帆純まひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

帆純 まひろ(ほずみ まひろ、3月15日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

兵庫県西宮市[1][2]市立甲陵中学校出身[1][2]。身長170cm[1][3]。愛称は「せの」、「ホッティー」、「まひろ」、「ほっちゃん」[1]

来歴[編集]

2011年、宝塚音楽学校入学。

2013年、宝塚歌劇団に99期生として入団[4][5]。入団時の成績は27番[4]雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[4]

2014年、組まわりを経て花組に配属[4][3]

元雪組トップスター・早霧せいな似の容姿で注目を集め、2019年、仙名彩世退団公演となる「CASANOVA」で、新人公演初主演[6][3][5]。99期から初の新人公演主演者誕生となった[3]

2022年のバウ・ワークショップ「殉情」で、バウホール公演初主演[2][5][7]

人物[編集]

幼少の頃からバトントワリングに取り組み、全国大会では優勝常連のチームで腕を磨き、大阪・御堂筋パレードでも活躍した[3]

バトンの先生が宝塚ファンでもあり、2005年宙組公演「炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ」で宝塚を初観劇[3]。ショーで楽しそうにキラキラと歌ったり踊ったりしている姿に感動[3]。中学2年でバトン個人の部で全国大会に進出したのを機に、音楽学校の受験勉強に照準を切り替えた[3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』
  • 2021年1 - 2月、水美舞斗スペシャルライブ『Aqua Bella!!』[9]
  • 2021年5月、華優希スペシャルライブ『華詩集』[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 5/20〜27のみ特別出演。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]