早霧せいな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さぎり せいな
早霧 せいな
生年月日 (1980-09-18) 1980年9月18日(38歳)
出生地 長崎県佐世保市
身長 168 cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2001年 -
活動内容 2001年:宝塚歌劇団入団、宙組配属
2009年雪組へ異動
2014年:雪組トップスター就任
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
著名な家族 千北英倫子(妹)
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら
ルパン三世
星逢一夜
るろうに剣心
備考
宝塚歌劇団卒業生

早霧 せいな(さぎり せいな、1980年9月18日[1] - )は、日本アーティスト。元宝塚歌劇団雪組トップスター。

長崎県佐世保市[1]県立佐世保西高等学校出身[1]。身長168cm[1]。愛称は「ちぎ」[1]

来歴[編集]

1999年4月、宝塚音楽学校入学。

2001年3月、宝塚歌劇団に87期生として入団。入団時の成績は19番。宙組公演「ベルサイユのばら2001」で初舞台。その後、宙組に配属。

2006年和央ようか花總まり退団公演となる「NEVER SAY GOODBYE」で、新人公演初主演。同年、貴城けい紫城るい大劇場お披露目であり退団公演となる「維新回天・竜馬伝!」で、新人公演主演。

2009年2月24日付で、雪組へ組替え。

2011年音月桂大劇場お披露目となる「ロミオとジュリエット」より、新生雪組の2番手として躍進。

2014年、「ベルサイユのばら-オスカルアンドレ編-」で、全国ツアー初主演。同年9月1日付で、壮一帆の後任として、雪組トップスターに就任。初舞台後、宙組配属の出身者からは初のトップスター誕生となる[2]

2015年、相手役に咲妃みゆを迎え、「ルパン三世/ファンシー・ガイ!」で、大劇場お披露目。

2017年7月23日、「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

人物[編集]

妹はフリーアナウンサーの千北英倫子[要出典]

トップ就任以降、大劇場主演作が5作連続で稼働率100%超えを達成し、宝塚史上初の新記録を打ち立てる[3][4]

1998年の宙組創設以来、同組から出たはじめてのトップスターでもある。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

宙組時代[編集]

  • 2002年7〜11月、『鳳凰伝/ザ・ショー・ストッパー』家来、新人公演:ゼリム(本役:初嶺麿代
  • 2003年2〜6月、『傭兵ピエール満天星大夜總会』新人公演:ギョーム(本役:七帆ひかる
  • 2003年10月〜04年2月、『白昼の稲妻テンプテーション!』ペール、新人公演:サバティエ(本役:大和悠河
  • 2004年3月、ドラマシティ他公演『BOXMAN』デレク
  • 2004年5〜8月、『ファントム』新人公演:リシャール(本役:遼河はるひ
  • 2004年10〜11月、全国ツアー『風と共に去りぬ』フィル
  • 2005年1〜4月、『ホテルステラマリス/レヴュー伝説』新人公演:ガイ(本役:大和悠河)
  • 2005年5〜6月、バウホール公演『Le Petit Jardin 幸せの庭』パトリック
  • 2005年8〜11月、『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』サート、新人公演:パリア(本役:大和悠河)
  • 2005年12月、ドラマシティ公演『和央ようかコンサート W-WING』
  • 2006年4〜7月、『NEVER SAY GOODBYE』ラリック、新人公演:ジョルジュ(本役:和央ようか)*新人公演初主演
  • 2006年8月、バウホール公演『UNDERSTUDY』コーネリアス・グリーン
  • 2006年11月~2007年2月、『維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック』沖田総司、新人公演:坂本竜馬(本役:貴城けい)*新人公演主演
  • 2007年3~4月、シアタードラマシティ他『A/L -怪盗ルパンの青春-』ドニス
  • 2007年6~9月、『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』マルコス、新人公演:ラモン・カルドス(本役:蘭寿とむ北翔海莉)、代役:ドン・ファン・カルデロ(本役:七帆ひかる)[5]
  • 2007年11月、宝塚バウホール公演『THE SECOND LIFE』ケリー
  • 2008年2〜5月、『黎明の風/Passion 愛の旅』宮川喜一郎
  • 2008年6〜7月、バウWS『殉情』佐助 *バウ初主演
  • 2008年9~12月、『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』ピーター
  • 2009年2月、『外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-/ダンシング・フォー・ユー』(中日劇場)オスカル、ベルナール(凪七瑠海と役替わり)

雪組時代[編集]

雪組トップスター時代[編集]

  • 2014年10月、『伯爵令嬢-ジュ・テーム、きみを愛さずにはいられない-』(日生劇場)アラン・ド・オルレアン *トップお披露目公演
  • 2015年1月~3月、『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-/ファンシー・ガイ!』ルパン三世 *大劇場トップお披露目公演
  • 2015年5月、『星影の人/ファンシー・ガイ!』(博多座)沖田総司
  • 2015年7月~10月、『星逢一夜/La Esmeralda』天野晴興(紀之介)
  • 2015年11月~12月、『哀しみのコルドバ/La Esmeralda』(全国ツアー)エリオ・サルバドール
  • 2016年2月~5月、『るろうに剣心緋村剣心
  • 2016年6月~8月、『ローマの休日』(中日劇場・赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場)ジョー・ブラッドレー
  • 2016年10月~12月、『私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!』ケイレブ・ハント 
  • 2017年2月、『星逢一夜/Greatest HITS!』(中日劇場)天野晴興(紀之介)
  • 2017年4月~7月、『幕末太陽傳/Dramatic “S”!』居残り佐平次 *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • コンサート『SECRET SPLENDOUR』(2017年11月 TBS赤坂ACTシアター、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
  • ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー英語版フィンランド語版』(2018年5月 - 6月 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、TBS赤坂ACTシアター) - テス・ハーディング役
  • 浪漫活劇『るろうに剣心』(2018年10月-11月 新橋演舞場、大阪松竹座)-緋村剣心役[7]

テレビ番組[編集]

  • 2018年4月 - 宝塚プルミエール (WOWOW)- ナレーション(予定)[8]
  • 2018年4月19日 - あさイチ(NHK)- JAPA-NAVI
  • 2018年6月2日 - 世界ふしぎ発見!(TBS)
  • 2018年6月2日 - SWITCHインタビュー 達人達(NHK)
  • 2018年8月4日 - 世界ふしぎ発見!(TBS)[9]
  • 2018年9月1日 - 世界ふしぎ発見!(TBS)[9]

受賞歴[編集]

  • 2007年、「宝塚歌劇団年度賞」2006年度新人賞
  • 2012年、「宝塚歌劇団年度賞」2011年度努力賞
  • 2015年、「宝塚歌劇団年度賞」2014年度優秀賞
  • 2017年、「宝塚歌劇団年度賞」2016年度優秀賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、74頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ 早霧せいな、咲妃みゆ トップ&娘が同時退団発表日刊スポーツより。
  3. ^ 宝塚トップに就いた瞬間カウントダウン、早霧の退団日刊スポーツより。
  4. ^ 早霧せいな本拠地に別れ、パレードに6000人殺到Sponichi Annexより。
  5. ^ 七帆ひかるの休演により、7/14~宝塚千秋楽までドン・ファン・カルデロを演じる。マルコス役は凪七瑠海が務めた。
  6. ^ a b 4/23~30の凰稀かなめ特別出演期間のみベルナールを演じる。
  7. ^ 浪漫活劇『るろうに剣心』”. ruroken-stage.com. 2018年10月31日閲覧。
  8. ^ 「宝塚プルミエール」新ナレーターは早霧せいな「早霧の味を惜しみなく」ステージナタリーより。
  9. ^ a b スケジュール | 早霧せいなオフィシャルファンクラブ TEAM SS” (日本語). seinasagiri.com. 2018年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]