ミー・アンド・マイガール (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミー・アンド・マイガール > ミー・アンド・マイガール (宝塚歌劇)

ミー・アンド・マイガール』 (ME AND MY GIRL) は宝塚歌劇団のミュージカル作品。同名ミュージカルの宝塚版。

作曲はノエル・ゲイ[1][2][3][4][5][6][7][8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]。 改訂はスティーヴン・フライ[1][2][3][4][5][6][7][8][15] [9][10][11][12][13][14]マイク・オクレント[1][2][3][4][5][6][7][8] [9][10][11][12][13][14]

UCC上島珈琲が協賛し、歌劇団初の冠公演として上演された。上演全てにUCC上島珈琲が協賛で参加している。

上演記録[編集]

1987年 - 1988年・月組公演
  • 1987年5月15日 - 6月23日[1](新人公演:5月26日[16]) 宝塚大劇場
  • 1987年8月2日 - 8月30日[3](新人公演:8月14日[17]) 東京宝塚劇場
  • 1987年11月13日 - 12月20日[2](新人公演:11月27日[16]) 宝塚大劇場
  • 1988年2月3日 - 2月11日[5] 中日劇場
  • 1988年3月3日 - 3月30日[4](新人公演:3月11日[5]) 東京宝塚劇場
宝塚歌劇で同一の組によるロングラン記録を樹立。
形式名は「UCCミュージカル[1][2][3][4][5]」。2場[1][2][3][4][5]
12月の宝塚大劇場公演では、ビル役を涼風真世、ジャッキー役を剣幸が務める役替わり公演も上演された。
11月の新人公演では、当時研一(入団1年目)の天海祐希が主演に抜擢された。
中日劇場の主な出演者[5]剣幸こだま愛涼風真世
1995年 - 1996年・月組公演
  • 1995年8月11日 - 9月25日[6](新人公演:8月29日[6]) 宝塚大劇場
  • 1995年12月1日 - 12月26日[7](新人公演:12月12日[7]) 東京宝塚劇場
  • 1996年2月1日 - 2月14日[8] 中日劇場
形式名は「UCCミュージカル[6][7][8]」。2場[6][7][8]
宝塚・東京はトップスターの天海祐希とトップ娘役の麻乃佳世退団公演。
1996年は、中日劇場で選抜メンバーにて上演。久世星佳風花舞のトップコンビのプレお披露目公演。
潤色・演出を担当してた小原が前年に逝去したため、初演時の演出助手だった三木章雄が潤色・演出を担当。以降は、三木が潤色・演出を担当している。
この作品を収録したDVD版がリリースされている[18]
2008年・月組公演
  • 2008年3月21日 - 5月5日(新人公演:4月8日) 宝塚大劇場[9]
  • 2008年5月23日 - 7月6日(新人公演:6月3日) 東京宝塚劇場[10]
  • 2008年8月1日 - 8月24日 博多座[11]
宝塚・東京における形式名は「UCC&シャディミュージカル[9][10]」、博多座は「ミュージカル[11]」。
大劇場公演は、宝塚歌劇団94期生が初舞台で、トップ娘役の彩乃かなみ・月組組長の出雲綾の退団公演。
本公演はジャッキー役を城咲あい明日海りおが役替わりで務めた。
こちらはUCC上島珈琲に加え、シャディも協賛に参加。
博多座では当時2番手男役の霧矢大夢が主演、相手役には羽桜しずくが抜擢された。
博多座公演では、ジェラルド役とジャッキー役を龍真咲と明日海が役替わりで務めた。
宝塚大劇場[9]役替わり(日程別)
ジャッキー ソフィア
3月21日 - 3月28日 明日海りお 城咲あい
3月29日 - 4月13日 城咲あい 明日海りお
4月14日 - 4月20日 明日海りお 城咲あい
4月21日 - 4月26日 城咲あい 明日海りお
4月27日 - 5月3日 明日海りお 城咲あい
5月4日 - 5月5日 城咲あい 明日海りお
東京宝塚劇場[10]役替わり(日程別)
ジャッキー ソフィア
5月23日 - 5月26日 明日海りお 城咲あい
5月27日 - 6月5日 城咲あい 明日海りお
6月6日 - 6月13日 明日海りお 城咲あい
6月14日 - 6月19日 城咲あい 明日海りお
6月20日 - 6月28日 明日海りお 城咲あい
6月29日 - 7月6日 城咲あい 明日海りお
2009年・花組公演
形式名は「ミュージカル[12]」。
選抜メンバーにて上演。初めて月組以外の組での上演された。
ジョン卿役を壮一帆愛音羽麗が、ジェラルド役を愛音と朝夏まなとが、ジャッキー役を壮と朝夏がそれぞれ役替わりで務めた。
役替わり(日程別)[19]
ジョン卿 ジェラルド ジャッキー
4日 - 6日
10・11日
14・15日
19日
壮一帆 愛音羽麗 朝夏まなと
7・8日
12・13日
17・18日
20日
愛音羽麗 朝夏まなと 壮一帆
2013年・月組公演
  • 5月4日 - 5月20日 梅田芸術劇場メインホール[13]
形式名は「ミュージカル[13]」。
選抜メンバーにて上演。
ジェラルドとジャッキーを美弥るりか凪七瑠海が、パーチェスターとヘザーセットを星条海斗沙央くらまがそれぞれ役替わりで務めた。
2016年・花組公演
宝塚大劇場と東京宝塚劇場で上演[20]
  • 4月29日(金)-6月6日(月)(新人公演:5月17日(火)) 宝塚大劇場[14]
  • 6月24日(金)-7月31日(日)(新人公演:7月7日(木)) 東京宝塚劇場[14]
形式名は「UCCミュージカル[14]」。
ジョン卿役を芹香斗亜瀬戸かずやが、マリア役を桜咲彩花仙名彩世が、ジェラルド役を芹香と水美舞斗が、ジャッキー役を柚香光鳳月杏が、パーチェスター役を柚香と鳳真由で役替わり上演[21]
新人公演は、ビル、サリー、ジョン郷、マリアがダブルキャストで、宝塚と東京で1幕2幕を入れ替えて上演、ジェラルドとジャッキーは宝塚と東京でキャストを入れ替えての上演となる[22]
東京宝塚劇場での千秋楽は映画館でのライブビューイングも実施された[23]
宝塚大劇場役替わり(日程別)[24]
ジョン卿 ジャクリーン
(ジャッキー)
ジェラルド パーチェスター マリア公爵夫人
4月29日-5月9日
5月19日-5月24日
芹香斗亜 柚香光 水美舞斗 鳳真由 桜咲彩花
5月10日-5月17日
5月26日-6月6日
瀬戸かずや 鳳月杏 芹香斗亜 柚香光 仙名彩世
東京宝塚劇場役替わり(日程別)[24]
ジョン卿 ジャクリーン
(ジャッキー)
ジェラルド パーチェスター マリア公爵夫人
7月2日-7月14日
7月26日-7月31日
芹香斗亜 柚香光 水美舞斗 鳳真由 桜咲彩花
6月24日-7月1日
7月16日-7月24日
瀬戸かずや 鳳月杏 芹香斗亜 柚香光 仙名彩世

スタッフ[編集]

1987年・1988年(中日劇場公演を除く)[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1][2]」「東京[3][4]」「5-8月」「1987年11月-1988年3月」の文字がなけれ全公演共通。

1995年・1996年[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[6]」「東京[7]」「中日[8]」の文字がなければ両劇場共通。

2008年[編集]

宝塚大劇場公演[15]
東京宝塚劇場[10]・博多座[11]公演
  • 脚本・作詩:L.アーサー・ローズ/ダグラス・ファーバー
  • 脚色:小原弘稔
  • 脚色・演出:三木章雄

2009年[編集]

  • 脚本・作詞:L.アーサー・ローズ/ダグラス・ファーバー[12]
  • 脚色:小原弘稔[12]
  • 脚色・演出:三木章雄[12]

2013年[編集]

  • 脚本・作詞:L.アーサー・ローズ/ダグラス・ファーバー[13]
  • 脚色:小原弘稔[13]
  • 脚色・演出:三木章雄[13]

2016年[編集]

※宝塚公式サイトのデータ[25]

  • 脚本・作詩:L.アーサー・ローズ/ダグラス・ファーバー
  • 脚色:小原弘稔
  • 脚色・演出:三木章雄
  • 翻訳:清水俊二
  • 訳詞:岩谷時子
  • 音楽監督:吉崎憲治
  • 編曲:前田繁実/脇田稔
  • 音楽指揮:佐々田愛一郎(宝塚の1幕)/清川知巳(宝塚の2幕)、御﨑惠(東京の1幕)/清川知巳(東京の2幕)
  • 振付:山田卓/麻咲梨乃/若央りさ/藤井真梨子/KENJI
  • ハットトリック指導:KENJI
  • 装置:石濱日出雄/関谷敏昭
  • 衣装:任田幾英
  • 照明:勝柴次朗
  • 音響:大坪正仁
  • 歌唱指導:ちあきしん
  • 演技指導:登坂倫子
  • 制作・著作:宝塚歌劇団
  • 主催:阪急電鉄株式会社

出演者一覧[編集]

※氏名の後ろの「()」はその年・当時の所属組。

1996年 中日劇場[編集]

※宝塚90年史からのデータ[8]

2008年 宝塚・東京[編集]

※下記のデータは宝塚公式ホームページによる[26][27]。研究科一年生(94期生)は東京のみ。

研究科一年生[編集]

2008年 博多座[編集]

※宝塚公式ページのデータ[28]

  • 霧矢大夢
  • 花瀬みずか
  • 良基天音
  • 研ルイス
  • 桐生園加
  • 美鳳あや
  • 音姫すなお
  • 天野ほたる
  • 星条海斗
  • 朝桐紫乃
  • 龍真咲
  • 麻月れんか
  • 萌花ゆりあ
  • 榎登也
  • 鼓英夏
  • 明日海りお
  • 五十鈴ひかり
  • 羽桜しずく
  • 妃乃あんじ
  • 響れおな
  • 玲実くれあ
  • 夏鳳しおり
  • 海桐望
  • 貴千碧
  • 麗百愛
  • 有瀬そう
  • 篁祐希
  • 蘭乃はな
  • 千海華蘭
  • 貴澄隼人
  • 真愛涼歌
  • 愛那結梨
  • 輝城みつる
  • 紗那ゆずは
  • 星那由貴
  • 翔我つばき
  • 都月みあ
  • 美宙果恋
  • 凜華もえ

2009年 梅田芸術劇場メインホール[編集]

※宝塚公式ページのデータ[29]

2013年 梅田芸術劇場メインホール[編集]

※宝塚公式ページのデータ[30]

2016年 宝塚・東京[編集]

※宝塚公式ページのデータ[31]

主な配役[編集]

年・月は、宝塚大劇場と東京宝塚劇場の場合は宝塚公演時のものである。

1980年代・1990年代[編集]

キャスト
  1987年月組 1995年月組 1996年月組
宝塚・東京公演 宝塚・東京公演 中日劇場公演
本公演 新人公演
5月・8月
新人公演
11月・3月
本公演 新人公演[注 1]
ビル 剣幸[1][2][3][4]
涼風真世[2][注 2]
涼風真世[16][17] 天海祐希[16][5] 天海祐希[6][7] 水夏希(一幕)[6][7]
成瀬こうき(二幕)[6][7]
久世星佳[8]
サリー こだま愛[1][2][3][4] 朝凪鈴[16][17] 檀ひとみ[16][5] 麻乃佳世[6][7] 千ほさち(一幕)[6][7]
水沢葉月(二幕)[6][7]
風花舞[8]
ジョン卿 郷真由加[1][2][3][4] 若央りさ[16][17] 久世星佳[16][5] 久世星佳[6][7] 水月静(一幕)[6][7]
彩輝直(二幕)[6][7]
汝鳥伶[8]
マリア 春風ひとみ[1][2][3][4] 淀都[16][17][5] 邦なつき[6][7] 星野瞳(一幕)[6][7]
那津乃咲(二幕) [6][7]
邦なつき[8]
ジェラルド 桐さと実[1][2][3][4] 久世星佳[16][17] 轟悠[16][5] 姿月あさと[6][7] 大和悠河(一幕)[6][7]
大空祐飛(二幕)[6][7]
姿月あさと[8]
ジャッキー 涼風真世[1][2][3][4]
(剣幸[2][注 2]
檀ひとみ[16][17] 若央りさ[16][5] 真琴つばさ[6][7] 樹里咲穂(一幕)[6][7]
華月あや(二幕)[6][7]
樹里咲穂[8]
パーチェスター 未沙のえる[1][2][3][4] 波音みちる[16][17][5] 汐風幸[6][7] 嘉月絵理[6][7] 汐風幸[8]
ヘザーセット 星原美沙緒[1][2][3][4] 美輪さいこ[注 3] 真山葉瑠 祐輝薫 真山葉瑠
バターズビー卿 愛川麻貴[1][2][3][4] 大峯麻友 葵美哉 舞音梓 光樹すばる
レディ・バターズビー 京三紗[1][2][3][4] 梨花ますみ 夏妃真美 山吹紗世 夏妃真美
ジャスパー卿 汝鳥伶[1][2][3][4] 八汐祐季 大峯麻友 高翔みず希 大峯麻友
ワーシントン夫人 朝みち子[1][2][3][4] 千田真弓 梨花ますみ 高牟礼あゆ 暁なぎさ
ソフィア・ブライトン 朝凪鈴 舞希彩 風花舞 南城ひかり 山吹紗世
ランベス・キング 葵美哉[1][2][3][4] 幸風イレネ 鷹悠貴 越乃リュウ 鷹悠貴
ランベス・クイーン 千田真弓[1][2][3][4] 雪邑響子 山吹紗世 瑠菜まり 高牟礼あゆ
ブラウン夫人 邦なつき[1][2][3][4] 並樹かおり 夏河ゆら 逢原せりか
ボブ・パーキング 八汐祐季 いつき吟夏 樹里咲穂 大鷹つばさ 高翔みず希

2000年代[編集]

キャスト
  2008年月組 2009年花組
宝塚・東京公演 博多座公演 梅田芸術劇場
メインホール公演
本公演 新人公演[注 1]
ビル 瀬奈じゅん[32][33] 明日海りお[32][33] 霧矢大夢[34] 真飛聖[35]
サリー 彩乃かなみ[32][33] 羽桜しずく[32][33][34] 桜乃彩音[35]
ジョン卿 霧矢大夢[32][33] 流輝一斗(一幕)[32][33]
光月るう(二幕)[32][33]
桐生園加[34] 壮一帆[35][注 4]
愛音羽麗[35][注 4]
マリア 出雲綾[32][33] 彩星りおん(一幕)[32][33]
羽咲まな(二幕)[32][33]
京三紗[34][35]
ジェラルド 遼河はるひ[32][33] 紫門ゆりや(一幕)[32][33]
宇月颯(二幕)[32][33]
龍真咲[34][注 5]
明日海りお[34][注 5]
愛音羽麗[35][注 4]
朝夏まなと[35][注 4]
ジャッキー 城咲あい[32][33][注 6]
明日海りお[32][33][注 6]
蘭乃はな[32][33] 明日海りお[34][注 5]
龍真咲[34][注 5]
朝夏まなと[35][注 4]
壮一帆[35][注 4]
パーチェスター 未沙のえる[32][33] 五十鈴ひかり(一幕)[32][33]
美翔かずき(二幕)[32][33]
星条海斗[34] 未沙のえる[35]
ヘザーセット 越乃リュウ[32][33] 華央あみり(一幕)[32][33]
海桐望(二幕)[32][33]
研ルイス[34] 夏美よう[35]
バターズビー卿 一色瑠加[32][33] 沢希理寿[32][33] 良基天音[34] 日向燦[35]
レディ・バターズビー 憧花ゆりの[32][33] 紗蘭えりか[32][33] 花瀬みずか[34] 初姫さあや[35]
ジャスパー卿 北嶋麻実[32][33] 彩央寿音[32][33] 朝桐紫乃[34] 紫峰七海[35]
ワーシントン夫人 天野ほたる[32][33] 白雪さち花[32][33] 天野ほたる[34] 聖花まい[35]
ソフィア・ブライトン 明日海りお[32][33][注 6]
城咲あい[32][33][注 6]
琴音和葉[32][33] 萌花ゆりあ[34] 桜一花[35]
ランベス・キング 桐生園加[32][33] 瑞羽奏都[32][33] 麻月れんか[34] 祐澄しゅん[35]
ランベス・クイーン 涼城まりな[32][33] 玲実くれあ[32][33][34] 華月由舞[35]
ブラウン夫人 美鳳あや[32][33] 夏月都[32][33] 美鳳あや[34] 絵莉千晶[35]
ボブ・パーキング 青樹泉[32][33] 響れおな[32][33][34] 月央和沙[35]

2010年代[編集]

キャスト
  2013年月組 2016年花組
梅田芸術劇場
メインホール公演
宝塚・東京公演
本公演 新人公演[注 1]
ビル 龍真咲[36] 明日海りお[37] 優波慧(一幕・宝塚 / 二幕・東京)[37]
綺城ひか理(二幕・宝塚 / 一幕・東京)[37]
サリー 愛希れいか[36] 花乃まりあ[37] 城妃美伶(一幕・宝塚 / 二幕・東京)[37]
音くり寿(二幕・宝塚 / 一幕・東京)[37]
ジョン卿 越乃リュウ[36] 芹香斗亜[37][注 7]
瀬戸かずや[37][注 8]
亜蓮冬馬(一幕・宝塚 / 二幕・東京)[37]
飛龍つかさ(二幕・宝塚 / 一幕・東京)[37]
マリア 憧花ゆりの[36] 桜咲彩花[注 9]
仙名彩世[37][注 9]
春妃うらら(一幕・宝塚 / 二幕・東京)[37]
乙羽映見(二幕・宝塚 / 一幕・東京)[37]
ジェラルド 凪七瑠海[36][注 5]
美弥るりか[36][注 5]
水美舞斗[37][注 10]
芹香斗亜[37][注 7]
聖乃あすか(宝塚)[37]
帆純まひろ(東京)[37]
ジャッキー 美弥るりか[36][注 5]
凪七瑠海[36][注 5]
柚香光[37][注 11]
鳳月杏[37][注 12]
帆純まひろ(宝塚)[37]
聖乃あすか(東京)[37]
パーチェスター 星条海斗[36][注 13]
沙央くらま[36][注 13]
鳳真由 [37][注 14]
柚香光[37][注 11]
矢吹世奈[37]
ヘザーセット 沙央くらま[36][注 13]
星条海斗[36][注 13]
天真みちる[37] 澄月菜音[37]
バターズビー卿 紫門ゆりや[36] 高翔みず希[37] 紅羽真希[37]
レディ・バターズビー 萌花ゆりあ[36] 花野じゅりあ[37] 更紗那知[37]
ジャスパー卿 綾月せり[36] 夕霧らい[37] 千幸あき[37]
ワーシントン夫人 妃鳳こころ[36] 梅咲衣舞[37] 雛リリカ[37]
ソフィア・ブライトン 花陽みら[36] 華雅りりか[37] 桜花りな[37]
ランベス・キング 煌月爽矢[36] 瀬戸かずや [37][注 8]
鳳真由[37][注 14]
七輝かおる[37]
ランベス・クイーン 玲実くれあ[36] 鳳月杏[37][注 12]
水美舞斗[37][注 10]
朝月希和[37]
ブラウン夫人 光月るう[36] 芽吹幸奈[37] 若草萌香[37]
ボブ・パーキング 宇月颯[36] 冴月瑠那[37] 桜舞しおん[37]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 一幕と二幕で役替わりあり
  2. ^ a b 宝塚大劇場の1987年12月5・12・19日の11時(JST)公演に於いて、涼風がビル、剣がジャッキーという役替わり公演が行われた
  3. ^ 1988年3月の東京宝塚劇場公演では美輪休演のため、いつき吟夏が代役
  4. ^ a b c d e f ジョン卿とジェラルドとジャッキーの役替わり
  5. ^ a b c d e f g h ジェラルドとジャッキーの役替わり
  6. ^ a b c d ジャッキーとソフィアの役替わり
  7. ^ a b ジョン卿とジェラルドの役替わり
  8. ^ a b ジョン卿とランベス・キングの役替わり
  9. ^ a b ダブルキャスト
  10. ^ a b ジェラルドとランベス・クイーンの役替わり
  11. ^ a b ジャッキーとパーチェスターの役替わり
  12. ^ a b ジャッキーとランベス・クイーンの役替わり
  13. ^ a b c d パーチェスターとヘザーセットの役替わり
  14. ^ a b パーチェスターとランベス・キングの役替わり

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 80年史 1994, p. 323.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 80年史 1994, p. 324.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 80年史 1994, p. 325.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 80年史 1994, p. 330.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 80年史 1994, p. 333.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 90年史 2004, p. 41.
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 90年史 2004, p. 43.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 90年史 2004, p. 59.
  9. ^ a b c d e f 2008年・宝塚公演案内(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g 2008年・東京公演案内(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  11. ^ a b c d e f 2008年・博多座公演案内(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 2009年・梅田芸術劇場メインホール公演案内(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h 2013年・梅田芸術劇場メインホール公演案内(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 2016年・宝塚東京公演案内(宝塚公式) 2016年4月28日閲覧。
  15. ^ a b 宝塚プログラム 2008.
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 80年史 1994, p. 326.
  17. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 327.
  18. ^ 『ME AND MY GIRL』('95年月組)宝塚クリエイティブアーツ公式サイト
  19. ^ Le Cinq 2009.
  20. ^ 宝塚、「ME AND MY GIRL」を花組で来春再演”. スポーツ報知 (2015年8月28日). 2015年10月1日閲覧。
  21. ^ 花組公演『ME AND MY GIRL』主な配役と役替わりについて”. 宝塚歌劇団公式サイト (2015年12月4日). 2015年12月7日閲覧。
  22. ^ 花組公演『ME AND MY GIRL』新人公演主な配役と役替わりについて”. 宝塚歌劇団 (2016年3月19日). 2016年3月22日閲覧。
  23. ^ “宝塚花組「ME AND MY GIRL」千秋楽を全国映画館でライブビューイング”. ステージナタリー. (2016年6月14日). http://natalie.mu/stage/news/190840 2016年6月14日閲覧。 
  24. ^ a b 花組公演『ME AND MY GIRL』主な配役と役替わりについて 2016年4月28日閲覧。
  25. ^ 2016年・宝塚東京スタッフ(宝塚公式) 2016年4月28日閲覧。
  26. ^ 2008年・宝塚出演者(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  27. ^ 2008年・東京出演者(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  28. ^ 2008年・博多座出演者(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  29. ^ 2009年・梅芸出演者(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  30. ^ 2013年・梅芸出演者(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  31. ^ 2016年・宝塚東京出演者(宝塚公式) 2016年4月28日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 2008年・宝塚配役(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 2008年・東京配役(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 2008年・博多座配役(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 2009年・梅田芸術劇場メインホール配役(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 2013年・梅田芸術劇場メインホール配役(宝塚公式) 2015年10月2日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at 2016年・宝塚東京配役(宝塚公式) 2019年2月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年。ISBN 4-924333-11-5
  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚大劇場公演プログラム』阪急コミュニケーションズ、2008年3月21日。
  • 監修・著作権者:小林公一『Le Cinq・特別集 ME AND MY GIRL』阪急コミュニケーションズ、2009年7月25日。

外部リンク[編集]