BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

BLUE・MOON・BLUE』-月明かりの赤い花-(ブルー ムーン ブルー つきあかりのあかいはな)は宝塚歌劇団の舞台作品。月組公演[1][2][3]。形式名は「ショー・イリュージョン[1][2][4]」。宝塚・東京は24場[1][2]、博多座は23場[4]

作・演出は齋藤吉正[1][2][4]。併演作品は『LUNA-月の伝言-[1][2][4]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[5]参考。

砂漠にたたずむ一人のゲリラ戦士がいた。瀕死の彼が月明かりの赤い花に導かれて巡る幻覚(イリュージョン)。伝説の鳥・ガルーダと蛇のナーガが一人の女性を巡って戦ったというインド神話等を織り交ぜながら、中東からアジアにわたる神話や風俗が、レビュー・シーンとして展開される。スピーディーでドラマティックなショー・ミュージカル。

オリジナルテーマ曲をTHE ALFEE高見沢俊彦が公演のために書き下ろした。齋藤吉正の宝塚大劇場における演出家デビュー作品。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京[2]」、「博多座[4]」の文字がなければ全劇場共通。

休演者[編集]

ベルリン公演出演のため、東京公演休演者[編集]

博多座公演休演者[編集]

主な配役[編集]

宝塚
東京の変更点
博多座の変更点
  • ナーガ、グナS、ブルーサファイア、赤い光 - 初風緑[4]
  • シヴァ、ライバル、戦士、フィナーレの紳士A、フィナーレのスター - 大空祐飛[4]
  • ハカン、フィナーレのスター - 汐美真帆[4]
  • ハヌマーン、ライバル、風神 - 越乃リュウ[4]
  • プラフマー、風神、フィナーレの紳士B - 紫城るい[4]
  • アネンタ、ウサギ、ガルーダイミテーョン、トパーズ、エトワール - 西條三恵[4]/叶千佳[4]
  • ライバル、風神、フィナーレの紳士B - 北翔海莉[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 90年史 2004, p. 112.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 90年史 2004, p. 116.
  3. ^ a b c 90年史 2004, p. 121.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 90年史 2004, p. 122.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 180.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]