
  • 2002年11月、『ガラスの風景』(星組)アルト
  • 2003年1月、『おーい春風さん』(星組:バウ)地蔵
  • 2003年5月、『野風の笛』花井三九郎/『レビュー誕生』(花組)
  • 2003年10月、『二都物語』(花組:バウ・東京特別)マネット
  • 2004年1月、『Romance de Paris』(雪組:中日)シルヴァン/アッバス国王
  • 2004年3月、『BOXMAN - 俺に破れない金庫などない - 』(宙組:東京特別・ドラマシティ)ロジャー
  • 2004年4月、『ジャワの踊り子』(月組:全国ツアー)私
  • 2004年5月、『ジャワの踊り子』(花組:全国ツアー)私
  • 2004年8月、『La Esperanza-いつか叶う-』(花組)マイケル・ゴールドバーグ
  • 2005年1月、『ホテル ステラマリス』(宙組)モーリス・ランカスター
  • 2005年5月、『ホテル ステラマリス』(宙組:全国ツアー)モーリス・ランカスター
  • 2005年9月、『ベルサイユのばら』(星組:全国ツアー)メルシー伯爵
  • 2005年11月、『ベルサイユのばら』(星組:韓国公演)メルシー伯爵
  • 2006年1月、『ベルサイユのばら - フェルゼンとマリー・アントワネット編 - 』(星組)メルシー伯爵
  • 2006年6月、『コパカバーナ』(星組:梅田芸術劇場)サム・シルヴァー
  • 2006年8月、『愛するには短すぎる』(星組)ジェラルド・ウォーバスク/ブランドン・オサリバン
  • 2007年1月、『パリの空よりも高く』(月組)レオニード・マンジュボア
  • 2007年5月、『大坂侍 - けったいな人々 - 』(月組:バウ・東京特別)渡辺玄軒
  • 2007年8月、『MAHOROBA - 遥か彼方 YAMATO - 』/『マジシャンの憂鬱』(月組)シュトルムフェルド男爵
  • 2008年1月、『ホフマン物語』(月組:バウ)ルテール/クレスペル/スパランツァーニ/ピティキナッチョ
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』(月組)パーチェスター
  • 2008年8月、『マリポーサの花』(雪組)イスマヨール
  • 2009年1月、『忘れ雪』(雪組:バウ・東京特別)桜木清一郎
  • 2009年3月、『ZORRO 仮面のメサイア』(雪組)ドン・カルロス/長老レッド・ウィロー
  • 2008年3月、『ミー・アンド・マイガール』(花組:梅田芸術劇場)パーチェスター
  • 2009年10月、『ラストプレイ』(月組)グラハム(古美術鑑定家)
  • 2010年2月、『ソルフェリーノの夜明け』(雪組)ルニオール・ハーベルマン(戦争で娘を失い酒におぼれる医師)
  • 2010年6月、『ロジェ』(雪組)バシュレ
  • 2010年10月、『はじめて愛した』(雪組:シアター・ドラマシティ、東京特別)アッシュ
  • 2011年2月、『愛するには短すぎる』ブランドン・オサリバン/『ル・ポアゾン 愛の媚薬Ⅱ』(星組:中日劇場)
  • 2011年5月、『美しき生涯 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義-』豊臣秀吉(宙組)
  • 2011年9月、『おかしな二人』(バウ)フィリックス・アンガー
  • 2011年11月、『オーシャンズ11』ソール・ブルーム(星組) 退団公演[2][4][3]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 2012年8月『明治座創業140周年記念 大江戸緋鳥808 』(明治座)お藤[4]
  • 2012年11月『客家』(天王洲銀河劇場・兵庫県立芸術文化センター)曽徳慈・謎の台湾人[4]
  • 2013年9月『40カラット』(大阪松竹座・東京芸術劇場)[4]
  • 2013年10月『TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY FINAL DREAM, A DREAM~宝塚歌劇100周年 前夜祭~』(東急シアターオーブ・梅田芸術劇場)[4]
  • 2014年2月『コンダーさんの恋』(明治座)伊藤梅子
  • 2014年10月『夫が多すぎて』(シアタークリエ) 
  • 2016年6月、 演劇女子『続・11人いる! 東の地平・西の永遠』(京都劇場サンシャイン劇場) - バパ大臣 役[8][9]
  • 2017年7月、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(明治座)マリア
  • 2017年11月、『夫婦漫才』(シアター1010他)
  • 2022年6月、『ガイズ&ドールズ』(帝国劇場)- カートライト将軍 役[10]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2011年度版』 阪急コミュニケーションズ、2011年、9頁。ISBN 978-4-484-11505-4
  2. ^ a b c d e Memories of 未沙のえる タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  3. ^ a b c d e f g h 宝塚退団後の初舞台は『大江戸緋鳥808』 未沙のえるインタビュー 宝塚ジャーナル。
  4. ^ a b c d e f g h 『コンダーさんの恋』未沙のえるインタビュー 宝塚ジャーナル。
  5. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 85.
  6. ^ 80年史 1994, p. 294.
  7. ^ 80年史 1994, p. 295.
  8. ^ “モーニング娘。ら演劇女子部が萩尾望都原作に、汐月しゅう・未沙のえるも出演”. ステージナタリー. (2016年4月16日). http://natalie.mu/stage/news/183840 2016年4月18日閲覧。 
  9. ^ “「続・11人いる!」でイリュージョンにも、工藤遥「挑戦がたくさん」”. ステージナタリー. (2016年4月25日). http://natalie.mu/stage/news/184967 2016年4月25日閲覧。 
  10. ^ ミュージカル「ガイズ&ドールズ」帝国劇場公演が一部中止に”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年6月20日). 2022年6月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 
  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫 著、編集統括:北川方英 編 『夢を描いて華やかに―宝塚歌劇80年史―』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5 

外部リンク[編集]