大鳥れい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおとり れい
大鳥 れい
生年月日 11月6日
出身地 日本の旗 日本 大阪府池田市
身長 162cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 1993年 -
活動内容 1993年:宝塚歌劇団入団
1994年:花組配属
1998年:花組トップ娘役就任
2003年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 ACT JP エンターテイメント
公式サイト 大鳥れい 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
夜明けの序曲
源氏物語 あさきゆめみし
琥珀色の雨にぬれて
エリザベート
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

大鳥 れい(おおとり れい、11月6日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役[1][2][3]

大阪府池田市[2][3]府立渋谷高等学校出身[4]。身長162cm[1]。愛称は「みどり」[5][2]

所属事務所はACT JP エンターテイメント[1]

来歴[編集]

1991年、宝塚音楽学校入学。

1993年、宝塚歌劇団に79期生として入団[2][3]月組公演「グランドホテルBROADWAY BOYS」で初舞台[6][5]

1994年、組まわりを経て花組に配属[6][5]

大人っぽい美貌と舞台度胸の良さで注目を集め[3]、1995年、真矢みき純名里沙トップコンビ大劇場お披露目となる「エデンの東」で、新人公演初ヒロイン[5][7]

1997年の「君に恋して ラビリンス!」でバウホール公演初ヒロイン[5]。同年、「ザッツ・レビュー」で2度目の新人公演ヒロイン[8]

1998年10月6日付で花組トップ娘役に就任[3]愛華みれの相手役として、翌年の「夜明けの序曲」でトップコンビ大劇場お披露目[6][5][3]

2001年に愛華が退団後は匠ひびき春野寿美礼の相手役を務め、2003年2月9日、春野とのトップコンビ大劇場お披露目となる「エリザベート」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3][2]。退団公演ではタイトルロールとなるエリザベート役を演じた[3]

退団後は舞台を中心に活動している[1]

人物[編集]

芸名は、自身の好きな女優・オードリー・ヘプバーンに由来する[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

  • 1994年3 - 7月、『ブラック・ジャック 危険な賭け』『火の鳥
  • 1994年9 - 11月、『冬の嵐、ペテルブルグに死す』 - 新人公演:ポリィナ(本役:月影瞳)『ハイパー・ステージ!』(宝塚大劇場のみ)
  • 1995年1月、『哀しみのコルドバ』『メガ・ヴィジョン』(宝塚大劇場)
  • 1995年3月、『哀しみのコルドバ』『メガ・ヴィジョン』(劇場飛天
  • 1995年4月、『哀しみのコルドバ』 - 新人公演:ソニア(本役:渚あき)『メガ・ヴィジョン』(東京宝塚劇場)
  • 1995年6 - 8月、『エデンの東』 - 新人公演:アブラ(本役:純名里沙)『ダンディズム!』(宝塚大劇場) 新人公演初ヒロイン[5][7]
  • 1995年9 - 10月、『紅はこべ』『メガ・ヴィジョン』(全国ツアー)
  • 1995年11月、『エデンの東』 - 新人公演:アブラ(本役:純名里沙)『ダンディズム!』(東京宝塚劇場)
  • 1996年1 - 2月、『花は花なり』『ハイペリオン』(宝塚大劇場)
  • 1996年3月、『HURRICANE』(バウホール) - アナ
  • 1996年4月、『花は花なり』『ハイペリオン』(東京宝塚劇場)
  • 1996年6 - 8月、『ハウ・トゥー・サクシード』(宝塚大劇場) - 新人公演:ミス・クラムホルツ(本役:千紘れいか[注釈 1]
  • 1996年9 - 10月、『HURRICANE』(日本青年館愛知厚生年金会館) - アナ
  • 1996年11月、『ハウ・トゥー・サクシード』(東京宝塚劇場) - 新人公演:ミス・クラムホルツ(本役:幸美杏奈[注釈 2]
  • 1996年12 - 1997年1月、『RYOMA』(ドラマシティ)
  • 1997年2 - 3月、『失われた楽園』 - 新人公演:ヘレン・ウッド(本役:詩乃優花)『サザンクロス・レビュー』(宝塚大劇場)
  • 1997年4 - 5月、『君に恋して ラビリンス!』(バウホール) - マリー バウ初ヒロイン[5]
  • 1997年6月、『失われた楽園』 - 新人公演:ヘレン・ウッド(本役:詩乃優花)『サザンクロス・レビュー』(東京宝塚劇場)
  • 1997年8 - 9月、『ザッツ・レビュー』(宝塚大劇場) - 由紀、新人公演:仙(本役:千ほさち新人公演ヒロイン[8]
  • 1997年10 - 11月、『ブルー・スワン』(バウホール・日本青年館・愛知県芸術劇場) - ジジ
  • 1997年12月、『ザッツ・レビュー』(東京宝塚劇場) - 由紀、新人公演:仙(本役:千ほさち)
  • 1998年2月、『ザッツ・レビュー』(中日劇場) - 由紀
  • 1998年3月、『ヴェロニック』(バウホール) - アガート
  • 1998年5 - 6月、『SPEAKEASY』 - パトリシア、新人公演:ジェニー・ダイバー(本役:詩乃優花)『スナイパー』(宝塚大劇場)
  • 1998年7月、『ヴェロニック』(日本青年館) - アガート
  • 1998年8 - 10月、『SPEAKEASY』 - パトリシア、新人公演:ジェニー・ダイバー(本役:詩乃優花)『スナイパー』(1000days劇場

花組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1997年12月、『アデュー東京宝塚劇場
  • 1998年5月、'98TCAスペシャル『タカラジェンヌ!』
  • 1998年7月、『'98宝塚巴里祭』
  • 1998年12月、『レビュー・スペシャル'98』
  • 1999年3月、愛華みれディナーショー『LA GARE』
  • 1999年5月、'99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 1999年10月、『茂山忠三郎レッスン発表会』
  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2002年6月、TCAスペシャル2002『LOVE』
  • 2002年12月、『吉崎憲治オリジナルコンサート』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
  • 松井誠新春特別公演「喜劇・くらわんか!/華・艶・舞」(新歌舞伎座
  • 「暴れん坊将軍スペシャル 〜唄って踊って八百八町!/唄う絵草紙〜」(御園座)
  • 「泣いたらあかん」全国縦断特別公演(浪切ホールほか)
2008年
2009年
2010年
  • 「タップジゴロ」(博品館劇場
  • 「うりずんの風」(笹塚ファクトリー)
2011年
2012年
  • 「パルレ 洗濯」(三越劇場、俳優座劇場
  • 「棘 L’ECHARDE」(銕仙会能楽研修所)
  • 「タップ・ジゴロ」(博品館劇場)
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
  • 青山真治作・演出「しがさん無事? are you alright, my-me?」(下北沢小劇場B1)
2020年
  • 「花火の陰」主演(三越劇場)
  • 「赤すぎて、黒」(萬劇場

ドラマ[編集]

映画[編集]

広告・CM[編集]

  • NTTドコモ関西/東海(PHS)(2000年)
  • 浜縮緬工業協同組合「2019年版 浜ちりめんカレンダー」(2019年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 大鳥れい 公式プロフィール ACT JP エンターテイメント株式会社。
  2. ^ a b c d e f g The name of タカラジェンヌ 産経新聞ENAK。
  3. ^ a b c d e f g h i j The SUMiRE STYLE 産経新聞ENAK。
  4. ^ 『宝塚おとめ 2002年度版』 阪急コーポレーション、2002年、31頁。ISBN 4-89485-084-2
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 花組 大鳥れい 産経新聞ENAK。
  6. ^ a b c d e 花組 大鳥れい インタビュー 産経新聞。
  7. ^ a b 100年史(舞台), p. 308.
  8. ^ a b 100年史(舞台), p. 309.
  9. ^ 体調不良 大鳥れいが休演 ENAK SUMiRE STYLE。

注釈[編集]

  1. ^ 1幕のみ。
  2. ^ 1幕のみ。
  3. ^ 体調不良により1/17〜18は休演。代役は遠野あすかが務めた。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]