明日海りお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あすみ りお
明日海 りお
生年月日 6月26日
出生地 静岡県静岡市
身長 169 cm
血液型 B型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2012年:月組準トップスター就任
2013年:花組へ異動
2014年:花組トップスター就任
2019年:宝塚歌劇団退団予定
公式サイト 明日海りお 公式プロフィール
明日海りお 三井住友VISA公式ページ
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら
エリザベート
ME AND MY GIRL
ポーの一族
テンプレートを表示

明日海 りお(あすみ りお、6月26日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役。花組トップスター。

静岡県静岡市[1]静岡雙葉中学校出身[1]。身長169cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「みりお」、「さゆみし」、「みりりん」、「みりそ」[1]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学[3]

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団[3]。入団時の成績は8番[4]月組公演「花の宝塚風土記シニョール・ドン・ファン」で初舞台[1]。その後、月組に配属[3]

2008年、バウ・ワークショップ「ホフマン物語」でバウホール公演初主演[5]。続く「ME AND MY GIRL」で新人公演初主演[5]。その後、4作連続で新人公演主演に抜擢[6]

2009年、「二人の貴公子」で龍真咲とバウホール公演W主演[7]

2011年、「アリスの恋人」でバウホール単独・東上公演初主演[8]

2012年、龍真咲の月組トップスター昇格に伴い、劇団史上初となる[9]月組準トップスターに就任[10][9][8]。龍真咲・愛希れいかトップコンビ大劇場お披露目となる「ロミオとジュリエット」で、ロミオとティボルトの2役を、翌年の「ベルサイユのばら」でオスカルアンドレの2役を、トップスター龍と異例の[9]役替わりで演じる[10]

2013年3月25日付で花組へと組替え[11]

2014年5月12日付で、蘭寿とむの後任として花組トップスターに就任[3]。同年、自身3度目の出演となる「エリザベート」で大劇場トップお披露目[5]。相手役は前任より引き続き蘭乃はなが務め、同公演で退団した後は、花乃まりあを相手役に迎える[3]

2015年、自身初となる第二回台湾公演「ベルサイユのばら/宝塚幻想曲」に出演[10]

2017年に花乃まりあが退団後は、仙名彩世華優希が相手役を務め、相手役が4人変わるのは、宝塚のトップ制度固定後では最多記録となった[9]

2019年11月24日、4人目の相手役・華優希の大劇場お披露目となる「A Fairy Tale/シャルム!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[10][9]予定。

平成以降のトップでは、トップ在任期間が5年半と、和央ようか柚希礼音に次ぐ3番目の記録となり[10][9]、大劇場主演作12作(準トップ時代含む)は、平成以降に退団したトップとしては史上最多となった[10]

人物[編集]

一人っ子[12]

1歳からスイミングを習い、小学校入学まで続けていた[12]。3歳からバレエ、4歳からピアノと習字を習っていた[12]

中学3年生の夏休みにバレエ教室の友人から借りた真琴つばさ主演の月組公演「LUNA-月の伝言-/BLUE・MOON・BLUE」のビデオを観て、宝塚に夢中になる[12][13]。ビデオを観た翌日に出発した家族旅行で訪れた香港では、宝塚のことが頭から離れずに食事が喉を通らず、痩せて帰国したという[12][14]

両親に音楽学校を受験したいと告げるも、一人娘が親元を離れ厳しい芸の世界に入ることを大反対される[14]。三日三晩部屋にこもって泣き喚き、仕舞には発熱し寝込んだ姿を見て、「そんなに言うのなら受けてみなさい」と受験を許された[12][14]

ラジオ番組「ビバ!タカラジェンヌ」の視聴者プレゼントに応募したところチケットが当選し、受験直前に母と共に月組公演「ゼンダ城の虜/ジャズマニア」で、宝塚初観劇[12][13]

特技は「利き柔軟剤」で、柔軟剤が好きで色々な種類を集めているため、すれ違った人から香る柔軟剤の種類が分かる[2]

芸名は、明るく未来へ向かっていく感じの名前を、と家族で考えた[15]。 「りお」は響きが好きだったから[15]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

月組準トップスター時代[編集]

花組時代[編集]

花組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2006年11月、植田紳爾演出家50周年記念スペシャル『夢のメモランダム』-植田紳爾・魂(こころ)の軌跡-
  • 2007年1月、小林一三没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』-この教え護り続けて-
  • 2007年4月、瀬奈じゅんディナーショー『EL VIENTO』
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2008年12月、『タカラヅカスペシャル2008〜La Festa!〜』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年4〜5月、明日海りおディナーショー『Z-LIVE』 主演
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2013年11月、明日海りおディナーショー『ASUMIC ADVANCE』 主演
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年10月、『宝塚歌劇100周年記念 大運動会』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2016年4月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2009年、『宝塚歌劇団年度賞』2008年度新人賞
  • 2009年、『阪急すみれ会パンジー賞』新人賞[17]
  • 2011年、『宝塚歌劇団年度賞』2010年度努力賞
  • 2013年、『宝塚歌劇団年度賞』2012年度優秀賞
  • 2015年、『平成27年度(第70回)文化庁芸術祭賞』演劇部門新人賞
  • 2016年、『宝塚歌劇団年度賞』2015年度特別賞
  • 2016年、『阪急すみれ会パンジー賞』男役賞
  • 2018年、『宝塚歌劇団年度賞』2017年度優秀賞
  • 2019年、『宝塚歌劇団年度賞』2018年度特別賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、16頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b 「Smart Catalogue」『宝塚GRAPH』2010年4月号、阪急コミュニケーションズ、2010年、63頁。
  3. ^ a b c d e 【ヒューマン】明日海りお、宝塚100周年に射止めた花組新トップサンスポ
  4. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、115頁。ISBN 9784484146010
  5. ^ a b c 静のトップで難役死に神/明日海りお日刊スポーツ
  6. ^ 【ヒューマン】明日海りお、宝塚100周年に射止めた花組新トップサンスポ
  7. ^ 二人の貴公子でW主演 宝塚月組・龍真咲&明日海りお朝日新聞デジタル
  8. ^ a b 今年の漢字“愉”来年の抱負“快”/明日海りお日刊スポーツ
  9. ^ a b c d e f 花組トップ明日海りお退団公演「はかなさと美表現」日刊スポーツ
  10. ^ a b c d e f 宝塚花組トップ・明日海りおさん退団へ産経ニュース
  11. ^ 【ヒューマン】明日海りお、宝塚100周年に射止めた花組新トップサンスポ
  12. ^ a b c d e f g 「波瀾爆笑!?我が人生 明日海りお」『宝塚GRAPH』2010年1月号、阪急コミュニケーションズ、2010年、90-92頁。
  13. ^ a b フェアリーインタビュー 月組 明日海りお”. ウィズたからづか. 2013年5月30日閲覧。
  14. ^ a b c 明日海りお スペシャルインタビュー”. タカラヅカ・オン・デマンド. 2013年5月30日閲覧。
  15. ^ a b 月組 明日海りお The name of タカラジェンヌII”. ENAK. 2013年5月30日閲覧。
  16. ^ 1/7~13のみ
  17. ^ 2009年宝塚Stage Album ISBN 978-4484105031

外部リンク[編集]