梨花ますみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梨花 ますみ(りか ますみ、4月14日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する女役。元雪組組長[2]

大阪府大阪市[1]夙川学院出身[1]。身長160cm[1]。愛称は「みと」[1]

来歴[編集]

1979年、宝塚音楽学校入学。

1981年、宝塚歌劇団に67期生として入団。入団時の成績は20番[3]花組公演「宝塚春の踊り恋天狗ファースト・ラブ」で初舞台[1][4]。その後、月組に配属。

1996年11月5日付で月組副組長に就任[4]

2000年8月22日付で花組へ組替えとなり、花組副組長に就任[4]

2007年12月25日付で専科へ異動となる[4][5]

2012年5月28日付で雪組へ異動となり、雪組組長に就任[6]

2019年2月11日付で再び専科へ異動となる[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

花組時代[編集]

専科時代[編集]

雪組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1986年10月、第28回『宝塚舞踊会』
  • 1998年5月、『WEST SIDE STORY』前夜祭
  • 2003年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング-』
  • 2004年1月、逸翁デー『タカラヅカ・ホームカミング-』
  • 2004年9月、『レビュー記念日』
  • 2004年11月、『ベルサイユのばら30
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2007年1月、『清く正しく美しく』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、10頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b 宝塚宙組3番手スター・愛月ひかるが来年2月に専科へ異動 スポーツ報知。
  3. ^ 100年史(人物) 2014, p. 93.
  4. ^ a b c d e 舞台に懸ける#102「梨花ますみ」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  5. ^ 花・月組の副組長が異動 産経新聞。
  6. ^ 『2011年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2012年、85頁。ISBN 978-4-484-12505-3
  7. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]